初の海外でのトークイベントを台湾で実施しました。

(台湾では、既に6冊の翻訳本が出ていて、

 7冊目の『一言力』が今秋~冬くらい出る予定です) 

 

6/24、台湾 ジュンク堂台北店にて。

参加者約30名。

台湾人7割日本人3割くらい(+上海からの観光客1名)。

観客の方にもほぼ全員に喋ってもらったので...
口を開くまでその方が、中国語で喋りはじめるか、
日本語で喋り始めるかわからない状態で進行して、
そのカオスな感じがなかなか楽しく盛り上がりました。
(通訳してくれた書店員の郭さんは大変だったと思います)

 

ジュンク堂台北・五島店長(右)とイベントをコーディネートしてくれた青木さん(左)

 

実は行く前は、イベントが終わったら、残り3日は、
ローカル線でも乗って台湾の温泉めぐりでもしようか、
とうっすら思っていたのですが、

台湾の書店や商業施設があまりにおもしろく、
気がつくと、誠品書店を中心に台北台中の16の書店と、
華山1914文創園区、松山文創園区、三創生活園区、
誠品生活、中友百貨店、宮原眼科などの商業施設を
ひたすらまわるという旅になりました。

 

書店では『物を売るバカ』『1行バカ売れ』『キャッチコピー力の基本』

の台湾版がいい場所に置いていただいていました。

 

昨年3月発売の『物を売るバカ』は今年5月で16刷で、

2016年の誠品書店チェーンの

オールビジネス書ランキングで15位に入ったくらい売れたようです。

(台湾での版元の大楽文化出版さん談)
 

誠品書店信義店 左上段面陳が『物を売るバカ』その下平積が『1行バカ売れ』

 

『キャッチコピー力の基本』は、今年3月発売ですが、

既に10刷。こちらも売れているようです。

 

紀伊國屋店微風店 中段右から2冊目が『キャッチコピー力の基本』

 

翻訳タイトルは、

「小指を切り落としてでも買いたいくらいのすぐ売れる77のコピー」

みたいな意味らしいです。

表紙の真ん中左にある赤い模様は、
小指を切り落とした時の血のイメージらしいです。
 

知らなかった!

かなり強烈なタイトルですね。

(「小指を切り落としてでもほしい」というのは慣用句らしいですが)

 

誠品書店チェーンは噂に聞いていましたが、それ以外にも、

台湾の書店のレベルの高さには驚きました。

台湾は出版大国で人口当たりの出版点数は
日本よりも多いくらいらしいです。
(ただし、電車でカフェで本を読んでいる人はまったく見かけません)

『一言力』が発売される時には、

ぜひプロモーションで台湾中の書店を回りたいです。


写真を改めて見ると、700枚くらい撮っているうち、
食事や人物(自分も含め)や
風景や街の様子の写真がほとんどない!
(食べ物もおいしかったし、沢山のいい出会いもありましたが)

広告ポスターや看板や書店等の店頭の写真ばかり。

 

その分、脱「物を売るバカ」へのヒントを
沢山仕入れることができたので、
それを紹介しつつ川上流に解説するという原稿をまず
サロン(https://synapse.am/contents/monthly/kawatetu)
に連載していって、
コンテンツとしてまとめようと思います。

 

AD

「旗をかかげ生きよう」

テーマ:

さて、明日から...
週1でメールマガジンを発行することにしました。
題して「旗をかかげ生きよう」

 

「旗をかかげ‥って、ぷっ」
「そんなん絶対やらへん言うてたのに」
「続けへんのちゃう?」
「どうした? 熱でも出した?」
「なんで今さらメルマガ?」

とか色々な反応があるかもですが、
「なぜ今さらメルマガ?」

 

という疑問に対する答えは、
明日配信予定の一通目に書きます。

 

今後も結構本質的なことを
週に1度お伝えしていこうと思います。

もしよかったら、
登録して読んでくれたらうれしいです。
何も押し売りしたりしませんので(笑)

 

PC登録用:https://www.mshonin.com/form/?id=599551222
スマホ登録用:https://www.mshonin.com/sp/?id=599551222
携帯登録用:https://www.mshonin.com/i/?id=599551222

 

 

AD

cakesで連載中の 「大学の“くくり”はどのように生まれたのか?」。
最終回 の「大学は自らの価値をきちんと発信せよ」がアップされました。

 https://cakes.mu/posts/16122

 

もったいない大学に対しての提言をしています。

 

 

AD

cakesで連載中の 「大学の“くくり”はどのように生まれたのか?」。
第3回「“MARCH”の定説への疑問」がアップされました。


前回の“関関同立”に続き、

今回はMARCH(明治、青山、立教、中央、法政)というくくりが

いつどのようにして生まれたについて調査しています。

https://cakes.mu/posts/15960

 

この調査の為に、

国会図書館や国際子ども図書館に何日かこもりました。

従来の定説に疑問を投げかけています。

 

21日には第4回がアップされる予定です。

『キャッチコピー力の基本』増刷の知らせが来ました。
2010年の初版からはや7年。毎年こつこつ14刷です。
電子を含めると5万部を越えています。
ロングセラーになっているのは本当にありがたい。
買って読んでくれた皆さん、ありがとうございます!

...

と思ったら、ちょうど同書の台湾版も届きました。
(本書は韓国版も進行中です)
これで翻訳済7冊目(台湾5冊 韓国2冊)、
翻訳中6冊(中国2冊 台湾1冊 韓国3冊) を合わせると、
海外版合計13冊になりました。

 

本書もそうですが、
キャッチコピー系の本は、
翻訳難しいかなと思っていたので、
こうやって海外版が増えていくのもうれしい限りです。

なかなか派手なヒットは打てませんが、
地道にコツコツやっていこうと思います。