かめののろいのブログ

中国在住の三人の子持ち。
えーっ?そんなんあり?
の毎日をつづっています。


テーマ:

昨日、世界でいちばん綺麗だな~って思う人に出会いました。


優しくて、


賢くて、


でもちっともえらそうじゃなくて、


辛抱強くて、


鳥肌オーラを持ってて、


そして、あたたかい・・・


その源流を作った人に感謝します。


手を合わせて、


(あなたが好き)


もう一度、ココロから笑ってください。


(あなたの笑顔が好き)




ここが、私のふるさと。







かめののろいのブログ-nobuchan
美人は、この人じゃありませんけどね!


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

momoちゃんの詩によって、元気がでました。




まだまだ、写真アップができなくて、


ブログを書くスピードもすごく遅くなる・・・


でも、書きたくなるような、うれしい出来事は、


毎日、起こっているのです。




いま、下の娘の学校に、


通訳に毎日、通っているのですが、


その登下校?でのことです。


山を下りて、山を登らなければ、


学校には、着きません。


その坂の三叉路で、


若い男性の運転する車と出会いました。


車の男性は、


私が停まって、行きすぎるのを待つにもかかわらず、


手で、(どうぞ、お先に・・・)のジェスチャーをして、


ゆぅーっくり待ってくださいました。


若い男性なのにね。



そして、帰りには、


ある女性とぶつかりかけました。


(ごめんなさい。)と謝る私に、


ご婦人は、


(私は、目が悪いのです。


ごめんなさいね。)


と、わざわざ、ご自分の身の上のお話まで


してくださいました。


後ろ姿に、そっと(どうぞ、ご無事で・・・)と、


お祈りさせていただくこともできました。



その他、おうちに来ていただいた女性に、


食卓においてある花瓶の野の花が、


気が和む、と言っていただけました。


自転車であちこち行く際に、


道端のこぼれ種で咲いたふうな、


コンクリートの間のわずかな土で咲いてる花たちを摘んで


いろいろな種類、色を寄せ集めたりして、


飾ってるんです。


(よそのお庭から取ってくるんじゃないから、


これなら、叱られないでしょう?)


(いっつも、何か落ちてないかな?って


下ばっかり見てるから、気が付くみたいなんです。)


って言ったら、


笑って、いろんなお話をしてくださいました。




そして、1学年2クラスしかない学校なんですが、


とっても、綺麗で、広々としているんです。


図書施設も、とっても新しく、


私でさえ、たくさん置いてある絵本を手にとって、


読んでみたくなるような


そんな設計。


その中に、私の大好きな新美南吉の本もあり、


(球根)tama という詩。




この球根は、


誰か住んでる。


春の芽を


そろえているよ。



この球根に、


誰かいきする。


花の芽を


抱っこしてるよ。




この球根よ、


誰かねている。


あたたかい


春をまってよ。




上娘の柔道の地域各校合同練習に


遠い隣町のヨットハーバー横、


武道館に娘を送迎しに行った道すがら、


紫のホテイアオイの花の咲く池のほとり、


カメさんたちが、


浮いた丸太の上で一列に並んで、


のんびり、ひなたぼっこをしておりました。


娘と、そのあまりの多さに感激して


(うわぉ~!)と叫ぶと、


いっせいに、ぽちょーん・・ぽちょーん・・と


池に順番に飛び込んで


あっという間に、消えてゆきました。



カメ カメ カメ カメ カメ カメ カメ カメ







かめののろいのブログ


のぶちゃんの絵


いったい、なにをいいあらわしてるんだか?


いっつも、信子の絵はおもしろい。





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日、ある女性のことを思い出していました。


中国のまだ、広東ではなく、江蘇省にいたときのことです。


ある浮浪者の女性が、


家の裏出口の、ちょっと道路より高くなってた軒下に


ぼろぼろのお布団を敷いて、


お住まいになられたことがありました。


その女性は、私たちがご飯どきになると、


出窓の形?(六角形)になった食堂の


防犯格子の向こうから、


ご自分のご飯茶碗を持って、


そぉーっと窓越しに立たれるのです。


それで、私は、必ず、食事をお分けするのですが、


そのことををある日、子供から聞いて知った旦那さんが、


(茫然自失になってたときのかよちゃんみたい・・・


かわいそうよ~ ご飯ちゃんと毎日、あげてね。


あんなところでなく、シャッターの閉まるガレージだけど、


中に寝てもらったら?)


と言うので、私は、(ガレージだなんて・・・)と思い、


まずお体を浴室で洗ってもらい、一階のお部屋でお泊りいただくよう


声をおかけしたのですが、


頑と、敷居をまたごうとは、なさらないのでした。


そのとき、そのお話を知った、懇意のお取引さまが、


(きっと、親切にされるのが、怖いんだよ。


たぶん心が深く傷ついていらっしゃるんだろうね~)


っておっしゃってられたのが、記憶に刻まれています。


かなり長い期間、おそらく半年ほど


そこで過ごされて、


多くのうちの工員さんたちの間でも


そのことが噂されるようになると、


今度は、お義母さんが聞きつけて、


(その人のご家族もきっと心配なさってるよ。


そんなところに住むっていうのも、風評によくないから、


ご自宅に帰ってもらうように。)


そう、言いに来られました。


その方にも、家族がある・・・


そうだな・・・


そう思った私は、


(おうちに帰らなくていいですか?


おうちは、どの辺りですか?)


と、そう女性に声をかけました。


その方は、なにもおっしゃらずに、


そして、次の日に突然、煙のように


もっていらっしゃったわずかな衣装も


どこでお洗濯されてたのか、


服を干していたハンガーも、


編みかけの小さな何だかわからない毛糸のグッズも、


お布団も、


ご本人も、


あとかたもなく、消え去ってしまわれました。


私は、


(しまった・・・)


と、胸がキリキリ痛む思いがいたしました。


もしも、怖い思いをされて家から出られて、


そして、なんらかの安らぎを


ここで得ていただけていたとしたのなら、


あの方は、ほんとにお家に帰ってればいいけれど


また、さすらいの旅に出られたのだとしたら・・・?


少し、日本の年功序列で、


年配の人の言うことは必ず聞いておくべき、とした


そういう自分に染み付いたその考えが、


まったくイヤになりました。


NO と言ってもよかった・・・


自分は、(体裁などはともかく、その方にそこに居てほしいのです。)


義母にそう言ったら、こんな苦しい思いはしなかった・・・


あの女性は、いまはどうしておられるだろうか・・・?


ふと、思い出したのです。





 今朝、TVで


日本で著名な眼科医師が、


ベトナムの医師にその腕を見込まれて


頼まれて、37歳のときにベトナムに渡り、


最初は、材料代など手術料をとろうしたが、


手術の当日に


患者の子供が忽然と消えていた話を報道していました。


そのとき、その医師はこう思われたのだそうです。


(きっと、手術料を払うことのできない貧しい両親が


子供の手術をあきらめて、


ふるさとに帰ってしまったに違いない。


手術をしなければ、子供はおそらく失明するだろう。


あの子は、一生、日の光を拝むことはできないのだ。


子供を救えなかった・・・


このことは、ずっと私を責め続ける。


これから、治療費をとるのは止めよう!


診てあげるのではなく、診させていただこう!


それは、自分の魂を救うのだ・・・)


それから、49歳の現在に至るまで、


無料で1日20数件の手術をこなし、


また、ベトナム人医師へ技術指導、後輩教育にも力を注がれている・・・


そういうお話でした。


あの中国での女性の件を思い出し、


おいおいと、泣いてしまいました。





ドキドキ 自分の心に忠実であること。


ドキドキ 人に誠実であること。 





 たまたま、今日が私の誕生日だったのですが、


あるキリスト教の布教活動にまわられている


ご夫婦が


いつもの赤い小さな車に乗って、


山の上のここまでやって来られました。


先日お話させていただいたときは、


ご主人様だけだったのですが、


今日は、


ゴスペル歌手を思わせるような、


賛美歌が背後から聞こえてきそうな


お優しそうなご婦人をお連れになって、


(夫婦に見えないって言われるんです・・・)


なぁんて、謙遜なさいながら、


お話してゆかれました。


(いつかお返しをしなければ・・・)


と、思っていただけるくらい、


そのご夫婦は、人によくされておられるようなのですが、


私は、


(そのお二人は、きっとお返しなど望んではおられないのですよ。


笑顔が、きっと笑顔がうれしいんですよね?)


って、コメントしてしまいました。





(ガレージ?)ってところが、ちょいブー・・・ X でも、


あのころ、浮浪女性を家に入れてあげて・・・って、


そんなふうに言った私の旦那さんの心の優しさが、


私は大好きですし、


賛美歌音譜 は、


今頃、


あの中国の女性にも届けばいいな・・・ラブラブ


そんな風に思った


今日の50歳のバースデーでした。




かめののろいのブログ


by nobuko



AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

夢のお話です。


明け方、


神社の周りを囲んでいる高い木の柵をよじ登って、


(↑ なんでやねーん!)


こわごわ、やっとの思いで下りてくると、


ご褒美なのでしょうか?


お賽銭箱のようなところに入ってた


ランドセルをふたつ、


いただきました。


赤い大きなのがひとつと、


その三分の二くらいの大きさのピンクのが


ひとつ。


(なんか、つづみをもらったおじいさんに似てね?)


小さいのが、ピンクだったため、


妙に感動して、印象的で、


起きた後も、しっかりと覚えていました・・・


(↑ なんでやねーん)




ここから、本当のお話です。


中国から日本に来たときは、


洋にエアーチケット代をもらって、


自分は無一文でした。


娘たちの何百元くらいのおこずかいをかき集めて、


ピーチ航空の別途支払いだった荷物代を


クレジット・カードで替わりに支払ってくださる関西人のおじさま


(確か、サンなんとかって会社の方だと記憶しています。


お名刺をいただいたのですが、バッグを失ってしまい、


ご連絡を取ることができなくなりました。


その節は、ありがとうございました。)にお支払いして


やっとの思いで、


香港空港を飛び立ったのです。


そのころ日本は、雨がずっと降っていなくて、


今年は、米の出来が悪くなりそう・・・


広東は、雨や雷続きだったので、


雨を連れていきましょう


なんて言ってたのが、


笑えることに、ホントに、


関西空港では、約束とおりの雨が降ってきました。雨




まあ、そんな感じだったので、


着いてから、


子供を学校に入れるにも、


お金のない状態だったので、


真子の中学の先生に正直に話して、


必要な制服代も、


学校の費用も、


(ゆっくりでかまいませんよ。)


なんて、言ってもらってたんです。


まずは、校長先生からお電話をいただき、


(できれば、娘さんと学校に来ていただけますか?)


と、兄貴も妹も連れて学校訪問すると、


なんと、その校長先生は、信子の行くべき小学校の


前校長先生だったそうで、


連絡ばっちり、信子の進学もスムーズにいったのです。


もう、なんだか、待っていていただいたか?のような


歓迎ぶり・・・


さらにうれしかったのが、小学校では、


卒業生が置いていった、


でも、使用状態がよくてピカピカの


赤いランドセルをいただいたのです。


信子、ピカピカの日本1年生。


胸が、ジーンと熱くなりました・・・・ドキドキ





次の日くらいに、


大阪の銀行に、へそくり貯金の通帳・カードの再発行に行きました。


ここでも、事情を説明して、


便宜を図っていただき、


その日のうちに、現金をいただくことができました。


そのお金で、


おみやげの約束をした


<酵素>を買いに、百貨店に行くと・・・


売り場に向かう途中、


ランドセルのコーナーを通り過ぎると、


ふと並んだ値段札を見て・・・


(えぇ~~~~っ!!!六万円???)


もう、とめどもなく涙があふれてきて、


(帰ってよかった汗帰ってよかった汗


こんなにも、日本の方たちの親切がうれしい・・・)


泣きながら、


人気のないその階を


ゆっくりとゆっくりと、通り抜けたのでした。





(よく、思い切ったね。)


いただいた言葉ですが、


時期や、


<自然な流れ>だったんだろうとそう思います。


1ヶ月ほど、


縁あった人さまの導きに従い、


あー・・・そうなんだ~と


悩むこともなく、


慣れないこともなく、


スルスル未知(道)が定まってゆきました。





ランドセルは、


語りかけています。


梅の里ではありますが、


桜の時期も、


それはそれで、


美しいのだ、と聞きました。


まあまあ・・・


二度も美味しい・・・


いわしが、梅酢に浸かっています。


かめののろいのブログ












いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

担任の先生が、


たまたま敬愛する大門みちこさんと同じ


みちこ先生だったこともあって、


上娘の真子が、


運動に、


勉学に、


ちょっと燃えてきています。


中国にいたときには、


事故にあったりしたこともあって、


家から1歩も出たがらないアニメおたくであった彼女も、


いきいきとしているお友達の


れんちゃんや、あんちゃんに囲まれて、


少しづつ


生きる意味を模索しているようです・・・






(以下、彼女の学級通信の文面より)


人はなぜこの世に生まれてきたんだろ?


答えはないかもしれない。


私はもっとこの長い人生で勉強したいです。


もっと、いろいろ知りたいです。


いまから、私の人生の目標は


たしかになったと思います。    真子





xx先生が来て教えてくれました。


いろいろなことを教えてもらいました。


ずっとわからなくて悩んでいたことも


分かってスッキリしました。     あん







毎日、いろんなことが起きます。


たまには、


気持ちがへこんでいるときに、


傷口に塩を塗られるような、


崖っぷちから突き落とされるような、


そんな


これでもか?


という仕打ちにあったりします。


でも、あんまり、その程度やタイミングが酷いと、


逆に、人はふっと、


(こんにゃろー) と、底力を出して、


ものすごいパワーにつながることがあります。


その醍醐味を味わいたくて、


神様は、そんな材料をばら撒くのかも?


そんなことも感じる


このごろなのです。


私の最近に、気分が落ち込むことはありませんが。 にひひ





楽天、優勝しましたね!


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝は、日の出の前から起きます。


いちばんにするのは、トイレ掃除。


さすが日本で、


どんなに田舎に思えても、


うちにも、スーパーにも、あのローマ浴場で主人公の阿部ちゃんに


感動の涙を流させた、


お尻さわやかなウォシュレットがあります。


(おんくろだのううんじゃくそわか)


のご真言とともに。


それから、二人の娘の弁当づくりと


山ほどのお洗濯。


ゆっくりと、日が昇ってゆきます。





お買い物は、山を降ります。


行きしの道は、早いです。


帰りは、坂がきついです。


信ちゃんの授業が4時間目の今日は、


すっかり、日の高い、


午後1時ごろの帰宅となりました。


プリーツスカートで自転車に乗ったので、


スカートのすそを車輪に巻き込んでしまい、


ちょっと、危ないことになってしまいました・・・あせる


途中の道で周囲を見渡せば、


360度オールグラウンド、山が見えます。


理想で、最高のシュチュエーションです。


帰りの坂の右手には、


海が見えることもあります。


新聞で、熊野の速玉大社のナギの話を


読みました。


(葉は、縁結びのお守り)、と、書いてあります。


またまた、こういう記事がふっと目に入るのも、


きっとご縁なのでしょう・・・


ちょっとしたM2の地震もあったみたい。 今日は。




さっき、旦那さんから、電話がありました。


(冬服を送ったよ~)


なんか、いっしょにいたときより、


子供との会話が増えて、


これもまたよかったのかしら? と


ほっこりしてしまう一幕です。




(ぴんぴんころり) について、


仲良しヘルパーさんと語らいました、


こないだ大型スーパーに真子といっしょに


自転車でくりだしたとき、


工事中の信号待ちで隣に立ってた交通整理のおじさまに


(一日中お外でたいへんそうなお仕事ですけど、


こんな炎天下、何時間ほど働かれるんですか?)


と問うと、


(朝の9時から、夕方の5時までだけど、


君、僕の年を聞いたら、驚くよ。


僕、90歳だよ~)


私と真子;


(え~~~~!?)





ここ熊野には、


中国の片手倒立おじさんをしのぐ、


90歳、現役おじさんがいらっしゃったのです!


80歳のヘルパーさんと、


(まだまだ、現役!


ぴんぴんころりが目標!)


で、盛り上がってしまいました。ラブラブ

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

お久しぶりでございます。


旧名、カメこと、


かよこでございます。




奈良の好きな自分ではありましたが、


吉野ではなくて、


熊野に来てしまいました。


ええ、大熊猫ことパンダ優浜ちゃんのおる


あの場所であります。


娘たちも、山間の学校で


無事、あやしげな日本語を駆使して、


上娘は、柔道部へ入部、


下娘は、生まれて初めて、自転車に乗って、


山を越え、谷を越えて、


スーパーにお料理材料を買出しに


日々、カニのような足つきでこいでいっております。


こっちの娘は、当分、私めも算数の授業に付き添い、


通訳を務めております。


はい。


足は、皆、自転車ですので、


ご想像とおり、全員、真っ黒です。


お田植え用の防空頭巾のようなお帽子も、


オッサレ~な長い日焼け防止手袋も買いました。


これで、誰からも


地元民と疑われないでしょう・・・




これから、また、毎日、


田舎な日々をつづってゆきます。


あ、そうそう、


だんな様とは、離婚はしておりませんが、


世紀の大脱走であったため、


今は、離れ離れ。


こないだの中秋の名月には、


縁側に椅子を置いて、


明るいお月様を眺めながら、


電話でお話しましたとさ。




ではでは、今日のところはこの辺で。


スマートフォンにも、慣れれば、


随時、写真UPなんかもしてゆきますゆえ。




皆様の本日の楽しい出来事を


お祈りしながら。


再見 


ペタしてね



いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は、ハワイ 噴火 というと、


なんだか、得も知れない


エネルギー(鳥肌が立つ)を感じることができるのですが、


たぶんに歴史が絡んでいると思うのです・・・


どうして、あんなに遠い


太平洋、日付変更経度180度線も越えて


たくさんの若者が


帰ることのない旅に出たのかはてなマーク


( 180度といえば、満月(まんげつ)月 のときは、


月と太陽の黄経差が180度となる


月と太陽は地球を間において反対側にあるんですよね。)





青い広大な海の神や、土地神さまたち()は


そのたしかに結ばれるべきであった、


もうお一方たち(母なる女性)のやるせない思いハートブレイク を憐れんで、


壮大な、偉大な癒しの技を使われたのではないか・・・


美しい自然、


美しいフラダンス、


美しい習わし。


 「ホ・オポノポノラブラブ の里でもありますよねはてなマーク


それらには、おおいなる神の慈悲ドキドキ が顕現されているような


そんな気がいたします。



かめののろいのブログ

アップ エンジェルストランペット Tp天使


   (原産国: インド)



先ほど、結婚されたベル


ハワイで自由に生きる音楽家☆メノモ☆さん  の

                         

結婚時のお写真にも写っていました。(「おめでとう~」ラブラブ


花は、薬用植物ではあるが毒性も著しく強く、


「キチガイナスビ」(茄子科なので)といった別名を持つ。


過去には鎮痙薬(主成分を精製し麻酔薬)として使用され、


日本麻酔科学会 のシンボルマーク。


紅色は、中国においては、”彼岸花”の別名があり、


8月に開花し、木立朝鮮朝顔(キダチチョウセンアサガオ)とも


呼ばれています。



私は、台湾旅行の時に、よくこの花を観ました。


花がとても大きいので、圧巻でした。




かめののろいのブログ

アップ 中華圏では、曼陀罗花 と呼ばれるんですが、金色の場合、


   「敬愛、エンジェル、不断なき幸福」が、花言葉。


仏教とも縁が深く、西方極楽浄土の天から降る花の伝説もあり。




かめののろいのブログ
アップ まんだらげ【摩訶曼陀羅華】 (台湾名)


意味は、「天上に咲くという白い大きな蓮華( れんげ)」


白色は、”愛の花”。





かめののろいのブログ


酒に混ぜて服せば、笑いが止まらず、醉ってしまう。


天に咲くと言われ、色柔らかで、此れを見し者は、


悪を寄せぬ、と言われています。




雪 実は、この種の花、


いろんな色のバリエーションがあるそうで、


そのそれぞれの仏教的意味合いも、


光と闇” 雪の結晶Ⅱ-1 の二通りあるそうなのですが、


小さな町の小さなお寺のお坊さんもおっしゃてられるとおり、


幸せフォーカス恋の矢 にしてみたい



そう思いました。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、子供たちと作戦会議をいたしておりました。


めずらしく就寝午前2時です。


なぜか・・・・・はてなマーク



かめののろいのブログ
アップ 朝の公園ツボ体操のインストラクター兄妹






かめののろいのブログ
アップ 蝶ちょ踊りも踊って教えてくださったお兄さんインストラクター音譜







かめののろいのブログ
アップ ツボ体操、ぽんぽこ丹田叩き(左右、上下)の動作が


   特に可愛かった、妹インストラクター音譜





お別れなので、記念写真、撮りましたビックリマーク




かめののろいのブログ

アップ ナイスなタイミングで、この方たちも現れましたビックリマーク


   私のブログを昔からご覧になってくださってる方はご存じ、


   ターザン公園 の主役(左の方)、倒立30分の


   中国の李小龙(リー・シャオロン、ブルースリー)こと、


   すごいオジサン、


   (もちろん、裸足で訓練なさっています。


     倒立はいろんなバージョンをされてました。「紫荊花 」 )


   そして、そのお仲間、鉄棒で毎日筋ストレッチ(←観たワカル)


   の、あ~お~あオジサン。


   あはは・・・  鉄路公園のスーパースターたちとのショットだぁ~音譜


   (なんか、色黒っ!私。 このお方たちにカメレオンカメレオン 化してる。)





かめののろいのブログ
アップ ほらねっ!  裸足!!     





かめののろいのブログ
アップ はい。 も1っ回、みんなでガハハ・・・・・わっはっは






かめののろいのブログ
アップ  もうおひとりの女性スーパースターラブラブ


    BABYちゃんを片手に抱っこしながら卓球


    (いや~・・抱っこ状態だと、勝つらしい!)


    ものすんごいオバサンひまわり


    赤ちゃん赤ちゃん 2 大きくなったねビックリマーク





いよいよ、お別れだあ~あせる


私の子供も観たいから、今日、連れておいでよ~


と、言われたのに、あいにくの雨。汗


また、2~3日、天気予報では暴風雨らしい。台風



このブログや写真を、QQ(中国ネット)で送る約束をいたしまして、


また、ツボ体操隊が日本遠征のときは、


通訳を務めるお約束をいたしました。手と手




まーくさん、スイッチボタンスイッチON スイッチオン 


ありがとうございました。


必要最低限のモノを持って、日本へ大移動です。


もう1回の、洋くんの成人ジュンビ  祝







「 いやな感情をひきずるよりも


  楽しい思い出をひきずって


  今日も一日。」 ふたば 今日二十三の日めくり言葉


                 

                   

皆さま、雨雲、ひきずって行きますので・・・ラブラブ







かめののろいのブログ
アップ 洗濯しようと、洗いカゴの中をさぐっておりましたら、


   まあまあ、お揃いのうさぎT-シャツ。


   黄色い満月月 満月 の日に、


   偶然、姉妹で着ておられましたラブラブ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月21日10:44水瓶座の満月満月らしいですよね。



りんご 愛の実色づきはじめたひとがいるよ

 

 愛の光のエネルギーいっぱい吸収して
 

 愛あふれる
 

 熟すのは今か今かと待っててくれる
 

 神様はいつまでも りんご りんご りんご りんご りんご りんご


熟れてポトン・・と落ちてくるのは、


いつでしょうかね。



    ラブラブ  かめののろいのブログ   ラブラブ


お互いが、お互いの「人生旅」のステーション。

銀河列車銀河鉄道999 に乗って、走るだけでなく

駅に停まって、お弁当の包みをひろげたり、

楽しくおしゃべりをしたり、

窓の外の流れる景色だけ目にしないで、

駅の匂い、湿り気、乗り降りする人の

そこはかとない気配なんか感じながら。

二十一、日めくり言葉は、

「あなたが居るから 私


 私が居るから あなた。


   ありがとうお願い  」    


この日めくりはお父さんの元にもありますね。

私たちはすべてつながっていますね。

見守っています。

どんな想いも、HUGに昇華させて、

強く抱きしめあって、

そっと手の平の指と指を暈ね合わせて、

永遠にひとつ。

あなたがたは、もともとひとつでしたドキドキ

一人の時は、

自分の両手指を合わせて、

            祈る。

         

          お互いのこと。

  

          永遠にひとつ。ドキドキ

難しいですかはてなマーク

そんなこと・・・ないですよねはてなマーク




(女の人、なかなか気持ちが上がらないときは、

ちょっと明るめの黄色や、ピンクオレンジなどを

着てみるのもいいそうですよ。


ひだまり晴れ の名嶋さまよりラブラブ







かめののろいのブログ
アップ ドラゴンの子供


   天を向いて、クチ開けて、なんのおねだりしてるのかなはてなマーク





かめののろいのブログ
アップ スタバスタバマーメイド で買った中秋の満月カップ


   日の丸 にもちょい、似て・・・




   
かめののろいのブログ
アップ ここがお気に入り音譜


   3D はねうさぎミッフィー


   月の中で2匹、ぺったんぺったん尻もちではなくて


   自由にたった1匹、大気圏で跳びはねてっラブラブ





今朝、お買いものに行く途中、


例のかあちゃん癒しスポットに差し掛かった時、


(「人魚姫 」 のブログの場所)


木の葉の間から


無数の金色の糸のような照射が観えて、


あまりもの美しさに足を止めて


その場に立ちすくんでいたら、


後ろから来た女性に、


「どうしたのはてなマーク 何してるのはてなマーク


って、尋ねられ、


「あんまり、陽の光が綺麗ので、見惚れちゃった・・・」


って答えたら、


女性: 「 笑・ ホントね~。」


私: 「最近、ずーっと雨 雨 だったし・・・」

 

女性: 「やっと晴れたね。晴れ 」


私: 「ひどい雨でしたよね。 困った 」


女性: 「今日、15日だね・・・ 笑 」 (中国は陰暦を使います。)



こよみのページ 「今日は何の日?」参照

http://koyomi8.com/directjp.cgi?http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0711.htm


( 西暦 2013 年 08 月 21 日を入力してね!)



            ユーミンの「雨のステーション」・・・

               

           これからは晴れて、時の歯車を二人で回してゆく。


                貴女はもうパッション(情熱の)フラワー。


                   甘い香りの過日もなる。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。