GO!!ACTION!! 山口県議会議員かさもと俊也ブログ

山口県議会議員<長門市選挙区> 笠本俊也 -かさもと としや- ブログ


テーマ:

萩・阿武・長門地域の和牛経営に携わる女性の

集いがラポールゆやで開催されました。

 

県内の一大産地である北浦地域で儲けて

増やそう!をテーマに、飼養技術の向上に向け、

相互の交流や情報交換を行われました。

 

会場では、畜産講演会はもちろん、

健康体操や演奏会、そして地元の野菜や

無角和牛サンドなどの加工品と、

農業・畜産業に因んだ商品も販売。

 

お母さん役としてわが子のように日々和牛飼育に

向き合っておられる皆様も、束の間の楽しい

一時を過ごされたことと思います。

 

皆様のご苦労が報われるよう、

何より地産和牛の美味しさと、産地である

有難さを消費者にしっかり届けたいですね。

 

今日より明日、新しく出来ることを、一歩一歩

進めて行けるような和牛経営の土壌づくりに、

私も尽力してまいります。

 

その後、湯本地区の要望箇所へ。

県道付け替えやまちの再開発により、

場所移転しないとその価値を失いかねない

構築物や記念碑等について、

地元の思いをうかがいました。

湯本バス停

餅つき地蔵

孝子・千代松墓碑

 

前例もうかがいながら、前進するよう

市県関係部署に対応をしてまいります。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

本日開会しました。

 

28年度一般会計補正予算については、総額

61.28億円、主なものは補助公共事業22.75億円、

農産物直売施設や豚舎・鶏肉加工施設等の

整備16.57億円、障害者支援施設等の防犯対策や

小児・周産期医療体制充実に2.53億円、

給与改定11.82億円等となっています。

 

私の所属する商工観光面では、

IoT・ロボット技術の導入促進に向けた事業も新規事業化。

県政の実感ある発展に向け、

しっかり審議してまいりたいと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

長門産和牛の需要拡大に向け、昨日開催されました。

 

和牛経営においては現在、子牛価格が高騰し、

子牛を仕入れて肥育する農家の経営難が続いています。

そのため、新たな流通手法や香り高い赤身の肉づくりなど、

霜降り肉の市場とは一線を画し、

消費者やバイヤーさんのニーズがある肉づくりが

一方では求められています。

 

今のまま肥育農家が経営難で減少すれば、

当然子牛を育てる繁殖農家にも大きな影響が生じますし、

何といっても、長門産和牛を長門市で食せない危機に

直面している現実を多くの方々に理解していただかねば

ならないのです。

具体的には、大阪市場に2年前まで約380頭出荷していた

当地も現在それから約100頭減。

26年約80頭JA長門大津に肉として買い戻して

市民に販売されていた地元産和牛肉が、

大阪からも買い戻せない状況となるのは必至です。

また、1頭買い戻したとしても、売れない部位が

残るようなことでは、買い戻しも続けることはできません…

 

まるごと1頭買い戻したとしても、それを買い支える

仕組みを作ることが求められるとともに、

新しい肉質の和牛づくりなど、健康志向の消費者や

飲食店等にニーズのある脂質の少ない肉づくりを、

時代の要請に合わせて研究し、より広くニーズに

対応していくことも求められます。

 

赤身で香り高い肉づくりについては、以前、

長門大津地区でも、但馬牛の雌を延長肥育し、

赤身で香り高い肉づくりをされていたこともあり、

その当時の手法を元に、通常より1年近く肥育期間を延長し、

経産牛で可能な限り地元産の飼料等でコストをかけずに

肥育する試みで育てた今回の和牛。

 

会場となった大正館やダイニングバーロぺさんの

調理協力により、またJAさんはじめ市農林課、

県農林事務所、そして繁殖、肥育農家の皆様の

お力添えで開催に至りました。

会場にはシェフオリジナルの美食が並びました。

 

会を通じ、長門産和牛の一つの新しい展開に向けた

機運を醸成し、飲食店や消費者もしっかり巻き込んで、

地元産肉の消費拡大、そして飲食店やホテルの

買い支えに今後大きく繋げていくためにも、

当地区で活動する「クジラの食文化を

継承する会」の買い支え、食べ支えの仕組みのように、

和牛を食する会を継続する必要があります。

 

その良い切欠を今回、元永獣医先生に作っていただきました。

約4年間の育成には、本当にご苦労されたことと思いますが、

私も今後とも一緒になって取り組んでまいります。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

青海島観光基地にて仙崎地区交流拠点施設の

起工式・工事の安全祈願祭が執り行なわれました。

 

昨日、本施設の名称も「センザキッチン」と命名され、

開業一年前イベントが行われたところですが、

オンリーワンの魅力ある道の駅・交流施設として

大いに発展するよう期待をしています。

 

起工式の市長の挨拶の中で、本日以降の建設から

将来の物品販売に至るまで、関係者でしっかり

地元産品を活用していってほしいことがお願いされました。

 

本拠点と周辺の仙崎のまち、そして市内各拠点を

結節し、多くの皆様に頼り利用される施設構築に向け、

私も出来ることをしっかり応援してまいります。

 

昨日は、宇津賀地区、三隅上地区でふるさとまつりが、

また、仙崎では、道の駅一年前プレイベントと、

サイクルイベント「ながとブルーオーシャンライドwith角島」が、

ルネッサながとでは、市民文化祭が行われ、

あいにくの天候ではありましたが各会場とも

スタッフの皆様の頑張りで賑わっていました。

image

ご関係の皆様、お疲れ様でした。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

は、ルネッサながとにて、やまぐち子どもハッピーフォーラムが開催されました。

また、暮らしや子育ての中で木材とふれあう機会を

増やしていくため、一昨日に行なわれた木育推進のための

長門市の「ウッドスタート宣言」を受けて、木育キャラバンも

同会場で同時開催され、約5,000人の県民や家族連れの

皆様で会場は大盛況でした。

子育て団体はもちろん、林業関係者等のご協力のおかげで、

す。参加された皆様も充実した体験ができたことと思います。

今後長門市が進める仙崎地区の道の駅計画の中にも、

こうした子育てや木とのふれあいの場を作って行く

ということですが、その良いスタートが切れたのではないかと思います。

 

夕方は湯本地区にて県政報告・対話集会。

たくさんの皆様にご参加いただきましてありがとうございました。

海の資源を活かしたイベントや、大津緑洋高

水産キャンパスの在り方、音信川の氾濫後復旧、

改修中の現道周辺の構築物に関する要望等をいただきました。

湯本地区も新しいまちづくりに向け、

大きな一歩が踏み出されたところですが、

地元の皆様が更に元気に活動していけるよう、

対応を進めてまいります。

 

今日は午後から坂水地区の自生のゆず収穫に。

2時間で昨年の倍以上の約130㎏収穫し、

持ち帰って女性陣と共に一次加工が1/3終了しました。

地元農産物を有効に使って生産者から販売者までが

きっちり潤っていく仕組みを体験させ、

実感させていくことで、一つのモノづくりを確立させたいですね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。