「五感を育む木製遊具」で子ども達を明るい未来へとつなぐブログ

家だって歪みは一番弱い部分にあらわれる じゃあ社会の歪みは?
知らなかったでは済まされない子供たちの心や身体のこと…
子供たちの「未来の鍵」を握っているのはあなたです

【金沢粋屋へのお問い合わせ】

「五感を育む木製遊具」
天然丸太平均台
ブレキエーションなどのお問い合わせは

maruta.heikindai@gmail.com

まで

《お詫び》
現在、kanazawa-ikiya@skyheart.jpのメールアドレスが、こちらの方から確認出来ない状態です。お手数をおかけしますが、お問い合わせは maruta.heikindai@gmail.com までお願い致します。
申し訳ございません。

テーマ:
いつもありがとうございます
「金沢 粋屋」佐田です(お問い合わせはmaruta.heikindai@gmail.comまで)


粋屋のブレキの中でも1番のご支持をいただいております、Dスペシャルの高さバリエーションが新しくなりました。
{1992C7A9-D24C-4C69-8904-B779AD63599D}


Dスペシャルの最大の特徴は、なんといっても使えるバーのバリエーション。
{3E66672F-3111-4EA8-B8AD-0E165193C51E}
(左手より径12mm、18mm、20mm、25mm、30mm。3番目の径20mmは現在不使用)

畳1畳程度の省スペースでありながら、お子さまのご成長に応じて太さと間隔の異なるバーを4種類もご使用いただけます。
特に径12mmと18mmをご使用になれるDパネル(リバーシブルパネル)は弊社オリジナル。
{D04C262A-01AF-459F-A0FC-B62DF949B8BB}


元々は幼児教育で推奨の細いバーを木製で使いたい、と言うお客さまのニーズと低い位置でのお子さまのサポートは腰に負担がかかるので少しでも高い位置で、という熱いご要望からでした。

木製で径12mm・18mmという太さのバーに「ぶら下がる」なんてことは、長年木造建築にかかわってきた私にとって論外中の論外でありました。
ただ、お客さまよりご要望をいただいているのに、これまでの経験だけで「ノー」でよいのか?
そんな葛藤の中で思案を重ね、出来たのがDパネル。
{EAF6014D-9076-4043-9838-67DC2F59C2B0}
径12mm、18mmと交差する2本の補強材がネット状になり、加わる力を分散させます。

バーが細いため大人のサポートを条件とさせていただき、高い位置のためにお子さまが単独でぶら下がれる床パネルの高さ設定を作ってしまうと、床パネルからさらにお部屋の床へ落下してしまう危険性もあるため、これまではあえてその設定は作りませんでした。

ところが先日、関東で幼児教育のカウンセラーをされている尊敬の大先輩よりお電話頂戴した時に、やはり細いバーをお子さま単独でトライさせたい、そんなニーズが少なくないとのご意見を頂戴しました。
そして何よりDパネルの強度が制作開始当初の想像以上に高かった事と合わせ、今回Dパネルの高さ設定を増やさせていただきました。
{6047F7A5-6CDB-4508-8683-5A16C5D58888}
(青線で囲んだ床パネルの設定位置の1番低いところを兼用する形となります)

これまでは径12mm・18mmを使ってサポート付きでトレーニングしていただき、床パネル裏の径25mmで単独トレーニングに移行していただく流れでしたが、これからは径25mmに移行する前にDパネルを使って「単独トレーニング」への導入という流れが作れる事になりました。
{8D2DB039-F60F-4CE8-BD70-2BB8567AD0A2}
内側が従来の高い位置設定。
外側が床パネル1番低い設定と兼用です。
{966CDC78-955A-4339-96D6-E928950F7FF3}
(お部屋の床からDパネルがご使用になれます)



もちろん、すでにご予約いただいているお客さまのお品も新しい仕様で制作させていただきますね



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。