ぽおっと発信(PAT共育ゼミナール:札幌市中央区学習塾代表ブログ)

小1~高3までをお預かりする札幌市中央区の塾の代表のブログです。
教育とか共育とか、塾や生徒さんへの思い。NFLのことなど思いのままに書き殴りな感じでくだらなくだらだら続けていきたいと思っております。
よろしくお願いいたします。


テーマ:

大仰なことを書いてしましましたが。
これは短編です。

 

もう少しで、高校別(札幌市内限定)受講ガイドというのを
海賊版PAT共育ゼミナール公式サイトにて公開予定です。

 

ここで考えるべきは、将来の目的。短期目標でかまいません。

つまり、センター受験なのか。私立一本なのか。一般入試か、AO入試か
推薦か

内部進学か。これを考えないといけないと思うのです。

 

大手予備校だからいいかというと、目的と指導のギャップがあって

うまくいかないという場合も多くあるので注意が必要です。

僕の個人的な考えをまとめると。。。

 

① 現役高校生にあまり予備校の夏期講習は勧めていない。

結構、自分の知識や学校で教えられている内容と指導内容に差があります。

何を言っているかちんぷんかんぷんで、結局塾で個別指導を受けて解説してもらっていた

というケースがあります。

一定程度のレベルに到達していなければ、僕は進めていません。
講義形式、衛星問わずです。

東西南北の高校レベルであれば学校の講習をしっかり受けたほうが身になるという

形式も多いです。しかし、一昔前の今はどうか知りませんが、札幌南高校の夏期講習は

日程が進むごとにどんどん人数が減っていったそうです。いまはそんなことないと思うのですが。もしも道内の国公立を目指すのであれば、学校の講習を優先させるべきかと。

日数が少ないなどで、十分ではないという場合に少し考える対象に入るかな。

 

② センター受験、一般入試を考えていないのであれば、個別指導。

多くの学校で、学校の指導内容とセンターレベルの内容には開きがあります。しかし、

内部進学を選んだり、AOに向けて動くのであれば、学校の評定を上げなければ、

話にならないと思います。ですので、これらを目指す場合には、予備校の内容や衛星予備校の内容では

いかんともしがたいのです。よって、前期期末試験に向けて評定を上げるための指導を個別で受けていくほうが良いと思います。

 

③ 難関私立や道外国公立を希望する場合には衛星ないしは大手予備校。

高校の講習における限界はこの部分にあると僕はこれまで在籍していた塾生を見て感じます。北海道の場合は特に数学かな。

英語は自分でする部分も多いけれど、数学は着想を教わらないと次に生かせない場面も多いので。

公立高校レベルでは、その部分を生徒の資質に頼っているところもあるかと思います。

 

本当にざっくりですが、申し上げるとこんな感じでしょうか。

 

うちも夏期講習生募集中です。高校生は無料体験あります。

 

札幌市中央区PAT共育ゼミナール

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

定期テスト結果が出まして、まあまあ、絶望の淵に追い込まれる中3生もいるわけです。

例えば、内申がオール3(Gランク)とオール4(Dランク)とその下の内申では札幌において受けられる学校が違うわけで、特にオール3に行くかどうかかが勝負の分かれ目ということも多いのです。

一般的な集団指導の塾ではこのHランクくらいの生徒は受け入れない。手間がかかる一方で、高校の合格実績として載せられるような高校に受ける可能性が低い。特に、実績が売り物の塾ではまず無理。邪魔な存在でしかない。このランクで絞っていけば一定程度、合格実績は見込めるわけです。高い合格実績を誇る塾にはえてして、このようなからくりが存在します。

 

PAT共育ゼミナールの場合は、ランクでお断りすることはありません。だから、Aランクからいますけど、幅は正直なところ広いです。

まあ、問題はやる気があるかどうかだけですね。ある意味、来る気さえあればやる気も問わない。僕は常にチャレンジャーなので、やる気さえ出させてみようとは思います。

 

よく、そんなことしたら、「生徒の成績のデフレスパイラルに陥るよ」とベテランの先生からは言われます。つまり、成績の悪い子しか集まらないということなのですが、塾の商売としてそれが正解であっても、正直する気にはならない。

「デフレ上等じゃねぇか」くらいには思っています。

だから、どんなに成績が悪かったとしても決して見捨てません。

どの子も等しく僕には価値ある生徒だし、成績の優劣で価値が変わるわけはないのです。

何度も書いているように、合格実績を追求する塾ではない。札幌南高校の合格実績は320名が限界です。そこまで到達したら、学習塾はどこを目指すべきなのか。

合格実績を追求するということはそこに行きつき、そうすると僕はそれに解を与えられない。というか与えられる気がしない。追求するうえでの成長の限界点が見えているところをあえて目標にすることはできない。

320名なんて、はなからそんな無理じゃんと思うかもしれないけれど、無理と思った瞬間に無理になるし、成長の芽を摘み取ると僕は思っているのです。

 

先日、中3生が来ました。塾生が自習に。

テストが悪く。。。。

「先生、もう無理じゃね。あきらめた。」

「はぁ?何言ってん?」

「こんな成績では、目標とか無理だし」

「あんなぁ、今から負け犬になってんじゃねぇわ。」

「でもなぁ。。。」

「あきらめた瞬間にお前は負け犬なんやで。あきらめなければ、可能性はあるし、方法も見つかる。方向性も、やりようもあるけど、自分から戦うこと捨てたら、負けるしか道はなくなんねんで。」

「でも、むりっしょ。今回俺なりに頑張ったし。」

「がんばったって。思っているのは自分だけやで。先生含めて周りはみんなもっと頑張れると思ってるわ。じゃあ、なんか。サッカーでレギュラー取れんかったらもうサッカーやめるんか?次取れるように努力するやろ。努力を続けている限り、負け犬やない。勝ちの一歩手前まで来とるんや。勉強かって同じことやで。まずはあきらめんなや。負け犬根性なくせや。そしたら次の一手も見えてくるから。」

 

真剣に次の手を考えてます。それは、今回よかった子も悪かった子も同様です。サッカーの好きな子ですので、息子のサッカー少年団当時のつながりも活用しようか?とかいろいろ考えてます。

 

今回、定期テスト悪かったとしてもやりようは必ずあるし、立て直せます。しかし、戦意を失ったものにはなんのしようもないのです。昔、星野仙一さんはは「闘志無き者は去れ」といったそうですが、あきらめないでください。まだ、時間はあるし。PAT共育ゼミナールにも夏期講習ありますから。この夏に叩き直せばいいと思うよ。

 

札幌市中央区学習塾PAT共育ゼミナール

 

PAT共育ゼミナールの夏期講習

 

FBページもあります。PAT共育ゼミナールフェイスブックページ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回の定期テスト。1学期末の定期テストが結果が悪かったという方もあるのではないかと思います。ここで、嘆くだけで終わると結局同じことの繰り返しになると思います。

PAT共育ゼミナール的には、結構点数取れている子が多くて。点数的にも20点くらい上がっている人もいるし、90点台が5教科中4教科あったという人もあります。

それにはそれなりの成果を出すための個人ごとの秘密があるし、一方、

続きを読む

 

PAT共育ゼミナールの夏期講習会生徒募集中です。

 

高校生は映像授業の無料体験もしています

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。