西新宿 バー ベンフィディック

西新宿の高層ビル群を目の前にひっそりと9階に佇むBarでございます。


テーマ:
ブログ更新滞りました
鹿山です







日本からスコットランドへ
小型蒸留機を持ち込み
スコットランドに自生するボタニカルを 




現地採取
現地抽出
現地蒸留




という『ただ鹿山やってみたかった』
シリーズを実現すべく行われる
スコットランド紀行
{44A6DCB1-F15B-453D-8EEB-426893943157}

(最終着地点アイラ島の画)









前編はスコットランド本島最北端から海を隔てたオークニー諸島でのボタニカル採取







次の採取地ここ
スペイ川周辺のボタニカル
{A01F80A7-3461-4839-AE33-50A97F5B3DC7}

モルト・ウィスキーの聖地と呼ばれ言わゆるスペイ・サイド
このエリアはブリテン島で一番高い山々が連なる、スコットランド中北部、グランピアン山脈の北方にあるスペイ湖を流れ出して蛇行しながら北海に流れ込む全長172kmのスペイ川流域を指す






第二採取地
ウィスキーの大聖地、スペイサイドの中心点クレイゲラヒ村の横に流れるスペイ川で植物採取
{5EA21B03-F672-4567-8249-FD81F06F1959}




スペイ川
{81BA7642-6502-48A7-A791-373C49CBFBC1}







こんな感じで川沿いにあるボタニカルを捜す
{547A5230-1546-4B1F-98FD-E333DE109FF1}







早咲きのお花スノードロップちゃん
{8B85CBBA-0C27-4F70-9266-68D4686C911D}







平地でのボタニカルは季節も季節で三月でありオークニー諸島のそれとはあまり変わらない
オークニー諸島は強風が吹き荒れる地で、樹木がほとんどなかったので
スペイ川周辺は樹木系がうっそうとしているので、樹木系を採取してみることにした
上写真の
川反対側の崖っ淵に渡って、
樹木系のボタニカルを摘んでみることにする
{5F32322C-95D4-492C-8A74-B8AEB66D010E}

早起きしてもらい植物採取を手伝ってもらった同じ同行者のバーテンダーS君








川反対側に到着
{990F7E28-9DC6-423F-A906-861534F38D68}










こんな感じでモジャモジャしている
{05EFEF8B-4047-40AF-B093-8E033C4349DE}








モミやら杉やら、松の仲間などをGET
{F64F99AA-3F73-4990-81C5-B9C483F1368E}


摘んで揉んで香りを聴いてみると、

日本のモミ、杉、松のそれとは少し違う芳香があった
日本人とスコットランド人が同じ人科であるが姿形、気性が違うのと同様、
こちらのモミ、杉、松もお国柄が違うようだ







コケもいっぱいある
{3FFE46E6-8177-4653-83A6-947EB0D358B0}








採取したボタニカルをホテルへ持ち帰る
{665797DE-48F0-4405-BA85-1532776502DF}




そして、抽出しておく
{D3955F0E-6436-4190-BEE9-608E97715949}










この工程を毎朝行い
朝9時にはレミーコアントロー社様が用意して頂いた素敵なウィスキー蒸留所見学も待っている
この日もグレンロセスの蒸留所見学である
{5324B594-49F6-4629-8DE5-4355352C6F6F}





そして、最終目的地ラスボス感満載のアイラ島へ
{63346F18-BC4D-48DC-B0D7-FF2897631069}







次回
アイラ島編






今宵、西新宿Bar BenFiddichお待ちしております











AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。