6年ぶり4度目

テーマ:
結婚後初のというか、

かなり久しぶりの旅行という旅行。





ちょっと、のんびりしてきます。


このあと18:00からは怒涛の美味三昧!

ちょっと、肥えてきます。
AD
今日(昨日)は事務所の平野有紗が参加していた、
生テレ「声優サバイバル」で
「ありチャン」を応援して下さった皆様へのありがとう配信がありました。

俺自身は別の仕事で、あまり見られなかったのですが……

2ヶ月間、平野有紗と共に闘って下さった皆様、
本当にありがとうございました。

このあと4/25からは内田りりこが参戦します!
引き続き、お引き立ての程よろしくお願いいたします!


というわけで(?)


ぶたさんの過去記事あった!

これこれ!
このぶたさんの数!

もう約6年前だったわ。
月日が経つのは早いもので。

今考えると、朗読は本当に貴重な現場でしたし、
ルコー堂を見つけられたのは素晴らしい出逢いでした。

AD

ぶたさんスマホケース♪

テーマ:
ごぶたさんです!

先日、「ウチくる!?」を嫁がたまたま見ていて、
見たことがある人が映っていたからと録画してくれてたのです。



ルコー堂の相吉モネさん!


知る人ぞ知る!
知るぶた好きぞ知る!

ぶたグッズならここにご注文を!

というぶた好きのぶた好きによるぶた好きのためのぶた作家さんなのです!

僕は5年ほど前、ピッグ!いや、ビッグサイトでやっていた、
「デザインフェスタ」というイベントがご縁となりました。


和柄のフェイスペイントをしてパフォーマンスをする団体にお誘いをいただき、
ダンスや和楽器パフォーマンスの冒頭で朗読をしました。

今となっては「和楽器バンド」として世界中で活躍をされている方々がいらっしゃる団体です。
そんな中、事前の稽古も無しで本番を迎えるという強行軍。
(イベント前に場当たりだけあったような)

キチンとできていたかどうかは観客のみぞ知る。

そんな大役を終え、イベントをぐるりと見て回っておりました。



そしたらですね、
一際きらびやか(に見える)ぶたブースが!!!

小さなぶたさんたちがたくさん!!!

ここは桃源郷ならぬ、豚(トン)源郷!!!


そこに並んでいる沢山の小さな「ぶたさん」。
その中からひとり、
我が家に住まわせることを決めたのです。



そのブースこそが、ルコー堂でした。


モネさんは兵庫の方なので、東京で出会えたこと自体が奇跡。

ましてや、何もなければ自分では行かないであろうイベントに出演者として参加し、
うろうろしたところにたまたまブースがあった。

トンでもない奇跡。


その後、ブログで繋がってはいましたし、
嫁(当時は彼女)への誕生日プレゼントに
「ブーナスの誕生」というイヤリングをピアスにして作ってもらったりしておりました。

ここしばらくは連絡する機会も無かったのですが……


「ウチくる!?」を見て、

ルコー堂ホームページを見て、

スマホケースがある!と思って、






買っちゃいました(笑)

しかも無理言って「KAI」の名前入り☆


テレビ効果でお忙しいだろうと思いつつも、
メールでなつかし話をしながら、
即座に注文に答えてくれる優良店!


立体ではありませんが、
久しぶりにルコー堂のぶたさんに会えて、
我が家のぶたさんも喜んでおります♪



僕も喜んでおります!




本当はモネさんにもお会いしたいのですが、
ちょっと遠目な場所故に、
今はぶたのしっぽで繋がっている状態。



スマホケースは早速、
事務所で自慢しました(笑)

今はTABプロダクションにて、
各プロクラスの新年度レッスン開始ウィークですが、
タレントたちにも自慢しよう。

わかってくれる人はあまりいないのだけれども(T_T)


モネさんには、
感謝感謝をお伝えしつつ。


私は元気です。
そちらもお元気で。


と願いを込めて。

久々のブログ更新でした。
AD

もうひとつも寝ないでお正月

テーマ:
2016年が終わろうとしてます。

今年は(今年も?)いろんなところでお会いした皆様に助けられながら、
もちろん身内である社長やスタッフの皆様にも助けられながら、
また次の年へと暦が進んでいきます。

平野有紗がゲームアプリ「ゴシックは魔法乙女」でカルミアとして喋ったり歌ったり。

原口馨犬塚雅之がアニメ「エンドライド」や「ダンガンロンパ3」に出演したり。

三次悠が「パズドラクロス」のプロモーションで、「おはスタ」にレギュラー出演したり。

原田男が漫画「アートレイル」のイベントで声優の先輩方と共演したり。

他にもオーディションで役を勝ち取るなど、みんな頑張ってくれました。


残念ながら仕事に繋がらなかったタレントたちも、
明日来るかもしれないチャンスを掴むために、
ひとつひとつ、地道な努力をしてくれていると信じております。


来年は自分にとっても、タレントたちにとっても、飛躍の酉年となりますよう。
また一年邁進してまいります。

今後とも、よろしくお願いいたします。