「萬年筆グラフ」目録

「紙物・資料専門」
「大正~昭和・萬年筆の周辺を散策」
「紙様の萬年筆考古学」

NEW !
テーマ:

セーラー  
グッド・ウィル・セール
2月20日ー4月30日 
技術のセーラー 
セーラーデックス 
カートリッジ式 500円から



AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


呑川の暗渠を訪ねる旅・・・ 

きょうは弁当を作って
 おでかけです。 

空に雲百個無い快晴です。 




おや・・・早速
暗渠が見えてきました。

久が原公園のベンチで完食・・・
ここから洗足池方面へ・・・

1個限定
丸善・檸檬が転がっています。



次回は 呑川の源流を訪ねます。


AD
コメント(0)  |  リブログ(0)


WAGNER 水道橋 講義資料 

戦前のセーラーは
どんなモノを作っていたのか





AD
コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


特許列伝  
ウォーターマン型のペン芯 その4
1904年11月29日 
J.L.シュネル



3本インキ溝の上に空気孔

「ワトソン君
通称ウォーターマン型のペン芯
特許サイトの中で
最初に現れるのがこれだ・・
見たまえ。」



「ああ・・これこそが
 ウォーターマン型ペン芯=
3本インキ溝の上に空気孔です!」

「2つの円溝は

スプーンのような・・・
出過ぎたインキを迂回させて
溜める役割りだな。」


「ホームズ・・・
このシュネルのペン芯を
L.E.ウォーターマンが買い取ったんでしょうか?
でもそれだと
年代に食い違いが出てきます。
シュネルの特許は1904年です。」

「テーパーの時代…1890年代には
3本溝ペン芯の現物が作られている。」 

「ワトソン君 
現物があるのに特許が無い・・・
という事は有り得ない。」

1890年代
3本インキ溝の上に空気孔・ペン芯


ーつづくー

コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



特許列伝 スプーン・フィード 
1899年5月23日 
W.I.フェリス 

2本インキ溝の上に空気孔

「・・・ペン芯裏の刻印は
1899年5月23日
初代のフィッシャーフィードの改良型の

初代スプーンフィードのパテントです。
パテント入りのペン芯では
一番古いタイプです。・・・」 
(万年筆おやじの備忘録)



WATERMAN 12 MHR 
1903~6年
スプーン・フィード 
コーン・キャップ 

「ホームズ スプーンの特許を取った
W.I.フェリスは・・?」


「ウォーターマン社の社員だ。
フェリスの特許はいくつか存在する。」

「はあ・・・これがホントに
社員の特許なんですか?
図面では 2本溝の上に空気孔・・・!?!?
ってラッキーカーブじゃあるまいし・・・
ウォーターマン社の社員だったら
3本溝のはずですよ。」 

「1884年から
3本溝が存在したのならば
絶対に有り得ない事だな。
2本溝で図面を書くはずが無い。」 




ポンプ式 
1900年6月27日 
W.I.フェリス

「ホームズ これは悪化してます。
ポンプ式の図面のペン芯には
何と・・・
インキ溝がゼロです!!」



溝無しペン芯

「ここまで来ると
もう・・・
哀れだな。」

コーン・キャップ 
1998年5月24日
 L.E.ウォーターマン

「スプーンの1年前・・・
コーン・キャップ
L.E.ウォ-ターマン
この特許は 問題無しです。」


WATERMAN 12 MHR 
胴軸・刻印 
PAT’D MAY.24 1898
→ コーンキャップの特許
PAT’D FEB.12 & NO.4 1884 U.S.A.
→ 通称3本溝ペン芯の特許 
(実際の図面は斜めの2本溝)

「1884年の特許は会社の生命線で
切り札で 決定打だからこそ
自慢げに刻印されている。
しかし 実態は・・・。

ワトソン君
3本インキ溝がどこから来たのか
謎のままだ・・・。」 


「はい。増々混迷を極めてきました・・。」

ーつづくー

コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。