オバマVS鳩山の結果は

テーマ:

27日のブログにも書いた、

コペンハーゲンIOC総会での

2016年夏季オリンピック開催地決定の

最終プレゼンテーション。


やっぱりと言うべきか、

シカゴの応援にオバマ大統領が参戦するとのこと。


これで東京の鳩山由紀夫首相との

直接対決でますます盛り上がりますね。


リオデジャネイロはルラ大統領、

マドリードはフアン・カルロス1世国王と、

役者が揃いました。

4者の演説分析はぜひやりたいですね。


人の心を動かす演説をどう作るかは、

10月15日発売の

「あの演説はなぜ人を動かしたのか」(PHP新書)で。

 

それにしてもあれだけ鳩山氏をボロクソ言っていた

石原慎太郎東京都都知事の変節ぶりには

驚きますが、まあそれが大人ってもんなのでしょうね。

AD

5月にもやったシナリオセンター での講義。

http://ameblo.jp/kawatetu14/day-20090420.html     

http://ameblo.jp/kawatetu14/day-20090512.html


今週末の土曜日から3回連続でまたやります。

今度はそろそろブレイクしようぜ!講座」

というタイトル。


壁にぶちあたっているシナリオライター及び

その予備軍の方々に、こういう視点もあるのか、

という目から鱗な内容にしたいと思っています。


将来的には、シナリオライターだけでなく、

色々なクリエイターにも応用して

こういう講座をやっていきたいと思います。

AD

普段必ず見ているテレビって

そんなに多くないのですが

日曜日の夜はよく見る

番組が続きます。


宇宙船地球号か情熱大陸か、

どちらかを録画してどちらかを見て、

それからやべっちFCってコースです。


僕の中では、どれも見逃せない

結構ゴールデンタイム。

(昨夜のsuperflyの情熱大陸もよかったですね)

中でも「宇宙船地球号」は、

なかなか良心的な番組でお気に入りでした。


その宇宙船地球号が昨夜の放送で

最終回とのこと。

来週からは宇宙船地球号の中でも、

あまりおもしろくなかった企画「エコ食堂」

に特化した番組になるとか。


なんてこった、トヨタグループ!

おそらく(推測するに)番組制作費とかの

問題があるのでしょうが

この番組はやめちゃダメでしょう。


自動車メーカーって

世界中でCO2をまき散らしているんだから、

罪滅ぼしの意味でも、 

こういう番組をちゃんと持っているこの

意義は大きい筈なのに。

流石トヨタって思っていたのに、残念。


これ月曜の朝に書いていたのに、

バタバタしていてアップし忘れていました。

AD

10月2日のデンマーク・コペンハーゲンでの

国際オリンピック委員会の総会。


東京・シカゴ・マドリッド・リオデジャネィロ

の4都市の中から

2016年夏季五輪開催地が決まります。


ちなみに、前回のロンドン五輪が決まった、

プレゼンのストーリーについては、

拙著「仕事はストーリーで動かそう」 の中で

詳しく書きました。


鳩山由紀夫総理が、

そのIOC総会へ出席することが決まったそうです。

当然、スピーチするでしょう。

どんなストーリーの演説になるか注目ですね。


人の心を動かす演説をどう作るかは、

10月15日発売の

「あの演説はなぜ人を動かしたのか」(PHP新書)で。

 

ちなみにアースマラソン の寛平ちゃんも、

コペンハーゲンに向かって進んでいるようです。


鳩山総理が、国連の安全保障理事会と総会で、

それぞれ演説しました。


実際の映像は断片的にしか見れていないので、

主に新聞に載っていた原稿からの採点ですが・・


安保理首脳会合における

「核拡散防止と核軍縮」の演説の点数は、75点。

かなりよくできていると思いますが、

世界唯一の被爆国という

ストーリーの黄金律的には、

人の心を動かしやすい立場だということを考えると、

まだまだもっとよくなる余地はあったと思います。


総会での演説の点数は55点。

これは何より長い。

もっとシンプルにすべきだったと思います。

出だしは悪くないけど、各論に入り込みすぎています



どうすれば、もっと人の心を動かす演説になったかは、

10月15日発売の

「あの演説はなぜ人を動かしたのか」(PHP新書)で。