1日1分! 文章力アップ術

名古屋と岐阜などで活躍中のコピーライター小澤のブログです。


テーマ:

名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。

 

キャッチコピーには、いろんな種類があります。

たとえば、売るためのもの、企業の姿勢を表すもの、

サービスの内容を形容したもの、話題づくりが目的なもの…。

ほんとうに、種々さまざまに存在します。

 

そんな中で、企業や商品のコンセプトを

表現するキャッチコピーがあります。

 

企業がどのような考えで、サービスを提供しているのか。

または、どのような考えの商品なのか。

キャッチコピーを読むことで、端的に伝わるフレーズです。

たとえば、

 

1000曲をポケットに。

 

これはアップの「iPod」のキャッチコピーです。

「5GBのMPプレーヤー」という機能を、

消費者にわかりやすく伝えた秀逸なキャッチコピーです。

 

本来、キャッチコピーは、気を引くのが目的です。

だから、驚かせたり、共感させたり、

いろんな手段で心にゆさぶりをかけていきます。

 

でも、上記のようなキャッチコピーは、

商品のコンセプトであり、

商品そのものが持つ魅力を前面に打ち出しています。

 

つまり商品のコンセプト自体が魅力的であれば、

それを端的にフレーズ化すれば、

キャッチコピーにもなりえるということなんです。

 

さて、あなたの商品やサービスには、

魅力的なコンセプトがありますか?

あるなら、それを素直に言葉にしてあげると

いいキャッチコピーができるかもしれませんよ。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。

 

キャッチコピーは、端的にサービスを伝えなければなりません。

だから、ときとして「要約力」が求められます。

たとえば、整体院を例に紹介しましょう。

以下のようにアピールポイントがたくさんあったとします。

 

●駅から5分

●地元の雑誌で紹介された

●整体院をはじめてから15年の経験がある

●30分程度で腰痛が解消

●夜11時まで営業

●腰痛解消に強い

●自分自身で維持できるセルフケアの指導もする

●対処療法ではなく根本治療

 

キャッチコピーを書こうと思って、

上記を網羅したらかなりの長文になってしまいます。

そこで上記の中から、どれを売りにしたいのか優先順位をつけます。

 

優先順位をつけたら、端的に表現できるよう要約します。

たとえば…、

 

[要約前] ●整体院をはじめてから15年の経験がある

[要約後] ◎キャリア15年

 

[要約前] ●自分自身で維持できるセルフケアの指導もする

[要約後] ◎セルフケア指導あり

 

要約することで、端的な表現が可能となります。

あとは、それをキャッチコピーとして

まとめていけばいいんです。

 

ただ、注意してほしいのが、

提供するサービスを「ひと言」で

表現しようと思わないことです。

いろんなアピールポイントがあるために、

 

当院は、あなたのカラダを考える整体院です。

 

こんな感じにざっくりとした表現をよく見かけます。

このキャッチコピーでは、

どのように良いのか伝わらなくなります。

 

やはり「腰痛解消に強い」「根本治療」など、

具体的な要素でキャッチコピーを書きたいものです。

 

最後に、もう一度念を押しておきます。

キャッチコピーには、「要約力」が必要である。

でも、「ひと言」でざっくりとした表現にしないこと。

 

以上、気をつけて書いてみてくださいね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。

 

前回は「3秒で判断される」というお話をしました。

今日は、もう一点意識しておきたいことを

お伝えしようと思います。

 

たとえば、初対面の人とあいさつをしたとき。

相手が自己紹介もないまま、

いきなり自分のことばかり話をしたとします。

あなたは、どう思いますか?

 

いきなり、何をしゃべりはじめたんだ?

自分のこと話をしているようだけど、

話がよくわからないぞ。

 

きっと、そう思うことでしょう。

挙句の果てには、

 

自分の話しばかりしやがって。押し売りか! 

 

なんて気分を害することにもなりかねません。

対面だと相手が一方的に話をしてきても、

しぶしぶ聞くしかありません。

 

でも、ネットやチラシだとどうでしょうか?

一方的なフレーズを見かけたら、

ホームページなら離脱されるし、

チラシなら簡単にスルーされます。

 

こうして書けば、「そーだよな」と

理解していただけると思います。

なのですが、実際のネットや紙面上では、

一方的な発信をやらかしてしまう方を見かけます。

 

だから、ネットや紙面上で発信するときは、

初対面のような気持ちで、

相手に何を伝えればいいのか、考えてみてください。

 

それに加えて心してほしいのが、

読み手は、あなたのことを知らない、と思うこと。

そうすれば、わかりやすい伝え方が

できるのではないでしょうか。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。