老化の始まり、男40、女は35!!

テーマ:

私たち人類は、前人未到の世界に入ってきていて

だからこそ

自分はどう生きたいのか、をちゃんと考えて

常に軌道修正しながら

生きていく必要があるんじゃないかな~と思うのです

 

こころとからだをデザインし

人生を愉しみ続けることを目指す

『からだデザイン研究所』

いちい葉子です

 

 

 

現存する中国最古の医学書

黄帝内経・素問にはこんな記述があります

 

女子7歳の時、腎気が旺盛になり、歯が入れ替わり、髪の毛が伸びる。

14歳で天癸(ホルモンのようなもの)が分泌され、経絡の通りがよく、生理が順調に行き、妊娠できるようになる。

21歳で腎気の発育がよく、親知らずが生え、髪の毛が長くなる。

28歳の時、筋肉・骨が丈夫に、髪の毛がさらに長くなり、体が最も強壮な状態になる。

35歳で顔に分布している陽明経絡が衰えはじめ、顔の皮膚の艶が少なくなり、髪が落ち始める。

42歳で太陽・少陽・陽明の三つの経絡の流れが衰弱し顔の皮膚が老け、白髪が生えはじめる。

49歳で天癸の分泌は無くなり、月経が止まり、体型が崩れ、妊娠もできなくなる。

 

男子8歳の時、腎気充実となり、歯が入れ替わり、髪の毛が伸びる。

16歳で腎気は旺盛となり、天癸が分泌され、精気が溢れ、性交があれば子供勃作ることができる。

24歳で腎気の発育がよく、筋肉・骨が丈夫で、親知らずが生え、髪の毛が長くなる。

32歳の時、筋肉が盛り、骨が丈夫でからだが最も強壮な状態になる。

40歳で腎気が衰えはじめ、髪の毛が落ち、歯が乾燥する。

48歳で陽気が顔から衰弱しはじめ、顔の皮膚が老け、白髪が生え始める。

56歳で肝気が衰弱、筋の働きあが悪くなり、天癸の分泌は無くなり、精気が少なくなり、腎臓も衰え、体型が崩れる。

64歳で歯が落ち、髪の毛も剥げて去る。

 

 

これを読むと

2000年以上前から

生命の誕生・発育・成熟・衰老・死亡の過程は

あんまり変わってないのね・・・

と感じませんか?

 

だけど反面、

100歳って聞いても

驚かなくなっているこの世での命の長さも

我々が直面する現実のできごとです

 

 

人のからだの成り立ちから考えると

女は女である人生を49歳までは全うできる

男は男である人生を64歳までは全うできる

 

生殖機能という生態的な軸で考えると

女は28歳をピークに35歳から着実に衰え

男は32歳をピークに40歳から老化しはじめる

 

 

子を育み子孫を残していく

という行為が生物の一大使命だった時代から

安全面・衛生面ともに飛躍的に進歩し

どう生きるかという選択肢も増えて

混迷している感があります

 

 

いくら現代医学が進歩したといっても

女は28歳、男は32歳までに子供をつくり産むと楽だろうし

 

女性は49歳過ぎたら

男性は64歳過ぎたら

さあ、どう生きようか、第二の人生をって

 

そんな風にとらえれば

2000年前より寿命という数字が伸びている今、

納得感が増すというもの

 

 

若作りするんじゃなくて

老いと張り合うのではなく寄り添って

守りに入るんじゃなくてアグレッシブに

でもみっともなくなく・・・

 

人間として

どう魅力的に輝き続けるのか

前人未到の領域だから

お手本もなければ

正解もわからない

 

そんな時

なにが指針になるのでしょう??

 

やっぱり

自分

 

 

体を整え鍛えることは

心を整え鍛えること

 

なにが美しいのか

なにが幸せなのか

なにが居心地いいのか

何をしたいのか

 

どう生きたいのか

どう死にたいのか

 

博士の愛した数式の著者、小川洋子さんと

京都大学教授、河合隼雄先生の対談本のタイトル

『生きるとは、自分の物語をつくること』

さすがのいいタイトルです ね

格言じゃないけど心に染みる言葉がいっぱいでしたよ❤️

 

日々紡いでいきたいものですね~

 

今日も良い一日をキスマーク

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


からだデザインの詳しい内容は
こちらをご覧ください↓↓↓
http://www.karadadesign.jp/

レッスン参加のお問い合わせ
お仕事のご依頼はこちらから↓↓↓
info@karadadesign.jp