船井総研 住宅・不動産コンサルタント ~松井桂の正面突破~

船井総合研究所にて住宅・不動産業界のコンサルティングをする中で業績アップにつながる気づきを真正面から捉え、挑んでいく奮闘ブログ

$船井総研 住宅・不動産コンサルタント ~松井桂の正面突破~-ご挨拶
はじめまして。船井総研の松井です。
ブログをお読み頂き、ありがとうございます。初めての方には是非、こちらを一度読んで頂けると幸いです。
▼▽▼ 私が今の仕事にたどり着いた理由 ▼▽▼
http://ameblo.jp/katsuramatsui/day-20110808.html
日々気づいたことを、少しでも皆さんのお役に立てるように、毎日更新したいと思いますので、
今後もよろしくお願い致します。

NEW !
テーマ:
皆さんこんにちわ。
松井です。

5月に山形へ行った際にさくらんぼを買いました。

山形駅で売っていた露店?というか駅の特設売り場のような場所で

おばちゃんが今が食べ時だよ!と言っていたので確か600g2500円で買いました。

やっぱり山形の佐藤錦。私は食べてませんが、家族が美味しかったと言っていたのでさすが山形のさくらんぼ!と思っていました。

今月、6月の下旬にまた山形へ行ったら同じお店で

なんと価格は同じくらいなのに明らかにグレードが高い。

大きさ:2L  グレード:特秀 1Kg 2800円。

まじか。

明らかに、明らかに、どっからどう見ても5月のさくらんぼよりもめちゃうまそう。

思わずおばちゃんに

めっちゃうまそう!と言うと

なんとおばちゃんは

さくらんぼは今が一番の食べ頃だよ!!!

・・・先月は俺は騙されたのか?

・・・まぁあれだ。住宅会社でも良くある金利の安い今が買い時みたいなことを言って

翌月さらに金利が下がるパターンのやつだ・・・

と思っていると、なんとその隣には

大きさ:2L  グレード:特秀 1Kg 3500円。

??ん??

さっきの大きさ:2L  グレード:特秀 1Kg 2800円。

おばちゃん、この3500円と2800円はどこが違うの?と聞くと

おばちゃんは自信満々に

『そりゃぁこっちの方が700円分美味しいんよ!』

という大阪のおばちゃんバリの返し。

そういうことじゃないぞ!俺が聞いてるのは。。。

まぁでもいいやと思って3500円のものを買いました。

ちなみに、家族に聞いたところ、3500円?というか6月に買っていったものは本当に美味しかったとのこと。

それはまぁ何よりや!


と、ここで、問題です。

私は来年もさくらんぼを買いますか?

また、買うとして5月もさくらんぼを買いますか?

答えは、買います!

理由は、結局、納得感です!

さくらんぼの本質的価値は『美味しいこと』

結局、美味しかった=納得している=買います!

ちなみに5月も買います!

理由は5月の時はまだ旬でないため、600gのあれがその時点では一番食べ頃だったのでしょう!

先日、ジュンク堂の工藤社長のインタビューになぜジュンク堂は新書の本屋さんなのに椅子があって座って読んでいいのか?

という質問にそれは納得感です!と答えていたのを思い出しました。

人は納得して買えば、リピートする!と言ってました。

確かにその通りですね。

さくらんぼが美味しかったからそれでいんです!

もちろん、おばちゃんがもっと専門的な知識があって700円の差を説明できたらもっと良いのでしょうが。

やっぱり結局本質的なことが重要ですね。

ではまた!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さんこんにちわ。

松井です。

ブログの存在をこちらが忘れているにも関わらず

お客様から更新を提案されるとは、本当にありがたい話です。

感謝!

あまりに久しぶりすぎて何を書こうか逆に迷ってしまいます。

一応、今の私はとても元気です。

一時期は色々と大変でした。

私自身はあまり上下ないのですが、久しぶりに多少考え疲れた時もありました。

というのは単純に”増えた”からです。

今年は完全に中間管理職になり、36歳、ザ・日本国内におけるサラリーマンという

感じのポジションとなりました。

今までよりもたくさんの方への配慮が必要になりました。

メンバーが増えたことは当然として、横の連帯、他部署との関わりなど、社内で配慮しないといけない部署が増えたことは当たり前ですが

実は社外も一気に増えました。メンバーのご支援先(もうほぼ全国ですよね)の皆さんのことや

パートナー会員様のことなどを含めると、当然あっちを立たせばこっちが立たずなど

かなり面倒くさい(これ本音です)ことが起きるわけです。

そんなことを考えていると、もう自分のことだけ、自分のご支援先のことだけ考えていた方が楽やわ!とか思います。

そもそもこう言った面倒くさい系のことが苦手かつ、嫌いなわけです。

ただし、そんなことは言ってられないわけで。

たくさんの人のおかげで今の自分や今の組織、仲間がいるわけですし、全体への感謝を持ち全体のことを考えて色々と動かないといけないわけです。

そこで、この半年間、私が学んだことは関係部署が増えれば増えるほど、全体のことを考えれば考えるほど

『全体最適』で考える

という言葉の解釈を間違ってました。

①(前提)全体が納得するように、全ての人の立場、気持ちを考えて行動する

でもやっぱり全員が納得する答えはないから

②(重要)未来図、ビジョンとミッションが必要で、それに共感してもらえるように頑張る

ということです。

はじめ①だけで動いてました。そうすると様々な人がそれぞれの立場で言いたいことを言ってきます。

実はその意見の中には、(主観ではなく、客観的に見て)正解!と思うもの、どうやろ?と思うもの、明らかに個人の立場だけで物事を言ってくるものなど様々です。

その全てに対応することなんて無理です。

だからこそ、圧倒的な未来の姿とミッション、ビジョンが重要になります。

そう思うと、様々な意見は実はその立場立場では全部正解です。

直近のことかつ超狭い範囲で考えた場合と、3年後の広い範囲で考えた場合で

当然、何をよしとするか?の判断(決断)の回答が違うことはよく起こることです。

これを学びました。

だから今は②を改めて持つことから始めました。

そしてそれをメンバーや関係部署へ伝えることを徹底してます。

だから、元気になりました。という感じです。

世の中の大半が(いや社長も色々な制約があることを考えると)ほぼ全部が何かと何かの間に挟まれて生きています。

というよりも、人のおかげで今の自分があるわけです。

結局、人間全員=中間管理職と捉えた場合には、最強の中間管理職になればいいだけですね。

もっとも、中間管理職といえどもメンバーにとっては組織の中の(ある部分の)トップでもあるので、その辺りのバランスを保ちつつ、攻めきろうと思います。

以上です。

ではまた!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さんこんにちわ。
松井です。

全国を回っていると


『松井さん、若いのに偉いねぇ』
『松井さん、若いのに凄いぇ』
『松井さん、若いのによく知ってるねぇ』
『松井さん、若いのに勉強熱心だねぇ』


と言って頂きます。

9割お世辞ですが、本心から言って頂いている部分もあると思います。

でも、間違っていけないのは、私個人がすごいとか偉いのではないのです。

船井総研の会社の仕組みがすごいのです。

どんな仕組み化?

一言で言うと『成功事例が集まる仕組み』

これに尽きます。

だから、年齢に関係なく知識と情報が身につきます。


・・・なんのことか?決して会社の自慢ではないです。

ではなく、やはり仕組み力があります。

だから船井総研の年間粗利生産性が高いのです。


今年の私の一番のビックリ事例は


注文住宅の会社さんで、年間100棟を超えており、営業マンも15人を超えているのに会社全体の契約率がなんと


25%


という会社があります。

※業界のベンチマークが10%であり、大半が10%以下です。


この会社には圧倒的な仕組みがあります。


あらためて私も仕組みの大切さが必要だと思いました。


というか必要どころか、絶対ですね。


自戒の念もこめてあらためて再認識しました。


ではまた!








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)