• 20 Feb
    • HGBF パパッガイwithプチッガイ完成です♪

        ガンダムビルドファイターズ トライ より HGBF パパッガイ KUMA-PP コウサカ・ユウマがベアッガイPに続いて製作したベアッガイ系のガンプラ。 カミキ・ミライの所有するベアッガイFのママッガイをお母さん、 プチッガイを子供に見立て、この二機のパパとしてのポジションに入ることを 想定している。ユウマがこのガンプラを製作した理由には、ミライに対して 恋心をいだく彼が「一緒に家族になる」というメッセージを込めている。 それがミライに伝わるかは分からないのだが・・・・・・。 ベアッガイ家族を支える頼もしいお父さんとして、ガンプラバトルでも 高い性能を発揮出来るように製作されており、ユウマ渾身の一機である。     付属品は、シルクハット、ステッキ、ヒゲ すべて新規パーツです。     手のパーツが選択式になります。 ステッキは、左右どちらでも持たせることが可能です。 組み換えが面倒なので手の部分だけ左右入れ替えました。     ヒゲ パパのオシャレポイント。 この形が決まらないと全体性能が低下する(ような気がする)。     パーツの差し替えで顔の表情が変化します。     シルクハット 紳士の嗜みとして手入れは欠かせない。 ただし投げればツバの部分で1/60旧キットを切り裂く硬度を持つ。     ステッキ 中に銃やミサイル、ビームサーベルなどを仕込んだ数種類がある。 パパは集めるのが趣味だがママの許可がないと増やせない。     足 水陸両用モビルスーツとしての機能をバージョンアップしており、 宇宙空間を推進することも可能。     合わせ目が気になったシルクハットのみ処理しています。 ヒゲ、ステッキ、シルクハットは、クロサフを吹いて メタルブラックを使用しました。     娘が一緒にプチッガイも作っていたので ソーダポップブルー&アイスキャンディと ビタースイートブラウン&チョコレートも完成しました。(^v^)     アイスもチョコもおいしそう! このシリーズどこまで続くのでしょうか? 娘とのコミュニケーションには、最高のアイテムです。😃     父ちゃんと娘の共同作業です。°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°     とうとう発売されてしまいました。 全速~!前進~~!ヨーソロー! 曜ちゃん推しの私には、最初にこれが出たら全部揃えるしかなくなります。 マクロスは買わなかったのに・・・・ フミナ完成させてから始めようと思います。(;^ω^)     畳みかけるようにプレミアムバンダイ限定商品も届きました。 オレンジのブグ、早く作りたい! こちらは、赤いザクⅠを作ってからにします。     キラキラキラル、キラキラル! 次は、MGジムスナイパーⅡを完成させてバルバトス始めようと思います。

      NEW!

      30
      テーマ:
  • 17 Feb
    • HG ブグ(ランバ・ラル機)完成です♪

        機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜から HG ブグ(ランバ・ラル機) MS-04 ヴァッフの運用データを基に開発された本格的な実戦用MS。 ヴァッフでは内装されていた両肩と両膝の動力パイプを外装式としたことで、 各駆動部へのエネルギー供給量が増加し、高い運動性を実現している。 また、近接戦闘に柔軟に対応するため、両腕のアタッチメント機能は廃止されている。 武装はヒート・ホークと手持ちのシールドに加え、のちのプロトタイプグフや 連邦軍の局地型ガンダムにも採用される八洲重工製MS用マシンガンを装備する。 テストパイロットからの評価は高かったが、製造コストが高く量産には不適であったため、 ある程度の性能低下と引き換えにコストを抑えたザクIに主力の座を譲る。     付属品は、MS用マシンガン、ヒート・ホーク、シールド、 ライフル用ハンドパーツ、平手(左のみ)です。     MS-03と同様に正面にモノアイガードが入っており、後頭部に後のゲルググのような トサカのようなユニットがついている。腹部と脚部には動力パイプがむき出しになっている。     月面で行われた地球連邦軍とジオン軍による史上初のMS戦「スミス海の戦い」 において、ランバ・ラルが青く塗装された本機に搭乗し、シャア・アズナブルと 黒い三連星が搭乗するザクI4機と共に、鉄騎兵中隊のガンキャノン最初期型 12機を全滅させる活躍を見せる。     MS用マシンガン 八洲重工製のモビルスーツ用携行武器。 実体弾を発射する。     史上初の量産型MS、MS-05「ザクⅠ」は、 本機を設計ベースに開発されたと言われている。     マシンガンは、地球連邦軍の一部のモビルスーツでも使用された ということになっているので局地型ガンダムと同じものでしょうか?     ヒート・ホーク 近接戦闘用の斧型武器。 刃が高熱で赤熱化し、装甲を溶断する。 MS-05をはじめ多くの機体で装備されることになる。     シールドとヒート・ホークを装備。 マシンガンのカメラ部分は、デカールがありませんので塗装しています。     刃の出ていないヒートホーク。     モノアイは、シールなのでHアイズに変更しました。     シールド 上腕に装備される防御兵器。 MSマシンガンであれば防ぐことができるがMS-06のL字型 シールドと比べると防弾性能は劣る。     基本色のブルーは、モビルワーカー(ランバ・ラル用)で調合したものを使用。 グレー部分をMSグレージオン系、濃いグレーは、ファントムグレーを使用しました。 ヒートホークの一部にMSグレー連邦系を使用しています。     縮尺模型的なものとバルバトスルプスレクスの 超大型メイスは、仕込み中です。 この武器、1/100と変わらないぐらいデカいですね。(;^ω^)     キュアラモード・デコレーショ! 次は、パパッガイとこの子たちを作ろうと思います。°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

      142
      テーマ:
  • 14 Feb
    • オーラバトラー ビルバインと京都弾丸ツアーなの?

        聖戦士ダンバインから1/48 オーラバトラー ビルバイン ダンバインを参考にナの国の技術陣が開発した新型の可変式オーラ・バトラー。 可変構造を持つ唯一のオーラ・マシンであり、甲冑を着用した西洋の騎士を 思わせる人型形態から、猛禽類を髣髴とさせるシルエットのウィング・キャリバー 形態に変形することで高速で戦地までの移動を可能にしている。   ショウ・ザマがナの国の女王シーラ・ラパーナより賜り、 ダンバインから乗り換えて愛機とした。     付属品は、オーラ・ソードとオーラ・ソード・ライフル、 ライフル用のハンドパーツになります。     オーラ・ソード オーラ・バトラーが使用する近接戦闘用の剣。     オーラ・キャノン 背部に大型のレール式オーラ・キャノン2門が装備されています。     ワイヤー付連装ショット・クロー 左右の前腕部に連装のワイヤー付ショット・クローを各1基ずつ装備されています。     オーラ・ソード・ライフル 携行火器として連装オーラ・ショットとオーラ力のエネルギー刃を形成する 銃剣を模した新兵器オーラ・ソード・ライフルを装備しています。     機体色は、赤/アイスグリーン色。 赤は、ダンバインカラーのオーラレッドを使用。 ホワイトは、無くなっていたのでホワイト+グリーン少量で調合しました。 最終決戦(第47話~最終話)では、海上戦ということもあり敵の目を眩ます目的で 青系統のロービジビリティ(低視認性)の迷彩色に塗り替えられています。     ハンドパーツを外してウィング・キャリバー形態に変形可能です。     羽の部分が緩いのが気になりますが 飾っておく分には問題ないでしょう。     バンダイから、発売中のオーラエフェクトを使って ハイパー化を再現してみました。 エフェクトは、蛍光イエローとクリアーレッドで濃淡をつけました。 ハイパー化を再現したかったのでLED球を台座に内蔵しました。     ハイパー・ウィング・キャリバーです。     こちらがハイパー・ビルバインですね。(^v^)     エフェクトは、自由に組み換えできるようになっています。     完成するとわからなくなりますがショウ・ザマも それらしく塗装しています。 サークルメンバーの大将のブログでドラムロの記事を読んで 無性にオーラバトラーが作りたくなりました。 そんな思いもあり、これを届けるために京都まで旅立つことにしました。     千本鳥居で有名な伏見稲荷大社。 ベビーカーを持って上まで登るのは、大変そうなので 途中で引き返すことにしました。('◇')ゞ     京都漢字ミュージアムです。 小学生がいると割引になり、十分楽しめました。)^o^(     大雪という悪天候で電車が動かないという状況でしたが 何とか目的地にたどり着けました。(-_-;) 海辺のほっこりお宿 癒庵小音さんです。     料理は、カニづくしです。 贅沢すぎます。 雑炊の頃には、お腹いっぱいでした。💦     そして、うまい酒 楽しくないわけないですよ。     大将、父ちゃんに抱っこしていただいて 料理の上手い男になってほしいです。     くま、父ちゃんにも抱っこしていただいて 漢らしく強い男になってほしいです。   帰りの新幹線まで時間があったので京都タワーに行ってきまいた。 アニメ、青の祓魔師とコラボしていましたよ。     娘たちは、大興奮!     限定品のチップスターです。↑ 最後に娘がSuicaを落とすというおまけつきですが 思い出いっぱいの旅行になりました。   大将と女将には、大雪で電車が止まっていたので ツアーバスの手配から帰りの電車の見送りまで大変お世話になりました。 悪天候の中、来てくれておみやげまでいただいた くまさんにも家族みんなが感謝しています。 今度は、海水浴のシーズンに来てみたいですね。 今回、行けなかったくまぼうファクトリーもお邪魔したいです。 お会いできなかった十文字さんにもザクをお届けしたかったです。 いろいろ、本当にありがとうございました。m(__)m  

      160
      テーマ:
  • 11 Feb
    • 1/100 フルメカニクス バルバトスルプス完成です♪

        機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズから 1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプス エドモントンでの戦闘以降も鉄華団の中心戦力として運用され続け、 ダメージの蓄積が著しくなったガンダム・バルバトスを、テイワズの 技術部門がオーバーホールし、外装・武装を一新した機体。   パイロットは三日月・オーガス。三日月はグレイズ・アインとの戦闘で 阿頼耶識システムの機能をフルに発揮した結果右目と右腕に障害を負ったが、 阿頼耶識システムで機体とリンクした時にのみ失った感覚を取り戻す事が出来る為、 引き続きパイロットを務める事が出来た。  改修に際して阿頼耶識の接続ケーブルの延長も行われており、 三日月は機体と繋がった(=右腕と右目が使える)状態でもある程度 機外での活動を行う事が可能となっている。      付属品は、平手と握り手が左右とバックパック用ジョイント、 ソードメイス、腕部200mm砲になります。     機体は腰部スラスターユニットや地上用サスペンション、換装可能な 腕部射撃兵装といった第6形態の構成を踏襲しているが、三日月のこれまでの 戦闘データを元にした徹底改修が行われており、ガンダム・フレームは 前腕部が拡張フレームによって延長されている他、フレームの反応指数も 三日月の脳が感じる速度感と完全に一致させ、これによって阿頼耶識システムを 通じたパイロットとの一体感を強めている。      ソードメイス テイワズの技術者達がバルバトスルプス専用の装備として開発した バスターソード状のメイス。  バルバトスの機動力を殺さないまま格闘戦を演じられるよう装備自体は 軽量化されており、形状もこれまでバルバトスが使用してきたメイスや レンチメイスと比較した場合、細身な形状故に特別なギミックは備わっていないが、 威力はそれまでのメイスと遜色無く、全長もバルバトスルプスの全高にも匹敵する。      モデグラ付録のデカールを貼って汚しました。     ソードメイスは、バックパックにマウント可能。     腕部200mm砲 腕部にハードポイントを介して装着可能な小型砲。 使用時には砲身が展開し、射撃形態を採る。      バルバトスの使用した滑腔砲と比較すると小型だが、発射時の反動を レールスライドで吸収し発射時の機体制御の影響を最小限に留めている他、 マニピュレータに武器を持ったまま使用出来るなどの利点がある。     スラスターユニットの合わせ目が気になりますが 見なかったことにして完成とします。(-_-;)     ガンプラEXPOで貰ったソードメイスも持たせて二刀流です。     鉄華団プレートにのせてみました。 1/144用に作ったのですが1/100でも使えそうです。\( 'ω')/     火星風のジオラマベースに乗せてみました。     1/144 ルプスを綺麗な新品風に仕上げたので 今回は、泥臭く仕上げてみました。     なるべくシールを使わずに塗装にしています。 ソードメイスと200mm砲にフレームメタリックを使いました。     やっと完成したというのに次のガンダム・バルバトスルプスレクスが HGで発売されているのね。本日、荷物が届きました('◇')ゞ 来週は、1/100 フルメカニクスも発売ですとっ! 作りきれなくなるので1/100は、しばらく控えようと思います。   ソーラ・レイ、ゲルドルバ照準! ア・バオア・クー宙域に発進しますので今日は早めに寝ます。 (^o^)ノ < おやすみー  

      146
      テーマ:
  • 08 Feb
    • HG 漏影と拠点強襲用モビルアーマーなの?

        機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズから HG 漏影 STH-05R 表立って鉄華団の支援が出来ないタービンズが、その素性を隠すため 百錬の装甲をすべて換装した機体。 また、装甲の換装に伴って地上戦を想定しての調整も為されている。 ちなみにラフタが搭乗する機体はアミダの百錬を換装したもの。 パイロットは、アジー・グルミン。     付属品は、ハンドガン、ヘビークラブです。 百錬のライフルカノン、片刃式ブレードが余剰になっています。     ハンドガン アサルトライフルと共通のマガジンを使用するが、弾丸は小口径のものが装填されている。 また、銃本体に排莢機構は備わっておらず、樹脂製の薬莢をペレット状に圧縮し、 後部に貯蔵する機構が備わっている。     背部に大型ブースター、ヘビークラブとハンドガンは、 百錬同様に腰に装備できます。     ヘビークラブ 内部が空洞化しており、そこに可動式のウェイトを備える。 これは、振り下ろす際に遠心力でウェイトを先端部へ移動させ、 打撃力を向上させる事を目的としている。      百錬のライフルカノンを持たせることも可能です。 型式番号JEE-201。  テイワズの下部組織であるエウロ・エレクトロニクスが製造した100ミリ口径軽量ライフル。  本体後部にスライド式のストック機構があり、用途に応じて展開が出来る。     片刃式ブレード 型式番号JEE-202。  百錬用に製造された接近戦用ブレード。 非使用時は腰部背面に備えられた鞘に格納される。      辟邪と並べてみます。     今度は、ユーゴー。     ガンダム名鑑ガム3から、アプサラスⅡとパトゥーリアです。     アプサラスⅠと同型の機体に高出力メガ粒子砲を搭載した機体。 一年戦争後期、ジオン軍技術少将ギニアス・サハリンが立案した 「アプサラス計画」によって開発された拠点強襲用モビルアーマー。  テスト用の試験機を含めて都合三機が建造されており、何れも ミノフスキークラフトとザクⅡの頭部ユニットを搭載している。 テストパイロットはギニアスの妹であるアイナ・サハリンが務めた。     塗装済みガンダム名鑑シリーズがまた増えました。)^o^( 作っても作っても減らないのに来週当たり、プレバンも届きそうだ。 MSVジムキャノン(MG)も迷わずポチってしまったし、罪が増えるばかりです。     息子の前歯が2本、生えました。怪獣モード全開です。 モンスターインクのマイクが似合ってたのでパシャリ!     目に入れてもいたくないと言いますが・・・ 最近、口や鼻に指を突っ込んでくるんで痛いです。 寝ると天使ですけどね。     星一号作戦まで、あと4日 実質2日~3日なのでマスキングしてのブラシ塗装が間に合わなくなってきました。💦 完成を優先させるために筆塗りで突貫工事に入ります。 ララァ私はガンダムを討ちたい、私を導いてくれ!

      170
      テーマ:
  • 05 Feb
    • HG ヘルムヴィーゲ・リンカーとガンダム名鑑ザクのバリエーションです♪

        機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズから HG ヘルムヴィーゲ・リンカー V8Re-0526 厄祭戦末期に開発されたヴァルキュリア・フレーム機「ヘルムヴィーゲ」のデータを 元に、モンターク商会がグリムゲルデを偽装する形で改修したモビルスーツ。  当時との技術差から、オリジナルを再現しきれない部分は現行技術のパーツに 置き換えられており、大型武装を扱う為のマニピュレータも、グレイズ・アインと 同系統の物に変更されている。  パイロットは、石動・カミーチェ。      付属品は、ヴァルキュリアバスターソードと展開時用足首パーツ。     火星で発掘されたモビルアーマー「ハシュマル」との戦闘に備えて マクギリス・ファリドが手配したが、地球外縁軌道統制統合艦隊の司令として モンターク商会の保有する機体に搭乗する事が危ぶまれた為、 石動に託された経緯を持つ。      グリムゲルデが機動力に重きを置いた軽量型の機体だったのに対して、 ヘルムヴィーゲは対モビルアーマー戦を意識して、フレームの稼働限界 いっぱいまで施された重装備で敵の攻撃を受け止めその状態からの 極至近距離戦闘をコンセプトに開発された機体であった。     ヴァルキュリアバスターソードは、分解する事でショートクラブとして使用可能。     ヴァルキュリアバスターソードを持たせるとバランスが必要ですね。     両手に持たせるとバランスが取れたりします。('◇')ゞ     接続した状態です。 劇中では、ヘルムヴィーゲ・リンカーはこれを両手で保持して使用したが、 ガンダム・フレームを採用したガンダム・バルバトスルプスは片手で使用してみせた。     フレームももう少し塗装すると良かったですね。💦 時間がないので許してください。     寄りかかりながら、辛うじて立っています。 この足でこの武器持っていられるのか?     電撃角 頭部に備えられた二本の長角。  敵に組み付いた極至近距離戦で使用される武装であり、敵の装甲に突き刺し 内部構造を焼き切る目的で使用される。  なお、放たれる電撃から機体のセンサーを保護する為、 使用時にはフェイスマスクが展開される。      足首を展開時に差し替えると安定した感じになります。   スナイパー2とマインレイヤー的シャアザクもはじめました。     ガンンダム名鑑ガムから、ザクのバリエーションです。\( 'ω')/ HGとMGで発売されたザクの色にしています。 下の3つは、SEED系ザクウォーリアのカラーリングにしてみました。     上の方は、おなじみのカラーリングですね。 ザクだけでもこんなに楽しめますよ。 ガンダム名鑑ガムをここまで満喫しているのは、自分が一番と自負しています。 作って、食べて、色塗って元気と笑顔をレッツ・ラ・まぜまぜ!

      142
      テーマ:
  • 02 Feb
    • HG ユーゴーと今年も待機児童なの?

        機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズから プレミアムバンダイ限定 HG ユーゴーツインセット   厄祭戦中期に開発された、ヘキサ・フレームを採用した量産型モビルスーツ。  ヘキサ・フレームは中近距離での戦闘支援を主観に置いて開発されており、武装に 関しても僚機との連携や援護を想定した集団戦向けの物が多く装備されている。  最大の特徴として撃墜時のベイルアウト成功率を高める為に コックピットを頭部に持つ点が挙げられ、パイロットの生存率は 胸部にコックピットを配置する機体と比較して高い。   ユーゴーは戦後このヘキサ・フレームをレストアし、脚部を逆関節仕様に 改修した機体であり、機体の軽量さもあって重力下でも安定した性能を 発揮出来る為、主に民間警備会社や宇宙海賊が好んで使用している。 パイロットは、夜明けの地平線団団長サンドバル・ロイターの側近の双子。     付属品は、一般発売のユーゴーの武装である マシンガン、円月刀、アンカー射出クローにMSオプションセットの ロングライフルとバスターソードが付属します。     ピンクが兄でグリーンが弟です。 肩の付け根部分は、アルミシールを貼る仕様でしたが塗装にしました。 腰の付け根部分もシルバーとゴールドで一部塗装しました。     一般発売版と武装が変更になっています。 比較のためにグリーンが、通常版の装備です。 ピンクがプレミアムバンダイ限定品の仕様です。     円月刀とバスターソードは、バックパックに装備可能です。     円月刀 近接戦闘用のショーテル。  厄祭戦当時から現存しているユーゴーの正式装備であり、打撃攻撃の他、 敵の武装を受け流し絡め取る防御目的でも使用される。     マシンガン ユーゴーの主兵装となる射撃兵装。砲口径は110mm。  月のラグランジュポイントに拠点を置く「ヘパイストス」が開発したマシンガン。     アンカー射出クロー 腰部サイドスカートのソケットに格納されたアンカークロー。  敵機を捉える目的以外にも補給物資の運搬用牽引ワイヤーとしても使用可能。      ロングライフル マシンガンと同じくヘパイストスが設計した190mm口径のライフル。  主に中長距離支援目的で使用され、サンドバルの側近の機体に装備されている。     バスターソード 大型の近接格闘兵装。  峰の部分にグリップが備わっており、サイズに反して取り回しに優れる。  円月刀との選択装備であり、ロングライフルとセットで使用された。      円月刀は、両手持ちも可能です。     円月刀もいいけどバスターソードもいいですね。     並べるとシャア専用と量産型っぽくなりますね     2体i作りましたが今回は、2つで1つとカウントします。     ガンダム名鑑ガムから、塗装中の待機ガンプラです。 量産型ザクがたくさんあるので遊んでみようと思います。 色違いのザクいくつできるかな~♪   4月から妻がフルタイムで仕事に戻る予定なのですが・・・ 今回も保育園の一次調整で落ちました。(-_-;) 二次調整待ちになりましたがなるようにしかならないので 最悪のことも考えて明るく生きていこうと思います。 東京都内の厳しい待機児童の現実を実感しました。 箱物を作って給料上げてという一時しのぎの政策ではなく、 10年、20年先を見据えた少子高齢化対策を期待したいものです。

      135
      テーマ:
  • 30 Jan
    • HGBF ルナゲイザーガンダム完成しました♪

        ガンダムビルドファイターズの公式外伝 ガンダムビルドファイターズA-Rに登場するレディ・カワグチの愛機。 百式にスターゲイザーの意匠を取り入れた機体です。   これまでにない特徴として「宇宙世紀」と「コズミック・イラ」という 二つの世界のモビルスーツの特徴が合わさっていることです。 百式のフレームによる高機動性に、スターゲイザーの ヴォワチュール・リュミエールによるエネルギーコントロール能力を 組み合わせた、ガンプラでしかありえない夢のモビルスーツだそうです。     付属品は、ビームライフル、ハンドパーツ(持ち手)、 スターゲイザーのバックパックを取り付けるためのジョイントが付いています。 クレイバズーカは、余剰パーツで組み立て可能です。     ベースは、REVIVE百式がベースになっていて一部新規パーツを追加。 全身のヴォワチュール・リュミエール・サブシステムは アルミシールでON、OFF状態が再現出来るようになっています。     今回は、ホログラムシールを貼っています。 両方再現するには、もう一つ買えということですね。(;^ω^)     ビームライフル 百式のビームライフルがベース。 粒子コントロールにより、さらに高いエネルギーを利用可能になっている。     背部にあるヴォワチュール・リュミエールは、フィールド上の プラスキー粒子を機体加速に利用する。 同様に敵のビーム攻撃なども自身のパワーに変換可能。     ヴォワチュール・リュミエールからは光のリングを発生させ、 攻防に使用できる。     また、可変機能により高速移動用のウイング・バインダーにもなる。     背部ウイングは、様々な角度に可動できます。     百式ベースなのでビーム・サーベルもあります。 あまっていたクリアパーツでビーム・サーベルを再現!     クレイバズーカを持たせることもできます。     百式同様に背中に装備することもできます。     処分してしまってスターゲイザーのパックがないのが残念です。 まさかこんなものが出るとは・・・ 素組でも十分楽しめました。\( 'ω')/     プロトドムの腕に次元ビルドナックルを組み込みました。 胴体を切断して回転できるように改造中です。     旧キットの合間にこの辺を作っていきます。 その前にユーゴーツインセットもあったな~ 来月になったら、バルバトスの新型も出てしまうので 他のシリーズを作る時間がないですね。(´;ω;`)   キュアップ・ラパパ♪未来もいい日になあれ!!

      133
      テーマ:
  • 27 Jan
    • HG 辟邪完成しました♪

        機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズから HG 辟邪 STH-20 百里と百錬のコンセプトを統合した後継機。 獅電よりも上位の高性能量産機として、テスト機によるデータ収集が行われている。 百里の高機動性と百錬の高出力を両立しつつ、増加傾向にあるヒューマンデブリの 阿頼耶識システム搭載機に対抗して、パイロットに配慮した癖のない操縦性を 実現している。両肩と背部、両足首関節内には展開式のスラスターを備え、 これらすべてを展開した突撃形態に変形することで、幅広い戦術に対応できる パイロットは、ラフタ・フランクランド。     付属品は、バヨネットライフルとトビグチブレードです。 アルミシールが付属していましたがシールだけだと あきらかにシールっぽくなるのでなるべく部分塗装にしました。     辟邪とは、中国に伝わる神獣の名称だそうです。 よく見ると関節等のグレー部分の塗装が必要です。     テイワズ・フレーム テイワズが宇宙海賊などへの対抗策として、厄祭戦後期に設計された 高出力機を原型に開発したフレーム。     両腕部回転ブレード ライフルの固定具や防御にも使用される両手首の小型回転ブレード。     ライフルを腰に装備することも可能です。 ライフルのホワイト部分は、塗装が必要です。     トビグチブレードも装備可能になっています。     バヨネットライフル 機体と同時開発された専用武装の110mmバヨネットライフル。     両肩と背部、両足首関節内には展開式のスラスターを備え、これらすべてを 展開した突撃形態に変形することで、幅広い戦術に対応できる。     トビグチブレード 切っ先が湾曲したブレードは、左右どちらの手にも持たせることが可能です。     ライフルの固定具や防御にも使用される両手首の小型回転ブレード。     突撃形態 両肩のスラスターを開いて足首を変形します。     突撃形態は、ディスプレイスタンドがないと自立が難しいですね。('◇')ゞ     フラウロス と並べてみました。 鉄血シリーズは、値段的にお手頃ですが塗装箇所が結構ありますね。 旧キットに比べるとよく動くし作りやすいです。(^v^)     1/100 バルバトスルプスも外装を着けて完成しました。 デカールを貼ったり、汚したりもう少し手を加えてから 完成写真を公開しようと思います。 次は、ルナゲイザーガンダムを完成させようかな? 今週は、新年会で帰りが遅いので塗装がはかどりません。(-_-;) 一部塗装で仕上げられるものから進めていこうと思います。   キュアップ・ラパパ♪明日も良い日になりますように!!  

      146
      テーマ:
  • 24 Jan
    • HG ガンダムフラウロス(流星号)と男の娘なの?

        機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズから HG ガンダムフラウロス(流星号) ASW-G-54   夜明けの地平線団討伐の報酬としてテイワズが鉄華団に譲渡したハーフメタル 採掘場でハシュマルやプルーマと共に発掘されたガンダム・フレーム。  発掘された当初はエイハブ・リアクターがスリープ状態に陥っていた為、 鉄華団の技術で起動する事が出来なかったが、テイワズの技術部門によって リアクターの再起動と機体のオーバーホールが行われ、獅電改に代わり ノルバ・シノの乗機として運用される。  なお、発掘時は白を基調としたカラーリングでまとめられていたが、 改修に際してシノの強い要望から彼のパーソナルカラーであるピンクに リペイントされ、流星号の名も受け継がれた。  フラウロスはシノの乗る流星号としては四代目にあたり、そのカラーリングも あって関係者であれば誰の乗機であるか一目瞭然となっている。      MSオプションセット7から武装を追加しました。 ガンダムフラウロス用は、アサルトナイフになります。 他に大型レールガン、長距離レールガン、 ショートバレルキャノン、ヴィダール用の平手が入っています。     他のモビルスーツがナノラミネートアーマーの防御を突き破る目的で 近接格闘兵装を装備しているのに対し、フラウロスはそのトレンドに 逆行するかのように複数の火砲を搭載した砲撃ユニットを背部に装備する。 これは射撃兵装によってナノラミネートアーマーの防御を突き破る事を 目的とした上位機構であり、フラウロス本体もその能力を最大限に引き出す 為に砲撃モードへの可変機構を持つ。      ショートバレルキャノンは、レールガンと状況に合わせて換装される短銃身砲。  移動しながらの砲撃にも対応しており、その性質上乱戦に於いて威力を発揮する。      マシンガン 砲撃ユニットの下部にアームを介して接続されている120mm口径の機関砲。  腕部に装備して使用する為のグリップも備わっているが、 砲撃ユニットに装着した状態でも使用可能。      アサルトナイフ ピック状の先端部を持つナイフ。  他の機体の物と比較して小型で扱いやすい近接格闘兵装。      レールガン ガンダムフラウロスの主兵装として砲撃ユニットの上部に 二基搭載されているレールガン。 シノは、これを「ギャラクシーキャノン」と名付けている。  二基のエイハブ・リアクターから生み出される電力を集中する事で 爆発的な初速を生み出す事が出来る。      砲撃モードでは腕部ガントレットを展開し下半身を前後逆にすることで 四脚姿勢を採り機体の安定性を高め、地上戦での命中率向上や砲撃時の 衝撃吸収に役立てている他、攻撃の即時回避の補助にも活用される。      MSオプションセット7の大型レールガンをバルバトスルプスに ショートバレルキャノンをフラウロスに装備しました。     ショートバレルキャノンは、バルバトスルプスにも装備可能になっています。 ヴィダールに平手を追加することでポージング時に表情が増えます。     今回、フラウロス用に基本色のピンクを調合しました。 ガンダムフレームは、バルバトスルプスの時に調合した ガンダムフレーム用カラーを使用。 ホワイト部分は、MSホワイトを使用。 関節部のアクセントにゴールドとシルバーを使用しました。     ガンダム名鑑ガム3は、パトゥリアとガンダムヴァサーゴチェストブレイク どちらも良く知らない機体です。(;´・ω・) 最後のZZガンダムも含めて力技でヤフオクで落札しました。 16種まであともう少しとなりました。 今回のガンダム名鑑ガム3は、最初にコンペイトウを出してしまったので 思い入れのある機体が少なかった気がします。 全部塗装してコレクションケースに加える予定です。°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°     1/100 ガンダムバルバトスルプスは、 ガンダムフレームと武器の塗装まで終わりました。 ガンプラEXPOでもらったソードメイスを持たせようと思ったら、 キットにも付いていたので2本になってしまいましたね。💦 武器とフレームの濃い部分をフレームメタリック1で塗装しています。 MGジムスナイパー2のフレームは、メカサフを試してみようと思っています。     旧キットの方も少しづつですが進めていますよ。 後ハメ加工とかできないのでマスキングしながら、 合わせ目処理して少しづつ塗装をしています。   ジ・オリジン系が溜まってきているので何か作らないと・・・ その前にHGリアルタイプグフを作っていないのに気付きました。(;'∀') そういえば、去年届いたMG νガンダムも忘れていました。 まったくと言っていいほど製作のペースが発売のペースに付いていけていません。 モスク・ハン博士に頼んでマグネットコーティングしてもらわんといかんですな~     ねーちゃんのおさがりを着せたら、女の子っぽくなってしまいました。 長く入院していたこともあって、もともと色白の息子ですが 女の子用の洋服に髪の毛を縛ったら、男の娘になってしまいました。 ちっちゃい頃のねーちゃんそっくりです。 かわいかったので記念撮影です。(^v^)   キュアップ・ラパパ♪明日も良い日になりますように!!

      149
      テーマ:
  • 21 Jan
    • 謎の大型機動兵器完成です♪

       機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズからHG モビルアーマー ハシュマル 鉄血のオルフェンズにて初めて登場するモビルアーマーの一機である。長い尾を持った、大きく翼を広げた鳥のようなフォルムをしている。作中にて存在が確認されたのは29話、火星の採掘場にてフラウロスの近くに埋まっているのを発見される。大きさと得体の知れなさ故に長らくの間放置されていたが、35話にてクジャン公の無知と不注意により覚醒。その威容を現した。他のシリーズのMAに比べると小さいのかもしれませんがデカいです。💦  付属品は、プルーマ、頭部ビーム砲エフェクト、運動エネルギー弾射出装置、ガンダムバルバトスルプス用の太刀が付いています。  300年前の厄祭戦の発端となったモビルアーマーの一機。 「人を殺す」事を基本コンセプトに開発された殺戮兵器であり、モビルスーツを超える機体サイズとナノラミネートアーマーによる堅牢な装甲、ビーム兵器をはじめとした豊富な武装を備えている。 機体名称は主天使ハシュマルに由来し、そのシルエットは鳥や翼竜を彷彿とさせる。   外部からの操作を必要とせず、機体自らが状況を判断し、独自に戦闘行動を取る無人機であり、良心の呵責に悩まされる事無くそのコンセプトを成し遂げる事が出来る。 行動原理も基本コンセプトに忠実であり、戦闘では敵機のコックピットを執拗に攻撃する他、人口密集地への攻撃を優先的に行う。 また、モビルワーカーに似た無人随伴機「プルーマ」を多数従えて物量戦を展開する事ができ、本体にもプルーマの生産機能やマイクロウェーブによるエネルギー供給機能を備える。   頭部ビーム砲頭部に搭載された高出力ビーム砲。 一射のみで地形を変える程の圧倒的な威力と射程を誇るが、耐ビームコーティングとして高い効果を持つナノラミネートアーマーに対しては効果は薄く(ただし、ナノラミネートアーマーが施されていない火器への引火やそれに伴う破損は発生する)、主に都市部や施設などへの攻撃や対人殺戮に用いられる。   プルーマハシュマル等のモビルアーマーに付随する無人攻撃オプション。「プルーマ」とは伊語で「羽」の意。 モビルアーマーからマイクロウェーブを受信する事によって稼働するが、ある程度自立性も備える。逆に指揮管制機であるハシュマルが機能停止してしまうとプルーマも同様に行動不能となる。 防御力こそ低いものの、機体出力は並のモビルスーツを上回り、サイズもモビルスーツと同等。  運動エネルギー弾発射装置中央部には運動エネルギー弾とその射出装置を備え、遠距離の敵にも即座に対応する。 使用しない場合は機体両舷のバインダーに格納される。   モビルアーマーは機体内部に生産プラントを持ち、時間と物資の許す限りプルーマを生産する事が可能であり、これを展開する事で物量戦に対応する。 機体が収集した周辺データをモビルアーマーへ転送し、そのデータを元に下された指示に従い行動を行う他、プルーマにもモビルアーマーを修復する為の機能が備わっており、同時に敵地からの補給資材の回収の役割も担うなど、巨大で小回りの効きにくいモビルアーマーの死角を補う手足として稼働する。  よく見るとプルーマの塗装が必要でした。(-_-;)ドリルのようなところと足の付け根の丸い部分見なかったことにして完成といたします。  超硬ワイヤーブレード機体背部にワイヤーで連結された後尾ブレード。 ワイヤーは常温でも微量の電流を帯電させる事で粘性を得る特殊合金で生成されており、あらゆる方向にしなやかに可動する為、鞭のように振っての攻撃が可能。 攻撃速度も尋常ではなく、阿頼耶識システムを高めた状態のバルバトスルプスに追いつく程のスピードを持つ。 さらにブレードの威力はたった一振りで普通のモビルスーツを大破させるだけの物を備えている。 バルバトスルプス用の太刀が付いていたので持たせてみました。  ガンダム名鑑ガム3からユニコーンガンダム(デストロイモード)と陸戦型ザクⅡが完成しました。  何が出るかな~♪α・アジール出ました。)^o^(コンプまでもう少し揃ってくるのはうれしいが塗装がしんどくなってきました。近眼が進んできたか?いや老眼でしょうか?  昨日、プレミアムバンダイから1月配送分が届いたりMGプロトグフとジムⅡは、楽しみにしていたよ。ユーゴは、旬のガンプラなのでとりあえず抑えといたが他のは、後で後悔しないように2次注文したやつ。  注文し忘れていた辟邪とルナゲイザーガンダムを購入してジムスナイパーⅡと陸戦型ジムもヨドバシから届いた。作っても作っても減らないのは、私だけじゃないはず誕生日プレゼントということで家族には、大目にみてもらおう!ハシュマルも製作中のフラウロスも意外に塗装箇所が多かったです。 次は、塗装なしで簡単に作れそうなのを作ってガンプラデータファイルに追加しようと思います。現在のWeb Spaceが今月いっぱいで終了してしまうのでYahooBBで広告無しの有料エリアを確保しました。来週から、移転作業に移ります。去年は、ガンプラの完成品が104体、その他6作品でした。今年も完成品100体を目標にしています。 キュアップ・ラパパ♪明日も良い日になりますように!!

      170
      テーマ:
  • 18 Jan
    • HG ガンダムヴィダールとプチッガイ祭りなの?

       機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズからHG ガンダムヴィダール ASW-G-XXギャラルホルン月外縁軌道統合艦隊アリアンロッドの擁するガンダム・フレーム。 他のガンダム・フレームとは異なりソロモン72柱の名は付けられておらず、パイロットである仮面の男、ヴィダールの名を冠する。  付属品は、バーストサーベル、ライフル、ハンドガン、ハンドパーツが2種になります。ライフルのみ合わせ目処理をしたがサイドアーマーの合わせ目も気になりますね。('◇')ゞ  主に近距離戦を想定した調整が施されており、腰部や脚部にバーニア、スラスターを装備。 またバックパックにはガンダム・フレームのツイン・リアクター以外にもう一基エイハブ・リアクターが増設されているが、機体を稼働させる為に必要なエネルギーは本体部のリアクターで過剰な程に補う事が出来る為、増設されたリアクターは固有周波数の偽装などの用途に用いられる。   ハンドガン近距離戦を想定したハンドガン。主に牽制やミサイル迎撃、二挺同時使用による集中砲火といった目的で使用される。   非使用時はフロントスカートの裏側にマウント可能。脱着式ではないので手に持たせているのにフロントアーマーについた状態なのが残念です。  ライフル遠・中距離戦を想定した射撃兵装。 ギャラルホルン開発部門で試験運用されていた物を調達、ガンダム・ヴィダール用に調整した上で装備している。   足部ハンターエッジ脚部に備えられた蹴撃用ブレード。 踵と爪先に二種類、左右合計四基装備されている。 蹴り上げや振り下ろしの際の勢いで敵の装甲を叩き割る事を目的としており、ブレード自体に切断能力は備わっていない。   ライフルは、バインダーにマウント可能。   バーニアのレッド部分は、塗装が必要です。撮影しているとパーツがぽろぽろと落ちますね。  バーストサーベル腰部大型バインダーに格納されている格闘兵装。 「突き」や「打ち」に向いた形状を持ち、ガンダム・ヴィダールは各部に備えられたスラスターの機動力を活かした一撃離脱戦法を得意とする。   後ろから見るとリアクターの肉抜きされているのが気になります。時間があれば、少し手を加えたいキットですね。  ガンダム名鑑ガム3のジェガンと、ガンダムエクシアも完成しました。  ジェガンは、シールドに連邦軍マークを貼りました。そういえば、ZZ出なかったな~αアジールもなかったわ。  本日は、まとめて合わせ目処理をしています。同じ色は、なるべくまとめて塗れるようにしていますが在庫が多くなるとパーツの紛失を招くので堅実に作るのが無難でしょうね。フミナの腕の合わせ目が気になってしまったので塗装して作ろうと思います。  次回、サークルコンペのタイトルは『プチッガイ祭り』100均で見つけたアイテムを使えないかな?プチッガイで神アイドル目指します。(^v^) キュアップ・ラパパ♪明日も良い日になりますように!!

      149
      テーマ:
  • 15 Jan
    • HG イオフレーム獅電改(流星号)完成です♪

       プレミアムバンダイ限定商品機動戦士ガンダム 鉄血のオフフェンズからHG イオフレーム獅電改(流星号) STH-16頭部と肩部が変更になっています。 獅電をノルバ・シノ専用機として改修した機体。 シノの要望により、肩部にスラスターを増設し、左腕部にガントレットシールドを装備することで、高い機動力を生かした戦闘を行えるように設計されている。また改修に伴いシノのかつての乗機である流星号(グレイズ改弐)のコックピットシートとエイハブ・リアクター、戦闘データ等を移植しており、鉄華団の運用する獅電としては唯一の阿頼耶識対応機となっている。 この他、流星号からは機体名称やカラーリング、頭部ノーズアートなどの要素も受け継いでおり、シノのパーソナルな部分が強調されている。   付属品は、ライフル、パルチザン、ガントレットシールドです。  ライフル百錬のJEE-205アサルトライフルをベースにした獅電の主兵装。 非使用時はリアスカートにマウント可能。   白いカラーリングで彩られたオルガ・イツカの専用機もあるようなので機会があれば作ってみたいです。少し待てばプレバンで発売あるのかな?  パルチザンは、獅電と同じくバックパックに装備することも可能です。  パルチザンエウロ・エレクトロニクスが獅電の標準装備として開発した格闘戦用の槍。 柄には伸縮機能が備わっており、状況に応じて破壊力か取り回しを優先出来る。 非使用時にはリアスカートやバックパック等にマウントする事が可能。   火星風ジオラマベースに置いてみます。  一般機と並べると色の違いが判りますね。  訓練中のワンシーン!  獅電は、足や腕が外れやすかったと思うが改善されているのだろうか?撮影であまりストレスを感じませんでした。  モビルワーカーを置いてみました。  ブレーティッドバット単純な破壊力を増す為にブレードが備わった格闘専用の棍棒。 非使用時にはバックパックにマウント可能。別売りのMSオプションセットに付属しています。  何が出るかな~♪今回のガンダム名鑑ガム3は、ジャムル・フィンと陸戦型ザクⅡでした。  ガンダム系を白サフ塗ってちょこちょこ塗装中です。3色塗るとそれらしく見えてきますね。こちらは、もう少し時間がかかりそうです。  次は、ガンダムヴィダールを完成させてこの辺を作っていこうと思います。時間があれば、1/100ルプスとビルバインも進めたいところです。 現在使用しているWeb Spaceが1月31日で終了してしまうとのことなのでガンプラデータを別館の方に移転する予定です。何気に忙しそうだ。(;^ω^) キュアップ・ラパパ♪明日も良い日になりますように!!

      154
      テーマ:
  • 12 Jan
    • RG ビルドストライクガンダムと連邦軍の新兵器なの?

       ガンダムビルドファイターズより、RG ビルドストライクガンダム GAT-X105B/FP「機動戦士ガンダムSEED」の主人公機ストライクガンダムをベースにイオリ・セイが独自の改造を加えて作り上げたガンプラ。成り行きからセイのパートナーとなったレイジが操作する。  付属品は、ビーム・ライフル、チョバム・シールド、ビーム・サーベル、強化ビーム・ライフル、ビルド・ブースターとライフル用ハンドパーツ(右)、可動ハンドパーツ(左右)になります。 最初に完成したのは本体のみであったが、レイジによってそのポテンシャルを引き出された事からレイジ用の調整と追加装備を施され「ビルドストライクガンダムフルパッケージ」として完成。  1/144のイオリ・セイが付いています。ストライクをベースとしながらも、アカツキガンダムやフリーダムガンダムなどの要素を踏襲したデザインが特徴である。  両肩に高い機動力を生み出す大型スラスターを有しており、これにより素早い攻撃を得意とする。  ビルドブースターストライクルージュのオオトリをベースに改造した専用ストライカーパック。 オオトリにはミサイルや対艦刀、レールガンなど多彩な装備が搭載されていたが、ビルドブースターではそれらはあえてオミットされている。   ビームライフルVガンダムやガンダムAGE-1のそれと同じくビームガンに銃身パーツを装着する形式を採るビームライフル。   チョバムシールド薄いプラ板を積層させた小型のシールド。 その名が示す通り、プラ板が壊れる事でダメージを吸収するチョバムアーマーとしての機能を有する。   ビーム・サーベルフリーダムガンダムのように腰アーマーに装備されているビームサーベル。 サーベルのホルダー部には回転軸が設けられており、左右どちらの腕でも抜刀出来る他、サーベルをホルダーに装備した状態でもホルダーを回転させると同時に刃を発生させる事で意表を突くといった運用も可能。   強化ビーム・ライフルビームライフルに更にパーツを追加して強化した装備。 高出力だが、その反面連射性はビームライフルより劣る。 最大出力時にはビームライフルのそれよりも更に高い出力のビームを発射するが、ライフルの耐久性を保つ為に銃口を二つに分けて消耗を抑えている。   大型ビームキャノンビルドブースターに装備されている高出力ビーム砲。 ガンダムF91のヴェスバーのように背中からアームを介して前面へ展開する事で使用可能となる。 また、ビルドブースター単独での使用も可能であり、本機に支援機としては破格の大火力をもたらしている。  ガンダム名鑑ガム3のコンペイトウとエンジェル・ハイロウが完成しました。 元々はルナツー等と同様、資源採掘用に小惑星帯から運ばれてきたものだったが、一年戦争前にジオン公国が軍事用に改装し、宇宙要塞となる。地球連邦軍によって陥落した後は、コンペ島(OVA作品『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』以降の設定ではコンペイ島(CONFEITO)と改名され、地球連邦軍により使用された。  ソーラ・システム照射!黒サフ後、シルバーを塗ってフィールドグレー2を塗ってヤスって擦れ感を出した後、ウェザリングマスターで汚しました。劇中のシーンを再現したくてプラ板でソーラー・システムも作ってみました。  何が出るかな~♪今回のガンダム名鑑ガム3は、ユニコーンガンダム(デストロイモード)とブルッケングでした。  100均のコレクションケースを使ってこんな風に飾ってみました。1年戦争系のものが多いのは、たんなる個人的な好みです。ポケモンじゃないが全部集めて図鑑のように眺めてニヤニヤしたいです。もう少し、コレクションケースを追加しないと足りないな~  ジャジャーン!!ガンプラじゃないがパッケージで即決しました。大好きな魔法少女とのコラボじゃないですか?あまりに好きすぎて子供の名前に『優』という字を入れてしまったというのは内緒です。(;^ω^) マクロスシリーズは、買わないように自制したのに・・・来月は、ラブライブサンシャインのフィギュアライズバストも買ってしまいそうです。 キュアップ・ラパパ♪明日も良い日になりますように!!

      143
      テーマ:
  • 11 Jan
    • 2016 旧キットコンペ(一年戦争編)終了です♪

      この度、旧キット普及委員長として不慣れながら開催させていただいた『旧キットコンペ(一年戦争編)』が無事に終了しました。サポートしていただいたゆっとさん、ディケさんありがとうございました。お忙しいなか参加いただいたサークルメンバーのみなさん、また、投票頂きました多数の皆様本当にありがとうございました。°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖° ゆっとさんから表彰式をお願いしますと言われましたので形式的に投票の結果発表をさせていただきます。1位は、56票 katsu ゲルググキャノン2位は、50票 ディケさん アッグガイ3位は、49票 カナルさん ザクレール ディケさん、カナルさんすいません。企画した本人が優勝というケツの座りの悪い結果になってしまいました。(-_-;)逆に言えば今後のコンペ企画で自分の得意な分野の発案をすれば、サークルメンバーの誰もが優勝のチャンスがあるということだと思います。 Popoさん、初コンペ&初ジオラマありがとうございます。まさかの巨神兵?SEIさん、相方様とのエントリーありがとうございます。フルアーマー作りたくなりました。ソラソウさん、ビグロRかっこいいです。塗装も工作技術も勉強になります。由佳理さん、ゲルコプターぶっ飛んでいて真似できません。大将さん、小さいビグザムの筋彫り大変そうです。BUNTAさん、ボックスアート風の塗装がかっこいいです。sunaさん、便利ゾック一家に一体欲しいです。ジオラマ教えて下さい。ディケさん、いつもながら造形が美しいです。まだまだ、私ごときでは追いつけません。Lyraさん、グラブロの色が素敵です。海のシーンの再現が難しそう。朔さん、未完成ながらエントリーありがとうございます。完成していれば優勝です。TOKISHIRAZUさん、ガンダムとSEED系の組み合わせいいと思います。筆塗りなんですね。ジグサーまーさん、ザク強行偵察型を見てザクマインレイヤーのRG化をやりたくなりました。ちゅーばさん、お忙しい中ありがとうございます。プロトガンダム、連邦系MSもいいですね。カナルさん、ザクレロをここまで愛していただけるとは、うれしい限りです。じむすけさん、FGには見えません。最終エントリーありがとうございます。どれも素晴らしい作品で”世界に一つだけのガンプラ”だと思います。みなさん、おつかれさまでした。 次は、ビタさん発案の『プチッガイコンペ』です。一度だけの人生です。これからも楽しんでいきましょう!!

      167
      4
      テーマ:
  • 09 Jan
    • 月影に現る!ロバート・ギリアム大佐機と天空の城休城なの?

       プレミアムバンダイ限定商品MG 1/100 ロバート・ギリアム専用ザクⅡ MS-06R-2ロバート・ギリアム大佐が操る高機動型ザクⅡです。 『機動戦士ガンダム』本編に登場する「ジオン公国軍」量産型MS「ザクII」を宇宙戦用に特化した機体で、背部と脚部に増設された大型の推進器を特徴とする。生産時期などによって複数のバリエーションが存在するが、一般的には型式番号である「MS-06R」、または単に「06R」「R型 (R-Type) 」と呼称されることも多い。  付属品は、ジャイアント・バズーカ、ザク・バズーカ、ザク・マシンガン、ヒート・ホークです。  MSV モビルスーツバリエーションに登場するMSです。外見こそザクのイメージをとどめているものの、性能、仕様などはR-1A型から大幅な変更が行われているため、改修機というよりはまったく別物の機体と言っても過言ではなく、「ザクの皮を被ったゲルググ」とも言われた。  一部能力ではリック・ドムを上回っていたらしいが、生産性で劣り主力の座に付く事が出来なかった。そのため生産された実機はわずか4機にとどまり、うち3機がジョニー・ライデン少佐、ギャビー・ハザード中佐、ロバート・ギリアム大佐の3名に引き渡された。  ロバート・ギリアム大佐は、突撃機動軍のエースパイロットで『M-SVR』によれば、一年戦争末期にア・バオア・クーにおいてロールアウトされたビグ・ルフの飛行テストパイロットとして招聘されている。パーソナルカラーは青と黄色を基調とする。  ヒート・ホーク斧(トマホーク)型の形状をしており、ブレード部分を加熱することで金属を溶断する威力を発揮する。  ザク・マシンガン主にザク系列が使用していたことから通称「ザク・マシンガン」と呼ばれる。ザク系列の専用武装ではなく、他機種でも使用可能。  技術的にもゲルググの直系の前身といえる機体であり、脚部等の機体各部形状はゲルググに通じるデザインともいえる。  ヒート・ホークは、腰に装備することも可能です。特別機を意識してシルバーで塗装しました。  ザク・バズーカ口径280mm、または240mmのバズーカ。元々対艦用に開発されたバズーカである。  テレビ版第5話でシャア少佐は、対ガンダム戦でもザク・バズーカを用い大気圏突入直前の戦闘ではガンダムの盾を貫通する威力を示している。  ジャイアント・バズーカロケット推進の360mm実体弾を発射するMS用バズーカ。  ドム系MSが主装備としたほか、高機動型ザクII、グフ、ゲルググ、ケンプファーが装備しているのも確認できる。  旧1/144リック・ドムの箱には、「一撃で戦艦を沈める」とある。劇中ではガイア機がガンダムのシールドを半分吹き飛ばし、ア・バオア・クーにおいては2機のリックドムが1発ずつホワイトベースの左右の機関部に撃ち、同艦の機関部を破壊し大破着底させた。  何が出るかな~♪今回のガンダム名鑑ガム3の中身は、ガンダムエクシアとVガンダムでした。本日、コンペイトウとジェガンの塗装に入りました。しばらく、旧キットばかり作ってきたので溜まってきた鉄血のオルフェンズ系を素組で仕上げていこうと思います。その前にRGビルドストライクガンダムを完成させます。 2月に関西方面に行く予定があったので竹田城を調べてみたら、1/4~2/28は、休城だそうです。天空の城みたかったな~やっぱり雪あるのね。(-_-;)京都周辺なら、伏見稲荷大社と寺田屋も気になるところです。 キュアップ・ラパパ♪明日も良い日になりますように!!

      143
      テーマ:
  • 07 Jan
    • ”旧キットコンペ 一般公開!!!”

      私の参加しているGMサークルのコンペ旧キットコンペ ~一年戦争編~にゲルググキャノンでエントリー中です。  今回は、締め切りのタイミングが悪かったせいかリタイアされた方もいましてとても残念に思っています。それでも最後まであきらめずエントリーいただいたメンバーの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。  僭越ながら、作品の説明と補足を加えさせていただきます。背景のベースは、壊れたPCのケースを利用しました。天井には、ザクマインレイヤーとザクフリッパーが偵察のため出撃の準備をしています。PCの電源のあったとろろをカタパルトデッキと見立てました。  ゲルググキャノ(エース部隊仕様)は、LEDの内蔵はしていませんので100均で購入したLEDミニライトで照明を当てています。  ザクマインレイヤーの後ろ側に12V電池BOXスイッチ付を置いてザクマインレイヤーとザクフリッパーのモノアイが点灯可能にしています。こちらは、今回の作品とは関係ない自己満足の追加部分です。  メンテナンスしている感じを出したかったので1/144 MSフィギュアをジオン軍クルー風に塗装して配置しました。  ジョニー・ライデン少佐用ゲルググキャノンは、イケア LEDライトチェーン10球 赤を2つ購入して脚とスカート、バックパック、モノアイに18球接続しました。切ってつないで一番頑張った部分でもあります。  上の横からのぞくとこんな感じですね。  PCケースの素材を生かして天井にマグネット式のLEDを取り付けています。システムベースとザクの足には、ネオジムを入れているので配置換えも可能です。  右側のゲルググの頭の上にも電池BOXを置くスペースを作っています。次の作品もLEDを仕込んだら、接続できるようにしています。  最終的には、グラナダMS生産工場風のジオラマベースを目指しています。BOXの上には、月の表面風のディスプレイベースも追加しようと考えています。製作途中ですが配置するとこのようなラフ案になっています。脳内イメージでは、ジョニー・ライデン少佐率いるMS部隊がフルアーマーガンダムを撃破しています。( ´艸`)  今回使用したキットは、Hハンガー×1システムベース×2Hハンガー拡張パーツ×21/144 MSV ゲルググキャノンHGUC 量産型ゲルググ/ゲルググキャノンです。  何が出るかな~?ガンダム名鑑ガム3アドラステアとエンジェル・ハロゥでした。  次のガンプラは、旧キットのプロトタイプドムをモノアイ点灯させようと思います。  そしてロバート・ギリアム専用ザクⅡがもうすぐ完成予定です。  よろしければ、投票もお願いします。他にも力作が揃ていますので覗いてみて下さい。  

      146
      テーマ:
  • 04 Jan
    • HGUC ゲルググキャノン(エース部隊仕様)と初詣なの?

       機動戦士ガンダムからジオン軍量産型モビルスーツHGUC 量産型ゲルググ/ゲルググキャノンを旧キット風、 モビルスーツバリエーションのエース部隊仕様で塗装しました。 一年戦争の最終決戦である、ア・バオア・クー攻略戦が始まる第42話では、グレーと緑のカラーリングで量産機が登場し、ゲルググはシャアが乗った機体だけではなく、複数生産されていることを印象付けている。ただし、実際の登場は止め絵での移動シーンと学徒兵が母の名を呼びながら撃破されるシーンのみで、キシリア・ザビ少将はア・バオア・クーの戦いにおける学徒動員兵ゲルググ隊の働きを「もろすぎる」と酷評した。  量産型ゲルググまたは、ゲルググキャノンとしてどちらかを選んで組み立てることができます。付属品は、ビーム・キャノン、ビーム・ライフル、シールド、ビーム・ナギナタ、バックラーシールド、3連装ミサイルランチャー、額上部に「補助カメラ」を有するゲルググキャノンの頭部になります。  旧キット付属の水転写デカールを使用しています。白のラインは、白サフを吹いてからマスキングして基本色を塗ってマスキングテープを剥がしました。  ビーム・ナギナタは、左右どちらでも持たせることが可能です。刃の部分は、旧キットと違いクリアパーツになっています。  バーニアと動力パイプは、シルバーで塗装しました。  バーニアの中心部は、メタリックブルーを使用しています。  腕と頭部のパーツを差し替えることにより、量産型ゲルググにすることが可能です。  ビーム・キャノンを取り外し、シールドを装備。ナギナタの位置が変わります。  ビーム・ライフルピンク部分は、塗装が必要です。合わせ目の処理をして黒サフ後、MSグレー連邦系を使いました。  左手のみハンドパーツの平手が付属します。  右手は、ライフル用のハンドパーツが付属しています。  基本色は、ねずみ色にワインレッド少量となっていましたので手持ちのグレーとワインレッドを調合して作りました。  謹賀新年!1017年の初日の出になります。正式には、1/3になりますがホテルの部屋から日の出を撮る娘を撮りました。息子が元気になったので両親と合同家族旅行です。  ホテルからのシャトルバスに乗って初詣。写真でわかると思いますが有名な3猿と猫がいるところです。  じじばばと甥っ子、姪っ子も集まってみんなに抱っこされテンション高めの息子です。 無事に東京に戻ってきました。遅くなりましたが本年もどうぞよろしくお願いします。m(__)m  

      161
      テーマ:
  • 30 Dec
    • J・ライデン少佐用ゲルググと来年の野望なの?

       機動戦士ガンダム MSバリエーションNo.32ジョニー・ライデン少佐用ゲルググ先行量産型YMS-14にB型パックを装備したもので、ゲルググB型仕様の第1号機にあたる。一部資料では本機を「YMS-14B」としたものもある。武装も多く可動範囲も広くなって旧キットのゲルググの中で一番の秀作だと思います。  付属品は、ビーム・ライフル、ビーム・ナギナタ、シールド、ロケット砲、バズーカが装備可能になっています。ハンドパーツは、握り手と平手の2種以外にライフル用が付属。ゲルググキャノン用のパーツや水転写デカールも付属しているのでJ・ライデン仕様ゲルググキャノンを再現することも可能です。  シールドは、手に持たせることも可能です。バックパックを外して通常のゲルググのように背中に取り付けることも可能です。旧キットのシャア専用グルググもこのキットで作り直したい気持ちになりました。(^v^)  高機動型のバックパックです。元々は、『SFプラモブック 機動戦士ガンダム REAL TYPE CATALOGUE』(講談社・1982)掲載の「ゲルググ用オプションバーニヤ」が初出で、その後『ホビージャパン別冊 HOW TO BUILD GUNDAM 2』(1982)に小田雅弘によるB型・C型コンビの模型作品が発表され、ドイツ空軍のノヴォトニー部隊を思わせるエリート部隊に配備されたとの設定がついたことで、B型およびC型の性格付けが明確なものとなった。ゆえにこの当時は「戦闘機型」と称されており、『MSV』としてのプラモデル商品化に際して「高機動型」と改名された。主にエース・パイロットやベテラン兵が愛用したとされ、著名な機体としてはキマイラ隊所属のジョニー・ライデン少佐機がある。-Wikipedia参照-  ビーム・ナギナタ近接用兵装としてビーム・ナギナタを装備している。これはビーム・ソード、ビーム剣などとも呼ばれる装備である。通常のビームサーベルとは異なりツインエミッター式を採用しており、発振器本体の両端から薙刀状の刀身をS字のように形成。  バズーカドムに付属のジャイアント・バズーカと同じものですね。旧キットでは、1/144は、リックドムしか発売されていません。  ビーム・ナギナタを中央で切断して真鍮線を入れて取り外しできるように加工してHGキット付属のビームサーベルのクリアパーツに変更しました。  ビーム・ライフルジオン公国軍の量産型MSとしては初のビーム・ライフルの実用化に成功。開発にはMIP社や兵装メーカーALBERT社の協力により達成された。頭部に仕込んだLEDを点灯させます。   ビーム・ライフルは、バックパックに装備することも可能です。ロケット砲は、このキットにしかついていない貴重な武装になります。  昨日まで完成が間に合わない感じでしたが納会が早く終わり汚し塗装とトップコートまで出来ました。\( 'ω')/  基本色になるレッドは、シャインレッド+オレンジ+明灰白色を少量調合して作りました。ブラックは、クロサフを吹いてつや消しブラックです。バーニアの中心部にGXメタレッドを使用しました。  足の裏側です。ここにLEDを仕込もうとしたのが間違いの始まりでした。(-_-;)  旧キットコンペ用に製作していたゲルググ2/2体目です。悪戦苦闘の末LEDを内蔵してバックパックを取り付けるだけでした。駄菓子かし、LDEのコードが収まり切れません。力技で無理やり押し込もうとしたところ断線しました。深夜2時の出来事です。( ノД`)シクシク…真っ白に燃え尽きました。ところが5時前に目が覚めLEDが一つあまっていることに気づき断線個所を探しLEDは、点灯ができるように奇跡の復旧をしました。この時点で朝7時になっています。もう時間もありませんので汚し塗装もトップコートもなしでLEDが点灯しているうちに撮影して今日中にエントリーしようと思います。80%の完成度になってしまいましたが整備途中のゲルググキャノンとして参戦させていただきます。同時に作っていたキットを使って合わせ技の一本を狙います。  何が出るかな?ガンダム名鑑ガム3が発売されました。今回は、ジェガンとコンペイトウです。  100均でコレクションケースを見つけました。これ使えそうな感じなので追加しようと思います。毎度のことながら、コンプリートを目指します。 来年のKatsuの野望は、◎1/144 フルアーマーガンダムを作ってパーフェクトガンダムのコンプリート◎1/144 ゾックの旧キットをジオン水泳部に追加◎1/60 ゲルググキャノンの電飾計画◎コア・ブースター(罪プラ)で005・006号機の製作◎1/48 ハイパーモードのビルバイン◎ザクマインレイヤーのRG化◎プチッガイ×プリパラコラボ第2弾 今年は、息子の手術があって精神的にも余裕がない時期にブログの方でも不愉快な思いをしました。もうブログをやめようと思った時にGMサークルメンバーの方からメッセージをいただき、こうして復帰することができました。ゆっとさんをはじめ一部の方とお会いする機会にも恵まれ、良い意味で刺激をたくさんいただきました。そして、私を陰ながら応援していただいた皆さんに感謝いたします。来年もご迷惑をおかけするかもしれませんがよろしくお願いします。 キュアップ・ラパパ♪来年も良い年になりますように!!

      160
      1
      テーマ:
  • 26 Dec
    • 1/144 パーフェクトガンダム完成です♪

       機動戦士ガンダム MSバリエーションN0.30パーフェクトガンダム PF-78-1「プラモ狂四郎」では主人公京田四郎の制作したガンプラとして登場し、全身に増設された装備から、ほぼフルスクラッチに近い機体として位置づけられている。 装備追加に伴う機体重量の増加に対応するべくバーニアを増設し機動力を強化していいるが、それら装備をパージする事が出来ない事から運動性は低く、また追加装備から戦闘スタイルが読み解かれるというリスクも負っている。 後に続くパーフェクトガンダムⅡ、レッドウォーリアはその反省点を活かす形で制作されており、またパーフェクトガンダム自体も装甲のパージ機能が加えられるなど、アップデートが加えられていった。   付属品は、二連装ビーム・ライフル、ビーム・サーベル、シールド、ハンドパーツが平手と握り手の2種類になります。頭部を小顔に変更しました。  二連装ビーム・ライフルとシールドを取り付けます。旧キットのガンダムの中でも可動範囲が向上しています。(*^O^*)  大型バックパックからの動力パイプがたまりません。  塗装見本を見ると腰の部分がレッドでしたがガンダムぽくしたかったのでホワイトにしました。  二連装ビームガン右腕に装備されているビーム兵器。本機の主兵装。  ショルダーキャノン右肩に装備されている実弾兵器。遠距離からの攻撃が可能。登場作品によって扱いがもっとも違い、実弾兵器設定はMSVでのもの。「プラモ狂四郎」では水鉄砲になっていた事があり、「ガンダムビルドファイターズ」では完全にビームキャノンとなっていた。  ビーム・サーベルは、2本付いていたので1本をクリアパーツに変更しました。  ビームサーベル格闘用の武装で、シールドの裏側に3本装備。  シールド左腕に装着されている実体盾。固定式だが、回転して向きを変える事ができる。  頭部は、1/144 ガンダムフロント東京 ガンダムファクトリーRX-78-2 ガンダムヘッドを使用しました。  使用した塗料になります。  ガンダムに追加装甲や大型バックパック、二連装ビームライフル、大型キャノン砲等を装備したモビルスーツ。ジオングの完成形であるパーフェクトジオングと対をなす機体である。 ジオングは、1/250なので大きさが違いますが並べたかったのでやってみました。  パーフェクトガンダムⅡ、レッドウォーリアと3体並べたいですね。ゾックとフルアーマーは、来年に回します。  旧キットコンペの2/2体目のゲルググの製作に入りました。バーニア部分をLEDで点灯させようと配線していたら、断線や配線のミスもあり、二日も時間を費やしてしまいました。(^0^;)クリスマスイルミネーションのLEDライトの流用です。1/144キットに果たして18個のLEDが入るかが問題です。最悪間に合わない場合は、MS-14Bだけでもアップします。 キュアップ・ラパパ♪明日も良い日になりますように!

      163
      テーマ:

プロフィール

katsu

性別:
男性
血液型:
A型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
ガンプラと魔法少女が大好き! ガンダム好きのおっちゃんがガンプラとアニメ、 子供たちとのたわい無...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

このブログの読者

読者数: 272

読者になる

ランキング

総合ランキング
44274 位
総合月間
42203 位
子育てパパ
175 位
フィギュア・プラモデル
290 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。