船井総研 住宅・不動産コンサルタント ~松井桂の正面突破~

船井総合研究所にて住宅・不動産業界のコンサルティングをする中で業績アップにつながる気づきを真正面から捉え、挑んでいく奮闘ブログ

$船井総研 住宅・不動産コンサルタント ~松井桂の正面突破~-ご挨拶
はじめまして。船井総研の松井です。
ブログをお読み頂き、ありがとうございます。初めての方には是非、こちらを一度読んで頂けると幸いです。
▼▽▼ 私が今の仕事にたどり着いた理由 ▼▽▼
http://ameblo.jp/katsuramatsui/day-20110808.html
日々気づいたことを、少しでも皆さんのお役に立てるように、毎日更新したいと思いますので、
今後もよろしくお願い致します。


テーマ:

皆さんこんにちわ。

松井です。

 

先日、ある会社様へ2社様の会社様と視察をさせて頂きました。

 

もったいぶるわけでなく、おかげさまで詳細な内容をかけないくらいの形になってきたことに感謝です。

 

受け入れて頂いた視察先の会社様は本当にすばらしくて驚きの連続でした。

 

本来、住宅会社様へお伺いさせて頂いているケースが圧倒的に多く、純粋な不動産会社様との関わりはそれほど多くはなく、昭和の私は不動産会社とはこんな感じというイメージがあります。

 

そんな私の不動産会社様のイメージを劇的に変えて頂いた会社であり社長であり、社員の皆様です。

 

1年半くらい前に船井の不動産コンサルタントを通じてご縁を頂いてから、お世話になっておりますが、見ている目線(視点)と価値観の切り口が斬新です。

 

商品開発の段階から本気で1,000棟狙える商品にするということや競合対策や接客マニュアルの内容は新人でも自信が持て、かつ本気で案内できます。

 

皆さん、1,000棟を狙うまではいかなくてもまぁ少なくても100棟狙う新商品などは開発されますよね!では本気で100棟を狙うのであれば(1,000棟)を狙うのであれば、実際には商品開発にいくらの投資をされますか?

 

仮に現在、100棟の会社が200棟にするために開発する100棟商品を開発する場合、多くの会社は今まで自社で培った経験とノウハウを活かした新商品を!と考えます。

 

でも現在100棟の会社がもう100棟って???

 

では単純にFCに入ったり、ノウハウを買うだけで良いか?

 

それもそれで違います。

 

ノウハウを買ってそのままできるのは1拠点50棟が基本的には限界です。

 

ではどうするのか?本気で1,000棟目指す商品開発とは、それだけの投資をしたプロジェクトです。

 

費用は当然、開発にかかる期間やそれに費やす人材(人件費)、また社外からも協力者を得ながら進めるわけですので、一式トータルすると・・・ケタが違います。まさに1,000棟を目指す商品開発です。

 

そこまでやったからこそ、立ち上げ後はすばらしい実績での推移です。

 

その上で視察を受け入れ、かつ、情報交換でその情報を公開し、せっかく来て頂いたからにはおもてなしということで、事前準備、当日の運営、懇親会手配から2次会まで、全て当然のように企画、段取りをされており、依頼したにも関わらず、何もしなかった自分が恥ずかしくなる始末です。

 

創業されてちょうど10年とのことですが、その期間でも目覚しい成長をされているそんな会社様であることは、納得できる、いやそれ以上の会社様でした。

 

また、視察に来られた2社様も参加意欲が高く、予定していたミニセミナー的なものよりも、各自で情報交換したいということで途中からは部署ごとに分かれて、勝手に話がはじまり、エアコンがあるのに汗をかくくらいの熱気でした。

 

自分もまだまだ勉強不足であることを痛感した1日でした。

 

皆様、特に視察先の皆様、本当にありがとうございました。

心から感謝です。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんにちわ。

松井です。

 

あけましておめでとうございます!から3ヶ月。

 

やっぱりさすがに良くないですね。

 

今後のことは検討します。

 

ひとまず、3月が終わり、決算の会社さんが多いと思います。

 

今年は比較的好調なようですね。

 

船井総研も第一四半期が終わりまして、おかげさまで好調です。

 

この4月から新入社員も入り、4月1日、または4月3日が入社式というところでしょうか。

 

別れの3月、出会いの4月ですね。

 

現在の日本は失業率も22年ぶりの低水準であり、2019年の再増税、または2020年のオリンピックまでは比較的好調に推移するものと思います。

 

そこで、今考えることは2つ。

 

①現在好調のうちに受注を最大化すること

②2020年以降をどうするか?

 

この2つですね。

 

特に住宅業界では2020年に建築基準法を含めた住宅性能の引き上げが予定されているため、ここへの対応を含めて②の戦略をどうするか?これが業績の良い会社の一番の関心事だと思います。

 

実は再増税の2019年10月(請負は2019年3月)ということを考えると受注期間であと2年を切りました。

 

モデルハウスや新商品を投入することを検討すると今からだと2017年SW(秋)、2018年年明け、2018年GW(春)、2018年SW(秋)の4回しかありません。2019年の年明けではもう受注効果が薄いでしょう。

 

それを考えると2019年4月以降の完工数を調整するための計画をいかにして描くか?

 

また、その後の受注回復と次の戦略をどう立てるか?

 

業績の良い会社はこの①②が既に終わっている会社があります。

 

少なくともこの夏くらいまでには終わらせることが必要ですね。

 

是非、このまま好調な状態を継続、拡大するために計画を立てましょう!

 

ではまた!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あけましておめでとうございます。

 

松井です。

 

2012年から2015年の自分の年始のブログ(あけおめブログ)を読んでみましたが、宣言して最もできていないのはこのブログの更新ですね(^^;

 

逆に、仕事の内容は毎年良いものになっているので、そこは本当に感謝です。

 

良いお客様、良い仲間に恵まれ、本当に感謝です。

 

昨年立てた新築グループ中期計画は2015年が基礎固め

 

2016年は実行元年として位置づけています。

 

皆さんのおかげで、準備は十分に出来ました。

 

そのため、新築グループとして、今年からは各研究会メンバーの役割分担をより明確にすることで、よりお客様の役に立てる体制となりました。

 

これを実行、加速させながら、ガンガン行きたいと思います。

 

個人的には別のテーマが3つありまして。

 

詳細は書けないのですが

 

①中規模以上の会社様への提供商品の開発

②新規の種を植え、芽を出させる

③メンバー育成

 

です。

 

まぁ頑張ります!

 

あとはプライベートですが、ターミナル駅へ引っ越しました。

 

新幹線が止まる駅から徒歩3分ですので、かなりのアクセスです。

 

これにより片道40分、1日80分の移動時間短縮になります。

 

今も家族4人、仲良いですがより家族のための時間も使えるように

 

働き方革命を推進していこうと思います。

 

ということで、今年もよろしくお願いいたします。

 

写真は 1月1日 初日の出と初富士を新しい家から

 

ではまた!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)