坐骨神経痛解消の秘密

坐骨神経痛で評判の渋谷・かたリラックス カイロプラクティック「やっと本当に治せるところを見つけた」と喜んでもらえる口コミ多数の坐骨神経痛専門の整体です。

都内唯一の坐骨神経痛専門院 
5万人の実績!!
$坐骨神経痛解消の秘密 $坐骨神経痛解消の秘密
都内唯一の坐骨神経痛専門院です。経験22年の院長が独自の検査法後、椎骨を1個1個矯正し痛みを取ります。ほとんどの患者さんが一回の施術で痛みが改善されます。院長が、問診・検査・施術の全てを一人で、毎回させていただきます。

ご予約・お問い合わせ

03-5875-1160 【完全予約制】

渋谷・かたリラックス カイロプラクティック 坐骨神経痛専門院

営業時間 10:00~21:00 (最終受付 20:00) 
定休日 水曜日

坐骨神経の痛みの出方

坐骨神経痛の自己診断法・・・


座骨神経痛の出方は、人さまざまです。
下記のような症状がみられます。


坐骨神経痛の自己診断法
1.お尻から足にかけて激しく痛む
2.何年も前から、背部に痛みを感じる
3.便秘がち
4.腰部に痛みが長期間続いたことがある
5.重い物を持ち上げると、お尻に痛みを感じる
6.長時間立っていたり、座っていると腰部が痛くなる
7.長時間歩行で、腰背部が痛くなる
8.咳やクシャミで、腰背部が激しく痛くなる
9.就寝時、腰背部が痛くなり姿勢を変えずにはいられない
10.起床時に、腰背部が痛くなる
11.1日の終わりに、足がひどく痛くなる


他の病気の症状と共通している場合もありますが、当治療院の整形学的検査・神経学的検査で、原因を追究して、痛みのない生活を取り戻して下さい。


渋谷区恵比寿・坐骨神経痛のかたリラックスのご案内


「坐骨神経痛テクニック」の独自の技術を持つ経験豊かな院長が、その長年の経験を参考にして、整体やカイロプラクティックの枠を超えた高度なテクニックを使いあなたの痛みやシビレを解消します。

また、カイロプラクティックの理論に沿った、美容矯正・こどもバレエカイロなどのあなたの悩みのお手伝いを、させてください。

現在までに5万人以上の実績があり、総お客様数は20万人以上、どうぞ安心してお任せ下さい。8割がリピータさん。2才から90才のお客様が渋谷・恵比寿近隣や、東京、国内から来院。

テーマ:

『異常なし』と診断される原因不明の痛みの正体とは何だろう?

 

 

腰痛があるのでレントゲンを撮ってもらいに整形外科へ。 

 

 

レントゲンには写らない痛み痛みを訴えて、CTスキャンやMRI診断を実施したのに、明らかな原因がわからなかったことはありませんか? 

 

●腰痛でレントゲンを撮っても異常がなかったら?
 
●骨には異常がないのになんで腰が痛むんだ?
 
●異常がないなら痛みもないはずじゃないのか?
 
 

他にも腰痛でレントゲンを撮った時に
異常がないと言われる人って沢山いらっしゃるのでは?

 

 

しかし、画像検査に異常が特にみられなかったら、病院としては、「痛み止めと湿布を出しておきますので様子をみてください。」で終わるといった場合があるのではないでしょうか。

 

 

でも、それは、患者側からすれば、納得が出来ませんよね?

 

 

だって、痛いのですから、 ではいったいなぜ、レントゲンでもMRIでも異常がないのに、痛みがあるのでしょうか? 

 

 

今回は、このような皆さんの、痛みと正確な画像診断結果の受け止め方をご紹介します。

 

 

「こんなに痛いのに、血液検査もMRIもCTも異常が見つけられないんです。

 

先生、この痛みの原因は何だと思いますか?」とおっしゃる患者さん。

 

 

 

今までに数軒の整形外 科を受診し、果ては大学病院まで渡り歩き、それでも原因がわからない、と訴えます。

 

 

これは、本当に異常が無いのでしょうか? 

 

 

腰痛症で原因が判別できるのは、わずか5人に1人と言われているようです。

 

 

 

MRIやCTなど画像診断でも原因がはっきりしない痛みもあることを認識し、不安症や不眠症、痛みにとらわれないようにした方が良いでしょう。

 

 

 

皆さんが絶対だと信じていらっしゃるCTスキャンやMRI検査など画像診断と痛みに関してご紹介していきます。 

 

 

診察から画像診断へ MRI検査で慢性腰痛症の場合は

検査方法、治療方法 MRI検査で腰痛の原因が分かる確率は、20~25%ぐらいしかありません。

 

 

 

骨に起因した痛みだと思っていても、実際は、骨とは関係ない原因で痛みを発症するケースは多くあります。 
     
    

 

例えば、腰の痛みの場合に椎間板ヘルニアは、骨の異常に起因する疾病ですが、骨に異常がなくても、

 

 

 

「内臓疾患」によるもの、「ストレスや過度の心労からくる心因」からくるもの、「脳が痛みを記憶」することによるもの、

 

 

 

不自然な姿勢の継続や筋肉のアンバランスによる「背骨の歪み」などの原因によっても腰の痛みは発生します。 

 

 

 

とくに、外傷もなく慢性的な腰の痛みの場合、筋肉が固くなりすぎて起こる痛みの場合もあります。

 

 

 

しかし、レントゲンでは筋肉は写りませんし、MRIでさえも筋肉の固さまでは、判別することはできないんです。 

 

 

 

また、筋肉が原因で起きている痛みは、筋肉が緩んでくると痛みが改善してくる場合が多いのです。

 

 

 

はじめに、腰痛を例に説明しましょう。

 

 

 

患者さんは、いつから、どのような事が原因で、腰のどこの部位が痛いのか、足の異常はないか?

 

 

 

などさまざまな事をを問診で聞かれます。

 

 

 

そし て、触診や詳しい診察を経て、一般的な血液検査や腰のレントゲン撮影を行い、何か異常がないかを調べます。

 

 

 

しかし、この診察で明らかな異常が見つからない場合も あり、その場合には、医師の判断でさらなる画像検査であるCTスキャンやMRI検査が追加されると思われます。

 

 

 

CTスキャンとMRI検査 、CTスキャンとは、コンピューター連動断層撮影のことです。

 

 

身体に対して連続的なX線を投影することで、体を通り抜けたX線の変化情報を、コンピューターで 連続計算します。

 

 

 

その計算された変化を、コンピューターが処理した体内の画像として私たちは見ているのです。

 

 

特に、骨の変化には鋭敏で、有用性が高いこと が分かっています。

 

 

 

MRI検査は、核磁気共鳴画像法のことです。MRI装置は、電流が流れる大きなコイルによって電磁石を作り、そこに磁場を作ります。

 

 

 

患者さんは、そのコイ ルの中に体を入れます。すると体内の組織によって磁場の反応が異なるので、その差をコンピューターが計測するのです。

 

 

 

私たちは、コンピューターでその差を 強調して処理された画像を、体内の様子として見ています。MRI検査は、レントゲン検査やCTスキャンのように被曝がないというメリットがあります。

 

 

 

また、脳や 脊椎、関節の内部構造、血管の病変など、CTスキャンやレントゲン検査ではわかりにくい組織も画像に映し出すことができ、早期発見と診断にとても効果的です。

 

 

 

整形外科医は、運動器に関わるすべての組織である「骨」、「関節」、「靭帯」、「末梢神経」、「筋肉」などの疾病・外傷を対象とし、その病態の診療を行うのが専門分野ですので、その部位に「疾病」や「外傷」がある場合にのみ治療の対象とします。

 

 

 

なので、まず、患部に、異常があるかどうかを画像で検査し、「疾病」・「外傷」が発見された場合にのみ、「異常あり」と判断し必要な治療処置が行えるようになっています。

 

 

 

簡単に説明すると、腰痛の場合、レントゲンやMRIの画像で腰椎の骨の一部にヘルニアが発見された場合であれば、「異常あり」なので、病名を「椎間板ヘルニア」と診断した後、患部の外傷大きさにより、最悪は手術によるヘルニアの除去を行います。

 

 

 

従って、患者がどれだけ痛みを訴えたとしても、画像で「骨」に「外傷」が発見されなければ、「異常なし」と判断して、治療処置を行うことが出来ないという意味であり患者が訴えている痛みを否定しているのではなく、画像検査で骨に異常がなければその痛みの原因が何であるかは、分からないと言うことです。 

 

 

 

一般的な統計にもよりますが、腰痛を訴えた患者さんの場合、明らかな異常がMRI検査などで見つかる割合は、わずか20~25%らしいです。 

 

 

 

よって、腰痛症の5人のうち1人し か、異常は発見されないということです!

 


 

すなわち、もしあなたが腰痛を訴えて、いろいろな検査を行ったにもかかわらず、「異常が見つからなかった」という結果は、全く異常なことではないのです。 

 

 

【カイロプラクティックでは】

 


腰痛や坐骨神経痛の原因について 

坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアをはじめとした腰痛や、内科的疾患など原因は様々です。

坐骨神経痛は、腰から伸びる神経の付け根である神経根が、椎間板や骨などから圧迫を受けて起こる神経痛です。

 

 

末梢神経の中で、最も太くて長い神経で、とても繊細です。

 

 

 

神経痛は、腰・下肢の冷えから始まり、湿気と寒さを好みますので、季節的な事と気圧の変化も影響大です。

 

 

 

慢性腰痛の人は、血行が悪く、足や腰が冷えやすいので、坐骨神経痛になりやすいです。

また腰椎症(変形性、すべり症など)の方も、冷えにより神経痛が増強します。

 


 

原因となる部分が、腰椎か、椎間板か、脊柱管か、尻の筋肉(梨状筋)か、内科的疾患か、出ている症状は同様に見えても、原因によって対処法が全く違うので注意してください。

 

 

 

帯状疱疹による足の違和感は、病院でご相談下さい。

 

 

原因は、大きく2つに分けられます

 

1 筋骨格系が原因の坐骨神経痛  骨盤・仙骨・股関節の歪み、腰椎(腰の骨)のズレ、梨状筋症候群、中・小殿筋、腰方形筋に問題がある場合 など

 

 

2 内科的疾患が原因の坐骨神経痛(カイロプラクティックでは適応外です)   

脊椎腫瘍・骨盤内腫瘍などの腫瘍、糖尿病による神経障害、下肢の血流障害、膠原病など 

 

 

 

【梨状筋症候群】梨状筋は、仙骨(お尻の真中の骨)の前面、および坐骨の大坐骨切痕の縁から起き、坐骨孔を通り、股関節(大転子先端)の内側面についています。

 

 

 

役目は股関節の外旋です。この筋肉が、外傷やスポーツなどにより、炎症を起こしたり・緊張状態が長く続く事が原因で坐骨神経を圧迫し、坐骨神経痛を起こします。

 

 

以下が梨状筋症候群の痛みの例です。 

●イスに長時間、座っていると痛みやシビレがひどくなる 

 

●前傾姿勢で、痛みやシビレが強くなる 

 

●大腿の裏側やふくらはぎ、足先まで痛みやシビレがある 

 

●痛みやシビレが出ている側を上にして横向き寝になると、更に痛みやしびれが強くなる場合もある 

 


【中・小殿筋、腰方形筋に問題がある場合】中・小殿筋はスポーツ外傷、転倒時に痛めやすい筋肉です。

 

 

 

立位では痛みをあまり感じませんが、 座位だと骨盤上部に痛みが出たり、足にシビレが出ます。

 

 

 

左右どちらか、または両方のお尻の上部を押さえると痛みを感じる場所があり、無意識にもんでいたり、押していることがあります。

 


悪化すると、腰方形筋など他の筋肉にも影響がでてきます。

 

 

腰方形筋は、骨盤上部の左右から第12胸椎にかけてあります。

 

 

床から物を持ち上げる動作や、長時間またはくり返し、体を曲げたり捻ったりする時に痛めやすく、立ったり座ったりの動作時に痛みの出現が多いです。 

 

 

 

腰痛や坐骨神経痛は上記のように様々な原因があります。

 

 

 

長年の経験と知識がないと根本を改善するのは大変に難しいです。

 

 

 

病院でレントゲンやMRIにより手術が必要だと言われたとしても、少しお待ち下さい。

レントゲンで変形が見つかったとしても、現在の痛みやシビレと関連がない場合もあります。

           
          

 

背骨の関節や筋肉の歪みやアンバランスにより痛みが起こっていることも考えられます。


 

カイロプラクティックでこれを改善して、坐骨神経痛のない生活を過ごすことも可能です。

 

 

 

整形外科では、骨盤の歪みや腰椎のズレと言う考え方はありませんが、カイロプラクティックで

 

 

骨盤・背骨の歪みを矯正して坐骨神経痛が解消しているのが現実です。

 

 

 

カイロプラクティックを受けていただきたい理由はここにあります。

 

 

病院で満足いく結果のでなかった方々が沢山来院されています。

お任せ下さい。
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
腰痛は渋谷・かたリラックス カイロプラクティック



74、カイロで、身体をリセットしましょう


【カイロで、身体をリセットしましょう】


男性の場合は、予防やメンテナンスというよりも、我慢できないくらい痛くなってカイロに行くという人が多いようです。



腰痛になり病院で診察を受けたが、レントゲンで異状がなく「骨は正常です」と診断され、湿布しか貰えなかったという人がいます。



でも腰は痛い、病院で治療法はない。



そんな時にカイロプラクティックが目がつくそうです。初めてカイロに行く場合は、何をするのだろうと不安な気持ちがあるかもしれません。



まわりの人の評判や店のHPを見て、ご自分に合う先生を探してください。



ボキボキ鳴らすのだけがカイロではありません。皆様に合った安全な矯正があります。






経験豊富なカイロプラクターによる施術は、必ず満足できます。

   


  

●カイロプラクティックの選び方






カイロプラクティックは日本では民間療法なので、誰でもカイロプラクティック院を開くことができます。



人の身体を触り・痛みを取らせていただくのがカイロプラクティックなので、生半可な知識と経験では危ないです。


リラックス店で骨折したなどの苦情が国民生活センターに寄せられているようだ。



日本のカイロプラクターの勉強先は、おおよそ下記のようです。

•海外のカイロ大学で勉強(期間は4年から6年)

•国内のカイロの学校で勉強(期間は2年から5年)

•通信講座(期間は、2ヶ月から1年)

•整体講座を受講(整体を学んだが、カイロの看板を出している)

•カイロのセミナーを受けて(カイロの1日テクニック講座)

•独学(全く経験なしという人も)


また、国内でカイロプラクティックの学校に入学しても、テクニックのクラスでは実践が禁止されていて、ほぐしの練習ばかりしているところもあるそうです。



よほど注意して自分の通うカイロプラクティックを見つけないと、健康になるどころか、反対のことが起きてしまいます。



カイロプラクティツク院の殆どが、HPを持っています。先生の経歴で、どこの学校でどのくらい勉強して、何年の経験があるのかを一番に確認しましょう。


周りの人のクチコミも参考になさってください。(サイトのクチコミは・・・)



アメリカの大学で習得したD.C.の学位を取った先生もいますが、日本ではなんの保障にもなりません。


◎女性のお客さまが多いカイロプラクティックが、お薦めです



★行かないほうがよいカイロプラクティック院

1.初診時に、十分な問診も検査もしないで、いきなり施術を始める

2.サプリメントや健康用品を販売してる

3.施術後に、痛みがとれたかを確認しない

4.また、身体がどうなっているのか説明をしない

5.誇大広告
信頼のできるカイロプラクターに出会えたら、あなたの生活に笑顔が戻るでしょう。

腕のいい、安全な施術のできる先生は大勢います。


カイロプラクティックの施術後に痛みがとれたか確認する検査が、大切です



【人気ブログランキング参加中です!投票よろしくお願いします。】
ブログランキング にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログの殿堂ブログランキング
とれまが人気ブログランキング



こちらのホームページは坐骨神経痛の情報を詳しく説明してあります。
腰痛は渋谷・かたリラックス カイロプラクティック 坐骨神経痛専門院


坐骨神経痛で評判の渋谷・かたリラックス カイロプラクティック。

「やっと本当に治せるところを見つけた」と喜んでもらえる口コミ多数の坐骨神経痛専門の整体です。恵比寿駅徒歩3分で大変便利。遠方から来院の多いのが特徴です。

坐骨神経痛・カイロプラクティック・気功歴23年 5万人以上の実績。


◆特に腰痛・坐骨神経痛でお悩みの方。

お尻から脚にかけての痛みやしびれ、同じ姿勢をしていると腰部が痛い、長時間歩くと腰背部が
痛い、重い荷物を持つと腰にくる、腰が痛くて同じ姿勢で寝ていられない、咳で腰背部痛が増す・・・


坐骨神経の痛みの出方は人様々です。これに思いあたる方、どこの整体やカイロプラクティックに行ってよいか迷っている方は、是非ご来院下さい。


◆坐骨神経はもちろんの事、腰痛・尾てい骨痛・ギックリ腰・産後の腰痛等、急性・慢性に関わらず、ご相談下さい。


◆出産後の尾骨の痛みで長年悩んでいられるお母さんが大変多いです。


◆お子様方のバレエの上達に妨げになるX脚やO脚の、ご相談も承ります。



東京都渋谷区恵比寿南1-2-10 エビスユニオンビル602
(恵比寿駅西口 1階がスターバックスのビル)
営業時間:10時~21時(昼休み1時~2時)
水曜定休日

●HP:坐骨神経痛、腰痛をかたリラックスで解消

●「渋谷・かたリラックス カイロプラクティック」
http://www.katarelax.jp/

●スマートフォンホームページ: 坐骨神経痛、腰痛をかたリラックスで解消

坐骨神経痛解消の秘密
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。