Ameba政治家ブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-24 15:22:31

今、政界で話題の「公共リノベーション」という考え方

テーマ:ブログ
私が掲げている「持続可能な社会」をつくる為には、行政の財務構造を立て直すことは喫緊の課題だと考えています。

その為にも、まずは「無駄の削減」を徹底的に行うことは言うまでもありませんが、同時に収入を上げる為にはどうすれば良いのかを考えることも必要不可欠です。

もう少し細かい点に触れるのであれば、例えば、既存の資産を最大限に活用して収入に繋げることが行政にも求められているのではないでしょうか。

また、私たちが暮らしている街の社会インフラを維持し更新していくことも、私たちの生活を豊かに、そして満足度を高めるためには行っていかなければなりません。

そこで、わたしは数年前から「公共リノベーション」に興味を持っております。

{0CA98B36-BC8B-42B4-9548-E3D237D4A8B1}


「公共リノベーション」とは、横浜市長選挙の候補者も政策に掲げていることで話題になっていますが、文字通り公共の空間や施設などの在り方をもう一度見直し、民間事業者などとの連携を深めて活用を活性化させていこうという取り組みです。

これは、財政、社会インフラを含めた都市計画、民間企業の公共への関わり方など、多くのテーマに跨った話であり、先に述べた課題を包括的に解決する政策に成り得ると考えています。

また、公共資産の有効活用や公共の役割を方向転換させるといった意味でも、今後重要な政策になってくるのではないでしょうか。

例えば、私が住む横浜には、緑豊かな公園や海沿いの潮風を浴びながら景色を眺めることができる公園が数多く存在しています。今でも多くの地域の方々や遠方からの観光客などに来ていただくことで、有効的な活用ができているかもしれません。

しかし、公園を横浜市が管理しているだけでは、公園はコストセンターにしか成り得ませんし、行政の活用力にも限界があります。

これを、民間にも幅広く解放し、今までにないアイディアを取り入れることにより、地域との繋がりを深め、あるいは外部に対して集客をPRできるようにします。

そして、利用料なり管理費を民間事業者から行政に収めてもらうような仕組みにすれば、税収の増加が見込めかつより魅力的な公共空間の利用に繋げることが可能になります。

公園をBBQ場にしたり(http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/park/camp/)、
緑化フェアの一環として観光客を誘致したり(http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB05HEE_V00C17A6L82000/)、
公園内でイベントを開催したり、今でも既に多くの取り組みが進んでおりますが、対象をもっと広げていく必要があると思います。

また、公共リノベーションの先進都市であるニューヨークでは、このような都市計画を進めるにあたっても、様々な実証実験を行い、実数値を元に政策決定を行っていたと言われております。

闇雲に進めるのではなく、ある程度の数値的な裏付けを取りながら、クリエイティブな発想を取り入れて、公共リノベーションを進めていくことが大事です。

公園に限った話ではなく、行政が持つ資産や土地は、非常に立地が良いことが多いという利点があるため、市役所や図書館などの既存施設も、もっと有効活用することができるのはないかという視点が必要です。

市役所や区役所の空間をもっと解放的にし、カフェなどを併設することで、人々が交流を深める場所になる、そうすると民間企業としてもその空間をより活用したいという呼び水に繋がりますし、市役所の在り方が大きく変わることになるのではないでしょうか?

こうした活用を支援する取り組みの一つとして、総務省が運用している「公共施設再生ナビ」

総務省では「公共空間をコストからエンジンへ」という考えに基づいて、公共施設の運営側と民間企業やクリエイティブ人材とのマッチングや、先行事例などの情報提供を行っています。

公務員だけではどうしても発想が偏ってしまいがちなところを、様々な知識とノウハウを持った方々と連携することで、今までにない空間を創出することが期待されています。

今まではコストにしかならなかった空間を、価値や税収や地域連携を生み出す空間へと変貌させるのです。

このような取り組みが推進される中で、忘れていけないのが、最初に私の想いとして伝えさせていただいた、「持続可能な社会」という考え方です。

何でもかんでもやってみて、その時だけ、数年間だけを考えた取り組みは、将来的には負の遺産になる可能性があります。持続可能なビジネスモデルをしっかりと構築した上で、公共リノベーションを進めていくことは不可欠です。

また、元々地域に住まれている方々にとって、住みにくい環境を作り出してしまう可能性があります。これは望んでない結果であって、事業者や来訪する方々だけにとってプラスであれば良い訳ではなく、地元も企業も来訪者も、全員がwin-winの座組を構築することが重要です。

この部分は、行政にハンドリングの大部分が任せられている現状において、「民間企業の事業性と、空間の公共性のバランス」をどのように運用していくのが鍵になると思います。


これからの時代、無いものねだりをするのではなく、既存のものをどのように活用していくのか。この考え方に基づいて、今までの行政が取り入れてこなかった発想やビジネスモデルを導入することが、「持続可能な社会」の実現に向けて求められていると思います。

引き続き、様々な研究や発信を続けていき、そして必ず実現するために邁進してまいります。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-08 18:49:54

次世代に繋ぐ想いと志

テーマ:ブログ
長野県上田市から志高い青年が訪ねて来てくれました(^ ^)

{C94CC6CC-9CDE-4CD4-A978-777FE4FECDFF}

きっかけは、私の本を読んで興味を持ってくれたということで、わざわざ事務所に会いたいと連絡を頂きました。
こういうこともあるんだなと、私も嬉しい気持ちになり、喜んでということで、本日に至りました。
彼も母子家庭に育ち、中学を卒業して、働きに出る中で社会の矛盾を感じ、政治家を志すという思いを持ったとのことで、私とは非常に、相通ずるものがありました。
私も10代の頃、政治家になりたいという想いをはじめて持った時、中卒だった私に多くの方々から
「そんなのなれるわけがないだろう。バカじゃないのか。」
という趣旨の言葉をかけられる中、私を当時の民主党に入れて下さった、村井宗明元衆議院議員や泉ケンタ衆議院議員から、
「やればできる。」
「一馬ならできるよ。」
「応援するから頑張れ。」
「若い世代から政治を変えていこう。」
という趣旨の言葉を頂いたことを思い出しながら、私も中澤くんに、
「政治は一人の力では何もできない。みんなで力を合わせて変えていくことが必要です。中澤くんたちの世代を支えていくのは、中澤くん達一人ひとりだから共により良い時代を創っていけるように頑張ろう。」
ということを伝えました。
私も少しだけ先に政界に飛び込んだ先輩として、志高い後輩たちに背中を見せられるような人間になれるように日々精進頑張ります。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-01 23:54:35

7月2日(日)は、東京都議会議員選挙 投票日。

テーマ:ブログ

【中谷一馬を支援して頂いている皆様へ】

7月2日(日)は、東京都議会議員選挙 投票日。

中谷一馬を支援して頂いている皆様方におかれましては、皆様の地元で活動している民進党公認候補に是非清き一票賜りますようによろしくお願い申し上げます。

http://www.dp-tokyo.jp/senkyo/2017/05/23/3781


{E17818E5-FDF4-4C9E-9DCE-0BE64F22A5AC}


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース