KARIKAな心~

小林里香オフィシャルBlog


テーマ:

 

先日、


友人でもありファッション業界で活躍する女性と、


私が非常勤講師を務める女子大学の私枠で、

 

ファッションメディアについての講義を


ゲスト講師としてお話してほしいとの依頼を兼ねて、

 

打ち合わせをしました。

 

 

 

ところで、

 

「里香ちゃんは、何を教えているの?」

 

 


「ファッションメディア論なのだけどね。。。


でも、ファッションって流行だし、メディアは媒体であり。。。

 

専門的なことは別な先生が授業されているし、

 

結局、幅がありすぎて摑めない。だから私塾」

 

 

 

「私がファッションとは?と聞かれれば、


時代を創るものでもあるし、


その人らしさや、表現や、生き方であるかな。

 



心が健康でなければ、ファッションも楽しめない。

 


コンプレックスがあれば、それも楽しめないけど、


そこ違うよ。

 

個性だよと気づけたらファッションが楽しくなる。

 

 

 

心も大切だけど、


内側は外見にも醸し出される。


だから、姿勢も大切だし。


ファッションと携わる人材や、ファッションを伝えていく、


自分を伝えていく、自己表現の授業みたいな感じなのかな。

 



ひとりの個性だと自分を好きになって、自信を持ってほしい。


みんな、それぞれに凄く可愛いのよ~」

 



「里香ちゃん、それはマナー講座ではないのか?笑」

 

とのご指摘も頂きました。笑

 

 

 

 

 

別な日、


友人スタイリストと後輩モデルから同じ質問をされ、


また笑われた。

 



だって、ファッションにかかわるようになってからの私、


私の生き方しか経験していないから話せないよね。


それが専門だと思っているから。

 

 

納得してくれました。



でも、とても試行錯誤。

 



ファッションって、時代を映す色や形、素材やシルエット、

 

TPOを考えたり、七変化させるツールだったり、


流行も楽しいし、美しい装いをしていたらワクワクしちゃう♪

 

 

 

でも、最終的にはその人自身が輝いていたら、、、

 

 

 

と思ってしまう私なのでした。笑

 

 

さて、来週の講義の資料を急がねば。



非常勤講師1年生

 


   RikaクローバーKobayashi

 

AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
『ありのままの自分自身を~

愛と優しさをもたらそうと努力をするより、
 
あなた自身が楽しみ、満ち溢れていれば、

すでにそこには愛がある』
 


*周りの友人達や家族を幸せにしたいと気を使い、

無理をしたり、努力をするよりも、

あなた自身が楽しく笑い続けているだけで、

周りは幸せを感じていませんか?
 


この言葉は私が学んだオーラソーマの先生の言葉です。

一昨日、この言葉を呪文のように心で思っていたら、

目の前に先生が歩いてきました(笑)
 


十人十色、経験、体験、個性、本質、生き方、

全く同じ人はいませんね。
 
自分を好きであること。

自分を大事にすること。
 
今、大学でもこのお話をたまにしますが、

この感覚って我慢が美徳の日本人には難しいのかなと思います。
 



アナと雪の女王の映画のように~
 
ありのままの私を愛する。
 
 

雪の女王エルサも自分の力、

その力を持つ自分が周りを不幸せにしてしまうと、

自分を嫌い、苦しみましたが、

最後は愛に気づきましたものね。

そして、変えれるのは自分次第って。
 
 
 
 
「自分を救えないのに、人を救えると思いますか?」
 
 

まずは自分。

起きた問題や相手を責めるのではなく、

自分を見つめてみる。
 
 
 
悲しみや、怒りや、その感情の

愛の不足した部分をみつけてみること。

嫌な気持ちって、奥の奥までみていくと自分だったりします。
 
 
 
そのとき、自分を責めるのではなくね。
 
みんな愛されるために、

愛を感じるために生まれてきた筈なのです。
 
 
 
 
全ての人が愛(やさしさ)に満たされ、愛(思いやり)の存在の筈。
 
暗闇に入っていても、必ず抜ける時がくる。
 
 
小さな愛(優しさ)かもしれないけど、
 
その一瞬のあたたかく感じた感覚を味わって、
 
大きくしていく。
 
 
 

 

花は花のままで、咲くだけで、みた人に幸せを与える。

そして、笑顔をもたらす。
 
言葉は聞こえないのに。


なのに。
 
 
「わたし、きれいでしょ?」
 
と笑顔の声が聞こえるから不思議(笑)
 
 
 

和顔施=誰に会っても優しい表情を見せることで、

相手の心が和む。・瀬戸内寂聴さんの言葉
 
 
 
 
自分の中にある小さな幸せ、優しさを増やしていく。
 
自分の内側の愛をみつけることで本当の自分に目覚める。
 


本当にひとり一人が気づいていけば、

幸せは広がっていくのに。
 


最近、友人とのお気に入りの合言葉は

「幸せの種を蒔こう」♪です。
 
 
 


私が自分をみつめるきっかけになった『オーラソーマ』
 
そして
 
 
自分の個性と向き合う気づきをくれたのがこちらです。
 
 
RikaKobayashi
 
 
 
AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

2016年4月より十文字学園女子大学の非常勤講師を務めることになりました。

初めての授業は、思川という桜が満開の頃でした。



私が短大に入った17歳のころ、卒業したら、親が薦める中学校の体育教師になるのだろうと教育実習を済ませ、このままで良いのかなとぼんやり考えながら友人と遊ぶことが楽しい毎日だったと思います。

 


そして、ご縁に導かれるままにモデルになり今年でモデル歴30年。。。。。

そんなタイミングに‟教える”という経験をすることになりました。


学生時代、ファッション業界に携わっていた叔母の紹介で珍しいアルバイトをすることになりました。

 

当時、上り調子で時代を創っていたファッションアパレル会社ブランドのフィティングモデルです。

 

 

デザイナーが描いたデザイン画から一着のサンプル(見本)洋服ができあがるまで、デザインからパターン(型紙)を作り、一枚の布をパタンナーが裁断しボディーの人形を使い立体的な洋服にしていきます。

 

その後に、パタンナー、デザイナー、関わってる人々に囲まれて口のきかない人形に変わり、着心地、動きやすさ、肩や腕、部分的に違和感がないかなどを細かく何度も確認され、その部分を削たり、シルエットを動かしてみたりしながら美しい洋服を作っていくのです。

 


感想を聞かれても最初はなにが何だかわかりませんでした。


心地よさ?着心地?考えてもいなかった。

 

 

体育短期大学でジャージとGパン(デニム)の生活に慣れ、お洒落にも‟ファッション”にも興味がありながら無縁の生活をしていました。


意味が分からなくても、アルバイトでもお仕事なので、聞かれた感想を私なりにお話をしていくことで、どんどん洋服のシルエットや‟心地よさ”が変わっていく。

 

キレイな洋服になっていく瞬間の空気感はその場にいた人達の気持ちも入りすごい。

 

気持ちの良い洋服というのはこういうこと!と体を使って経験したことです。

 

そして、この経験が洋服に対する私の重要視する部分にもなっているし、このアルバイトがきっかけで、モデルのCMオーディションを紹介していただき、モデルになることになりました。

 

ご縁のまま。

 



去年、カメラマン谷口さんが非常勤講師を務められていた十文字大学女子学園のファッションコミュニケーション学科の講義にゲストとして呼んでいただいたことから、この大学で講義をすることになりました。


講義はファッション・メディア論なのです。
このお話をお受けするときの第一声は

「どうしよう」でした(笑)



ファッションってなんでしょうね?
皆さんにとって、ファッションってなんですか?

 

 

 RikaクローバーKobayashi

 

AD
いいね!(9)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。