好まざるペタがこれ以上増えるようならペタ休止します。ご了承ください


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-22 11:17:36

終わるもの。始まるもの。

テーマ:ブログ

先ごろVMAXの生産終了が発表されました。

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/vmax/

VMAX加速

初めて乗ったのは2010年だとばっかり思っていたら

アメブロの写真UP済みデータからすると

2009年の誕生日ってことになるね。

 

袋井のテストコースで試乗した際、

先ず驚いたのが怒涛の加速感。

目が追い付いていかない。

しかし、それ以上に驚いたのが制動性能。

180km/hから全握り+全踏みのフルブレーキング、

約80mで安定的に完全停止。

ジャックナイフ状態からのリフティングターンも可能。

ブレーキングが上手な人なら

もっと短く止まれるかもしれないね。

約340kgの車重ながら、

鬼のように加速して何事もなく止まれるってのは

そうざらには無い高性能ぶりなのです。

それまで使用してきたXJR1300に代わり

伊豆スカ事故ゼロ活動車として運用開始したのは

2013年から。

SP忠男のピュアスポーツマフラー装着状態で

活動車承認を得ています。

が!安全運転講習会などでは

ノーマルマフラーが好ましいらしく

その都度付け替えることになる。

(SP忠男マフラーは)政府認証マフラーなのにね、何となく理不尽。

日本人の習性なのか

どーしてもピーク性能の数字ばかり追いがちですが、

VMAXは長距離クルージングが得意なバイクだったりする。

燃料タンクが小さいなんてよく言われるけれど、

1チャージで200km走れるわけだから

無くなったら給油すりゃあ良いだけの話。

まったく苦にならないね。

むしろ休憩のタイミングが取りやすいので

疲れにくくて助かる。

今はハンドルを据え切りしても腕が伸びきらないよう

ハリケーンのFATコンドルに換えている程度で

パフォーマンスUPのカスタムなどは特にせず

街乗りから安全運転講習会、ロングツーリングまで活用しています。

事故ゼロ活動車としては、ボチボチ退役かな。

次なるバイクを入手次第、サドルバッグを外して

ノーマルのスタイリングを愉しもうと思っています。

 

終わるバイクもあれば、始まったばかりのバイクもある。

トリシティ155です。

125よりちょっと重さを感じますが、

この狭い道でも楽々Uターン。

前二輪だからド雨でも全然怖くない。

むしろグイグイ曲がっていきます。

静岡では自動車専用道が多いから

実質的な利便性も高いでしょう。

 

アディバやカンナムスパイダーにも乗りましたが

トリシティ125&155も然りで、

前2輪のトライク=リバーストライクというらしいですが、

新しい乗り物としてはかなり愉快に遊べます。

アメリカだったかな?スーパースポーツを前2輪化して

遊んでいる動画も見ました。

物凄いコーナリング性能でびっくりするね!

 

バイクは2輪としてあるべきだと思うけれど

それに固執する必要もないというか。

安定的かつ安心して愉しめる乗り物は大歓迎\(^o^)/

トリシティのメカニズムを応用した

もっと近未来的スタイル(サイバーフォーミュラみたいな)の

リバーストライクが出てくれば

ランドビークルはもっと面白くなる!と思っています。

とは言え、まだまだ乗りますよ。

磐田の至宝、日本の伝統工芸美。VMAX(^_-)-☆

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-02-17 01:30:25

素晴らしき先輩方

テーマ:ブログ
2月14日に発売された
月刊ミスターバイクBGの最新号です。
今回は連載2企画に加え2企画を担当しています。
このブログでは
自分の連載記事に関係のないネタでいこうと決めておりますが、
今回は特別篇という事でご理解いただきたい。
 
モーレボのページでは
アニメ「マスター・オブ・トルク」のエグゼクティブプロデューサー・牧野浩氏と
普段からお世話になっているアニキ、RKジャパンの市川仁さんが登場しています。
牧野浩氏=マッキーとはVMAX仲間として
仁さんにはまさに普段から可愛がっていただいております。
 
カズ兄ィのZ2企画に登場するZ2(正確にはZ750FOUR)は
Z1のデザイナー、多田憲正氏と漢気の再会をするために作った単車で、
そのいきさつは過去のブログ記事またはBG誌のバックナンバーを参照いただきたい。
MOTO NAVI誌の『あいつとララバイ』特集でも掲載いただきましたが、
私自身は『あいつとララバイ』のファンではあるけれど
このZ2は研二くんのZ2を目指して作ったわけではなく、
多田さんが携わってきた250A1やA1R、
Z1への想いを可視化したものです。
そのMOTO NAVI誌に楠みちはる先生のインタビューも載っているわけですが、
挿絵の写真カットに250A1の写真があり
運命的なつながりを感じました。
多田さんにはいつも気にかけていただいており、
大変感謝しております。
 
大変感謝といえば、
伊豆スカ事故ゼロ活動を応援してくださる藤岡弘、さん
そして叱咤激励してくださる宮城光アニキです。
お二人とも大変お忙しい先輩ですが、
気にかけてくださっており、恐縮至極。
 
そんな先輩方に
私はどうやって恩返ししていけばよいのか。
そんな思いは常にあるのですが、
現実にはなかなか返せていないように思います。
お世話になっている先輩方への恩返し・・・というよりは
今の仕事からドロップアウトしそうになった時に
勇気づけ、元気づけてくださった瀬谷さんにも感謝。
とうとう生前に恩返しすることはかなわなかったわけですが、
瀬谷さんと約束したことは今でも守っています。
 
EOS-1Dは今後どんなに新型のカメラが出ようとも処分するなよ。
あれは特殊なカメラなのだ。
もし処分したくなったらオレのところへ持ってこい。
 
もう補修部品がないため
プロサービスの修理は受けられないEOS-1Dですが、
瀬谷さんの言いつけを守り、
今でもドライボックスに収まっています。
あ、時々は使ってますよ。
モノクロA4の1/2くらいなら引けるサイズで撮れますからね。
 
そんなこんなで、素晴らしき偉大な先輩方に恵まれ
ちょっと大げさな表現かもしれないけれど生きてて良かった\(^o^)/
な~んて思いつつ書いていたらリオくんは盛大に邪魔をしてくる(笑)
この子は感謝の気持ちとかあるのだろうか。
まぁ可愛いから何でもアリだし、許してしまうのだけれどね。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-02-15 13:08:19

”遂に解禁!W-FUKUYAMAデビューシングル発売記念LIVEツアー決定!!”

テーマ:ブログ
やっぱり?まさかの!よっしゃ~きたぜっ!
W福山、始動です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。