めぐみも。の暮らし

「ココロもカラダも、自分が選んだもので作られる」
「食」を中心に、日々の生活の中で感じたことを綴ります。
大地の恵みも、空の恵みも、自然の恵みを丸ごといただきます!
facebook『めぐみも。』もご覧ください。


テーマ:
キノコの代表的な栄養素『ビタミンD』は
カルシウムの吸収を助けて骨を形成したり
筋肉の正常な働きをサポートしたりします

キノコ類には
便秘解消に効く不溶性食物繊維と
腸内環境を整えてくれる水溶性食物繊維の
両方を含んでいます

年末年始の暴飲暴食で
胃腸が弱っていたり
体重が増えてしまったり
そんな時期にはピッタリの食材です

美容に効くキノコは舞茸
舞茸には
肌荒れを防ぐビタミンB2 
肌の潤いを保つトレハロース
メラニン色素の発生を抑えるチロシナーゼ抑制物質が含まれており
ストレスが原因で起こる肌荒れを予防・改善する働きもあります

レンコンには
レモンと同等のビタミンCが含まれているので
美肌効果もあり
風邪予防にもなる優等生食材です

レンコンのシャキシャキの歯応えと
焼いたキノコの香ばしさが
美味しさのポイントです
たくさん作って常備菜にオススメ❤︎

{C382AE8D-7E8C-4560-B08B-280CD03E2776}

キノコ類は焼くと水分が抜けて
かさが減りますので
大きめに切るといいですよ

オリーブオイルで
しっかりと焼き色をつけてソテーし
山椒塩で軽く味をつけます

ポイントは
しっかり焼き色をつけてから調味する事!
先に塩などを振ってしまうと
浸透圧の関係で
水分と一緒に旨味も流れてしまいます
じっくり焼いて
旨味をキノコに閉じ込めてくださいね

ソテーしたレンコンとキノコは
熱いうちにマリネ液につけます

マリネ液の材料は
酢 大さじ2
めんつゆ(希釈用) 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1/2

これだけです

{51072CBA-7A32-4367-95B3-2F2A1FD184D9}

盛り付けたら
クレソンやイタリアンパセリなど
緑の物を少し添えると
見た目も食欲もアップします


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
少しわかりにくい名前になっていますが・・・
ポークステーキ 酒粕とネギと粒マスタードのソース
ですとびだすうさぎ2
 
「ポワレ」とはフランス語で「蒸し焼き」の意味ですが
最近では、普通に焼いても「ポワレ」と表現されていることがありますね
 
 
「シャルキティエール」はソーセージやハムなどの加工肉を販売するお店のこと
日本ではあまり見かけませんが
ヨーロッパでは加工肉専門店がたくさんありますね
最近は贈答用のハムやソーセージの詰め合わせを
「シャルキトリー」とおしゃれな商品名をつけているものも見かけます
 
「シャルキティエールソース」はフレンチの家庭料理定番
日本で言えば「生姜焼き」みたいな位置づけでしょうか
ソースには、白ワイン、玉ねぎ、マスタードが入っているのが特徴です
 
『めぐみも。キッチン』ではこれを和風にアレンジしました
白ワインの代わりに酒粕を
玉ねぎの代わりに長ネギを使いました
これでも充分酸味がありますが
さらにピクルスのみじん切りをソースに加えるレシピもあるので
糠漬けや冷蔵庫に残っているお漬物を刻んで加えると
さらに旨みもアップしますねカナヘイ花
 
 
ダイヤグリーンお肉の下準備
ロース肉には焼き縮みを防ぐための切込みを
肉と脂身の間の筋に3~4本入れて
塩コショウをして30分程度、室温で放置します
肉が室温になっていたほうが
短時間で火が通り、硬くなりません
下味も薄味ながらきちんと中まで入れるのが
おいしさのポイントになります
 
ロース肉は良質なオリーブオイルで焼きます
調味料と油は、一度購入したら同じ物をしばらく使い続けることになりますので
ぜひ良いものを選んでくださいねカナヘイハート
 
秘密『めぐみも。』シャルキティエールソースの材料(6人分程度)
長ネギ 1本
バター 15g
粒マスタード 大さじ1
酒粕 15g (無ければ白ワイン大さじ2で)
顆粒コンソメ 4~5g
水 1/2カップ
 
ダイヤオレンジ作り方
①酒粕は水を加えて耐熱容器に入れ、電子レンジで温めて酒粕を溶かしておく
②フライパンにオリーブオイルを入れて、両面にこんがりと焼き色がつくまで豚肉を焼き
まな板に取り出す。
③フライパンの油をふき取り、バターを入れて長ネギをじっくりと甘みが出るように炒める
④コンソメ、酒粕を溶かしたお水ごと加えてアルコールを飛ばし、粒マスタードを加えて火を止める
⑤ロース肉は斜めにそぎ切りにして盛り付け、ソースを上からかける
 
カギお肉を焼くときは、何度もひっくり返したりせず、じっくり焼いて一度ひっくり返す
余分な肉汁が出て行かないようにしましょう
お肉は斜めにそぎ切りにすると、見た目もおしゃれですし
繊維が切れるので食べやすくなります
 
 
上矢印これ、お肉にしっぽが…
盛り付ける向きを失敗していますが
ソースがよく見えるのでアップしました風船
 
この季節、長ネギは風邪予防に一役かいます
こんなにたっぷり気づかないうちに食べているソースです
鶏肉や魚のポワレのソースにもどうぞOK
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お正月にいただくなます
大根と人参で紅白に作りますね

生の大根には消化酵素がたくさん
消化酵素は主なものが3つあります
デンプンを分解するアミラーゼ
脂肪を分解するリパーゼ
タンパク質を分解するプロテアーゼ
この3つとも大根は含んでいます!

焼き魚に大根おろしを添えたり
トンカツやハンバーグを大根おろしで頂くのも
タンパク質や脂肪を分解する力があるからです

酵素は熱に弱く50℃ぐらいで失活してしまうので
生で食べるのが酵素の働きを活かす食べ方です
我が家では、大根がおいしい冬は
「なます」は常備菜です

{E05A1813-9B89-4416-9A22-A5DADA8F16E5}


こんな風にピーラーで
シャッシャッと長めにスライスすると
包丁で細かく千切りにするより楽で
歯応え・食べ応えがあります

これは普通の白い大根と
真っ赤な京人参
黄色い金美(きんび)人参
紫色のあやめ大根
セロリの5種類で作りました

{BDAF3EA1-AB99-422A-99E3-B8FFF6E49410}

あやめ大根だけは他の野菜に色移りしそうなので
別に甘酢に漬けて
盛り付ける時に合わせました

漬け込むのはジップロックなどで
野菜を少しずつ交互に入れて
甘酢も何回かに分けて入れて
空気を抜いて冷蔵庫で保存です

{E04823FF-71C5-42EE-8235-2145FE6BDEF4}



{E8D1FC38-3840-441C-BA77-3B603D531FD4}

これは赤大根だけで作ったなます
作りたてはまだ真っ赤に染まりませんが
翌日、翌々日になるにつれて
真っ赤に染まっていきます

我が家では
なますにパクチーを乗せるのがお気に入り
合いますよ(*'▽'*)

{A049DE3A-E258-471E-A9E0-88A51746E6A9}


赤カブを見つけた時は
迷わず買って甘酢に漬けます

{71AD8749-1E74-4043-847B-8612952F93BB}

自然の色でこんなに鮮やかな色が出るなんて
赤カブや赤大根のアントシアニンは
活性酸素を抑制する効果があります
自然の恵みに感謝です❤︎


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。