コロニーの草ヒロ趣味。

このブログは草ヒロ趣味人のコロニーが見つけた、旧車・草ヒロを紹介するブログです。ごゆっくりどうぞ♪


テーマ:

皆さん、お久しぶりです!

約1年ぶりですね。約1年前、ブログ更新するのは2年後と書きましたが、一応生存報告として今年は1度だけ更新させていただきます。次回更新するのは、受験が一段落した1年後となりますので宜しくお願いします。ではでは。

・・・と終わるのは何だか味気無いので(またか)、草ヒロの画像を掲載します!ブログの更新を停止してから今までの1年間、受験勉強をしていたとは言え、休息のためにも草ヒロ探索はたまに行っておりました。その探索成果の中で大物超大物といった草ヒロ放置車レア車15台&凄いヤード2ヶ所を選びに選びましたのでご覧ください!1年前同様、簡単なコメントと共にお送りします。

どうぞ!

 

 

日産 シルビア3ドアハッチバック

撮影:山梨県

 

ヒットした3代目ですが、物置利用されている個体はそうそう無いのではないでしょうか。

 

 

ホンダ アコード3ドアハッチバック

撮影:山梨県

 

ヤードモノではありますが、これは結構レアなのではないでしょうか。2代目アコードのハッチバックです。最初はワンダーシビックかと思っていたのですが、エンブレムにアコードとあったので驚きました。ハッチバックは画像検索でも全然出てきませんし、どれくらい現存しているのでしょうかね?

 

 

ダイハツ リーザスパイダー

撮影:山梨県

 

年式的には古くないですが、380台しか生産されなかったというレア車です。そんなクルマが平然と放置されているとは・・・流石山梨。

 

 

日産 マーチターボ

撮影:山梨県

 

初代マーチのホットモデル。こういったクルマは大事に維持されて現役でいるのが常ですが、物置でいるのが草ヒロ王国山梨県。

 

 

トヨタ マークⅡツアラーS アニバーサリーリミテッド

撮影:神奈川県

 

「全然古くもない珍しくもない100系マークⅡじゃないか!」と思われるかもしれませんが、これはただのマークⅡではありません。ちょっと変わったグリルがその証。これは横浜トヨペット販売台数100万台達成記念として神奈川県内で100台限定で販売された超レア車なのです。まさか地元で発見できるとは・・・。

 

 

ダイハツ コンパーノセダン

撮影:神奈川県

 

後期型のコンパーノですが、何とこれは家から1~2キロほどの所で見つけたものです!長野や山梨でも中々見つからないのに、まさか地元で見つかるとは思いませんでした。

 

 

三菱 コルディア

撮影:長野県

 

ミラージュをベースとしたスペシャリティハッチバック。日本では大して売れず、セダンのトレディアと共にレア車となっております。

 

 

日産 ホーマールートバン

撮影:長野県

 

夕暮れ時の果樹園地帯で発見したホーマーのルートバンです。ホーマーでも中々レアだというのにルートバンとなると更にレア度は跳ね上がります。

 

 

トヨタ トヨペットマイクロバス

撮影:長野県

 

今のコースターのご先祖様に当たります。元幼稚園バスのようですが、柔らかいピンク色がなんとも微笑ましいです。春になると淡い桃色のアンズの花が咲き乱れ、このバスの色と調和して、とても情趣溢れる光景になるらしいです。

 

 

日産 ダットサンキャブライトライトバン

撮影:長野県

 

雄大な山をバックに鑑賞できる何とも立地の良い草ヒロ。3代目のキャブライトのライトバンというクルマ自体の価値も申し分無いでしょう。

 

・・・とここで、ウルトラ級の大物草ヒロ4台を紹介する前に、凄いと思ったヤードを2ヶ所紹介します。

 

 

撮影:神奈川県

 

航空写真で偶然発見し、「これは凄い!」と発見した次の日に訪れた、恐らく50台以上の旧車が眠っていると思われるヤードです。航空写真ではスッキリしていたのですが、実際行ってみると枯草で全然草ヒロが見えなかったのが残念でした。まあ、この方がロマンがあっていいのかも知れませんが・・・。

 

 

撮影:宮城県

 

こちらは先程のヤードとは違って、様々なサイトやブログで紹介されているので知っているという方も多いことでしょう。夏休みを利用して2泊3日の草ヒロ遠征旅行に行った際に訪れました。クルマの古さ、レア度的にはこちらヤードの方が良いですね。

 

では、最後に超ド級の草ヒロを4台紹介して締めたいと思います。

 

 

日産 ダットサンキャブライト

撮影:山形県

 

夏に遠征した際に発見した2代目キャブライト。草ボーボーで良く見えないでしょうが、これは初めて見ました。いつかスッキリした時に見に行きたいものです。

 

 

いすゞ ベレル&スバル サンバー(ナショナル仕様)

撮影:山梨県

 

甲府盆地のヌシとも言える個体。テールライトのデザインが特徴的な前期型ベレルですが、この良好な状態でよく今まで残っていたものです。おまけとも言える2代目サンバーですが、ナショナルのコマーシャルバンというおまけにしては豪華。ネイキッドが写っていなければ昭和で時が止まったかのような光景です。

 

 

トヨタ トヨペット・トヨエースダブルキャブ

撮影:長野県

 

長野の交通量が多めの道路沿いにて平然といました。流石長野県。。。初代トヨエースと言うだけでもレアなのに、ダブルキャブとなるとそのレア度は計り知れません。一体何台が現存しているというのでしょうか・・・。

 

 

コニー ワイドバン

撮影:宮城県

 

やはりコニー党としてはこれが最も嬉しい発見です。

コニーワイド自体は超大物とまではいきませんが、それは前期型の話。デザインが大きく変わった後期型となるともうヤバいほどのレア度です。把握している限りでは3~5台程しか現存しないと思われます。冬ならばもう少し近付けたのですがねぇ。これはリベンジしたいと思いました。

ちなみに、前にいるのはトヨペットマイクロバスです。

 

 

以上です。

皆さん、いかがでしたでしょうか。どの草ヒロが一番良かったでしょうか?

飽きずに最後まで読んで下さった方、ありがとうございました!では、1年後にお会いしましょう。

AD
いいね!(40)  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんにちは!

以前お話ししましたように、高2からはブログの更新を終了します。詳しいことはこちら へ・・・。

まだ春休み期間中なので、更新を続けても良いのですが、一時停止したシリーズ連載を再開するのもアレなので、今日をもちまして更新をストップさせていただきます!

今まで読んで下さった方や、コメントをくださった方ありがとうございました!再開するのは、大学受験が一段落した後ですから、2年後の今頃でしょうかね。Twitterはまだやるつもりですので(それでも、いつかはやめるつもりではありますが)、そちらの方で宜しくお願いします。



・・・という感じで終わるのは味気無いので(笑)、最近見つけたために、5周年記念企画で紹介することが出来なかった超大物個体10台厳選したのでお送りします!

どうぞ!




日産 エコー

撮影:神奈川県



ホンダ T360

撮影:神奈川県


どちらも神奈川ではなかなか見ることが出来ない希少なクルマです。



スバル サンバー

撮影:長野県


佐久地域の有名個体なのですが、場所が分かって初撮影にいこうと、意気揚々と向って行った矢先の出来事・・・。トラックの荷台に乗せられ、どこかへ運ばれてしまいました。。。とても残念!



マツダ ルーチェロータリークーペ

撮影:長野県


希少で価値の高い車種のためか、やはり部品が抜き取られていました。それでも、1000台に満たない生産台数なので、十分価値があるクルマだと思います。



三菱 ミニカ5&三菱 ランサーセレステ(&三菱 ランサーEX)

撮影:長野県


三菱のレア車2台とおまけの1台が集う、豪華なお庭。



コニー 360ライトバン

撮影:長野県


長野県にはまだまだコニーが沢山いるようです!



日産 200SX

撮影:神奈川県


2代目シルビアの輸出仕様です。なぜここに・・・?



いすゞ ユニキャブ

撮影:神奈川県


まさかの家から1kmちょっとしか離れていないところにいるという、かなり身近な場所にいた個体です。これはかなり嬉しかったなぁ~。



日野 コンテッサ

撮影:長野県


レアな900ccモデルです。現存台数は一桁でしょうかね・・・?



トヨタ トヨペット・マスター

撮影:長野県


日本に3台(4台?)しか現存しないといわれているウルトラ級に超大物な個体。廃車体として残っているのは今のところこれだけとか・・・。


以上です!

※一部の個体はTwitterのフォロワーさんに教えていただきました。ありがとうございます。



ここまで読んで下さった方、本当にありがとうございました!

「コロニーの草ヒロ趣味。」再開を楽しみにお待ちください・・・。

それでは皆さん、さようなら。一応コメントは受け付けます。

AD
いいね!(67)  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:




日野 コンマース

1960~62年式

レア度:(現存一桁の可能性大!新たに見つけられたら大発見レベル)

今までの発見台数:1台 山梨・長野での発見台数:1台

山梨県富士五湖地域にて 2012年5月3日撮影

参照:「2012年GW山梨探索 The best(3)

※撤去されました


昨日はブログ更新ができず申し訳ございませんでした。

さて、今日でこのシリーズが終了!最後の大トリを務めるのは、山梨県富士五湖地域で発見した日野のコンマースです!!


コンマースは、1960年に日野から登場した1BOX。キャブオーバーにFFという稀有なレイアウトで登場し、FFならではの積載性や低床をアピールしていたのですが、出力不足などの面で全然売れず、ウルトラ級の激レア車となっています。

今のところ現存が確認されているのは、この個体と、福山自動車時計博物館収蔵の自走可能な個体と、日野オートプラザ収蔵の個体の3台だけです。ということで、廃車体で現存するコンマースはこの個体のみということであり、山梨県のヌシと言っても過言でないほどの個体でしょう。

・・・しかし、聞いた話によると、このコンマースは撤去されてしまったとのことです・・・。まだ僕は撤去を確認していませんが、いつかは見に行ってみたいと思います。こんな超大物個体なのに、まだ1度しか訪れておらず、再会しないままいなくなってしまったというのは非常に残念です。

AD
いいね!(19)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

日産 バイソン3300ディーゼルロング高床(C341)

1979~81年式

レア度:(現存一桁の可能性大!新たに見つけられたら大発見レベル)

今までの発見台数:1台 山梨・長野での発見台数:1台

山梨県甲府盆地にて 2014年2月9日撮影


このクルマを見て、「クリッパー?キャブオール?・・・でも何か違う」、「バイソン?聞いたこともないなぁ」と思われた方もいるでしょうが、それもそのはず、これはクリッパー、キャブオールの新たな兄弟として1979年に登場し、3年間だけ製造された激レア車だからです。

名前はバイソン。力強くて個人的に好きなのですが、「倍損」ともとれることから敬遠されて売れなかったという逸話もあります。それがあるにしても余りにも売れなさすぎで、画像検索をかけてみても4台しかヒットしませんでした。クリッパーもキャブオールも売れたのにも関わらず、なぜでしょうかね?名前以外にもなにか理由があるような気がしますが・・・。


この個体は、珍しくもの凄い量の雪が降った後の山梨へドライブしに行った際に偶然発見したものです。草ヒロ探索がメインの目的でない時にこういったスーパーレアな大物が収穫できたので、その時はとても喜んで撮影しました。

状態も良く、ナンバーまで付いているので、右ウインカーが痛々しいことになっているものの、現役の可能性が高いでしょう。放置車の匂いがするためか、お馴染みの買取業者の紙がワイパーに挿められていましたが、そんなものに負けずにこれからも頑張ってもらいたいものです。



それにしても、あの日は凄い大雪でしたなぁ・・・。

いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



日産 キャブオールマイクロバス(KC240)

1966~76年式

レア度:(現存一桁の可能性大!新たに見つけられたら大発見レベル)

今までの発見台数:1台 山梨・長野での発見台数:1台

長野県佐久地域にて 2014年4月29日撮影


昨日は1日中長野県を探索していたため、ブログを更新する時間が取れませんでした。申し訳ございません。

さて、今日からはレア度「5」の超ド級の大物個体が登場します!レア度「5」というのは、現存数が一桁台のクルマのこととします。


まずは、長野県で発見した2代目キャブオールのマイクロバス。画像検索をかけてもこれ以外の個体が2台しかヒットしていないので一桁の可能性は十分にあると言えるでしょう。ちなみに、その2台のうち1台はなんと長野県の個体です。長野おそるべし・・・!

このキャブオールは長野の高原地帯の廃ペンションと共に鎮座しており、見つけた時は非常に驚きました。状態はかなり良く、ガラスの欠品も全くないという素晴らしい個体でした。この2トーンカラーもまた趣があって良いですねぇ!錆も全体的に少なく、「長野コンディション」がこういった個体の現存に一役買っているのだろうと思いました。



エンブレムです。

G4というのはエンジンの型式名でしょう。

いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


スズキ フロンテ7-S4ドアセダン450カスタム(SS10)

1976~77年式

レア度:(現存数はかなり少ないと思われるが、一桁台には及ばない。見つけられたらかなりラッキー)

今までの発見台数:1台 山梨・長野での発見台数:1台

長野県松本盆地にて 2015年1月3日撮影


コニー特集が昨日で終わりましたので、今日からは普通の(といってもかなりの大物)草ヒロたちを紹介していきたいと思います。


この画像を見て、「なんだ、ただの4代目フロンテじゃん」と思った読者の方々もいらっしゃるかと思いますが、ただの4代目ではないのです。1976~77年の僅か1年間だけしか製造されなかった450ccモデル、つまり、軽自動車の規格変更に対応するために作られたモデルです。要するに、サンバー5やミニキャブ5などの親戚みたいなものです。他は皆500ccなのに、フロンテだけ450ccだという特異性が更にレア度を引き上げているように思います。

全体的にこんがりと錆ているようですが、雪のせいで全体像が分かりにくくなっていたのには、レア度が高いだけあって少々残念でした。リアガラスが無くなっており、中に積まれているものまで雪が覆いかぶさっていましたが、大丈夫なのでしょうかね?

いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




コニー 360ライトバンデラックス(AF7V)

1962~64年式

レア度:(現存数はかなり少ないと思われるが、一桁台には及ばない。見つけられたらかなりラッキー)

今までの発見台数:8台 山梨・長野での発見台数:5台

長野県上田盆地にて 2015年4月29日撮影


上田にいるAF7Vの生き残りの1台。そしてもう1台は数日前に紹介した中期の前期型 です。ちなみに、コニー特集は今日で終了とさせていただきます。まだ長野には他にも数台のコニーが現存しているのですが、まだ発見できていないので紹介することが出来ません。コニー好きとしては是非とも見つけたいものですが・・・。


この個体は、いすゞのSUV、ビッグホーンと共に物置になっていたものです。ビッグホーンの方が遥かに積載性が高く、状態も良いので、物置として置いておくならばビッグホーンで十分のような気がしますが、それでも尚この子を置いてくれている心意気に関心しました。錆は右フェンダー辺りに集中して発生しているものの、ガラス類やメッキパーツ類の欠品は一切無いという、グッドコンディションを保っている個体でした。ホイールキャップが残っているのもまた良いですね。

いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



コニー 360ライトバンデラックス(AF7V)

1962~64年式

レア度:(現存数はかなり少ないと思われるが、一桁台には及ばない。見つけられたらかなりラッキー)

今までの発見台数:8台 山梨・長野での発見台数:5台

長野県松本盆地にて 2015年1月5日撮影


今も尚松本盆地に生き残っているコニーAF7V2台の内の1台がこの個体です。残りの1台 は昨日紹介しましたね。


昨日の個体と同じくこれも前期型。撤去されてしまったのは前期型と中期の前期なので、AF7Vの中で一番レア度が低いと思われる中期の前期以外(つまり、前期型)全てが撤去されなくて良かったと思います。まぁ、不幸中の幸いというやつですね。

しかもこの個体、昨日の顔面喪失個体とは打って変わって、とにかく状態がよろしい!割れて欠損しやすいランプ類も全て残っており、ガラス類もヒビひとつ入っていません(キズはあるでしょうが・・・)。エンブレムやモールなども欠けていない、しっかり者の草ヒロでした。フォグランプがまたイイですねぇ!

昨日の個体とここまで状態が違うのは、置かれた環境が関係しているのでしょうか・・・?果樹園と畑で使う農薬の種類に違いがあるのか、農薬を使用していない畑なのか、はたまた全くの偶然なのか、それは僕にはわかりません。まぁでも、これほど状態が良い個体が残っていてくれていることに感謝しなくてはいけませんね!すぐ近くにあった2代目ファミリアは撤去されてしまったようですが・・・。



エンブレム。

やっぱ格好良いね!このフォントは。



いやぁ、この顔、好きです(笑)。

いいね!(14)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



コニー 360ライトバンデラックス(AF7V)

1962~64年式

レア度:(現存数はかなり少ないと思われるが、一桁台には及ばない。見つけられたらかなりラッキー)

今までの発見台数:8台 山梨・長野での発見台数:5台

長野県松本盆地にて 2014年5月24日撮影


知る人ぞ知る松本盆地のAF7V。このコニーがいる市に鎮座していた前期型と中期の前期型のAF7Vが撤去されてしまって随分と寂しくなりましたが、この個体と明日紹介する個体の合わせて2台がご健在であり、しかもこのご時世なので、まだまだ十分なアピールポイントとなるでしょう。僕も撤去される前にその2台は拝んでおきたかったです・・・。


農道からは見えるものの、果樹園の奥地にあるような個体なのでアクセスは困難、収穫期ではないとはいえズカズカ入っていくことに躊躇いを感じ、どうしようかと思っていたら、土地の所有者と思しき方がいたので堂々と踏み入ることが出来ました。リアだけ見たらイイ感じの朽ち具合の個体に見えるかもしれませんが、フロントはこの有様でした。せっかく最も古い前期型なので顔を拝みたかったのですが、恐るべし果樹園の農薬パワーには勝てなかったみたいです・・・。まぁでも、松本盆地のAF7V生き残り2台のうちの1台なのですから、まだ残っていることに感謝しなくてはいけませんね!

前期型は、中期や後期とは素人目に見ても見分けが付くぐらい顔が違っており、直線的なボディデザインが特徴的です。ちなみに僕は、その直線的なボディに惹かれ、前期型がAF7Vの中で最も好きなモデルなのですが、皆さんはどうでしょうか。



エンブレム。

この書体を用いているのは前期型のみで、前期型の角ばったボディを象徴するかのようにフォントもカクカクしています。このフォントのデザインがまたカッコ良いのですよね~。



インパネ。

とてもシンプルにまとまっております。インパネが色々とごちゃごちゃしている現在のクルマよりも、最低限の装備しかないようなシンプルなインパネをもつ、昔のクルマの方がやはり好きです。

いいね!(15)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



コニー 360ライトバン(AF7V)

1964~67年式

レア度:(現存数はかなり少ないと思われるが、一桁台には及ばない。見つけられたらかなりラッキー)

今までの発見台数:8台 山梨・長野での発見台数:5台

長野県上田盆地にて 2014年5月24日撮影


昨日 紹介したのは佐久盆地にいた中期の後期型のコニー、今日の個体は程近い上田盆地にいた中期の前期型のコニーです。上田にはもう1台前期型のコニーがいるので、いずれにか紹介しますのでお楽しみに!

顔を見ても、昨日の個体とほとんど変わらないように見えますが、よ~く見比べてみるとフロントもリアも結構違うことがわかります。AF7の中では最も生産期間が長いモデルですので、それに従い現存数も最も多いかと思われます。


この個体も例に漏れず物置として使用されていたもの。自然の風化なのか人為的なものなのかは分かりかねますが、フロントガラスがごっそり無くなっているので雨や雪も普通に入り込むと予想され、物置として機能しているのか不安になりました。テールランプやヘッドライト、ウインカーなどのランプ類が全てなくなっていたというのも残念ポイントです。ですが、塗装が剥げて鉄板が露出し、地の色が見えている点はナイスでした。




いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。