1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-19 09:21:34

テルマエ・ロマエから思い出す記憶。

テーマ:食事
昨日の朝、起きたと当時に
「炊き込みご飯の気分!」と



炊いちゃいました。
初志貫徹!!
ご飯、お味噌汁、先日仕込んだ茎ワサビ漬け、冷蔵庫のなんかを
モグモグっと食べてラジオの収録へ。

明日放送予定、NHK-FM「トーキング ウィズ 松尾堂」
トーキング ウィズ 松尾堂

毎回本当に素敵なゲストの方々がいらっしゃるのですが、
今回お招きしたのはヤマザキマリさんと大塚ひかりさん。
ヤマザキさんと言えば
「テルマエ・ロマエ」の作者と言えば分かる方も多いかな?
そして大塚さんは日本の昔のお話を現代ふうに
分かりやすく、時に突っ込みながら解読、訳して下さる方です。
そう、お二方とも歴史に大変お詳しく
めちゃくちゃ面白かったです。

そんな中、ヤマザキさんから古代ローマ時代のお風呂の話や
イタリアでのお風呂事情なんかを聞かせてもらったのですが、
家に帰ってから
「パリに住んでる時、私もお風呂が恋しかったなあ・・」なんて事を
すんごい久し振りに思い出しました。
かれこれもう何年前だ?
最初ノルマンディーのホームステイの時、
用意してもらった私の部屋はシャワーしかなく、
でもそのときは全てが緊張でくつろぐ余裕すらなかったから
シャワーしかない事が不思議ともなんとも思ってなかった。
(そして家人は毎日入らない習慣だったので私も3日に一回と決めた。
湿気の無い、乾燥している季節で良かったと今となれば思う)

パリで一人暮らしをした時、
公衆電話以下に小さなシャワールームで
毎回何度も壁に肘が当たってたなあ。
そうして「映画とかだと猫足のお風呂でキャンドル炊いて
ワインとかフルーツも持ち込んでゆっくりお風呂に入ってたの観た事あるけど、
クラスメイトや友達の家にも・・そんなお風呂・・ないぞ・・」とうっすら気付いたり。
なので「日本に帰ったら絶対温泉に入って、お湯をたらふく浴びるんだ!」と
そのつど思ってたなあ。
どうしてもお風呂に入りたい時は
大人の知り合いに「お願いしますー、お風呂にどうしても入りたいのでー
お風呂貸して下さいー」とバスタブをお借りしてた。1度しか会ってない人のお宅でも
借りた記憶。
せつない・・・せつなすぎる。


そんな事を
ラジオの収録を終え、
美容院でメンテも済ませ、
家に帰って44℃のお湯に浸かりながら
ヤマザキさんの「お風呂で読めるテルマエ・ロマエ(濡れても大丈夫な素材で作られた一冊、おすすめ!)を読みながらふわりと思い出し。

お風呂って当たり前にある距離感になってるけど、
ないと意外とつらいかも、体と心をほぐすために。
なんかどうでも良い事を考えたりするために。
ふくらはぎのむくみを揉みほぐすためにも。
ありがたいー。




春菊と梅ひじき、梅酢、海苔の和え物。




ジャンボナメコとお豆腐、卵のとろとろ煮(思う程トロトロにならなかった)。
岐阜県高山産ジャンボナメコ、食感良し味良し、また食べたい!





ポークソテーとキャベツ、オカヒジキ、キュウリのサラダ。
キャベツ&オカヒジキ、最高に美味しかった!
そしてポークソテーは完全な美味しさ!!!

にしてもずいぶんな茶色と緑の食事だなーと
お昼も夜も振り返ってみて気付きました。


ので今日のお昼は
色を足しにかかりますかね。
そんなこんなでどなたも素敵な週末をー!















加藤紀子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Amebaおすすめキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み