好まざるペタがこれ以上増えるようならペタ休止します。ご了承ください


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-21 12:45:44

IZUセーフティドライブキャンペーンを実施します

テーマ:ブログ
本年は2回目になります。
現時点で決まっていることを発表しておきます。
日時 2016年7月18日(祝日) 13時~15時
場所 伊豆スカイライン・スカイポート亀石駐車場特設スペース
主催 大仁警察署・熱海警察署
協力 静岡県交通安全協会・大仁地区支部 
   静岡県道路公社 日本二輪車普及安全協会
   伊豆スカ事故ゼロ小隊
内容 主に二輪車ユーザー対象の
   交通安全啓蒙・事故防止の啓発活動
※ジャパンライダーズ宣言(用紙記入)いただけます。
 また、ジャパンライダーズ×ばくおん!の関連で
 ばくおん!キャラクター6体の等身大パネルを展示。
 (強風・雨天時は中止)
http://www.japan-riders.jp/
※反射反応速度をセルフチェックできる機器を用意します。
 気軽にトライしてみてください。
※白バイおよびパトカーの展示をします。写真撮影もOKです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-20 16:45:55

夏の事故ゼロ活動の前にpart2

テーマ:ブログ
これはFacebookにて
2013年7月に公開したノートの内容です。
なぜ自分の時間を費やし
何故膨大な自己資金を投げ打ってまで
事故ゼロ活動をしているのか?が
分かる内容だと思います。
-------------------------

7月28日、NHKBSプレミアムにて
浜田省吾ライブスペシャル“僕と彼女と週末に”が放送されました。
http://www4.nhk.or.jp/P2732/

ライブの模様に感動したのは言うまでもないですが、
浜田氏からのメッセージにうなずくばかり。

日本人はつつましさを忘れてしまった・・・・

同感です。
高度成長期を経てバブル期、そして終焉からの失われた10年。
そしてさらに10年を経過した今、
世の中を見渡せば、自分のことしか考えていない、
自分さえよければ他はどうでもよい。
物と欲望にまみれ、真心や思いやりが失われていく。
未曾有の大災害に直面した時、
忘れかけていた命の大切さを見つめ直し、
家族や仲間を愛しみ、何か自分にできることはないかと模索する。

私は浜田氏のメッセージから、このように読み取りました。

私が何故、しつこく事故ゼロ活動を続けているのか。
バイク乗りの未来のために走れるフィールドを残していきたいから、
バイク文化の正常進化に期待しているから、
いま行動を起こしているのです。

次世代の担い手である子供たちは、
いまのバイク乗りを見ています。
危険でうるさい存在だと映るのか、
愉しく素敵な人々だと憧れてもらえるのか。
それは、いまのバイク乗りの立ち振る舞い如何にかかっていると思います。

----------------------
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-06-20 16:40:20

2016年夏の事故ゼロ活動前に

テーマ:ブログ
これはFacebookにて
2013年11月に公開したノートの内容です。
本年夏の伊豆スカ事故ゼロ活動の前に
こちらのブログにも記しておきます。
----------------------

他の地域はどうだか知りません。
住んでいる伊豆の話をします。
伊豆にはウキウキするワインディングロードがいくつかあります。
道幅は広かったり狭かったり。
路面が荒れているところもあれば
キレイに整備されている道もある。

時にセンターラインが黄色実線です。
追い越しのためのはみ出し通行禁止であることは
運転免許保持者なら知っていなければならない義務です。
この線、無意味に引かれている訳ではない。
道幅が狭いところには引かれがちです。
過去に事故が起こったから、その対策として引かれることもあります。
つまりそこは危険な場所だと言う意味です。

走っていると前走車に追いつくことがあります。
この時、黄色実線ならば追い越ししないのが
運転免許保持者として当たり前の行動ですが、
伊豆では追い越しを掛けるシーンをよく見ます。
ノロノロマイカー客とはペースが合わないから?
欲求のままに飛ばしていきたいから?
そもそも追い越してはいけない場所だから
ルール違反は事故の元です。

しかし追い越せることも少なくない。
前走車がウインカーを出しつつ左に寄る
または身振り手振りで合図出してくれた時、
先に行っていいよ!とサインを送っているのだなと判断すれば
行くことは可能でしょう。
とは言え、ルール違反には間違いないのだから、
仮にその追い越しで検挙されても素直に受け入れる覚悟、
漢気が必要です。
追い越すも追い越さないも、ライダーの判断です。

このように進路を譲ってくれる人には傾向があるみたいです。
車間距離を詰め過ぎればなかなか譲ってくれない。
少し開け気味で空ぶかしなどせず大人しく走っていれば
譲ってくれること多し。

またバイク乗りでない一般世間の目がある場面では
スロットルは絞り気味です。
ガンガン開けたいのか、のんびり行きたいのかは
世間にはまったく関係ない話。
ライダーがそうしたいか否かです。
公道という不特定多数の人間が共用する場所ですから
自制心が必要なのは言うまでもないでしょう。
他人の目が一ミリもない場所でワイドオープン。
ライダー自身の判断でそうしているのだから
何も言いますまい。
しかし人目があるところ、
民家が近い場所では
瞬発的にスロットルオフしてやり過ごすのも漢気でしょう。
これは姑息ではない。
社会から締め出されず
公道で生き残るための生き様です。

追い越しの話然り。
人目のあるなしの話然り。
明日も明後日も、10年先もバイクに乗りたいたのならば
臨機応変かつ正々堂々と振る舞うべきだと思う。
それがライダーならなおさら。
そんな漢気あるバイク乗りがイイね。
-------------------------
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。