秋まで待とう(笑)

テーマ:








野ばら遊びもそろそろ終わりに


今年はかなり真面目に精力的に
あちこちを探してみましたが結論は


難しい!(笑)


モリイバラとヤブイバラ
秋まで待ったら実がなります
実の形、大きさの違いを比較すれば分かる事があるかも






逆さまですが照り葉ノイバラの仲間
たくさんあります





何度も何度も読まないと理解が難しく
時には疑問がわく
この写真はヤマイバラに間違いないのか?
この様な疑問がこの本に対する信頼感が薄れてくる








これは古い図鑑のコピーを頂いたもの


これ以外の資料を調べると
いろいろな人が言っている事が何故か符合するものがある

中央構造帯
関東の標高600メートル
部位の特徴の表現
等々


つまり

この図鑑が記されて以後の人は自らが歩いて調べては無いのでは?





花の大きさの比較はこれくらいの差があれば納得出来て理解も出来る


場所の違い、環境の違い
いろいろな違いで花も葉っぱも棘も微妙に違っていて資料通りの結果にならない








花のつきかたでも
資料通りの個体を見つけるに至らない

一時間程の範囲内の個体を調べれば調べる程疑問は増すのだ(笑)



図鑑通り
資料通りにはいかない



這う照り葉ノイバラ
ヤマイバラの特徴はほぼ理解出来る





筑紫ノイバラの資料には
球磨川、川内川、大淀川が出てくるが山間部の自生については資料が無い

霧島山系の河原でない場所で筑紫ノイバラらしきものを見つけた


河原でない林間でも筑紫ノイバラはあるのか?




照り葉ノイバラのピンク
棘無しの筑紫ノイバラ擬き
霧島のノイバラ
鹿児島のノイバラは不思議で私には結論は出せなかった


私に出来る検証は
同じ場所で同じ条件でかき集めた個体を育て観察する


それで特徴の違いを比較してみるしかない





秋までではなくずっと見続ける




結論は個体をみる数を減らした方が早く出せる(笑)
先人は何れ程の個体を見たのだろう?
車も無い時代にアクセスの悪い時代に海岸を歩き、川を歩き、山を歩いたその根気といろいろなご苦労に頭が下がった



私も出来るだけ歩いてみよう
AD

霧島山系ノイバラ巡りNo2

テーマ:









ヤブイバラとモリイバラの相違点
その判別はまだ道半ば(笑)

いろいろ調べるも難しが募るばかり




ちょっとヒントになりそうな個体を見つけた

左は栗野岳の個体、右は霧島市牧園のみやまコンセール付近の個体
花の大きさが違う
やっと見つけた大きさの差



少し下って友人の庭を訪れた
霧島神宮の下
ウインドの森
友人が自宅に庭でカフェをやっている







遠目に見れば筑紫ノイバラ
然し筑紫ノイバラと違うと庭主は言う(笑)
何故違うと言うのか?
似ているがこの野ばらには棘が無いのだ

棘が無い以外は筑紫ノイバラと同じ








この二本は熊本県八代産の正真正銘の筑紫ノイバラ





この咲き方が筑紫ノイバラ

西洋の横文字の洒落た名前のツル薔薇と比べて筑紫ノイバラが劣りますかな?(笑)
二本の薔薇も大事にして下さいな(笑)


得体の知れない棘無しの筑紫ノイバラ擬き
筑紫ノイバラが野ばらmultifloraの変異
multifloraの変異に棘無しがある
ならば筑紫ノイバラに棘無しがあっても不思議ではないのでは?

あくまでも素人の推測です(笑)




照り葉ノイバラ
いろいろあるらしいがその中で川岸や海岸にある肉厚の葉を持つ類と

ヤブイバラ、モリイバラは仲間であっても違うものではないのだろうか?



こちらの海岸と崖に這う照り葉ノイバラはまだ花が咲かない
ヤブイバラ、モリイバラの系統ではと思えるものは低地(標高300)ではそろそろ終わり
標高500メートル以上ではこれからが本番



謎解きはなかなか終わらない



(笑)
AD

霧島山系ノイバラ巡り

テーマ:






加久藤カルデラ、小林カルデラ南方
天降川水系

自然の花




いい匂いを振り撒いてくれてます




うりゅうさんが紹介してくれた野の花だろうか





この木の下の草達です






悠久の歴史を刻む川





巨大な岩は溶岩の塊





川幅50メートルの川床は全てが溶岩


川づたいの道は細く
登る事も叶わない崖に山アジサイが生きている


自然の美しさはその場所に出向かなければ解らない







少し登ったところ
霧島市中津川で筑紫ノイバラらしき個体発見二本の木が生きている

たぶん?筑紫ノイバラだろう?









次に目指したのは湧水町栗野岳
先日訪れた時は未開花だったノイバラが咲いていた





つづく
AD