船井総研 住宅・不動産コンサルタント ~松井桂の正面突破~

船井総合研究所にて住宅・不動産業界のコンサルティングをする中で業績アップにつながる気づきを真正面から捉え、挑んでいく奮闘ブログ

$船井総研 住宅・不動産コンサルタント ~松井桂の正面突破~-ご挨拶
はじめまして。船井総研の松井です。
ブログをお読み頂き、ありがとうございます。初めての方には是非、こちらを一度読んで頂けると幸いです。
▼▽▼ 私が今の仕事にたどり着いた理由 ▼▽▼
http://ameblo.jp/katsuramatsui/day-20110808.html
日々気づいたことを、少しでも皆さんのお役に立てるように、毎日更新したいと思いますので、
今後もよろしくお願い致します。


テーマ:

皆さんこんにちわ。

松井です。

 

住宅業界では最近、集客戦略における変化が著しいですね。

 

特にアナログの再構築とデジタルへの挑戦です。

 

このポイントはどこか?

 

それは実は

 

【集客分析において認知と来場きっかけを分けて集計すること】

 

 

5年間(2010年まで)のお客様動向

ちょっとオシャレなチラシを見る→来場する

 

現在のお客様動向

家を検討しようと思う→3ヶ月や半年の間にちょいちょいいろいろなもの(TV、看板、チラシなど)を目にする→気になる、又は好みの会社をWEBで2、3社、なんとなく絞られる→チラシを見たり、WEBを見てたまたまやっているイベントにいく→前からちょっと気になってて今日はたまたま予定が合ったので来ました!と言って来場する

 

という変化です。

 

かなりの変化がおきてます。

 

これが情報化社会というものですね。

 

ということは、来場するまでには大きく

 

①認知

②来場きっかけ

 

の2つが存在します。

 

現在の多くの住宅会社のアンケートを見ると②の来場きっかけの項目はあります。

 

「本日は何を見てお越しになりましたか?」という項目です。

 

これに加えて

 

①認知のアンケート項目を追加します。

 

「弊社を初めて知ったきっかけは何ですか?」

「弊社は以下に広告をしていますが、今まで見たことがあるものはどれですか?」

という項目です。

 

この①認知と②来場きっかけへの投資の再配分が必要です。

 

今まで②に年間1000万かけてきた会社であれば

①に300万-400万

②に700万-600万

といったところでしょう。

 

効果的な①に投資をすることで②の効果を最大限発揮できるようにすることが重要ですね。

 

ではまた!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さんこんにちわ。
松井です。

最近、いろいろな人と会う機会が増えてます。

住宅業界の方(紹介)や同業他社さんの幹部、他業界でのモデル企業の社長さんなど。

出会いは縁であり、また一期一会でもあります。

出会いに感謝し、Give&Giveのスタンスでいるつもりです。

でも忙しかったり、納期のある業務が迫っていたり、心が荒れていると感謝の気持ちどころか

驕り、傲慢、偉そうに見えたりします。

これはあくまで相手が受け取ることです。

でもそれは自分の心が発信していると思います。

だから心を磨かないと、上辺だけになってしまいます。


この部分に早くから気づき、もっと人間力を高めないと本質的には何も変化しないなぁと思います。

私も去年、いろいろな方に疲れてる?忙しい?と聞かれることが増えました。

これは良くない。。。

そこで、今年から始めたこと。

月2回の運動(ジムへ行くこと)です。

なぜか?

根本原因は業務量ではなく、体力の低下です。

体力の低下?松井さん36歳で何を言っているの?

と言われますが、私の中ではやはり低下したと思います。

特に昨年の夏が辛かった。

階段を上ると息が切れる・・・そんなんあるか???あるんですね(^^;

体力が低下すると疲れが回復しにくくなります。

すると翌日に疲れを残す。

この悪循環により、疲弊します。

この悪循環を断ち切るため、今年1月から月2回1時間程度ですが、ジムへ行ってます。

以前のようにガンガン筋トレはしていないですが、体調は全く違います。

疲れなくなりました。

それだと心を冷静に保てるので、常に冷静な判断と対応が可能です。

本当に違います!なので疲れている人こそ、疲れにくい体を作るための努力が根本原因の解消だと思います。

実は私も去年までは疲れて、家のすぐ近くの夜中2時までやっているマッサージ店によくいってました。

でも、これは対症療法なので良くないなぁとずっと思っていながら、マッサージへ通ってました。

結局その場ではなんとなく疲れが取れた気になるだけだから。

その自分に変化をつけたこの9ヶ月。

もうだいぶ慣れました。

現在18%の体脂肪率を15%で維持できるように、今後頑張ります!

ではまた!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さんこんにちわ。
松井です。

お付き合い先の山梨の会社さんの引渡しDVDで使っていた曲が偉い気に入っていて

ダウンロードして聞いてます。

槇原敬之さんの【僕が一番欲しかったもの】という曲です。

私が知ったのは去年ですが、なんとこの曲2003年なんですね。

10年以上経っているのに、こんなに良い曲を知らなかったとは。

結局、僕の一番欲しかったものは、ものではなく、人の笑顔や幸せだったということがわかりそれが一番欲しかったものであると。

私がブログに書くとめっちゃ偽善的で(^^;

ちょっと表現が難しいですが、本質的には合っていると思います。

お金があって物がたくさん買うことができることはそれはそれで当然幸せの価値観の1つです。

そんなお金に満たされた生活を望んでいた私は、むしろそんな偽善的な内容を信じていなかったと思います。

私の場合には転機は結婚と子供ができたこと。

この2つだと思います。

やっぱり、自分の家族ができたことが考え方の根本的な変化の源泉であったと思います。

当然お金は大切です。

そして、お金と同じように大切なものは周囲の人の笑顔や幸せです。


全く話は変わりますが、広島の優勝を見ていて、野球で笑顔よりも久しぶりに嬉し涙を見ました。

優勝した緒方監督は選手時代から広島一筋。

選手時代に一度だけ広島を離れるかを迷ったことがあるそうです。

その時に奥さんから『優勝できればどこのチームでもいいの?』と聞かれて広島で優勝したいと思ったと。

25年ぶりとはどれだけ長いのかを私は想像つきません。

私はヤクルトファンですが、カープファンの皆様、おめでとうございます。

やっぱりプロスポーツは人に笑顔と幸せをもたらす素晴らしいものだと思いました。


私も、そして会社も、メンバーも、そんなチームになりたいと思います。


ではまた!












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)