映画「三丁目の夕日」再び!舞台は4か月後へ

 昨年の報知映画賞を始め、各映画賞を総なめした大ヒット映画「ALWAYS 三丁目の夕日」(山崎貴監督)の続編が製作されることが、配給元の東宝から発表された。


 タイトルは「ALWAYS 続・三丁目の夕日」。吉岡秀隆(36)、小雪(29)、須賀健太(12)を始め、堤真一(42)、薬師丸ひろ子(42)、堀北真希(18)ら前作と同じキャスト陣が勢ぞろい。山崎監督が再びメガホンを取る。


 物語は前作の4か月後、東京五輪開催が決定した1959年が舞台。ヒロミ(小雪)のことを思いながら、淳之介(須賀)と暮らしていた茶川(吉岡)が一念発起。再び芥川賞に向けて筆を執る―という話を軸に、三丁目の人々の悲喜こもごもを感動的に描いていく。


 今回もVFXとセットで当時の昭和の様子を完全に再現。高速道路に覆われる前の美しい日本橋の風景や、当時の修学旅行の定番見学スポットだった羽田空港などがよみがえる。


 「当時の三丁目を生きた人と、その時代を知らない人が、映画館の中で一緒に笑って泣いて楽しんでもらえるよう、精いっぱい演じたいと思います」と吉岡。来年1月にもクランクインし、同11月に公開。前作は興行収入35億円、280万人を動員したが、今作では動員1000万人突破を狙うという。


 山崎貴監督「当初は『2』は作らないと聞いていたので、話が違うぞと思いましたが…(笑い)。やるからには『1』を倒したい。オープニングはドヒャーという感じになると思います」

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061120-OHT1T00069.htm


「三丁目の夕日」東京タワーの次は日本橋
 東京タワーの次は日本橋-。昨年公開され日本アカデミー賞12冠獲得など大ヒット映画の続編「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(来年11月公開予定)の製作が19日、発表された。堤真一、吉岡秀隆ら主要キャストはそのままで、前作から4カ月後の1959年(昭和34年)が舞台。完成直後の東京タワーを望む、首都高速道路に覆われていない日本橋が同タワーにかわるシンボルとなる。


 キャッチフレーズは「昭和34年、日本の空は広かった」。最新のVFX(視覚効果)技術を操る山崎貴監督(42)は「東京タワーや都電の次は、首都高速のない空が開かれた日本橋。さらに東京駅や羽田空港、当時開通したばかりのこだまを登場させます」と、見どころを語った。


 特に日本橋の場面は、小泉純一郎前首相が任期中に「日本橋上の首都高移設」を一大事業として語ったことがきっかけになった。阿部秀司エグゼクティブ・プロデューサー(57)は「小泉さんが考えた日本橋の空を取り戻す活動、昭和34年と同じ東京五輪招致決定…。話題が今とリンクしている」と解説。前作で工事中の東京タワーを再現した技術が駆使される。

http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/p-et-tp1-20061120-119223.html


感動を再び!「続・三丁目の夕日」来年11月に公開決定

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のイメージ写真。

高速道路がなく、きれいな空が見えたころの日本橋を再現する

20061121-1  高度経済成長時代の日本を描き、興収35億円のヒットを記録した映画「ALWAYS 三丁目の夕日」(山崎貴監督、昨秋公開)の続編「-続・三丁目の夕日」が、来年11月に公開されることが19日、分かった。


 前作の時代設定から4カ月たった昭和34年の春が舞台で、主演の吉岡秀隆(36)ら主要キャストはそのまま続投。


 前作では建設途中の東京タワーが同時代の象徴として描かれたが、今回は高速道路ができる前の東京・日本橋を再現するという。ほかに東京駅、羽田空港、当時運行開始した新幹線「こだま」などが登場。3人の新キャストも登場するといい、再び心温まるドラマが展開されそうだ。


 前作は第29回日本アカデミー賞で正賞13部門中12部門を制覇。続編へのプレッシャーもありそうだが、吉岡は「48年前の三丁目を生きた人と、その時代を知らない人が、一緒に泣いて笑って楽しんでもらえるよう演じたい」と気合を入れている。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200611/gt2006112004.html


ALWAYS 続・三丁目の夕日 - ブログ なども。2007「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会

ALWAYS 三丁目の夕日 - 作品詳細。Yahoo!映画

第29回日本アカデミー賞 - 最優秀作品に「ALWAYS 三丁目の夕日」。日本アカデミー賞公式サイト


嬉しいなぁニコニコ

ものすごく楽しくて、感動いっぱいで

高度成長期の日本人のバイタリティーとエネルギー

とにかく 心に残る映画。


それの続編かぁ 期待しちゃう♪

絶対見るぞ!!



関連過去記事

第29回日本アカデミー賞 (2006-03-03)


ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t/佐藤直紀
¥2,250
Amazon.co.jp

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版/吉岡秀隆
¥2,700
Amazon.co.jp


ブログランキング・にほんブログ村へ

AD