ひさしぶりのブログです。
新聞を読んで、可愛そうで
泣けました。
親離れしてまもない2歳程のヒグマが
スキー場のゲレンデを横切ったとか
すぐに猟友会に通報、すぐ射たれて
殺されたと新聞記事に書いてありました。

何故、すぐ殺すのか…
何故、ゲレンデに出て来てしまったのか…
何故、スキー場は其処に出来たのか…

元々自然があったところを
すぐ、開発してしまう
ゴルフ場、スキー場、ホテル、
レジャーランド

動物の住みかはどんどん
狭まれて、食べるものを
ただ探しているだけで
殺される
邪魔者扱いされる
熊もお乳で育つ
私達と同じ哺乳類です

熊の生態も知らないで
恐れてばかりいる

カナダの知人が
熊のいる所に
住んでいるのだから
熊と共に生きるんだよ
と言っていたのを思い出します

北海道は富良野は熊が昔から
います

田舎には色々な動物がいます
そこに住むのなら、
そこに行くのなら
そういうものたちと
出会う事を想定して
行くべきであると
思います

どんどん、開発して
観光に力を入れてますが
どうしたいのでしょうか
どうなる事をかんがえて
いるのでしょうか

親離れしてまもない2歳程の熊が
どんな思いでウロウロしてたのか
どんな思いで死んでいったのか

母乳で育ったその熊が
哀れで、哀れでなりません

地球はいつから人間だけの
ものになったのでしょうか……
AD