3歳児検診や学校での定期検査などで、お子さんの目が悪いとわかったら、

どうしますか?



衰えたままの視力だと良くないと、すぐにメガネなどで視力を矯正するでしょうか。




実は子供の眼は驚くほどの回復力を持っています。




学校などの検診で「視力が低下している」と言われた場合のほとんどは

適切な処置によって回復する可能性のある「仮性近視」だと言われています。




しかしながらいったんメガネを使って視力を矯正するようになると、

眼自身がもつ調整能力は衰えてしまい、視力はもとには戻らなくなって

しまうそうです。



だからといって、衰え、た視力のままでは日常生活や学校での

勉強などに支障をきたしてしまいます。




視力を矯正する事なく、子供の眼の回復力を生かして、何とか

視力をもとに戻してあげたい。



そんな親の切なる気もちに応えてくれる可能性があるのが、

子供の視力回復トレーニングです。




こうした視力回復トレーニングには、民間の「視力回復センター」などの

施設に通う方法や、自宅であそび感覚で楽しくできるトレーニングセット、

光学機器を使った回復法など、いくつかの形が存在します。



かかる費用も種類によって格差がありますが、お子さんに合うものを

うまく見つける事ができれば、

視力を回復してあげられるかもしれません。






→お子様が無理なく自宅でできる視力回復法>>>







AD