ヨガの解剖学.com

詳しい案内は「ヨガの解剖学.com」
http://yogakaibougaku.com/


テーマ:

リリースヨガTTの受講生や、セラピストさんから


「筋膜リリースについて深く学びたい」という要望が多かったので、


9/25にかつしかシンフォニーヒルズで


「筋膜リリースセラピスト養成講座」を開催することになりました。


セラピストさんのみならずヨギの皆さんにも


お役立てできる知識と技術です。



お陰様で数週間前にHP上にちらっと掲載したあと、


すでに2名ご予約頂きました。


筋膜リリースの関心の高さを実感します。



少し先ですが、みなさんとの出会いを楽しみにしています。






「筋膜リリースとは?」

筋肉の周りには「筋膜」という膜があります。

筋膜は足の先から頭頂部まで全身くまなく内臓器までネット上にくるんでいて、

筋膜をリリースすことにより、筋肉のコリがほぐれたり、内臓器を含む体の不調を改善したり、

筋膜の短縮からくるゆがみを改善します。


浅い筋膜にはソフトタッチの筋膜リリースの習得を、

深い筋膜には強めの圧の筋膜リリースの習得を行います。

また、筋膜リリース取り入れたストレッチ法もご教授いたします。


普段トリートメントなどを行っているセラピストさんは

引き出しを一つ増やすいいチャンスです。

また、普段ヨガのレッスンを行っているヨギの皆さんは、

筋膜リリースを習得することでアジャスト法やシャバーサナなどのリラックス時に応用することができます。



講座内容:




・筋膜の仕組み、理論

・筋膜リリースとストレッチの違い

・筋膜ライン・・・筋膜のつながりと各筋肉

・筋膜短縮による体のゆがみについて

・筋膜リリーステクニック【基礎】 「上肢、下肢」
                    「背部リリース」
                    「胸部リリース」
                    「腹部リリース」
                    「深部筋筋膜のリリース」

・筋膜リリーステクニック【応用】

・禁忌について

・60分間のトリートメントの流れについて

開催日・時間:平成28年9月25日(日) 10:00~18:00(昼休憩1時間)


開催場所:かつしかシンフォニーヒルズ 別館 第1レクレーションルーム
       〒124-0012 東京都葛飾区立石六丁目33番1号
        京成青砥駅 下車 徒歩5分(又は京成立石駅 下車 徒歩7分)


料金:27,000円(税込)


定員:20名


修了証:講座を受講された方には修了証を発行いたします。


服装:
   *トップス
   キャミソールのような肩の出る服の上にTシャツを着ていただければベストです。

   *ボトムス
   スカート以外、膝から下を出せる服装にしてください。
   タイツのようなものはご遠慮ください。


実技方法:ヨガマットを敷いて、ペアで実技を行います。

       オイルは使用しません。
        構成は座学約4割、実技約6割 で筋膜リリースを習得するまで練習していきます。



お申込み: お申込みのページよりお申込みください→こちらをクリック



*講師マサの筋膜リリース手技の記事が医療系雑誌に掲載されています。
 →筋膜リリースを使ったヘッドマッサージ




いいね!(13)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

筋膜の定義、解釈は人によって異なりますが、


それは置いておいて、筋膜や腱、靭帯などを構成している結合組織


の話をしていきます。


組織は上皮組織(皮膚、粘膜など)、筋組織、神経組織、支持組織の


4つに分けられ、結合組織は支持組織に入ります。




それでは、支持組織の分類です。


結合組織、軟骨組織、骨組織、血液及びリンパがあります。





結合組織は、



上皮、筋、神経、軟骨、骨、血液以外のもの


というイメージでいいのかもしれません。



このことから筋膜リリースの概念がすこしアバウトになることも


分かります。



僕はこのアバウトさが気に入っています。





7/31、8/7リリースヨガ指導者養成講座@五反田


9/25 筋膜リリースセラピスト養成講座@東京葛飾







いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

解剖学書には以下のように書いてあります。



筋肉は腱となって骨に付着します。


靭帯は骨と骨をつなげています。


腱も、靭帯も伸縮性はなく硬いままです。


骨や筋肉は強固に繋がれているのです。



腱があるために、筋肉は断裂を防ぐことができ、


強力な力を発揮します。



靭帯があるために、骨格は強固に構成され、


静止姿勢を保持することができます。



さて、本当にこれでいいでしょうか。


あえて先ほど、「強固に」という言葉を使いましたが、


本当に靭帯が強固で全く伸張性がなかったら、骨格はどうなるでしょうか?


恐らく関節のみの動きではロボットのような動きになります。


靭帯や腱は、多少伸びます。


多少の「あそび」があるからこそ、骨格は人間らしい動きができるのです。




体も、心も、人生も、「あそび」が必要なのです。



7/31、8/7リリースヨガ指導者養成講座@五反田


9/25 筋膜リリースセラピスト養成講座@東京葛飾








いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回からは筋肉、筋膜に着目していきます。


筋肉の周りに筋膜という膜があります。


「筋膜」という言葉を見ればほとんどの方がイメージできると思います。



この筋膜の定義ですが、多くの参考書を見ましたが、


それぞれで解釈が異なっていて、定義付けがなされていない状態です。



それはさておき、僕の中の解釈ですが、


筋膜は筋肉の周りの膜のみならず、その周囲の皮下脂肪を指すこともあり


または、靭帯や間膜なども「筋膜」でひとくくりされています。


結合組織全てが筋膜といってもおおげさじゃない位です。


この考えが施術やヨガを行っていると一番しっくりきます。



筋膜から筋膜へのつながりは靭帯でのつながりや、


間膜、関節包でのつながりをもっていて、


学生時代に実際に人体解剖を行った際に、


これが○○筋で、これが○○筋で、と習うのですが、


時々先生も「う~んこれは○○筋かな、、、」


と迷うシーンも多くあります。



筋肉の違いが分かりにくいのです。


筋肉起始停止は、解剖学で細かく細かくひも解いた結果、


あらわれたもので、実際の体は様々なつながりがあり、


筋肉単体で表すことの方が難しい場面が結構あるのです。



抽象的な話になってしまいましたが、


筋膜のつながりは、体全身の結合組織のつながりであり、


筋肉の概念を超えるラインが存在するのです。



7/31、8/7リリースヨガ指導者養成講座@五反田


9/25 筋膜リリースセラピスト養成講座@東京葛飾





いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

筋膜をリリースさせると感情の放出が起こります。


ある文献では


筋膜リリース施術の後に、


急に怒ったり、涙が出てきたりなどといったことが


起こる事がありますが


これは筋膜をリリースしたことによる感情の放出であって、


これをなだめたり、否定したりすることは決してあってはなりません。



こんなことが書いてあります。


少々大げさな感じもしますが、


ヨガの最中でも、涙が急に出てきた・・・


といった現象はよく起こります。



ケン・ハラクマ先生は涙は心のクレンジングと言っています。



リリースヨガでは筋膜を伸ばし、


不の感情をリリースすることによって


深いリラックスをすることができます。








いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

筋膜の記憶装置の話の続きです。


ティッシュメモリーに関しては、いまだ研究中で


細かいデータもないので、半分イメージや体感での


世界の話なのですが、



そういうのもあるなぁ~という感覚的のは


大抵、後付けで理論が構築されてきます。


感覚って結構大事なんです。



筋膜の中には触圧覚や熱などの外からの刺激を感じ取る外受容器や


位置の情報をもたらす固有受容器が存在することが確認されています。


机の上のものをとるといった動作でも今までは脳が全て指令を出している


と考えられていました。



しかし、最近の研究では


微妙に手のひらを傾けたり、指を伸ばしたりといった


巧緻動作には深部の筋膜が筋を強調させて制御している


事がわかりました。



このようなことからも筋膜の記憶装置の可能性が考えられます。




いいね!(13)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:



リリースヨガを行うと、


「精神的に楽になる」


「深いリラックスができた」


そいった感想が多く聞かれます。


そして多くの方が眠ってしまいます。



リリースヨガだけではなく、他のヨガでも


シャバーサナの時に深いリラックスまたは瞑想状態になることもあります。



「何故か?」と解剖学的にひも解いていきます。



筋膜にはティッシュメモリーという記憶装置があるといわれています。


筋膜のことを第2の脳という研究者もいます。



例えば、交通事故の後、同じ道を通ると体が勝手に硬直してしまうことがありませんか?


また、苦手な上司が自分の横を通るだけで緊張してしまいませんか?


子供の頃怒られた記憶は体が覚えていると言われます。



これらの現象が筋膜の記憶装置によるものなのです。






いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は解剖学的見地から少し離れて、


心(内面)への効果や作用を考えていきます。


リリースヨガはリリースすること(手放すこと)を目的としています。



物質のリリースは断舎離が有名です。


現在は整理整頓で心がスッキリ!といった


物質を手放すことによっての精神面への作用を連想させますが、


「断舎離」はヨガの行法の一つです。


様々なしがらみや執着を手放すことによって、身軽になります。




また、キャパシティーというものがあります。


人の能力の許容範囲です。


ここではキャパシティーが多い、少ないという話でななく、


積極的に誰でもあるキャパシティーに余裕をもたせます。


そうすると、自然とそのスペースに良きコトが入ってきます。



自然に入ってくるものこそが、その人が必要なものなのです。



自分の頭で考え、必要だと思ったものこそ


必要じゃなかったりします。




リリースヨガを行うと、手放すことができるようになります。


自然と良いスペースを作れるようになるのです。



いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

筋膜は、全身をネット状に覆います。


全身のストッキングのイメージです。



同じ姿勢や同じ動作が続いたり


精神面での緊張や過去の強い嫌な記憶などが


あると一部の筋膜が短縮してしまいます。



それが、筋膜の捻じれです。


これにより体のゆがみを生じてしまいます。



イメージすると


全身のストッキングの頭頂を引っ張ると


顔が歪んで見れますよね。



これが捻じれている現象です。



筋膜は全身にありますので、色々な部分のゆがみが出てきます。


筋膜は内臓まで取り巻くものなので


内臓器の不調にもなるのです。




いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日のリリースヨガ指導者養成講座では大反響で


1日目を終了することができました。


各方面から「リリースヨガって何なん?」


て声をいただきました。


皆さん、関心を持ってくれてとても嬉しいです。



ブログを通して、「リリースヨガとは?」


をお伝えしていきます。




「リリースヨガ」とは?


筋膜リリースという筋膜を伸ばす施術方法とヨガアーサナを織り交ぜた


新しいヨガの形態です。



先ず筋膜リリースですね。


筋膜リリースという言葉は最近少しずつTVで取り上げられてきているようです。

(僕はTVはあまり見ないので聞いた話ですが)



筋肉の周りには筋膜という膜があります。


今まで一度はスーパーで鶏肉を買ってきて、


自宅で皮を剥いだことがあるでしょう。



その時に皮の下に薄~い膜がありませんでしたか?



それが筋膜です。



筋肉は薄い膜に覆われていて、


その膜は実は一つの筋肉だけではなく、



隣り合う筋肉にもつながりをもちます。


隣の筋肉はまた更に隣の筋肉をつながり、、、、、



最も長い筋膜のつながりは、頭頂部の筋から足底部の筋まで


つながっています。




  


いいね!(14)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)