家事セラピスト@大阪えびちゃんのブログ

「家のコト・モノ・ヒト(家族)」に振り回されるのも、自分なりの軸を持って家のコトをするのも『暮らし』。
家事セラピストは「家のコト・モノ」を通して、日々の『暮らし』を整え、「家のヒト(家族)」と大切な時間を過ごすための視点を提供します。


テーマ:

前々から、思っていたんだけど…とおじいちゃん(実父)が私に言いました。

実父「お風呂掃除や洗濯物干しを○○(長男)と▽▽(次男)がするのは、違うと思う」

私 「…というと?」

実父「だから、お前がお母さんやから…子どもにしてやるのが本当じゃないか…と思う」

私 「…なるほど」

実父「わしが見るに見かねて、いつも先回りして、お風呂を洗ったり、洗濯物を干したりしとるんじゃ」

私 「見るに見かねて…じいちゃん、お風呂掃除や洗濯物干しをしてくれてるんや。。」

実父「そう。家のことを全部やって、それから他のことをするのが母親の役割だろう?違うんか??」

私 「じいちゃんは、そう考えるんや~」

実父「可哀想じゃ~○○や▽▽が…」

私 「○○と▽▽が可哀想に思うんだ…じいちゃんは」

……

じいちゃんが、あんたたちがお風呂掃除や洗濯物干しをするのが可哀想に思えるから、

お母さんが全部をしてあげるべきだと言ってるよ~

長男「あ~だから、あんなに『わしが干しちゃる(干してあげる)』って、言ってたんや(^^)」

次男「なんで、おれら…可哀想なん???」

私 「じいちゃんは、そう感じるんだってよ」

長男「んんん??面倒くさいなぁ~とは思うけど、可哀想っていうのは…違うと思うなぁ。

    ただ、じいちゃんがやってあげるよ~といってやってくれるのは、違うと思う。。」

次男「僕がやらなきゃいけないことだと思ってるから、家のことをしているだけで、

    別に俺らは、可哀想な人じゃないよ」

長男「じいちゃんが代わって、洗濯物を干してくれたのは…俺を可哀想だと思ったからなの??」

次男「わしが暇やからやるって言ってたけど…忙しくしているお母さんがしてくれるの待ってたら、

    いつ風呂にはいれるか…そっちのほうが不安になるゎ(笑)」

私 「ははは(笑)  お母さんがしてあげるべきだという話は、どう思う?」

長男・次男「何でお母さんがすべきなの?」

私 「私があんたたちのお母さんだから…だと思う」

長男・次男「(驚)~~~普通のお母さんって、そうなの!!!!知らんかったゎ(笑)」

私 「あれ~言ってなかったっけ(爆)」


実父の言っていることはこの世代の普通の考え方なのかなぁ…って思います。

まあ…息子たちの代わりに家事をこなせる実父も、スゴイといえばスゴイのですが…(笑)

私としては…

代わりにやろうとしないで、

「○○の洗ったお風呂は気持ちがいいなぁ~」とか

「洗濯物、干してくれるのか~ありがたいなぁ~」とか

そういう関わり方をして欲しかったなぁ…と思ったりして~(^^)


結局、私は

「おじいちゃんはもうすぐ○0歳なんだから、元気なあんたらがおじいちゃんを支えてあげらるようにならんとな(笑)。代わりにやってやらな可哀想やぁ~なんて思わせたらあかんで!!!!」

。。。。えっ…そういう話(笑)って彼らは気付かない(爆)

…とちょっとだけ、ほんのちょっとだけ丸めこんでしまいました(爆)


あ~実父には、

「心配かけて悪かったね~おじいちゃん、ありがとうねぇ~」と言いました。。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。