1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-13 18:31:51

カラダに不要な物を溜め込みやすいこの時期は○○でデトックス力アップ!!

テーマ:●ケイ素と人体の関係

湿度の高いこの時期は、運動不足や睡眠不足、偏った食事、ストレスなどが原因で、代謝が悪くなりがちです。


代謝低下

謝が悪くなると、カラダの中の不要な物を体外へ排出(デトックス)する機能も低下してしまいます。
デトックス力低下


私たちは日常生活において、有害物質(鉛・水銀・残留農薬・重金属etc…)を知らず知らずのうちに取り込んでいる可能性があります。
有害物質の摂取


健康な状態であれば、代謝によって尿や便、汗として有害物質をスムーズに排出すことができるのですが…


規則な生活、運動不足、睡眠不足、偏った食事、ストレスなどによって代謝機能が低下してしまうと、有害物質はみるみる体内に蓄積されてしまいます。


有害物質の蓄積


うなると、当然お肌の状態も悪くなり、肌荒れや吹き出物、シミ、シワなどができやすくなります(>_<)
有害物質の蓄積と肌トラブル  


つまり美容面や健康面において、排出機能(デトックス力)を低下させないことが、とても重要になります。


こで今回は、有害物質を排出する働きを持つ○○を多く含む食材をご紹介します(^^)/


その食材とは・・・


バリ!キビです!!
キビ

 

キビは穀物の1種で、有害物質を排出する働きを持つ“ケイ素(シリカ)”を多く含んでいます。
ケイ素



存知でしたか?



イ素には重金属を引き付けて、一緒に体外へ排出する働きがあることを!
ケイ素が有害物質を排出



またケイ素には尿や便、汗などの排泄を促してくれる働きも期待されています( ..)φメモメモ
ケイ素が排泄を促す


だ日常でキビを摂取する機会はあまりないと思いますが、キビは五穀の1つなので、主食を精白米から五穀米へ変えることで“ケイ素”を補うことができます。

五穀米


ケイ素はデトックス力を高めるほかにも、カラダの老化にブレーキをかける有効な働きがあるとして注目をあびていますp(^^)q


かし残念ながら、カラダの中のケイ素は加齢と共にみるみる減少することが分かっています(T_T)
加齢と共に減少するケイ素



のでケイ素不足にならないためにも、頃からケイ素を多く含む五穀米などを中心とした食生活を心がけることをオススメします(^^)/


それではみなさま、絶えず流れる川の水がキレイなように、ケイ素で代謝機能やデトックス力を高めて、いつまでも健康で若々しい体質を目指しましょう!Let'sアンチエイジン

グヽ(^o^)丿
川の流れと女性



今日の記事はお役に立ちましたか?
もしお役に立てたならクリックお願いします。
   ↓↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

にほんブログ村


こちらもクリックして貰えると嬉しいです(^^♪
   ↓↓↓↓


人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-15 18:55:00

梅雨はむくみの症状が出やすい!?むくみスッキリ!解消法

テーマ:●水毒(むくみ解消法)

雨入りして、ムシムシ、ジメジメと気分がどんよりしがちな時期になりました・・・。


雨と傘

また体調面でもカラダのあちらこちらに不調が出やすくなります(>_<)


かでもカラダのむくみに悩まされる人が多いようです。
むくみ女性

調にも悪影響を及ぼす“むくみ”の症状は、特に梅雨時期に起こりやすく、ジメジメとした梅雨の気候が深く関係しています。


梅雨は一年の中でも特に気圧が不安定な時期です。短い期間に気圧が変化すると、自立神経のバランスが乱れやすく血のめぐりが悪くなります。

自律神経の乱れとドロドロ血

血のめぐりが悪くなると、細胞に溜まった余分な水分が排出されず、むくみの原因になります。


た、梅雨の時期はどうしても湿度が高くなりがちです。
梅雨と湿度

私たちのカラダは本来、汗が蒸発する際の熱放出を利用して体温を調節していますが、湿度が高いと汗が皮膚から蒸発しにくくなります。


その結果、汗をかきにくくなり、水分を体内にどんどん溜め込んでしまい、むくみの原因になります。

水が溜まる

こで今回は、むくみ解消に“ある飲み物”をご紹介します(^^)/


その飲み物とは・・・


バリ!トウモロコシのひげ茶\(◎o◎)/
トウモロコシのひげ茶

トウモロコシのヒゲ茶には、毒素や余分な水分を排出する働きがあるカリウム(ミネラル)が豊富に含まれています。


の量は・・・なんと!スイカの約50倍!!


カリウムには、むくみの原因となる塩分の排出を促し、体内の水分量を適正に保つ働きもあります( ..)φメモメモ
カリウムが豊富

「むくむから…」という理由で水分を極力取らない人がいますが、これは逆効果・・・。

間違い女性

分は取らないと出て行きません( ..)φメモメモ


また、脱水症状を防ぐためカラダが細胞内にある水分を出そうとするので、分不足でもむくみの原因になるので気をつけましょう( ..)φメモメモ


それではみなさん、むくみは慢性化しやすく、重大な病気につながる恐れもあるので、この時期は特に“カリウム”の摂取を心がけ、むくみ知らずの快適な生活を送りましょう♪Let'sアンチエイジングヽ(^o^)丿


むくみスッキリ



今日の記事はお役に立ちましたか?
もしお役に立てたならクリックお願いします。
   ↓↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

にほんブログ村


こちらもクリックして貰えると嬉しいです(^^♪
   ↓↓↓↓


人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-17 18:55:56

5月の紫外線量は…実は真夏と変わらない!?

テーマ:●肌トラブルの原因と対策

ールデンウィークも終わり5月も中旬になりましたが、紫外線対策は万全ですか?


紫外線対策

「まだ真夏じゃないから」といって紫外線対策を怠っていると、後々痛い目に合いますよ・・・(>_<)


存知でしたか?


5月の紫外線量は一年を通してもかなり高く、夏(7、8月)と変わらないことを!


紫外線量の月間変動

そして、私たちがケアしなければならない紫外線は2タイプ、「UVA」「UVB」です。


UVAとUVB

UVAは、一年を通して降り注いでいて、長期的に身体へ悪影響を及ぼす紫外線です。


UVA肌の奥深く(真皮)にまで到達し、シミやシワをはじめとする肌の老化を引き起こします(>_<)


さらに皮膚の細胞を遺伝子レベルで傷つけるほか、皮膚の免疫力低下や活性酸素を大量に発生させてしまいます(T_T)

UVA

UVAは、波長が長いため曇りの日や窓ガラスさえも通り抜けるので、室内にいる場合でも日焼け止めなどの紫外線対策は欠かせません( ..)φメモメモ


UVBですが、7、8月に多く、浴びると肌が赤くなるサンバーン(日焼け)を起こします。
UVB

量に浴びてしまうと免疫力の低下皮膚ガン、白内障などを引き起こす原因になります( ..)φメモメモ


こで今回は、紫外線のダメージを抑え、美と健康に欠かせない食材をご紹介します(^^)/


その食材とは・・・


バリ!サンゴールドキウイ\(◎o◎)/
サンゴールドキウイ

サンゴールドキウイには豊富なビタミンCが含まれています。な・なんと!たった1個でレモン8個分以上(^^)/
レモン8個分

タミンCにはコラーゲンの生成を助けたり、メラニン色素の過剰生成を抑えたり、体をサビつかせる酸化物質を抑制したり、免疫機能を維持するなどの効果が期待できます( ..)φメモメモ


ビタミンCは常に体内に貯めておけず、加熱すると壊れてしまうという特徴がありますが、キウイフルーツなら生のままでOK(^^)v
ビタミンCの効果


だ紫外線は悪影響を及ぼすだけではなく、私たちの体にとって、とても大切な役割も担ってくれています。


逆に過剰に紫外線を浴びなさすぎると、骨を形成するために必要なビタミンDが作られず、骨粗鬆症つながります(>_<)
ビタミンDと骨粗鬆症

ビタミンDが不足すると、骨がもろくなるだけでなく、ストレスに弱くなったり、免疫力が低下したり、うつ病や花粉症などの発症率を高める原因に!( ..)φメモメモ


強い日差しの下では適切な(日焼け止め・日傘・帽子・サングラスなど)紫外線対策は欠かせませんが、あまりにも過剰に紫外線を防御することにピリピリなり過ぎないことも大切です。


それではみなさん、紫外線が多いこの時期から、しっかり紫外線対策を心がけて、健康で若々しく今年の夏を乗り切りましょう♪



サングラス選びのポイント



今日の記事はお役に立ちましたか?
もしお役に立てたならクリックお願いします。
   ↓↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

にほんブログ村


こちらもクリックして貰えると嬉しいです(^^♪
   ↓↓↓↓


人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>