旦那さんが、まんが雑誌で読んだ読み切りのフィンランドでの高校生の話に

 

「ええなぁ。こんな高校生活!!」

 

と感動したらしい。

 

 

フィンランドの高校のことを知りたい!と調べて

見つけたのがこの本。

 

 

「青い光が見えたから 16歳のフィンランド留学記」

高橋絵里香さん

 

これ→ 高橋絵里香さんのホームページ

 

 

{04F515BE-F38C-4A79-8936-6658A86A67DE}
 
{D3F87F62-8E4D-4C04-85CA-722CAFAD7473}
 
 
表紙の写真からブルーの空が日本の空の色とは違う。
寒いフィンランドの空の色なんだろうな。
 
作者が、小学4年の時にであった
トーベ・ヤンソンのムーミンの本。
そこからフィンランドに行ってみたい。という気持ちがムクムクと湧いたそう。
 
ただ、旅行で行くのではない。その国の人と一緒に過ごして
もっとフィンランドを知りたい。
留学したい!!
 
と小学生でその決意は決まった。
 
 
両親にその思いを伝えたら、
 
「それはいいね〜」
 
と両親が真面目に話を聞いてくれたそう。
 
 
 
フィンランドに子供が留学したいってもし、言ったとしたら。
 
「遠い国だよ。」
「留学にお金がかかる。」
「フインランドに留学した人っているの?」
「フィンランドの学校ってことはフィンランド語だからしゃべれないやん」
 
って、行っても無駄無駄。とばかりに理由を探してたかもしれない。
 
 
でも高橋さんのご両親は真摯に受け止めて、
いつからいく?
フィンランドの学校ってどんな試験がいるんだろう?
フィンランド滞在するためにどんな申請がいるのだろう?
絵里香さんと一緒に、調べて考えてくれたそう。
 
 
無理!ってところから入らないで、しっかり見つめてくれる親がいる。
それだけで、すごく子供は救われただろうな。
 
 
中学校の先生に、留学希望を伝えたら、
 
「フィンランドで卒業できたとしても、日本に帰ってきたら学歴もなんもない。どうするんだ。」
 
と言われて止められたらしい。
 
 
それが普通の日本人の感覚だな。
 
 
高橋さんが通ってた中学は体罰も当たり前の中学だった。
そんなことはおかしい。先生が子供を叩いたり、上から押さえつけるなんて。
と憤っていた高橋さんも、先生が怖くなり、周りの目を気にする子供になってしまっていた。
自然と笑うこともできない。
 
 
周りにあわせておけばいい。
それが問題もおきず、しあわせ。
 
そう、なってしまっていたけれども、やはり
フィンランドに行きたいっていう夢は諦められない。
 
何にも知り合いもいない、フィンランドに高校から
入れることになり、フィンランドの高校生活が始まる。
 
 
フィンランドの高校は、3年。
でも、自分の学びたいこと、ペースに合わせて4年半まで卒業試験を
受けるタイミングを選べる。
 
 
試験も、日本の記憶しておけばなんとかなる試験とは違う。
文章を書いたり、自分の意見を書くテストだったり、
内容も幅広い。
 
 
フィンランド語もままならない状態で、入学した高橋さん。
授業も聞き取れない。勉強したいけど、言葉が分からない。
そんな不安を乗り越えて、ホストファミリーや学校の友だち、
先生に助けられて見事卒業まで乗り越えた。
 
 
フィンランドの人々の生活もでてくるし、
高校も日本の高校とは違って、先生と生徒が仲良し。
親しみを込めて、下の名前で先生を呼ぶくらい。
 
みんながそれぞれ違っていていい。
先生も1つの正解しかないという考えではなく、みんなの考えを聞いてみんなそれぞれが答えを持てばいいと言う感じ。
 
 
画一的な日本と全然違う。
 
 
私が通ってた、国立の小中学校には、帰国子女クラスが1つあった。
人数も5〜10人くらいとすごく少ない。
 
もちろん、彼らは日本人なんだけど小さいときから海外の国に渡っているので
英語やインドネシア語など、それぞれが住んでいた国の言葉、習慣で育っている。
 
私達普通に日本で住んでいる他のクラスから見たら、
顔は、日本人だけど、言葉は通じない。
日本の習慣は、わからない。
不思議な外人みたい。
 
 
帰国子女クラスは帰国子女クラス。
と入っていけないなぁって控えてしまっていた。
いま思えば、差別だったんかも。
 
 
結局、小中と約9年間いても、帰国子女クラスの子と仲良くなることはなかった。
 
 
高橋さんは、フィンランドの高校の普通のクラスに入ってるし
また事情は違うのかもしれないけど、外人だぁっていう興味本位、差別的な
目でみられたことは一度もないそう。
 
 
フィンランド語が喋れなくても、分かるようにと工夫して
クラスメイトや先生が一生懸命、伝えてくれた。
それがしんどいのでは?って思って聞いても、
全然!!とみんな笑顔で答えてくれたそう。
 
 
フィンランドの人って、あったかい。
 
仲良くなろうって、高橋さんだけが頑張るになりそうな気がしてたけど、
迎えてくれるフィンランドの人たちの心のあったかさにほっとした。
 
 
外国にいって、日本を外から見る。
そこで、はじめて気づいた自分が「ごめんなさい」と
すぐ言ってしまうこと。
笑顔がだせないこと。
頑なだった、作者の心がフィンランドの素直な人たちと触れて、
溶けていく様子も伝わってきた。
 
 
その後、高橋さんは、フィンランドの大学に入って勉強を続けているそう。
 
 
勉強をおしつけられたものをやるって言う感覚じゃなくて、学びたいからやる。
先生や友達に聞ける環境、みんながみんなを助けるっていう環境、素敵な学校だった。
 
 
日本の学校で、こんな先生と生徒の関係性ってない。
学校が楽しいって思えることも少ないと思う。
 
 
こんな学校生活を子どもたちにも送ってもらえたらいいのに。
そのためにできることって何?
 
子どもたちが
「こうしたい!」って意見を言って
それをちゃんと私達親が、受け止める。
 
逆もありで、お互いが正直に伝えられるお家にしたいな。
子供にイライラしてなかなか話を聞けてないことあるし、
心のゆとり、うちなら4人子供がいるから、
一人づつ話を聞くを意識したいな。
 
そんな、毎日の子供との会話を考えさせてくれた本でした。
 
 

 

フィンランドの自然いっぱいなところも書いてあったし
一度、行ってみたい国になった♡
 
ムーミン本もまた読んでみよう。

 

 

 

 

 

【お知らせ】
ただいま、産休中です。夏頃お仕事開始の予定です。
ブログカスタマイズ(ヘッダー・全体デザイン)
チラシ・名刺・リーフレットなど印刷物デザイン
他、ネットショップの設定やWordPress設置など

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

AD

4人目出産レポ①の続きです。

 

 

image

 

無事、まつだ助産院さんについて、痛みも5分位?まで間が

狭まっていたみたい。

 

歩いて、お部屋までいって、

助産師さんにいわれるがまま、パジャマ?

に着替えて内診。

 

 

「もしかして、頭が上になってるかもしれない」

 

と言われて、ひぇーー!

この期に及んで、、、、(T_T)

病院で出産か!!とドキドキ。

 

すぐエコーで見ていただく。

 

 

 

「頭、下になってる。大丈夫。」

 

といっていただいて、旦那さんも、ホッ。

 

出産するお部屋にもどって分娩監視装置つけて、

痛みがやってきたら、背中さすってもらったりしていただく。

 

 

旦那さん、

 

「まつださんにおまかせしたほうがいいな。」

 

と言って、役割は終わったとばかりに、

日本酒飲みだした。^^;

 

まつださんもよく知っていらっしゃるので、

「はいはい。」

と言ってくれたけど。

 

家から一升瓶と湯呑み持ってきてたのよね。

実は、私が家出る前にイタイ!といった時に

ちょうどお酒を飲みたいなぁって思ったところだったそうで。

そこから我慢していたから、仕方ないか。

 

痛みも、数分になってきて、

これきつい、、、となってきた頃。

 

トイレに行きたい。

伝えて、トイレに行かせてもらった。

 

だけど、出ない。。。

でもなんか出そうなんだけどな。

 

と痛みと痛みの間にちょっとづつ、移動してお部屋に戻る。

部屋に戻って少ししたら、ううう、なんか出そうだ。

とあわてて4つんぱいに。

 

バッシャーン

 

破水だった。

今まで体験した破水は、陣痛前だったし、ちょろっと水が

漏れている感じだったのだけど、今回のは、袋がバーーっとやぶれた!!って

感じがした。

 

ああ、ここからどれくらいかかるんだろうと

思った瞬間に最高の痛みがやってきた!!

 

「イタイイタイ。●△□★**」

 

動物、獣みたいな何いってるかわからない雄叫び出してしまう。

 

 

 

「力逃して」

って言われたけど、逃せられない。

これで逃すってどうやってしたらいいんだろ。。。

 

「もう赤ちゃんが出てきた」

 

と言われ、するするっとでてきた。

 

 

「おぎゃー!!」

 

無事出産できた。

はああああ、おつかれさん。赤ちゃん、私、みんな。

 

とやっと一息。

疲れたんだけど、頭もはっきりしてるし、おしもも、切れてない。

 

 

助産院についてから、約1時間くらいでの出産になった。

いつもと違うスタートだったし、長くなる気がしてたのに、スピード出産。

体力持ってよかった♡

 

 

 

しかし、一人目と比べたら、楽ちんだよなぁ。

 

と助産院で生むことができなくて、病院に移動で産んだ長男の時を思い出していた。

 

あのときは1人目の出産でわけわからんかったし点滴いれたり、

お薬も飲んでと言われて飲んでたからなのか、頭フラフラで。

もう、私死ぬかもなぁ。ってぼんやり思ったくらい力も入らなかった。

 

長男を抱っこさせてもらった写真を今みても、顔が死んでる。

青白くって、力尽きてます感満載。

 

四男は、3000g超えてたけど、

小さくて、はかないように見えた。

 

 

お布団に私の横に寝かせてもらった。

兄たち三人も、ニコニコ見つめてくれていて。

赤ちゃんに興味津津のようだった。

 

 

そして、30分くらい?したら、

胎盤がでてきた。

 

胎盤も家族みんなで見せてもらう。

レバーみたいな感じで、袋になってるところを説明していただく。

旦那さんもふむふむ、、とちゃんと聞いてた。

3人目のときは、酔ってて、全然記憶にないくらいだったから、新鮮だったみたい。

 

 

まつだ助産院さんのFBページも投稿してくださりました。

 

 

 

そのあと、一緒に寝る!

と子どもたちもいったのだけど、部屋もそこまで広くないし、

赤ちゃんのお世話ももう一人あとからきてくださった、まつむら助産師さんと

まつださんがしてくださるので邪魔になる。

 

どうしても、ここで寝るという、長男だけが私の横で寝て、旦那さんと次男、三男は隣の部屋で寝てた。

 

 

翌日朝も赤ちゃん見て、ニコニコしていた子どもたち。

午後から、相生に戻らなきゃいけない用事もあり、旦那さんたちと午前中に帰っていった。

 

 

まるで、お家のように、ゆったりできる空間。

 

まつだ助産院さんは、同時期に出産する方がいないように調整しているので

受け入れがその月出産予定の人が二人までとなっているそう。

だから、今は私だけが入院中。

 

家と違って、元気な三人の子どもたちがいないと、本当に静か。

 

この静かな空間で数日寝て、赤ちゃんと体を休めることに専念させてもらえるなんて。

じーん、産んだんやなぁ。

みんな、ありがとう。

が、湧いて出てきた。

 

 

image

 

ぐっすり、昼間は寝る四男さん。

夜は、寝れなくて、ぐずりまくりだったけど。

 

image

 

まつださんの手作りの和食を三食いただく。

こんなにご飯をゆったり食べれることも日常なかったなぁ。

体も疲れているからか、米粒一つ一つ、野菜、お肉、魚とすべてが美味しく感じる。

 

ご飯も土鍋で炊いてくださったらしい。

丁寧にしてくださって本当にありがとうしかでてこない。

 

退院までの4日間、ゆったり過ごさせていただきました。

ここから、3年ぶりの赤ちゃんとの暮らし、リスタートだ!!

 

 

 

【お知らせ】
ただいま、産休中です。夏頃お仕事開始の予定です。
ブログカスタマイズ(ヘッダー・全体デザイン)
チラシ・名刺・リーフレットなど印刷物デザイン
他、ネットショップの設定やWordPress設置など

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

AD

4人目くん、出産予定日は5月10日でした。

 

予定日は予定日。

いつでてくるか、さっぱり分からない。

 

2人目からお世話になっている助産院、加西市のまつだ助産院さんで

今回もお世話になる予定だった。

 

image


出産後、1時間位かな。

みんなで写真とってもらった。

 

 

思いかえせば、3人目 のぶくんは、

「新月だし1月1日だったらいいなぁ」

と助産師さんと旦那さんと話ししていた。

 

まつだ助産院さんのところと、12月31日・1月1日と

例年旦那さんがいる場所、姫路のお友達で門徒の浄土真宗のお寺さん

西勝寺からも車で15分程度と近い。

 

それもあって、ぜひぜひその日に!!

といってたら、本当に1月1日深夜2時頃産まれた。

 

旦那さんはお酒呑んでてベロベロの酔っ払い状態。

お参りに来られていた、お酒を呑んでない旦那さんの友人に送ってもらった。

その場にたまたま、旦那さんの友人がシラフでいたことが、ほんと奇跡♡

 

 

なので、今回も産まれてほしい日を伝えておこう。

と旦那さんもノリ気。

 

 

5月頭の予定を考えると、

 

4日 丸焼きまつり

5日 西勝寺 花まつり

 

西勝寺から、まつださんのところにいくが、一番いい!!

っていうことに。^^;

 

松田助産師さんも、

「それなら、お家から来るより断然近いし、安心だわね!」

と5日の夜くらいを設定してらした。

 

 

5日当日。

おなかも大きくなってるし、GWで子どもたち三人ともいるし、

疲れも溜まっていたみたい。

 

お寺にいって、行事終わったら、寺の庫裡で、横になって寝てた。

どこでも寝れてしまうんだな。

私のこの適当な性格が幸いした。

疲れも寝て大分楽になった。

 

 

旦那さんは、今陣痛こい!!とばかりに

 

「痛くないか?」

 

と何度もきいてくる。

 

 

残念ながら、痛くはない。

痛くなりそうな気配もない。

 

結局夕方5時半くらいに姫路を出発。

相生のお家に帰ってきた。

 

帰ってきたら、もう疲れて、みんなですぐ就寝。

なんか、この疲れを赤ちゃんも知ってて今日は、やめとこか。って思ってるのかも。

なんか、こなさそうやなぁって思ってた。

 

 

次の日、6日朝。

おしるしがでた。

 

 

今日来るかもなぁ。

いつも、破水が先だから、破水来るかも。。。

 

と待ってたけど、破水も陣痛もこない。

そのまま、夜になり子どもたちを寝かせた19時頃。

生理痛みたいな痛みがちょこちょこやってくる。

 

あ、これはじまりかもしれんな。

 

相生から加西の助産院まで距離もあるし、あわてて、連絡。

 

すぐ、来て!ということに。

 

 

旦那さんも疲れていたけど子どもたち三人を2階からおろして車に乗せてもらう。

私は入院用意を持って、車に。

 

車の中で、ちょっとづつ、痛みがきつくなってきた。

 

 

車で出産は子どもたちもびっくりするし、いやだな。

なんとか間に合ってほしい。

 

その気持で、がんばって痛みに耐える。

 

 

ゴールデンウィーク終わる頃の時期だからか、

車もいつもより多い。

早く、ついてくれーーー!!!

 

 

旦那さんと長男は、陽気で

 

「ヒッヒッフー」

 

ってゲラゲラ笑いながら言ってた。

 

 

腹立つけど、変に暗い雰囲気にならなくて、それはそれで、いいかぁ。

と痛みながら感じてた。

 

なんとか、1時間程度で助産院についた。

 

松田さんも、

「間に合ってよかったね。」

といってくれた。

 

 

 

助産院についてから、続く…

 

 

 

【お知らせ】
ただいま、産休中です。夏頃お仕事開始の予定です。
ブログカスタマイズ(ヘッダー・全体デザイン)
チラシ・名刺・リーフレットなど印刷物デザイン
他、ネットショップの設定やWordPress設置など

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

AD

朝ごはん、子どもたちで、簡単に食べてもらおう。

 

そう気遣って、母が食パンを持ってきてくれた。

 

ミニ食パンを三本。

小さいけど結構な量。

 

 

そうはいっても、一気に食べれないかと冷凍しておいた。

 

 

 

朝、長男ひでさん(小1)が

 

お腹すいたー!

 

というので、

 

食パン冷凍庫にあるから、焼いてとお願いしてみた。

 

 

 

 

分かったー!!

と元気に返事がかえってきた。

 

兄弟分も焼いてなと伝えて、赤ちゃんのところへ。

 

 

しばらくして、ひでさんが、

 

 

 

パンが焦げた

 

と言いに来た。

 

 

トースターにいれてた時間が長かった?

でも、さっきからそんなに時間抱っこってないような気がする。

 

なんでだ??

 

 

 

トースターのところに見に行ったら、

 

 

 

食パン5枚縦に積んで焼いてた!!

 

そりゃ、焦げるわ。。。。

 

 

なんで、3人兄弟なのに、5枚も積んだのか?

よくわからないけど。

 

 

 

待ってた、次男三男とも

 

焦げてる!!いやだなー。

 

って、言われちゃった。

 

 

 

上と下のパンは、ほんとにコゲコゲになってたけど、

間の3枚は、セーフ!!

 

食べて〜と3枚を彼らに配って食べてもらった。

 

 

小1だし、もう、分かるだろう。

と思いこんでたけど、やっぱり何をしてくれるかは、分からない。

 

 

全部先回りしてやるのは、きっといつでもどうにかしてもらえる。

と思って、彼が動かなくなりそう。

ちょっと遠目でもチェックしてあげたほうがいいんだな。

目を話しすぎたな。

 

 

 

 

【お知らせ】
ただいま、産休中です。夏頃お仕事開始の予定です。
ブログカスタマイズ(ヘッダー・全体デザイン)
チラシ・名刺・リーフレットなど印刷物デザイン
他、ネットショップの設定やWordPress設置など

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

 

5月6日に生まれた四男。

早いもので、彼が産まれてからもう、約2週間。

 

 

image

 

 

助産院を退院して、お家に帰ってから、

出産は大変。

 

 

その後の自分の体の痛さとか、おっぱいの痛さとか、忘れてた事に気づいた。

 

 

ああ、こんなに痛かった痛かったわ。そういや。

 

三人も前に産んでるのに、、、

毎度忘れるよね。

 

 

 

そして、子供たち四人とも、みんなタイプが違うんやなぁ。

 

 

 

あかちゃん長男…おっぱい最初だったし、飲ませるのも大変。よく泣いてた。生後半年ほどでわかったけど、鼠径ヘルニア(脱腸)が原因だったかもしれない。

 

あかちゃん次男…おっぱいで苦労した記憶なし。飲んでは寝てと最初からよく寝る赤ちゃんで私も楽すぎて、「え、、、こんなんでいいの?」という状態。

 

あかちゃん三男…彼も次男ほどではないけどよく寝てた。こんなに赤ちゃんでも楽なのが続くと長男が異常だったのか?と思うほど。

 

あかちゃん四男…よく泣く。生まれてからおっぱいの出と赤ちゃんの吸い付きがうまくなかったようで体重減少続く。おっぱいの飲んでいる量が少ないからか寝付きが悪い。すぐ起きる。

 

 

 

はじめの1週間ほどは、四男があんまりにも、おっぱいの吸い方が悪くて、乳頭が血豆→皮破くの繰り返し。痛すぎて、怖い。

 

助産師さんが訪問で、家に数日開けて様子を見に来てくれるので、その時にもみてもらい、

 

「体重が減ってるから、白湯もしくはミルクを足して」

 

と言われてしまった。

 

 

今回のおっぱい乳頭の痛みはひどくて。

母乳であげたいけど、でも私もかなりしんどいし、この子もおなかすいてるって可愛そう。

体力なくなって吸えなくなったら、、、と思うとつらすぎる。

 

 

白湯をあげてみて、ちょっと吸えるかどうか様子見て、ミルク足すこともやったほうがいいかも。

 

と思ってきた。

 

 

 

うちの旦那さんは、

 

「絶対、反対!!母乳でいこう。」

 

といってたけど。

 

 

今回の疲れはかなり私もきてたし、こればっかりは、赤ちゃんと私の健康が一番。

様子見て判断したいところだよ。

と思い、旦那さんが寝ている時に少し白湯をあたえてみたりもした。

 

でも、数日やっぱり、体重が減ってしまった。

 

 

ああ、、やばいなぁ。私の体も40歳にして、体力も落ちているのかもしれない。

 

そう、落ち込んでいた時、おっぱいがはりだした。

でも、乳頭は噛まれまくってて、まだ痛い。

 

泣きそうだ、、、

いや、噛まれると泣いてた。

だけど、これは、耐えるしかない。

 

乳頭保護器とかつけたら、余計吸いにくいとも聞くし、

この一生懸命な赤ちゃんの吸い付く力がさらに消耗しそうだ。

 

そのまま、素でおっぱいをあげることにした。

 

 

 

そして、、、

 

生まれて10日にしてやっと体重の下がり具合がとまった。

そして、うんちも定期的にでてくるようになった。

 

 

ああ、よかった!!

時間がかかったけど、ここからちょっとづつ、おっぱい生活も軌道に乗るだろう。

 

睡眠があんまり連続して寝れないので、そこに付き合うのが体力勝負。

 

特に夜が1時間寝て、起きて泣いておっぱい、1時間寝てくらいの短い時間。

この繰り返しけっこうきつい。

連続して寝ることのありがたさってないわ。

 

 

朝、7時頃からは3時間くらいまとめて寝てくれるのだけど。

それは、遅いよ、、、(T_T)

 

 

申し訳ないけど、子どもたちの送り出し等に顔を見せることもできない状態の毎日だった。

 

赤ちゃんにおっぱいやって、一緒に寝るって感じになってた。

 

 

それでも、三人の小さなお兄ちゃんたちは、赤ちゃん、赤ちゃんと

朝も夕方帰ってきてからもかまってくれて。

本当にありがたい。

 

 

次男、よしくん、赤ちゃんと写真撮りたいとおねだり。

 

 

image

 

 

落とさないか?とハラハラするけど。

頑張って赤ちゃんをみんなが抱っこしてくれる。

 

次男は特に、かまいたいらしくて、お花を摘んで持って帰ってきてくれたり、優しい。

これから、子守上手になるかな。

 

 

兄弟4人共仲良く、成長してくれそうだ。

ありがと〜〜

 

 

 

 

【お知らせ】
ただいま、産休中です。夏頃お仕事開始の予定です。
ブログカスタマイズ(ヘッダー・全体デザイン)
チラシ・名刺・リーフレットなど印刷物デザイン
他、ネットショップの設定やWordPress設置など

お気軽にお問い合わせ下さいませ。