好まざるペタがこれ以上増えるようならペタ休止します。ご了承ください


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018-02-15 15:06:26

金の分量が難しいよね

テーマ:ブログ

わりかし好きです黒いバイク。

でもまっ黒というよりは黒金のコンビネーションが好み。

 

 

 

アクセントとして金を入れる。

このくらいが嫌味じゃあないというか、無難というか。

燃料タンクのグラフィックで金を入れるとしたら

この辺りが限度というか。

GPZ400RやFX400Rの黒金は

わりかし気に入っていたけれど、

もう少し金が欲しいところ。

 

これがクルマだと大変です。

黒いクルマは汚れが目立つので

しょっちゅう洗車しなきゃならない。

今時は優れたボディコーティングがあるから

割高だなーと思ってもコーティングしちゃった方が

結果的にローコストかもしれません。

 

そもそも黒金のカラーリングが好きになったのは

ロータスのF1カー=JPSカラーがきっかけ。

子供の頃、かなり衝撃的でした。

最近乗ってみたバイクだと

このカラーリングのレイダーが良い線いってます(^_-)-☆

クルーザーは世間受けが良いってのも

グッとくるポイント。

爆音マフラーにしなければ

出会った人はたいがい、カッコいいね~と言ってくれます。

なんだろう・・・スタイルと色のマッチングが良いのかな?

まぁその辺は人間の心理的なものなので

私には解明できない話です。

自分史4台目のXJR1300は黒にしました。

黒銀のコンビネーションでYAMAHAのレトロ調な雰囲気ですね。

これでも十分に気に入っていますが、

出来れば子持ちラインの細い方を金色にしてみたい。

意外に似合う差し色になると思うんだけどな~。

とまぁそんなXJR1300もつい最近、車検継続となりまして。

今回はクラッチレリーズやらブレーキパッドやら

諸々が要交換だったので

いつも以上に出費が痛い(笑)

安全第一だから仕方ないね。

ちなみに、XJR1300とYZF-R25では

車検の有無という差があるけれど、

両方とも定期的に点検整備、

日常も正しく点検整備していれば

維持費は大して変わらんという事実。

これ、知らない人に話すと

意外だ~と返答されます。

さらに、マメにメンテしているカズ兄のZ2とXJR1300を比較すると

何故だかZ2の方がローコストで維持できます。

私自身も新発見の出来事で、

古いバイク=金がかかって維持できないという定説は

木端微塵に吹っ飛びました。

ただし、Z2の方はフルレストアに近しい状態まで仕上げてからの乗り出しなので、

古いバイク=金がかからない・・・とは、必ずしもならないことを付け加えておきます。

そんなこんなで、今日もラジオ番組の生放送があります。

カズ兄さんのモーターレボリューション。

今回のお題は黒金・・・ではなく、桜色・桃色・ピンク色でピンっとくること。

人やモノ、なんでもOKというお題。

でも、私自身はやっぱり黒金。

Tシャツが物語っている(笑)

ウチのリオくんも黒金ですからね(^_-)-☆

やっぱり黒金が好きだし

金の分量が難しいのです。

オリンピックは金メダルの大量獲得が望ましいけどねー(^_-)-☆

ガンバレ、ニッポン\(^o^)/

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-13 11:14:20

YSP沼津ツーリン・・・グ?

テーマ:ブログ

先週末はYSP沼津ツーリングメンバーの新年会がありました。

毎月1回の定例ツーリングは

もちろんヤマハ車で行くわけですが、

新年会は有志のメンバーなので

クルマ等、別の乗り物でも参加OKです。

チェックインまでに時間があったので

グリーンヒル土肥にて一服。

君だけプリンは欠かせない(^_-)-☆

で、いつものごとく?珈琲も。

ここのはクリアテイストだけれど水っぽく無くて

飲みやすいね。

ちなみに

朝は藤岡珈琲を飲んでいます。

豆からチャレンジしたいけれど

毎回粉とドリップを注文。

ドリップは客人が来た時にクイックに対応できるからイイね(^_-)-☆

まだまだ時間があったので

土肥金山にて土肥桜見物。

昨年より2週間ほど遅い開花かな?

でもそれが平常なんです。

過去2年が早すぎたね。

自宅でも煙管ですから

ここでも当然、煙管です(^_-)-☆

看板にそう描かれているし。

 

新年会は土肥ペンション泊で(^_-)-☆

露天風呂と魚料理を堪能。

夜のバカっ話は大いに盛り上がりました。

 

夜中に物凄い雨模様でしたが

明けたらド晴れ。

自動的にYSP沼津ツーリングになります。

西伊豆スカイラインは滑り止め規制が掛かっていますので

海岸線を延々と南下。

松崎から中を通って下田へ。

雲見ルートは強風ゆえの危険性があったのでね。

いつも安全第一、無理はしません。

下田へ行けば必然的に?平野屋さんです。

今回も伊豆牛のフィレステーキを注文。

焼き方はミディアムですけど、柔らかくて美味しかった。

 

帰りは414を北上して河津七滝へ。

期間限定のイチゴパフェを食べてみました。

酸味のあるイチゴかな~と思ったけれど

クリーム要らずなのでは?というくらい甘かったね。

こういう時、女性はいいよねー。

ステーキ食べても別腹が発動するでしょ?

男子はメイン腹しかないので、後半はかなりしんどかった。

次回は空腹のときに立ち寄ろう(^_-)-☆

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-08 10:50:15

未来は今の生き様で変わる

テーマ:ブログ

先週はYSP沼津ツーリングで

浜岡原子力館に行ってきました。

大人の社会科見学という感じで

行ったからこそ知り得たこともありました。

現代人の生活に欠かせない電気を作る難しさ。

火力も水力も原子力も

タービンを回す原動力として使われているわけで、

そうでない太陽光で電気を作るのは

かなり大掛かりな施設になるのだな・・・とも

改めて示された感じがしました。

 

現代技術では難しいと思うけれど、

もうこうなったら小さな太陽をたくさん作るしかない!と思ったり。

エネルギー資源の乏しい日本だから

色んな苦労や知恵絞りがあるのだなと実感します。

 

現在、原発を運転停止、代替えに火力発電をあてているようですけれど、

何かを燃やせば少なからず大気汚染につながり

こと日本においては燃料を絶たれたらお手上げ状態になるわけでね。

人気のハイブリッドカーだって燃料が必要だし、

EVカーのエネルギーを作るのには巨大な発電施設が必要。

電車も然り。

真にエコや地球環境保護に徹するのなら

馬か自転車に乗るしかないですね。

 

そんなことから

人は少なからず地球に迷惑をかけているわけですが、

その迷惑度合いを減らしていければ良いなー、

それを考え出せるのは今だ!と思います。

少なからず迷惑をかけていると言えば

私の場合は喫煙ですかね。

昨年末に主治医から

紙巻きたばこはやめて、キセルにしなさい!と言われ

自宅ではキセルを使うようになりました。

 

我が家に受動喫煙問題はないので

遠慮なく吸えるわけですが、

キセルにして気づいたことは

灰皿が満タンになるまでの時間が長いこと。

紙巻きタバコと違ってフィルターがないのが大きな要因だと思いますけど、

キセルは吸うまでのプロセスに時間がかかる上に

紙巻きたばこのようにたくさん吸えない。

せいぜい3回くらいです。

 

まさに仕事や気分の切り替えに丁度いい一服という感じで、

タバコ葉という資源の節約にもなるのかな?って思います。

私の場合は、吸うというよりふかしているだけなので、

紙巻きたばこよりも自分自身に合っているような気がする。

 

もう一つ、紙巻きたばこ時代より

部屋がタバコ臭くなくなったように思います。

これは実質的なメリットだと言えますね。

そう考えると、萱葺屋根の機能保持(防虫等)にも

その煙が役立っていたという説もある昔の喫煙文化は

まぁまぁいい線いっている迷惑の掛け方だったのかなーとも思います。

そんな昔は良かったという意味で言えば

最近のネオレトロバイクブームにもそんな風潮がありますね。

あっという間に売り切れ状態となった

カワサキの新型車Z900RSですが、

オマージュするものがあったからこそのスタイリング&キャラクター。

開発者も公言しているとおり、

初代Zが無かったら作ろうとさえ考えられなかった

ネオレトロ、ネオクラシックなバイクです。

昔の名車があったからこそのZ900RSなわけで、

次はZ900RSが未来のバイクを作るきっかけになっていくのかもしれないね。

そんな風にインスパイアされたモデル。

私の愛機で言えばVMAX(RP22J型)がそれにあたります。

先代のVMAXがあったからこそのスタイリング考&キャラクター設定。

Z900RSはまさにZ1/Z2ルックスなわけですが、

VMAX(RP22J型)は、ある意味で「まんま」のデザインにしなかったことが

見事なモノづくり姿勢だなと思います。

昨年に生産終了となってしまったことがとても残念ですが、

未来のために今辞めてしまったと思えば

受け入れざるを得ないかな。

未来へ少なからず影響するだろう今のバイクと言えば

断然MT-10SPだと思います。

エキサイティングかつアグレッシブさを

わりかし気軽に楽しめるという意味では

MT-09やネオレトロのXSR900の方が上をいっているように思いますが、

MTシリーズの旗艦としての総合力というか

全方位に対するバランス設定の優れたキャラクターや、

詰め込まれた最新テクノロジーの数々は

次世代バイク作りに影響を与えると確信しています。

 

私の体格(純粋な昭和生まれによくある日本人体形)で言えば

実はMT-09やXSR900よりもMT-10SPの方が

足つき性に優れています。

これはちょっと面白い発見でしたね。

また、未来につながる・・・というか

将来的には全車標準装備してもらいたい技術として

電子制御サスペンションがあります。

反応速度や減衰力の掛け方など

従来品ではいちいち止まって調整せねばならなかったことを

バイク自身が考えてやってくれる。

ストリートバイクにありがたい機能だと思います。

さらにバイクが喋るようになる=対話式の学習成長型AIを搭載するようになれば

まるで新世紀GPXサイバーフォーミュラのアスラーダですよ。

そんな未来を予感させるのも今のテクノロジーがあるからでね。

古い物は良かった・・・という気持ちにはうなずけるけれど、

どちらかと言えばその時代のベストを尽くした物、最高を目指したものが良いわけで、

昔は良かったね~今はダメだね~なんて考えは無いですね。

今頑張らねば先は無いとも言えるかな。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。