春の芽吹き②

テーマ:

 

雨が少ない。

 

昨年の秋のような長雨は困るけど、

 

こんなに降らないのも困る。

 

 

雨が降らなくて悩むのは農家さんだけだと思っていたけど、

 

うちにも会社の方に小さいながらお庭があるので

 

雨が降らないと水遣りが大変。

 

 

どっちにしろ、

 

庭の花を大事にしてるのはあたしだけなので(笑)

 

 

自分でどうにかするしかないのである。

 

 

 

そんなわけで。

 

おうちのベランダの方は

 

続々と春が芽吹いてきています。

 

 

こっちはこっちで

 

ホースを繋げない関係上、

 

ジョウロを持って何往復も。

 

 

サボるとすぐグッタリするのだけど

 

水切りぎみで、スパルタ生育中(笑)

 

 

それでもこんなに元気♪

 

 

 

 

 

冬に葉を全部落としきって、

 

ぐるぐる誘引したサマースノー(バラ)

 

緑が綺麗。

 

 

 

 

 

 

チューリップも続々と芽を出し始め。

 

 

 

 

 

 

 

年明けに買ったミニバラ。

 

開花株だったけど、

 

蕾が1か月経ってようやく開いてきました。

 

ハウスからいきなり出されて、寒かったよね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

手前が去年植えた株、

 

奥が今年植えた株。

 

こんなに生育が違うなんて(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスローズ。

 

夏に葉焼けが原因で葉を失くしてしまい失敗。

 

今年は夏の避難先を考えなければ。

 

来年こそは咲かせてみせます!

 

 

 

春になると花苗が沢山店頭に並びます。

 

なんだか嬉しくなって買ってしまうよね(笑)

 

楽しい季節の始まりです♪

 

 

AD

春の芽吹き

テーマ:

 

2月下旬ごろから

 

我が家のベランダでは

 

続々と春が芽吹き始めています。

 

 

我が家のベランダは

 

さすが田舎のマンションだ、と感心するほど

 

とにかくベランダの面積が広い。

 

 

縦横無尽に手を伸ばすクレマチスでさえ

 

悠々と誘引できる広さ。

 

 

「置き場所がある」というのは大事なことで、

 

まだ置ける、という心の余裕から、

 

実にクレマチス7品種(うち10号鉢×4、8号鉢×2、4号鉢×2)

 

増えに増えてこのありさま。

 

 

どこにピンが合ってるのか

 

いまいちわかりづらくて申し訳ないが

 

記録のために列挙致します(笑)

 

 

 

 

一番に伸び始めたこの子、

 

内緒のクレマチス(ヴィオルナ)。

 

超レア品種

 

昨年の新品種で、生産者から直接手に入れたもの。

 

早くも捕まりそうな成長っぷり。

 

2年目なので1本です。

 

 

 

 

 

 

多分・・・ポンパドールピンク(ヴィオルナ系)レア品種

 

いい加減タグつけないと(笑)

 

毎年どっちかわからなくなって花が咲いてから判別しています(笑)

 

 

 

 

 

 

バーシーカラー*チビ(ヴィオルナ系)

 

この子は少し生育遅めだけど、

 

旺盛すぎて手におえないほどワサワサ伸びてきます。

 

今年はこの子とサヨナラして、

 

新品種のバーシーカラーを手に入れる予定。

 

 

 

 

 

 

こっちがチェリーリップかな?

 

ヴィオルナ系レア品種

 

もう流通ないんじゃないかな・・・。

 

うどんこがすごくて、生産者も手を焼くみたい。

 

めちゃくちゃかわいいので、なんとか残したい。

 

 

このヴィオルナ系クレマチスを4品種も所有している素人は、

 

そうそう居ないと思うのです。

 

どれも4~5号鉢で5000円近くするシロモノ。

 

特別なルートで手に入るので、

 

3年前からどっぷりです。

 

鈴なりになればこんなに可愛い。

 

※去年のバーシーとチェリーの写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

アップルブロッサム(アーマンディー)

 

常緑のクレマチス。

 

元気に出過ぎてて、オベリスク2/3までのぼってしまってる。

 

降ろしてあげないと伸びるとこない^^;

 

 

 

 

 

フォンドメモリーズ(フロリダ系)

 

旧枝から4本も伸びていてびっくり。

 

クレマチスって期待を裏切らないから好き♡

 

 

 

 

 

忘れてた~~と慌てて水をあげたクレマチス。

 

雫(ヴィオルナ) 4寸鉢です。

 

生育が遅く、ささやかすぎて忘れてしまうくらい。

 

全然水やってなかったのに、

 

ちゃんと芽を出してくれました。

 

いい子^^

 

 

 

クレマチスが好きになって早4年。

 

品種は把握しきれないくらい大量にあって、

 

それぞれ管理も様々。

 

冬に切っていい子、ダメな子、

 

秋までずっと咲き続ける四季咲きの子、

 

大輪を華やかに咲かせてパっと散る桜のような子、

 

それぞれ、花形や色が違って、

 

ひとつひとつ、様子を見ながら

 

剪定する時期を見極め、

 

最大限に咲かせてあげたい。

 

奥深すぎてまだまだ勉強が必要だけど、

 

手のかかる子ほど可愛い。

 

これから楽しい季節がやってきます♪

 

 

クレマチス以外の鉢につづきます。

 

 

AD

落葉樹の下に咲く花

テーマ:

 

つづきです。

 

 

寄り道寄り道でようやくたどり着いた

 

クリスマスローズガーデン。

 

 

ふかふかの落葉を踏みしめ

 

傾斜をのぼります。

 

 

 

 

 

 

お出迎えはスノードロップ。

 

春を感じさせる球根の花。

 

 

見渡せば

 

あちこちにたくさんのクリスマスローズ。

 

 

 

 

 

 

 

落葉に守られて

 

春を待ってたんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

たっぷりの八重が魅力的。

 

まぁるいの

 

とがったの

 

フリフリの。

 

花形も色も様々。

 

 

 

 

 

 

 

去年ひとめぼれして買い求めたクリスマスローズは

 

夏に直射日光で葉焼けしてしまい、

 

今年は咲かず。

 

 

 

 

 

 

 

 

この場所に来ると

 

夏はかすかに木漏れ日の差す落葉樹の下で

 

たっぷりと葉を伸ばしているんだとわかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

白いうなじが美しい一重のクリスマスローズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色は難しいんですって。

 

でもここに来るといっぱいあるから、

 

珍しそうに見えない(笑)

 

 

魅力的な鉢がたくさん販売されていたけど

 

今の目標は、家にある子を来年咲かせること^^

 

 

テンションあがってホカホカだったけど、

 

体は冷えて。

 

あたたかいコーヒーをいただいて

 

ほっこり。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

ストレス解消。

 

いい一日でした^^

 

 

AD