水晶龍の洞窟 2

テーマ:
年上と年下、どっちに見られる? ブログネタ:年上と年下、どっちに見られる? 参加中

私は年下


練兵場は剣と剣とが打ち合う音や騎士見習い達の気合いの声で銅鑼を鳴らすよりも大きな音が満ちていました。
「たのもう!」
そのやかましい練兵場にマーガレット姫の大声が響き渡りました。騎士見習い達が何事かと姫に視線を注ぎます。
「たのもう!」
姫が今一度叫ぶと、練兵場の真ん中で仁王立ちしている三十年配の背が高くがっしりした男性が腕を組んで怒鳴りました。
「遅いぞ、マーガレット!」
マーガレット、という名前を聞いて騎士見習いの少年たちは目を見開きました。ザワザワと騒がしくなった練兵場を姫はぐるりと見渡します。少年たちは口々に「姫?」「姫じゃないか?」とささやき合っているようです。
「皆、静かに!今日から新しいメンバーが入る。この者はマーガレット。ただのマーガレットだ。お前達と同じ騎士見習いである。今後一切この者を姫と呼ぶことないよう気をつけるように!」
ザワザワは止まらず、少年たちは当惑している様子です。
「マーガレットは初級組に入るように。皆、手を動かせ!一分一秒もおろそかにせず騎士たる働きを見せよ!」
「ウォルター兵士長?」
マーガレットはにこにこと男性に話しかけます。
「なんだ」
「私は勇者になるのです……いえ、間違えた、なるのだ。初級など飛び抜かして上級に入る」
ウォルターは表情一つ変えずにマーガレットを見下ろします。
「初級だ」
「でも、私は」
「ピート!」
ウォルターが大声で呼ぶと練兵場の隅、背丈の小さなまだ年若い少年達の中から、一際小さな少年が駆けてきました。
「ピート、木剣を持ってこい。マーガレットと手合わせしろ。全力でだ」
「はい」
ピートは壁にかけられている木剣を一本取ってくると姫に手渡しました。姫は受け取って片手で握って振りおろしました。
「こんなこと簡単だわ……だよ。いくわよ!」
マーガレットはピートがまだ木剣を腰から抜かないうちに大上段から打ちかかります。ピートは笑顔のままほんの少しだけ足を引いてマーガレットの剣をかわします。マーガレットがたたらを踏んで立ち止まり振り返るとピートは木剣も抜かず、にっこりと笑いました。ムッとしたマーガレットは甲高く叫びます。
「何を笑ってるのよ!」
「べつに。ほら早く、打ちかかってきてください」
言われるままにマーガレットが剣を振りあげて飛びかかるとピートはするりとよけて後ろから姫の背中をトンと押しました。
「きゃん!」
マーガレットはぺたりと床に這いつくばりました。
「怪我はないですか」
マーガレットの前に回ったピートは手を差し伸べてマーガレットを助け起こしました。マーガレットは歯がみして、けれど礼儀正しく頭を下げます。
「あなた、意外にやるわね」
「それはどうも」
「年齢はおいくつ?まだ小さいのに騎士見習いなんてえらいのね」
「僕は十八ですよ」
「じゅうはち!?」
「ちなみに見習いではなく騎士団の一員です。初級の師範をしていますピートです」
マーガレットはあまりの驚きに口をぽかんと開けました。
「口を閉じて、マーガレット。あなたには基礎の基礎から叩きこみます。泣き言を言っても聞きませんから、そのつもりで」
「望むところよ!」
木剣を高く掲げてマーガレットは力強く宣誓しました。
AD

足る

テーマ:
今日あったイイコトな~に? ブログネタ:今日あったイイコトな~に? 参加中

「お弁当が美味しくて、空が青くて、あしたは休みで。これ以上幸せなことはないなあ」
洋は機嫌よく空を仰ぐ。俺は思いきり顔をしかめてみせる。
「洋はいいだろうよ。俺なんか明日は補習に来なきゃなんないんだぞ、休みなのに」
洋は俺の言葉なんか気にもとめずに弁当箱から卵焼きを引っ張り出している。
「要は自業自得だろ、テストの間に寝るって意味わかんねーし」
杜夫は紙パックの牛乳をずずずと飲み干してストローを俺の顔に向ける。
「うるさいな、眠かったんだから仕方ないだろ」
「徹夜で勉強してテストで寝ていたら意味がないよね」
「いいだろ!洋はだまって卵焼き食っとけ」
手足を伸ばしてごろりと寝転ぶ。屋上には俺たちしかいなくて空は洋がいう通りに青くて腹は満ちて、確かにこれ以上ない昼休みだ。初夏のさわやかな風がシャツの裾をはためかせる。杜夫も並んで寝転がる。
「あー、このまま寝ちまいてえなあ」
「次、さぼるかあ」
「ダメだよ、またミズ・後藤に叱られるよ」
「いいじゃん、オールドミズだってたまには怒ってイライラを発奮させた方がお肌にいいだろ」
「怒るのは体に悪いよお」
「だいじょうぶだろ、美容は爆発だって言ったメイクアップアーティストがいたじゃないか」
洋は弁当箱を風呂敷にきれいに包んでカバンにしまった。空を見上げて猫みたいに笑う。
「いーい天気だねえ」
「バカみたいにな」
杜夫があくびしながら言う。
「俺、寝るわ」
「だめだよお。怒られるよお」
「俺も寝る」
俺と杜夫が目をつぶると洋はカバンをガサゴソいわせて立ち上がった。
「もう、それじゃ置いていくよ」
「おー」
「勉強頑張れな」
「ほんとに置いていくよ」
……
「ほんとだからね」
……
「ほんとだよ」
洋の声がだんだん遠ざかったと思ったら、駆けてくる足音が聞こえて、俺と杜夫の間に洋がぐいぐいと割り込んできた。
「なんだよ、洋」
「やっぱり僕も寝る」
「なんで俺達とくっつくんだよ。広々使えよ、広い屋上を」
「だって先生がきて怒られたら恐いもん。二人が先に怒られてよ」
「後も先もないだろ」
チャイムがなって、教室では授業が始まっただろう。満腹で居眠りするやつがいっぱいいるにちがいない。窮屈に体をまげて教科書の陰にかくれて。俺たちは悠々と手足を伸ばし昼寝する。
「狭いぞ、洋」
「向こう行け、洋」
「やだよお」
ぎゅうぎゅうとおしくらまんじゅうのようにくっついて俺たちは幸せな午後に浸った。
AD

コネタ

テーマ:
多分しないけどお金と時間があったらしたいことブログネタ:多分しないけどお金と時間があったらしたいこと 参加中

「宝くじが当たったらな~」
「当たったらなにするの」
「まずは~仕事を辞めて~、美味しいものを食べて~、小さくてもいいから一軒家を買って~、世界一周の船旅に出る~」
「わかりやすい上に平凡な望みだね」
「普通が一番よ~」






「宝くじが当たった~」
「おめでと。いくら当たったの」
「一千万円~」
「はあ!?」
「家は買えない~」
「世界一周の船旅は?」
「船酔いするから行かない~」
「なんじゃそら」
「夢は夢のままが美しいのよ~」
「美味しいものも夢のままがいいわけ?」
「それは別バラよ~」


AD

夢の食卓

テーマ:
160521_125132.jpg

團伊玖磨、だんいくま
という指揮者。
作曲者。
作者。




『舌の上の散歩道』

私の文章の出発点が團伊玖磨のエッセイだ。
『ぞうさん』や『やぎさんゆうびん』で彼の名前より先に曲を知って歌っていた。
『白やぎさんからお手紙ついた』
文章の上達には文章上手の文をなぞるのが一番だ、と聞いた。
文章上手とはだれか?
なぜかその時私に与えられた答えは團伊玖磨だった。
『黒山羊さんたら読まずに食べた』
ひたすら読み、ひたすら写した。
そしてそのうまそうな描写によだれをたらした。
『しかたがないからお手紙かいた』
トナカイの肉、こんぺいとう、カツ丼。團伊玖磨はとにかく食べる。
『さっきの手紙のご用事なあに』
いかにもうまそうな。いかにも幸せな満腹。腹を満たすということの幸せを余すところなく書いてある。
太る、ということを忌避する世界など知らない食欲と口福。
『黒山羊さんからお手紙ついた』
その口福をなぞりたくて、その口福を味わいたくて東に行き、西に旅した。
『白やぎさんたら読まずに食べた』
トナカイのステーキに憧れ、北の氷の地で食べた。春の恵みを摘んで食べた。したたる夏をすすり飲んだ。秋の実りをいただき次の季節を心待にした。
『しかたがないからお手紙かいた』
今日、憧れた最後の一品、Tボーンステーキを食べた。青空、ワイン、夢の食卓。
『さっきの手紙のご用事なあに』
望む食卓には皆ついた。けれど。
『白やぎさんからお手紙ついた』
人生は続く。食卓は日々重なっていく。
『黒山羊さんたら読まずに食べた』
しかたがないからお手紙食べずにお肉を食べて。
明日も元気にがんばるか。

由香と夫の失せもの探し

テーマ:
GW終わってやる気満々? やる気出ない? ブログネタ:GW終わってやる気満々? やる気出ない? 参加中
本文はここから

「あれ?あれ、どこにやったっけ」
リビングから聞こえてきた夫の声に、天ぷらを上げている由香は声だけを返す。
「あれってなあにー?」
「ほら、あれだよ、あれ。えーと、どこに置いたかなあ」
「爪切りならテレビの戸棚の下から二番目ー」
「いや、爪切りじゃなくて」
「クーラーのリモコンなら本棚のカゴの中ー」
「そういうんじゃなくてさ、あれだよ、あれ」
夫のしつこい質問に溜め息をつきながら由香はコンロの火を止めた。
「もう、なにを探してるの?」
リビングに行ってみると夫はソファにだらりと寝転がったままで、何かを探しているそぶりは微塵も見えなかった。
「探し物は見つかったの?」
由香が聞くと夫はだるそうに首を横に降る。
「見つからん」
「見つからんって、探してないからじゃない。なにしてるのよ」
「探してるよ、俺の中で」
「だから、なにを」
「やる気……」
熱処の動物園のシロクマのような夫の尻を叩いて由香はむりやり夫をソファから引きはがす。
「お風呂掃除して」
「えー……」
「体を動かせばやる気は湧くの。ほら、行ってきて」
夫はもう一度由香に尻を叩かれ、いやいや風呂場に向かった。由香が台所に戻り天ぷらの続きを揚げはじめたころ風呂場からは夫の鼻歌が聞こえ出した。由香はその鼻歌に合わせて歌いながらキスの天ぷらを揚げ終わった。
「ごはんよー」
「もうちょっとー」
風呂場を覗いてみると夫は壁のカビ取りを始めていた。
「やる気出過ぎ。天ぷら冷めちゃうよ」
夫は由香の言葉にうなずきながら、しかし手を止める気配はない。由香はあきらめて天ぷらは天丼にすることにして出汁を取りに台所に戻った。