ボディーワーカー小笠原和葉オフィシャルブログ

ココロとカラダに安心を再教育していく『プレゼンス・ブレイクスルー・メソッド』を主宰、また横浜市都筑区、緑と光があふれるボディーワークスペース『BodySanctury(ボディ・サンクチュアリ)』でクラニオをベースとしたオリジナルのボディーワークを施術しています。

■NEWS■
ショウ冠PBM公式サイト、ついにオープン! 矢印[PBM公式サイト]
ショウ冠初著書、発売1週間で重版決定!
空白の□『~理系ボディーワーカーが教える"安心"~システム感情片付け術』(日貿出版社)
空白の□矢印[Amazonで好評発売中!]空白の□矢印[書店情報]空白の□矢印[推薦のお言葉・ご感想]空白の□矢印[書籍公式Twitter]空白の□矢印[書籍公式サイト]
サトシ冠9/24(土)朝日カルチャーセンター新宿教室にて単発講座開催!空白の□矢印[詳細]

■募集中の講座■
CROWNプレゼンス・ブレイクスルー・メソッド(PBM) 矢印[PBM公式サイト]
・PBM イントロダクション空白の□9/13(火)@祐天寺 矢印[詳細]
・PBM ベーシック
空白の□9月・10月火曜11月集中@神楽坂/11月スタート水曜@神楽坂 矢印[詳細]
・PBM アドバンス空白の□9月スタートコース@神楽坂 満席11月スタートコース@神楽坂 矢印[詳細]
・PBM シェア会
透明色9/13(火)@祐天寺(ベーシック&アドバンス受講中・修了者向け)/
透明色9/13(火)@祐天寺(アドバンス受講中・修了者向け) 矢印[詳細]

CROWNエッセンス・オブ・クラニオ
空白の□9/16(金)@神楽坂/11/10(木)@神楽坂 矢印[詳細]

メールすべてのお申込み・お問合せは、こちらからお願いいたします。
NEW !
テーマ:
いやはやたまらんっ!!


「不安定な炭素化合物に過ぎない
生命体にとって
最も安定した状態は"死"」


それなのになぜか
40億年も長らえてきた
地球上の生命の謎…


本はもっぱら
AmazonやKindleで買ってしまいますが
たまにこういう破壊力のある
本気の本屋に出会ってしまうと
帰り道の重さ長さなど考えず
大人買いしてしまいます。


ここは神楽坂で講座をやる朝に
エスプレッソを飲みに入るブックカフェ。


特集が
「生命への旅」


なんなんですか?
わたしを狙い撃ちですか?


と言うくらい
ツボにはまって
朝五分で2冊買って
たまらず帰りにも寄って
3冊追加でお買い上げ。


これ以外にも
やばいほど強いと噂の自衛隊の訓練法とか、
ananの、太もも股関節特集の
「股関節の名店」とか、
軽く見積もって後10冊くらいは買える…


たまらないなあ~(≧∇≦)


死ぬまでに後何冊読めるんだろう、本を。


読みたい本を読む。
そのためだけでも一生かけても時間が足りないのに
余計なグダグダや妬み嫉みに
時間使ってる場合じゃないなあ!


かねてより
仕事と勉強と遊びの時間を
1:1:1ぐらいにしたいと思っていますが
近年それらの境は
ますます曖昧になってきています^_^


さて、今日中に一冊読みきってしまいたい。
フォーブスから行こうかな。
こんな特集でもないと
買うことはないであろうから買ったフォーブスを☆







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
NEW !
テーマ:
クラニオセイクラルとは


クラニオセイクラル、は
日本語では「頭蓋仙骨療法(とうがいせんこつりょうほう)」。
(クラニウム=頭蓋/セイクラル=仙骨)

”5gのタッチ”と呼ばれるやさしいタッチで、
クライアントの「健康」に働きかける
やさしいハンズオンタイプのボディーワークです。

バイオダイナミクス、と呼ばれるアプローチは特に
人間を、解剖学的な機能の集合体としてではなく
「存在全体」としてとらえます。

また、クライアントを
「外部からの定義による健康」
にあてはめるような介入や調整を行うのではなく
もともとが本来的に持っている健やかさに方向付けることを意図し、
自己調整力をサポートします。

私がクラニオバイオについて特にいいなと思うのは、
プラクティショナーの何かを押し付けられるのではなく、
完全に自分のプロセスが尊重される中で
心身の回復や統合が
「まるで花が開くように自然に」
おこり、
その人固有の輝きが心身両面において
引き出される所です。

日常では「オフ」にし切れない
緊張やこわばりがやさしくほどかれて力みが抜け、
これがわたしである、
というシンプルな感覚がよみがえってきます。

そのような感覚の中でこそ、
人は心もカラダも
最大限の力や輝きを発揮するのです。


ボディーワーカー小笠原和葉のクラニオで宇宙な日々




カラダのインテリジェンスに触れる1日☆

■ エッセンス・オブ・クラニオ


$ボディーワーカー小笠原和葉のクラニオで宇宙な日々  ボディーワーカー小笠原和葉のクラニオで宇宙な日々

 クラニオセイクラル・バイオダイナミクス(以下クラニオバイオ)が
 他の手技療法と違う所は
 「テクニックを手放す」
 所からスタートする事です。

 「人間」をどのような存在としてとらえるか、
 「関わり」をどのようにとらえるか、
 「癒し(ヒーリングプロセス)」をどのようにとえるか、

 その定義の仕方が、
 クライアントのプロセスを促進します。


 このワークショップでは
 解剖学的な知識は最低限にとどめて
 クラニオバイオがとらえる人間観と
 自分の体の面白さ、すごさを
 実技を交えながら体験的に学んで行きます。

 宇宙物理学修士&カラダオタクである
 ボディーワーカー小笠原和葉の
 宇宙、ひと、カラダ、に関する
 小ネタ満載の熱いトークもお楽しみください(笑)



 □ 開催概要:平日 10:30-17:00(ランチ休憩あり/約1時間)
 □ 料金:35,000円(消費税別)
 □ 持ち物:筆記具、動きやすい服装(相モデルでセッションをします)
 □ 受講資格:特になし。ボディーワーク未経験の方も大歓迎です。



■ 次回開催日程: 9/16(金)、11/10(木)  ※1日完結の講座です。
■ 会場:神楽坂(場所の詳細はお申込みの方にお知らせいたします)
■ 定員:6名 ※9/16:10名に増席
■ 受講費:35,000円(消費税別)



 ■ こんなことをやります

   健康って?
   クラニオセイクラル・セラピーの概要
   クラニオセイクラル・システム
   クラニオバイオ的「人体」って?
   ちょっとスピリチュアルな発生学
   カラダが一番カシコイのです
   だからプラクティショナーはなにもしないのです
   なにもしていない間、何をしているのか?
   なにもしない事で何が起こるのか?
   「なにもしない」意識の作り方
   実際に触れて感じてみる
   グラウンディングとセンタリング




 ■ 参加者の方のご感想

  野見山文宏先生
  矢印 kazuhaさんのクラニオバイオダイナミクスWS 

  ライター小野好美さん 『エッセンス・オブ・クラニオバイオ レベル1 体験談』
  矢印 クラニオって何ですか?
  矢印 身体は常に健全性に向かっている。
  矢印 ブレス・オブ・ライフという考え方に触れる。
  矢印 絶対的な信頼の中で身体が動き出す。
  矢印 身体という完ぺきな表現。

  ☆はにえるはな☆さん
  矢印 脳脊髄液が受け取った

  吉祥寺☆顔の美容矯正セラピスト首藤千晶さん
  矢印 【学び】クラニオセイクラル・バイオダイナミクスを体験 その1♪ 
  矢印 【学び】クラニオセイクラル・バイオダイナミクスを体験 その2♪ 
  矢印 【学び】クラニオセイクラル・バイオダイナミクスの感想♪ 

  chie@健康美さん
  矢印 Essence of Craniosacral Biodynamics Level 1


ボディーワーカー小笠原和葉のクラニオで宇宙な日々  



お申し込み


 ■ お申し込みはこちらからどうぞ >>
 花かんたんお申し込みフォーム(パソコンPCからiPhone携帯から
 一言メッセージも添えていただけるとうれしいです。

 ■ 必ずお読みください。
 【キャンセルポリシー】
  ご予約日前々日のキャンセルは50%、前日キャンセルは80%、
  当日のキャンセルは100%のキャンセル料をいただきます。
  ご理解・ご了承の上お申し込みください。

 ■ お薬を服用されている方、通院中の方は、お申し込み時のお知らせください。
  内容により、受講できない事もあります。
  ご心配な方はご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
8/23はお嬢さん、6歳の誕生日でした。


家族でシーパラダイス行って
イルカ見て
かき氷食べて
指輪買ってもらって
夜はうなぎを食べに行って
「わあ♡おいしそう〜♡」と
肝吸いの肝を目を細めながら食べていた、
そんな一日。


頭がでかすぎて
37時間かかって生まれてきました。


助産婦さんがいいました。


「9月予定の人でね
小笠原さんが一番心配だったのよ!
お父さんの頭の大きさ見たときね
こりゃ大変になことになると思ったわ!」


・・・だから私だけ
一日4時間も歩かされていたのか。
でもまあ、家族全員無事生きています。


どんどん大きくなっていくもんだね。


たくましく
自由に生きてゆきなさい!!







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)