どうもー!!!


さあ!


今回もこちらのシリーズ!!


「12球団の今年の神ってる選手は誰だ!?」


去年に広島東洋カープの鈴木誠也選手のブレークを当てたと、ある程度の野球好きなら予想できた事を豪語する私。更には日本ハムファイターズの高梨選手のブレークも当てたとこれまた野球好きなら予想できた事を豪語する私。


今年の神ってるというか、新しく出てくる12球団のニューブレーク選手を予想して紹介していきたいと思います!


と毎回同じ定型文で始まっておきながら、開幕までにこのシリーズなんとか終わらそうと思ってたら、もう後2日!!!!


急ピッチでこのシリーズをちゃんと開幕までに終わらせたいと思います!!


はい。宿題はギリギリまでやらないタイプです。。。


てなわけで、本日はセリーグの1位の広島東洋カープ!!










{1A8660F0-8715-4ED6-8299-FF0D46248934:01}







カープの今年ブレークする選手はこちら!!!











{4F082CFB-8633-4E5F-BA0A-D319CA7B29CB:01}









船越涼太選手!!!!





それこそこのシリーズの元となる、去年大ブレークの鈴木選手を輩出したカープ。


そのカープにおいて、今年ブレークするだろうである選手として船越選手を挙げたいと思います!


船越選手は2年前のドラフトで4位で指名された選手。


写真を見る限りでもうイケメンですよねー。


顔もさることながら、実力もあり!


高校時代は市立柏高でキャプテンでショート。


長打力もあり、高校通算20本も、甲子園とは無縁。


高校から社会人野球入りをし、王子に入社。


王子で捕手のほうがプロ入りしやすいとなり、適性もあってショートからキャッチャーに転身。


社会人になってからキャッチャーは珍しいパターンですね。


社会人野球でしっかりキャッチャーの勉強、経験を経て


ドラフト4位指名。


社会人でも長打力と2塁送球スピードが平均1.8秒台と強肩をアピール。


プロ1年目は1軍出場あるも、1試合!1打数!でも1安打!


つまり打率10割!!!


完璧ですね!!!


実際は社会人出身で1軍出場1試合は寂しいものですが、2軍では47試合に出場し、打率0.287と2軍とはいえ、キャッチャーとしてはなかなか高打率をマーク。


アマチュア時代から、長打力はあるも、アベレージは低めだった為にプロでの成長がみれますね。


個人的にアマチュア時代よりもしっかり右方向意識してのバッティングが形になりつつあるなと!


僕が船越選手の一番の楽しみはこの成長なんですよね!


社会人野球出身とはいえ、まだキャッチャー歴はプロの中では短いです。


しかし、キャッチャーとしての守備力はカープの若手の中では高い方だと思います。


キャッチャーというポジションは経験がまず大事なポジションですから


これからより経験を積んでいけば、更にキャッチャーとして高みにいけるのではないかと。


なにより広島の次世代正捕手問題がありますしね。


長らく正捕手として石原選手が君臨しておりますが


さすがにそろそろ年齢的な問題もあり


次世代正捕手を見出さなければならない時期にもきてる。


次世代正捕手として名前が挙がるのが


會澤選手、磯村選手かと。


會澤選手の打力は素晴らしいですが、リード面がまだ完全ではなく、個人的には前に外野手としも試合に出てましたが、もっと打力を生かせるポジションのがいいかと。


磯村選手は去年1軍帯同も多く、期待されてる感が伝わりますが、1軍においてのパワー不足はまだあるのかなと。


船越選手は経験が少なく、1軍でどれだけやれるかはまだわかりませんが


右方向を意識しつつの、アマチュア時代からの長打力を発揮する所はパワフルなバッティングと切り替え、プロでも高いレベルにある2塁送球スピードと115mの強肩は守備面でも十分に渡り合えるのではと。


なによりさっき挙げた成長という武器が、経験を積めば積むほどレベルアップすると思うので


今年は石原選手に次ぐ2番手、3番手捕手として1軍に帯同できて経験積めば


一気にレベルアップして気づいたらシンデレラボーイとなるのではないかと!


なによりあのイケメンな所が活躍してピックアップされたら、更なる人気が出て、より試合出場の後押しにもなるのでは!


実力、成長、そしてポジション的にもチャンスある枠


今年は船越選手にとって大事な年になると思います!!


目指せ!まずは2番手捕手!


本日のかずきのどうでも良い情報


船越選手は千葉ロッテの伊東監督が絶賛だったらしいので、名捕手が欲しがるほどの選手ならブレイクするだろうという考えが今回の決め手。


でわでわ
AD
どうもー!!!


さあ!


今回もこちらのシリーズ!!


「12球団の今年の神ってる選手は誰だ!?」


去年に広島東洋カープの鈴木誠也選手のブレークを当てたと、ある程度の野球好きなら予想できた事を豪語する私。更には日本ハムファイターズの高梨選手のブレークも当てたとこれまた野球好きなら予想できた事を豪語する私。


今年の神ってるというか、新しく出てくる12球団のニューブレーク選手を予想して紹介していきたいと思います!


本日はパリーグの2位の福岡ソフトバンクホークス







{FA9CA75E-0467-47E4-9EC4-030A13A7515B:01}










ホークスの今年ブレークする選手はこちら!!!









{B0CB6389-9E8A-4D51-8F02-D0B103770633:01}











牧原大成選手!!!!





ホークスは2軍も充実した選手がいるので、正直迷いました!!


そんな中でも、今年7年目にあたる牧原選手をピックアップ!!


牧原選手は2011年に育成ドラフト5位で指名された選手。


熊本の強豪校城北高校出身で、俊足巧打の選手として活躍。


しかし甲子園での出場がなく、全国的な知名度は当時は高くはないほうでした。


地元九州でもあるホークスが指名も、当時としては正直育成ドラフト5位はそこまでの評価ではないですね。


育成ドラフトでは高卒選手は断って大学や社会人に行くのを選択する事もありますが、本人はそのままプロ入り。


プロに入りたかったからこそ、育成ドラフトで下位の方でも入りたい。


プロ入りに対する強い意志が見れますね。


しかし高校時代の監督は、かつて阪神タイガース、日本ハムファイターズ、メジャーリーガーでもある新庄選手を指導した監督であり、足と肩は新庄選手と遜色ないというほどの逸材であったそうです。


逸材ながらも下位指名でも入る強い意志が表すがごとく、高卒育成枠ながら2軍の試合にも出たりし


その素質が認められて1年目のオフにはオーストラリア・ベースボールリーグにも派遣されてしっかり経験を積み


2年目の2012年6月11日にはついに支配下登録され


その2日後の6月13日には1軍昇格!!


高卒上位の選手でも2年目の6月に1軍デビューは早い方なので、見事な活躍と素質が認められてのスピード出世につながりました。


1軍定着にはならずも


1年後の2013年には2軍で盗塁王を獲得


翌年の2014年には1軍でプロ初安打と2軍で首位打者とシーズン通算安打の新記録を樹立。


足と守備が武器ながら、着実に打力もアップしていく。


守備位置もショート、セカンドがメインも、出場機会を得るためにファースト、サード、外野などもやる。


その活躍と成長から、2015.2016は一軍出場が今までよりも増えるも、レギュラー奪取にはまだ繋がらない。


1軍定着には


足が速いものの、盗塁成功率は高くはなく


守備もユーティリティーなほどの完全な守備力はまだできておらず


打力も1軍ではまだまだで、単打も多くて長打力不足もありますが


どれももう少しの所まできており


きっかけさえ掴めれば一気にセカンドのレギュラー奪取して、俊足巧打のレギュラーとして君臨しそうな感が半端ないんですよね。


セカンドのレギュラーが今のホークフには完全に確立してる選手がいないのもチャンスですし


育成から一気に上がったその精神力は大きな武器ですし


選手としての使い勝手の良さからも


去年の城戸選手のブレークに続けられる選手だと思うんですよねー。


日本ハムファイターズの中島選手のようなバットコントロールが高く、粘り強く、盗塁もできて、守備がうまい、上位から下位打線までどこに入れても投手から見たら嫌なバッターとして是非君臨してもらいたいですね。


苦労の入団からの、アブラの乗ってくる7年目。


今年こそ、苦労人の華を咲かせる年に!!


ブレークする事を期待しております!!


目指せ盗塁20個以上!!!



本日のかずきのどうでもいい情報。


牧原選手は入場曲がガラガラヘビがやってくると年の割に渋いチョイス


でわでわ
AD
どうもー!!!


さあ!


今回もこちらのシリーズ!!


「12球団の今年の神ってる選手は誰だ!?」


去年に広島東洋カープの鈴木誠也選手のブレークを当てたと、ある程度の野球好きなら予想できた事を豪語する私。更には日本ハムファイターズの高梨選手のブレークも当てたとこれまた野球好きなら予想できた事を豪語する私。


今年の神ってるというか、新しく出てくる12球団のニューブレーク選手を予想して紹介していきたいと思います!


本日はセリーグの3位の横浜DeNAベイスターズ







{E6F572B4-94D7-48B1-8F18-689C6592C179:01}












ベイスターズの今年ブレークする選手はこちら!!!









{E238F132-C4D7-4F3D-9BAB-90F36494F44F:01}













フィル・クライン選手!!!!





まさかの外国人投手!!


しかも今年入団したての新助っ人外国人投手!!


まー年も若いし、新外国人はある種新人ですから!!


絶対若くて、日本人選手ってルール
決めたわけではないし、活躍しそう感じがめっちゃしますから!!!


ベタにキャンプでその長打力が期待されて話題になってる細川選手や網谷選手の事を書けばいいのですが


横浜DeNAベイスターズといえば、助っ人外国人先発投手が活躍しないで有名なチーム!!


先発において、二桁勝利をした選手がいない!!


歴代でですよ!?


そんな負の歴史の連鎖を断ち切ってくれそうな選手。


それがフィル・クライン選手です。


まだ27歳と若く


2m越えの高身長から繰り出される150キロ越えのストレート。


スライダー、ツーシーム、チェンジアップなど日本にフィットする変化球が武器。


経験も豊富で、当初はリリーフとしてマイナーで活躍


メジャー経験もあり


途中からスターターとして転向。


コントロールもまずまずで、低めを意識し


奪三振能力はマイナーでも高い能力を見せていた。


しかし、アメリカでは大きな飛躍という事はなく、先発してからリリーフと便利屋扱いで無茶な登板などもあり


ちゃんとした戦力としての扱いを望んでの日本球界に自ら望んで進出。


仕方なくとか、小遣い稼ぎなどでなく、自らこの戦場に飛び込んで結果を出そうとするメンタル面はもう良いですね。


ラミレス監督も、先発ローテーション入りを希望し


日本球界においてはこのまま先発としてローテーションに回りそうですね。


また、変わった調整法があり


投げ込みの時はまとめて一気に100何球投げるとかでなく


20球投げたら、10分休んで、また20球ぐらいを投げるという休みながらの投げ込みの練習方法。


これは、先発だからと一気に100何球投げるという事は実践ではなく、イニング終わったら味方の攻撃がある。そのリアルな時間の使い方を意識しての実践方式の投げ込みの練習をするわけです。


確かに言われたら、実際そうだと納得しますし、日本においても自分のやってきたことは変わらずにやる。


意識の高い、頭良い選手な感じも素晴らしい!!


そして日本のボールに本人曰くフィットしてるらしく、非常に投げやすくて、良い球がアメリカに比べ投げれると。


実際キャンプでは、結果をメキメキと出しており


ラミレス監督が阪神タイガースのメッセンジャー選手クラスの選手とまで言いました。


メッセンジャー選手といえば、7年間で70勝と1年平均10勝の素晴らしい投手。


その投手の名前が出るなんてまた気持ちが高まりますね。


横浜DeNAベイスターズもこのクライン選手には期待してる感じがすごく


助っ人外国人選手の1年目の年棒としては新記録の1億5千万円


今までの歴代1位はモスコーソ選手。


ベイスターズで今の所、助っ人外国人先発投手で最高記録の9勝をマークしたモスコーソ選手。


そのモスコーソ選手より、高く、歴代最高記録の新外国人1年目の年棒。


チームも気合入れてとり、監督も太鼓判を押し、本人もやる気満々で、日本球界にフィットしそう。


これが活躍しないわけがない!!!!!


そりゃールールがなかったとはいえ、いきなりこのニューブレーク選手シリーズで外国人選手を出しますよ。


活躍間違いなしだと思いますから!!


今年はついにベイスターズに外国人投手二桁勝利無しの負の歴史に終止符です。


目指せ二桁勝利以上!!!


本日のかずきのどうでもいい情報。

クライン選手は銃のアクションシューティングゲームが好き。


でわでわ
AD