• 30 Apr
    • 再出発の英文法:省略・挿入・同格

        2008年06月08日 18時18分37秒 |  英文法の話題   <関連記事の目次記事↓> ・海馬之玄関『再出発の英文法』目次   http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/f49121d5434770e6c0ca02c9161634bd       今回のテーマは「省略」「挿入」「同格」。これらはすべてセンテンス内部の語順ルールの<例外のパターン>です。しかし、語の配列の<例外>ではあるが、それらはパターン化されている<ルール>であり、いつどこで誰が使用したとも一義的にセンテンスの意味内容が確定する語の配列のルール、畢竟、英文法体系の一部なのです。具体的に例文で確認してみましょう。 When young, Ms. Shimokitazawa traveled the US from coast to coast on business. (若い時、下北沢さんはアメリカ中を仕事で旅行した) Kyotodaisukihime, a 21-year-old college student, won the Seiron Prize for her first article published last year.(京都大好き姫は、21才の大学生だが、昨年出版された初めての論文で正論大賞を受賞した) Vanille-san watched " Nausicaa of the Valley of Wind ", that is, one of the masterpieces of Hayao Miyazaki.(バニューさんは『風の谷のナウシカ』、つまり宮崎駿の傑作の1つを見た) 最初の例文は、When (she was) young, ・・・と、主節(=Ms. Shimokitazawa traveled the US・・・)と同じ主語とbe 動詞が省略されています。「When, While, 等が導く時間や条件を表す副詞節の中では、副詞節(=従属節)の主語が主節と同じ場合、主語とbe動詞は省略される」のです。目に見えねども西方浄土におわします阿弥陀如来が人々を極楽浄土に招いておられるのと似ていますね。 二番目の例文では、a 21-year-old college studentという主語をより詳しく説明する挿入句が組み込まれています。挿入句のポイントは、挿入句はあくまで「S→V→・・・」構造による語の配列の<例外>ですから、「ここからここまでは例外ですよぉー」という標識として挿入句は必ずカンマとカンマで区切られなければならないこと。 尚、英語や日本語等の自然言語(a natural language)の場合、ピリオド・カンマ・セミコロン等の記号や文字はなんらかの音声の反映ですから、「挿入句はカンマとカンマで区切られる」ということは挿入句の場合、カンマがないセンテンスに比べればカンマの箇所に微妙な音と音の間隔がある。ちなみに、ピリオド・カンマ・セミコロン・コロン・括弧等々の使い方のルールのことをパンクチュエーション言いますが、パンクチュエーションについては下記の記事を参照してください。 ・再出発の英文法:パンクチュエーション   最後の例文は、「S→V→・・・」構造の目的語である" Nausicaa of the Valley of Wind "と同じ意味のone of the masterpieces of Hayao Miyazaki という語句が挿入されています。この同じ意味の言葉が続いていることを「同格」関係と言います。阿弥陀如来・大日如来・観世音菩薩等々数多の御仏がどれも一つの仏性の顕現であることを想起されればこのことはイメージしやすいのではないかと思います。 而して、「同格関係にある言葉(同じ意味を表す言葉)が後ろに続きますよ」という標識としてthat is(to say)(すなわち)という関係節から派生した接続副詞句が挿入句の前に更に挿入されている。ここでも二つの挿入句の前後(後方の挿入句の尻尾はピリオド)はカンマで区切られていることに注意してください。尚、二番目の例文の挿入句a 21-year-old college studentも主語のKyotodaisukihimeと「同格関係にある言葉」だったのです。 ◆言葉の経済:省略・挿入・同格 言葉を話すこと書くことは人間にとって一大作業なのかもしれません。よって、あらゆる自然言語ではその意味が理解可能である限りより経済的な方向に向かう傾向がある。あのプロ市民の親玉である本多勝一氏が紹介したことで有名な、 どさ? ゆさ! は「どこに行っているの?」「銭湯に行ってるのさ!」の経済的変化ですし、世界一短い書簡のやり取りとして有名な、 ? ! も「私が書いた本の売り上げはどんな具合ですか?」「大評判で飛ぶように売れています!」の究極的な経済的変容と言えるでしょう。そして、この言語における経済性というのは音声面でも言えることなのです。英語教師が良く使う下の2例は、すべて「より低いエネルギー」を「より短い時間」使用して発声できる形態に変化しているものです。 A cup of tea:ア カップ オブ ティー → カパティー Water:ワータァー → ワラー/ワダー このような「言語はその意味が不明確でない範囲で経済的に変化する」ことが一般的に観察されるのは、しかし、(電報が極特殊な用途のものを除けばe-メールにとって変わられた現在)英字新聞に使われる文体だと思います。例えば、 Tokyo shrine a focus of fury around Asia  は、(A) Tokyo shrine (is going to become) a focus of fury around Asia.(東京のある神社がアジア中の怒りの焦点になりつつある)の経済的変化を受けたもので、一般的に(特に、その記事タイトルにおいては)意味が通じる限り、冠詞とbe動詞は省略されるのが英字新聞の原則と考えてもよいくらいです。尚、英語の音声面の特徴に関しては下記拙稿を参照してください。 ・続・英語の正体を知ると少しは気が楽になるかも (音としての英語編) ・続々・英語の正体を知ると少しは気が楽になるかも (英語の音の特徴編) 自然言語ではその意味が理解可能である限りより経済的な方向に向かう傾向があり、「省略」「挿入」「同格」は英語におけるこの経済的変化の代表的パターンと言えると思います。仏像や名号、お題目というものが膨大な『大蔵経』に込められた釈迦牟尼や原始仏教の哲理のエッセンスを凝縮したものであることと「省略」「挿入」「同格」の役割はパラレルなのかもしれません。 ◆省略 省略は文字通り語句の使用を節約することです。大切なことは、自分自身や極親しい人にだけ意味が通じるのであればどのような省略も可能であるけれど、英文法でいう所の「省略」はいつどこで誰が使用したとも一義的にセンテンスの意味内容が確定するものでなければならないこと。例えば、 Ai Otsuka. という「センテンス」は、私や私とパートナーの寛子さんの間では「大塚愛ちゃんのベストアルバムを小田急線新百合ヶ丘駅前のヨーカー堂3階の山野楽器店で次の土曜日に購入すること」という意味を持つかもしれませんが、”Ai Otsuka.”のセンテンスがいつどこで誰が使用したとも一義的な意味内容を持つとは到底言えないでしょうし、土台、多くの人にとっては”Ai Otsuka.”は「S→V→・・・」構造を持つ「大文字から始まりピリオド・疑問符・吃驚マークまでの単語列」としての英語のセンテンスでさえない。 このことを念頭に置いた場合、英文法のルールとしての省略には3種類のパターンがある。そう考えることができる。すなわち、 (甲)文法的省略 (乙)語法的省略 (丙)修辞的省略 これらの用語は(他に使用しておられる方がおられるかもしれませんが)私が独自に考案したものですので、その定義を簡単に書いておきます。 畢竟、文法的省略とは「誰がそのセンテンスを作成しても、通常、省略が生じるケース」。語法的省略は「省略が許されるケースであり、省略するかしないかはそのセンテンスを作成している作者の自由裁量に任せられているケース」。そして、修辞的省略とは「センテンスの意味は多少不明瞭になるものの、そのコンテクストでは省略が間違いとはされないケース」です。 (甲)文法的省略: 【例】命令文の主語の省略・分詞構文の意味上の主語の省略・関係代名詞whatの先行詞の省略   Do it! (やっちまえ!:命令文の主語「You」の省略)   I don’t know what he wants to do.(彼がしようとしていることなど知らない:先行詞の省略) (乙)語法的省略: 【例】関係詞や関係詞の先行詞の省略・仮定法におけるifの省略・副詞節の「主語+be 動詞」の省略   Ms. Matsumoto is not the woman (that)she once was. (松本金属工業さんは昔の彼女ではない:関係節で補語になっている関係代名詞の省略) (丙)修辞的省略: 【例】英字新聞における冠詞とbe 動詞の省略 (President)Kennedy (has been)shot.(ケネディー大統領狙撃される) これらのポイントを例題を通して説明しましょう。     ▼例題1:  < > for his help, we wouldn’t understand the situation. (A)It was not (B)Was it not (C)It were not (D)Were it not   訳:彼の助けなしでは、我々は状況を把握することなどとてもできない。 正解:(D) 説明:括弧の空欄の直後に前置詞の for がありますから、「If it were not for ~」「~がないとすれば」という定番の表現をご存知であれば簡単な問題なはず。ところが選択肢にはforを従える「If it were not」がない。そこで、仮定法の条件節では「Ifを省略した場合には必ず倒置が起こる」ことを思い出しましょう。よって、正解は Were it notの(D)。而して、この倒置は次のような言語の経済的変化の結果なのです。 復元された正式のセンテンス: If it were not for your help, we wouldn’t understand the situation. ↓ Ifの省略:(この段階では文法的に間違ったセンテンス) It were not for your help, we wouldn’t understand the situation. ↓ Ifの省略に伴い「主語→述語動詞」が「述語動詞→主語」と倒置した正しい英語のセンテンス Were it not for his help, we wouldn’t understand the situation ▼例題2: Though < >, I will finish this work today. (A)tired (B)is tired (C)be tired (D)I tired   訳: 疲れているけれどこの仕事は今日中に終らせてみせますよぉー。 正解:(A) 説明: 副詞節(thoughが導く節)では「主語+be動詞」が省略可能です。ただ、この場合、主節と従属節の主語が同じでなければならず、また「主語」か「be動詞」のいずれか一つだけが省略されることはなく、必ず、「主語+be動詞」のセットで省略されます。 ◆挿入と同格 挿入と同格は、英語の文型、つまり、語順のルール(=「S→V→・・・」構造)を壊すことなくより詳しい説明をそのセンテンスの中の語句に加える、修正された語順のルールなのです。逆に言えば、というか白黒はっきり言えば、それは、「S→V→・・・」構造に変更を加える例外規定と言ってもよいでしょう。 挿入と同格は、文型構造に変更を加える例外規定 Milk-san was born and raised in the city of Obihiro, one of the most beautiful cities in Japan. (みるくさんは、日本でも最も美しい街である帯広市で生まれ育った) このセンテンスのthe city of Obihiroは、the cityとObihiroは同格関係にあり、また、カンマで区切られた挿入句のone of the most beautiful cities in Japanもまたthe city of Obihiroをより詳しく説明してはいるものの the city of Obihiroと同じことを述べている語句、つまり、the city of Obihiroと同格関係にあります。 ここでof の用法を確認しておきます。特に、冠詞がからむ場合、「同格の関係」と「部分-全体の関係」は混同しやすいので、この機会に前置詞のof のポイントを押さえておきましょう。本当、「定冠詞、あるのとないのと大違い」なのです。 the city of London (ロンドン市:同格) the City of London(ロンドン市の一部たるシティー:部分-全体) the love of God (神の愛、神から与えられる愛:Godは意味上の主語) love of God (神への愛、神への献身的な帰依:Godは意味上の目的語) 冒頭で取り上げた例、Kyotodaisukihime, a 21-year-old college student, および" Nausicaa of the Valley of Wind ", that is, one of the masterpieces of Hayao Miyazakiや上のthe city of Obihiro, one of the most beautiful cities in Japanでも明らかなように挿入にはセンテンス内部のある語句と同格関係にある語句を挿入する用法と、そうではなく、全く別の感想や情報を加える用法があります。 これまた私の造語ですが、前者を同格的挿入、後者を修辞的挿入の二種類の挿入が区別できるわけです。これらを区別する(意識する実益)としては修辞的挿入はより文学的表現手法であり、ビジネス文書や学術論文の作成の際には「ここぞ」という所に限定して使う自己規制の目安になること。 例えば、「その時、空飛ぶカエルさんは八戸の青空を見上げた」というセンテンスを「麻生太郎副総理が新幹線の事故で八戸での講演会をキャンセルされたというニュースを耳にした時」を加えて「その時、麻生太郎副総理が新幹線の事故で八戸での講演会をキャンセルされたというニュースを耳にした時、空飛ぶカエルさんは八戸の青空を見上げた」とするのは曖昧ではないでしょうが、「その時、人生万事塞翁が馬、空飛ぶカエルさんは八戸の青空を見上げた、青い空白い雲」と変えるのは(少なくない読者にとって)些か鼻につく書き換えではないでしょうか。 他方、同格にはカンマとカンマで区切られた挿入句による同格表現(=同格的挿入)とthe city of Londonあるいは接続詞のthat等を使用した同格表現があります。後者は、限定修飾を流用した同格表現と呼ぶのが適切だと思います。以下、挿入と同格について例題を一緒に解いていくなかで理解を深めましょう。 【挿入】 ・同格的挿入 ・修辞的挿入 【同格】 ・同格的挿入 ・限定修飾を流用した同格表現 ▼例題3: Everyone knows the fact < > the minister, Minister of Health, Labour and Welfare, is trying to conceal the scandal. (A) that (B) which (C) that is (D) what 訳:その大臣、厚生労働大臣がスキャンダルを隠そうとしていることは周知の事実だ。 正解:(A) 説明:括弧の空欄以下は「S→V→・・・」構造のセンテンスとして文法的に成立しており、空欄には同格の that が必要。他の選択肢は関係代名詞としても疑問代名詞としても意味をなさない。逆に、conceal のあとに目的語がなければ(B)の関係詞whichが正解にりますが、その場合、復元された問題文、”Everyone knows the fact which the minister, Minister of Health, Labour and Welfare, is trying to conceal the scandal.”は「その大臣、厚生労働大臣が隠そうとしている、正にその事実は広く知れ渡っている」という意味になります。 尚、”the minister”と “Minister of Health, Labour and Welfare”は同格関係。“Minister of Health, Labour and Welfare”は挿入的同格の適例でしょう。挿入句がカンマとカンマで区切られていることを確認してください。 ▼例題4: She has kept the habit < > in the morning since she quit smoking at age 36. (A) to jog (B) jogging (C) jog (D) of jogging 訳:彼女は36才で禁煙して以来、朝のジョギングの習慣を続けている。 正解:(D) 説明:動名詞を使った同格表現です。 habit の同格表現は「名詞 + of + ~ing」の形になります。他に「名詞 + to 不定詞」で同格を表す場合もありますが、動名詞型と不定詞型のそれぞれで併用される名詞が決まっており、これは頻出ではないけれどTOEICにも出題される論点です。尚、前者の名詞はhabitの他に、 idea, difficulty, dreamなど、後者は desire, plan, hope など。 尚、「quit+動名詞」で「~をやめる」という意味、また、quitはretireとともに「会社などを辞める」(quit her job, retire from a company )はTOEICの最頻出ボキャブラリーです、いずれもこの機会に覚えましょう。 ▼例題5: According to "Defense of Japan White Paper," the Japan Self-Defense Force, Japanese Army, Navy, and Air Force, < > to set up the use of the PATRIOT Advanced Capability-3 System over the next three years. (A) was (B) were (C) is (D) are 訳:『防衛白書』によれば、日本の陸海空の三軍である自衛隊は、向こう3年以内にパトリオットPAC-3(パトリオット能力発展第3段階型)の運用を強化することになっています。 正解:(C) 説明:挿入句を使った同格表現です。ポイントは同格関係にある二つの項の単複が異なること。例えば、サッカー女子日本代表という単数の「なでしこジャパン」を主語にして、11名のスタメン選手名を挿入句で羅列することも可能です。その要素が例文のように三者(陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊)であれ「なでしこジャパン」のように11人であれ、主語がそれら諸要素が観念の中で統合された単一体である単数の名詞なら、その主語にに対応する述語動詞(be動詞)は三人称単数を受ける is になることに注意しましょう。 尚、この例文であれば、文末の the next three yearsの前を空欄にして適当な前置詞を選ばせるパターンもTOEICではありえます。at, by は特定のある時点を表し、aboutは「ある時点の前後に」という意味なので、「向こう3年間で」という文意に沿うのはoverのみです。ちなみに、in (the next) three yearsは「3年後に」ですが、overとの違いは微妙でありTOEICの選択肢にover とin が同時に挙げられることは今までなかったと思います。冒頭のaccording to は「~によれば」と情報源を明示する挿入句。according to自体は難易度はそう高くはないのですが、逆に、必須のイデオム。   もし、自信のない方はこの機会に覚えちゃいましょう。   ・君はメロディー  https://www.youtube.com/watch?v=Q2E7TLotcko    

      NEW!

      1
      テーマ:
    • ”旭日旗「政治的なものはない」”

        ・・・・・新カント派や、現在の唯一の現役の哲学である分析哲学を持ち出すまでもなく、 ・・・・・「政治的」にみようとすれば、たいがいのものは<政治的>なものなのです。なら、 ・・・・・軍国主義どころか帝国主義の、その帝国主義のチャンピオンだった国々の旗、 ・・・・・星条旗やユニオンジャック、フランスの三色旗なんか<政治的>で論外なんちゃう? ・・・・・自由の女神像もビックベンも、エッフェル塔も「アウト~!」になるんちゃうかな。

      NEW!

      1
      テーマ:
  • 29 Apr
    • 可愛さって一種の<暴力>ですよね:波瑠さんの”ゴールデンウィーク”

          ・・・・・衝動的にリブロ ・・・・・なんとでも言いなさい!   ・潔い! 波瑠さん  https://www.youtube.com/watch?v=oi5lBLkMwbQ  https://youtu.be/77aGGfRLPxs   <一応「防御線」の記事> ・ほしのあきさんの<無罪>確定-あんだけ可愛いんだから当然なのです  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/78478ca7d4aebc00f057beebd43f17a4  

      2
      テーマ:
    • <改訂版>法とは何か☆機能英文法としての憲法学

          >すべての法学は「法とは何か」の問いへの回答である。   これが、私の恩師の一人、英国法哲学研究領域での世界的権威・八木鉄男先生から教えていただいたことのαでありωかもしれない。今、私はそう考えています。而して、本稿は「法とは何か」という問い自体を一瞥するもの。すなわち、「法とは何か」の問いを遂行するためのベースキャンプの設営の試みです。   而して、そもそも「法とは何か」という問いはどんな解答/回答を要求する問いなのでしょうか。次の二つの疑問文でそのことを考えておきましょう。   (01)What is the color? (02)What is color?       前者は、例えば、「新しい車を買ったんだよ。トヨタのプリウス」と言う相手に対して「その車の色は何色なの」と言うように、具体的なあるものの色を尋ねる質問。後者は、プリズムで太陽光を<虹>に変換して壁に投影しているような場面で、「色っていったい何なんだろうね」と呟く、哲学的と言えば哲学的、物理学的と言えば物理学的な、いずれにせよ、「色そのもの/色の本質」を問う、前者に比べればより抽象度の高い問いです。   而して、「法とは何か」の問いも実は、(01)(02)の両者とパラレルな 重層的な問いであると言えるの、鴨。蓋し、「法とは何か」は、   (01L)ある紛争を解決する上でそれに適用される法規や法慣習の内容を具体的に希求する問いであると同時に、(02L)その前提となる、「法とはそもそもいかなるものか/道徳規範や倫理規範等の他の社会規範と法はどう異なるのか/我々は法になぜ従っているのか」を尋ねる重層的な問いである、と。   そう私は考えています。「法とは何か」の問いは、しかし、それが憲法無効論の如き空理空論に終わらないためには、法が適用され効力を保持している(ある規範が遵守されるべきだと一般に考えられており、同時に、全体的には、また、その法規範を包摂する法体系総体としては現実に遵守されている)当該の社会のあり方を理解しなければならない。   かって、パブロフは、「鳥の翼が力学的に完全だとしても、真空の中ではその羽ばたきは空しい物体の移動にすぎないだろう」と述べましたが、「法とは何か」の問いが、よって、法哲学や憲法学が現実の紛争解決と社会統合に関して具体的現実的な貢献をしたいと思うのならば、法哲学や憲法学は法体系がそこに存在している人間社会に対する「構造的-実存的」な理解を深めなければならないのだと思います。   尚、構造と実存の両者の交叉する営みとしての「定義」という言語行為に 関しては下記拙稿をご参照ください。    ・定義の定義-戦後民主主義と国粋馬鹿右翼を葬る保守主義の定義論-  http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65200958.html   ・保守主義-保守主義の憲法観  http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11144611678.html   ・憲法と常識(上)(下)  http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-12161352990.html         制度と実存の二律背反と両面価値 あるいは読者の皆様から顰蹙を買うのを承知で本稿では「性」を一つの切り口に、人間社会の実存的あり方を構造的に、あるいは、人間社会の構造を人間の実存の観点から考えます。蓋し、文化人類学の知見が教えてくれているように、「性」は「言語」「交換」「権力」とならび、あらゆる文化と文明を構成する主要な制度でしょうから。而して、「法=権力」を「言語」のアナロジーにおいて一瞥しようとする本稿において、人間実存の社会的あり方を検討する予備作業の切り口としては「性」は格好のもの。そう考えるからです。   ポーリーヌ・レアージュ『O嬢の物語』(1954年)、ジョゼフ・ケッセル『昼顔』(1929年)やジャン・ド・ベルグ『イマージュ』(1956年)。そして、これらほどの<権威>はフランス文学界では持っていないのですが(というか、映画の成功に比べれば原作は三文性愛小説と看做されているのが正直な所でしょうが、)エマニエル・アルサン『エマニエル夫人』(1959年:映画化は1974年)も(その異文化趣味を超えて)、我々が「制度」というものを理解する上での素材を提供しているのではないかと思います。   松田聖子さんや安室奈美恵さんが、堀北真希さんや吹石一恵さんが、母であり歌手/女優でもあるように、人間存在は、不可避的に、かつ、同時に複数の役割や規定性を帯びている。而して、人生も時間も本質的に有限でかり、かつ、不可逆的。更には、本質的にはある瞬間には(他者の視点からは、複数の規定性を帯びているように見えるとしても、自己の「行動選択」としては、)ある一つの役割や規定性しか演じられない。少なくとも、複数の役割と規定性をある一つの瞬間に演じることは難しい。   このような人間存在の実存を踏まえる時、自分が帯びる複数の規定性や複数の役割をどう調整していくのか。この点の解決が人類の「智恵」であり、その「智恵」のタイプが文明や文化に他ならない。と、そう私は考えます。   人間存在の実存をこう踏まえた上で、この「同時に複数の役割や規定性を帯びざるを得ない人間が、それらを遂行するプライオリティをどう調整するか」の解答の一つが「制度」ではないか。例えば、妻の顔と娼婦の顔を持つ『昼顔』のヒロインがその解決を、昼間だけ娼館に通う<スケジュール>で解決したように、また、『O嬢の物語』や『イマージュ』のヒロイン達が、自由と平等を愛する(と自称する)フランス人としての自己のアイデンティテと<奴隷的被虐>に快楽を覚える自己の実存の亀裂を<契約>によって解決したように。    ならば、制度は(偏微分方程式を解く要領とパラレルに)、ある局面では、ある人間存在の実存の過半を捨象して抽象化し、単一の役割や規定性を人間に与えるのだけれども、その裏面としては、その制度によって、その同じ人間は他の時間と空間においてはより効率的に自己の実存を発揮できるのではないでしょうか。エマニエル夫人が若妻という社会的規定性に拘束されながら、同時に自己の心の声に従い快楽を追求する重層的な生活に入ったように。畢竟、制度と実存は二律背反的であると同時に両面価値的でもある。と、そう私は考えるのです。    而して、個人の人間存在の実存と制度を巡るジレンマとアンビバレントな関係は、「権力-権威」の制度についても言えるのかもしれない。生身のある人間を「天皇」として処遇する制度は、彼や彼女達に「国の象徴」という地位を配分することで、社会全体としては効率よく社会統合と社会の秩序維持を保障する(自然からの脅威、他国からの脅威、自国の権力の脅威、社会の他のメンバーからの脅威という4個の脅威から国民を守り、国民に対して最大多数の最大幸福を保障する)<システム>の一斑なのかもしれないということです。   蓋し、例えば、(天災や革命は皇帝の不徳の致す所という)支那を始め様々な文明で観察される「神人交感観」に基づく権力運用のあり方も、物象化した社会秩序を含め人知を超えた自然との共生を不可避とする人間存在が、権力支配の正当化事由に自然の脅威からの国民の保護を織り込んだ結果なの、鴨。   而して、「天皇制」に関する私の基本的な考えについては 下記拙稿をご一読いただければ嬉しいです。    ・「天皇制」という用語は使うべきではないという主張の無根拠性について(正)(補)  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/b699366d45939d40fa0ff24617efecc4   ・天皇制と国民主権は矛盾するか(上)~(下)  http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11136660418.html       機能英文法から見た法の概念 世の中には「裁判員制度は憲法違反だ」とか「日本国憲法は大日本帝国憲法に違反しており無効だ」と述べている方がおられるようです。他方、安全保障法制は「立憲主義」を踏みにじるもので違憲であるとかも。本稿では具体的に憲法論を展開するものではありませんが、--それを論じるにはいささか大仰な道具立てが不可欠なものですから、立憲主義を巡る私の考えについては割愛して、ここでは、しかし、--より具体的な事例を念頭に置いて以下の説明を読んでいただくべく裁判員制度違憲論について簡潔にコメントしておきます。   尚、立憲主義および所謂「憲法無効論」に関しては 下記拙稿をご参照いただければ嬉しいです。   ・保守派のための「立憲主義」の要点整理  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/9256b19f9df210f5dee56355ad43f5c3    ・立憲主義を守る<安全弁>としての統治行為論  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/d2b014fb5dcdcb6d9260f7aa8eec3c5f    ・安全保障関連法案を巡る論評雑感--憲法学者の違憲表明の法哲学  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/c3f83e0ee381182fb5b90b0e5f0f7f0a   ・瓦解する天賦人権論-立憲主義の<脱構築>、  あるいは、<言語ゲーム>としての立憲主義(1)~(9)  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/0c66f5166d705ebd3348bc5a3b9d3a79   ・憲法無効論の破綻とその政治的な利用価値(上)~(下)  http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11396110559.html            裁判員制度違憲論の根拠は、憲法32条「何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪われない」、同76条1項「すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する」、そして、最高裁判所と下級裁判所の構成をそれらの裁判官の要件を定めることによってのみ規定している79条及び80条だそうです。蓋し、   「裁判所の裁判を受ける権利は奪われない」→「裁判所を構成するのは裁判官」 →「裁判官でない裁判員が裁判所を構成することを憲法は想定していない」 →「実際、「裁判員」の規定など憲法のどこにも書いていないじゃないか!」、と。      確かに、「徴兵制を採用する諸外国の憲法を見てもその多くは「徴兵制」や「国民の国防の義務」を規定している。よって、それらの規定を欠く(国民の自由の重大な制限である)「徴兵制」は憲法違反だ」という論法と同様、「裁判員」の規定が憲法に欠けていることを根拠とするこの裁判員制度違憲論はそれなりに傾聴に値するの、鴨。   しかし、具体的な規定がなければ、憲法の原理原則から、それも見当たらない場合は憲法の本性や概念から妥当な解釈を導き出すのが憲法学というもの。ポイントは、原理原則、憲法の本性や概念を恣意的に捏造するのではなく、「論理的-社会学的」にそれらを間主観性のある形で抽出すること。   ならば、現行憲法解釈の原理である民主主義から見て、司法に国民が参加することは(規定が存在しない以上、憲法の要請ではないとしても)現行憲法に違反するとまでは言えない。と、そう私は考えます。   ・<再論>応報刑思想の逆襲 (↑裁判員制度についてはその(5)で些か詳しく説明しています)  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/96510cf17d1e91d2471c047147362d70     ことほど左様に、憲法の規範意味は憲法条項の字面だけではなく、   ①憲法に内在する原理原則 ②憲法を巡る慣習 ③憲法の本性および概念   から導かれる。そして、繰り返しになりますが、①~③を見出す作業は、「論理的-社会学的」で反証可能性のあるものでなければならない。なぜならば、(法の解釈を「発見」と考えるにせよ「創造」と割り切るにせよ、)そのような「論理的-社会学的」あるいは「論理的-歴史的」なものでない限り、その解釈内容に、誰も(特に、その解釈結果を好ましからざるものと感じる人にとっては)、自分が拘束される義務も義理も道理も感じることはないでしょうから。その場合には、彼や彼女を当該の解釈に従わせ得るものは「実力の裏付け」だけになってしまい、要は、その解釈には法としての妥当性も実効性も観察されず、畢竟、その解釈内容が憑依した法は、法としての効力を保持していないことになるからです。   老婆心ながら付け加えれば、(甲)憲法規範の枠組みは憲法の条規と①~③によって確定されるとしても、(乙)多くの場合、憲法規範の具体的内容、特に、憲法訴訟や国会と行政の実務を現実に規定する具体的な内容は、④国民の法意識(何が憲法規範の意味であるかに関する国民の法的確信)と⑤憲法慣習によって肉付けされる。と、そう言えると思います。      而して、例えば、『A Practical English Grammar』(Oxford, 1986年)によれば、 (03)Alice said to me, “I’m leaving.” (04) “I’m leaving,” Alice said to me.      所謂「学校文法」では(03)(04)も「「私は出で行くところです」と私にアリスは告げた」の意味であり文法的には正しいとされるのでしょうが、耳目を引き付けるのが「目的-機能」である引用文が後置されることは矛盾であり、実際に、英語のネーティブスピーカーが(03)を使うことはまずなく、よって、機能英文法の観点からは(03)は間違いとされます。同様に、   (05)There is the money in the box. (06)There is money in the box.      この事例でも、There構文の主語は、聞き手/読み手にとって「新情報」でなければならず(例えば、「昔々、おじいさんとおばあさんが住んでいました。おじいさんはやまに柴刈りに、おばあさんは川に洗濯に行きました」の「が」と「は」の使い分けとパラレルに)、(05)の主語に「旧情報」を示す定冠詞が付いているのは機能英文法の観点からは間違いなのです。   これら機能英文法が記述する英文法のルール、否、言語ルールを機能英文法が発見するやり方こそ、憲法解釈において憲法典の条規を超えて憲法規範の内容を間主観的に見出す営みと極めて近い。蓋し、「法とは何か」の問いに答える作業は、それが経験的なものとしても「闇の夜に鳴かぬ烏の声を聞く」 (一休)作業に近いの、鴨。と、そう私は考えています。             而して、蛇足ながら最後にエピソードを一つ。   東京大学の法哲学の初代の専任教授であった尾高朝雄先生は、弟子には、 必ず何か一つの実定法の専門家でもあるように指導された由。   一番有名なのは、例の「自衛隊の違憲合法論=自衛隊は憲法典の条項に違反して違憲ではあるが、全体としての憲法体系の秩序の中では、最早、合法的な存在であるという主張」を掲げて、当時の石橋社会党体制の現実化路線に寄与した小林直樹さんの憲法。   而して、お茶の水女子大の学長を長らく勤められた井上茂先生の商法、世界的にも有名な法哲学者である大阪大学(その後、学校法人成城学園理事長)の矢崎光圀先生の民法などは、(憲法に転向した小林さん以外は、<専門家>の縄張りを荒らすのも下品なので、)専門論文こそ書かれなかったものの各々その実定法解釈領域でも一流、一級品。   そして、「このひと「六法全書」一度でも見たことあるんかいな」と(関西の法哲学研究者の、おそらく)誰しも感じた、あの東京大学の法哲学の(正/主任)教授だった碧海純一さんも、実は、民法とかすこしは勉強してたらしい(←同じ尾高門下のMYとSIの両先生にKABUが直接聞きました!)。   また、英米でもドイツでも(フランスは知りませんが)、学部レベルではですけれども、ある教授が刑法と民法、憲法と民法、刑事訴訟法と法哲学等々、複数の科目を、しかも、同学期に講義するのもそう珍しくはなかった。これこそ、複数の規定性の同時実現の好例、鴨。・・・尾高先生の孫弟子の長尾龍一さんや井上達夫さんなんかはどうなのかな(笑)。   而して、私がこの、尾高門下と英米独のエピソードを通してお伝えしたかったことは、蓋し、(ⅰ)法哲学と実定法の交錯というか相互乗り入れの戦略的価値ということと、(ⅱ)憲法学プロパーの思索においても、個々の事例の観察から機能英文法的の法則を抽出・収集する労を惜しんでは、「論理的-社会学的」で間主観性のある解釈に到達するのは難しいの、鴨。と、そういう感慨です。   ・法哲学の入門書紹介 でも、少し古いよ(笑)  http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11147077543.html   ・法律の<KABU>基本書披露(←リストの後に関連するコメント書いた、鴨)  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/b28418c4048490fe56a8795d70075e97        

      テーマ:
    • <アーカイブ>英語の従属節-記号表記の試案

      2010年01月19日 16時41分12秒 | 英文法の話題     すべての英語のセンテンスは五つの類型に整理できる。これが「5文型論」の前提であり帰結です。もし、この主張が正しいとすれば、「すべての英語のセンテンスには、ただ一つの主語と唯一の述語動詞しかない」ということになるはず。蓋し、下の表を見ればそう言わざるをえません。 [第1文型] S→V [第2文型] S→V→C [第3文型] S→V→O [第4文型] S→V→O→O [第5文型] S→V→O→C では、複文や重文のケースはどう考えたらよいのでしょうか。 There is no rule but has some exception. (例外のない規則はない) 確かに、等位接続詞(and, but, or, nor, so, for, yet)が導く節(等位節)は、「すべての英語のセンテンスには、ただ一つの主語と唯一の述語動詞しかない」という命題の例外かもしれません。けれど、英語のセンテンスの紛う方なき一要素にすぎない従属節、そして、その従属節を含む複文のケースはどう考えたらいいのかしら。と、そう思いませんか。 例えば、 When I first became a member, the cost was $25 per month. (私が最初にメンバーになった時には、その費用は月に25ドルでした) [TOEICテスト新公式問題集4, Test1, Part7-問題160-161] このセンテンスを説明する際、(私を含め)多くの英語教師は、従属節の中の「S→V」構造に関しては「述語動詞became の主語はIですよ」と教えているのではないでしょうか。 私は何が言いたいのか。 それは、「従属節の「主語」「述語動詞」と主節の「主語」「述語動詞」を区別する必要があれば、「becameとIは接続詞whenが導く副詞節の中の述語動詞であり主語である」とそのたび毎に言えばいいだけのことだけれど、それは思考の経済から見ても無駄だから、普通誰もそう言わないだけだ」、と。 こういう主張は英語の初心者にとってはあまり親切なものではないのではないか。そう私は感じてきたということです。実際、中学の数学の教科書では「関数」とは「ある値が決まればそれにともない(依存して)別の値が一つだけ定まる、そんな対応関係を表す数式のことですよ」と書かれているけれど、では、しかし、円の式(例えば、原点を中心とする半径5の円:x²+y²=25,xの2乗+yの2乗=5の2乗)は「ある値が決まればそれにともない(依存して)別の値が二つ定まることが普通の(笑)、そんな対応関係を表す数式」である。このことから混乱してしまい、関数が、ひいては--あんなに楽しい~!--数学が嫌いになる子供達も多くはないけれど稀ではありませんからね。   ならば、蓋し、世界でも稀な「5文型論」を嘘も方便にせよ英語教育において今後も堅持するとすれば、この複文の説明においてももう少し筋を通すべきではないか、と。そう私は考えるのです。 そう考え、而して、あくまでも教えるためのツールとしてですが、英語センテンスの記号表記の方法を工夫してみました。すなわち、この従属節と主節の関係を整理して、複雑な英文をビジュアルに理解するために「階層構造」と「記号化」の考えを導入し、もって、英文を形式論理的に把握できるように工夫してみたわけです。なんとか最初に英文の骨格のみをあたかも「レントゲン」で透視するが如く見て取る術を英語の初心者に伝えられないか。そう考えたということ。 しかし、自分で言うのもなんですが、以下述べることは「学術的な知見」とは無縁の、ある意味、英語を教える立場にある者の<遊び>にすぎない、鴨。そういう(いい加減な気持ちで考えたものでは誓ってありませんが)スタンスで目を通していただければと思います。また、保守派の英語教育関係者の方は、このアイデアを--どうせ、たいしたもんじゃないし(笑)--自由に使っていただいてかまいません。 尚、「5文型論」に関する私の考えについては下記拙稿を参照いただければ嬉しいです。また、本編内容と直接関係ありませんが、準動詞については下記の表記を私は使用しています。併せてご確認ください。 ◎5文型論に関するKABUの理解 ・【再出発の英文法】文型  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/44acbe36196ec583d19e6294e26980af ・なぜ日本では5文型論が生き残っているのでしょうか?  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/5b315dd60b6ef715fc92a701ae09bf76 ◎おまけ--準動詞のKABU式表記 ・原形不定詞:ba-V ・to不定詞:to-V ・動名詞:Vg-ing ・現在分詞:Vp-ing ・過去分詞:Vpp ●複文の階層秩序と英文の記号表記の試み(1) ―― 階層秩序 複文では、見かけ上は「S→V→~」に見える構造が、文の構成要素の1部としてあたかも主語や目的語、補語や修飾語の役割をはたしている。つまり、複文は「1つの文には1つの主語と唯一の述語動詞しかない」という原則に反する事例のようにも見えるし、また下記の文例のように、従属節が別の従属節の中にChinese boxesよろしく「入れ子」状態になっている場合もあって初級者が英文の骨格を把握する上での難関の1つになっている。 <例>  This has meant that not much importance has been given to logic or reasoning as instruments for reaching mutual understanding in Japan, which becomes more and more difficult, even in the country. (このことは、相互理解に到達する手段としては論理や推論が、日本であまり重要視されてこなかったことを意味する。相互理解に達するのは、日本でも益々困難になっているのだけれども) 例文のthat以下の節は、文全体(Thisの大文字のTからin the countryの後ろのピリオドまでの文全体)の目的語(O)になっている。さらに、which以下の節は、that以下の部分における修飾語(M)の役割をはたしている。つまり、whichの節はthat以下の節に、that以下の部分は本文全体の入れ子になっている。 例文全体は、主語→述語動詞がThis has meant、そしてthat以下を目的語とする第3文型の文であり、普通、S→V→Oと略記される。またthat以下の節だけに注目すると、主語がnot much importance、述語動詞がhas been given、そして、to logic~ in Japanとwhich以下が修飾語である。ここで、本文の中では目的語の役割を演じているthat以下の名詞節と関係代名詞whichが導くwhich以下の関係節は各々、S→V→M→MとRS→V→C→Mと記号化できる。 尚、RSは関係詞が関係節の中で主語の役割をつとめていることを示している。ゆえに、主節と2つの従属節を階層秩序に注目して記号化すると例文全体は以下の如く記述できる。 すなわち、 S→V→O(that:S→V→M→M(which:RS→V→C→M)’)’ 上記の記述例では、that以下の節の「主語」はS’, even in the country はM’’と表現される。ダッシュ(’)の累乗数は、カッコと無縁の外側から数えた場合のカッコの数(外から数えて何番目のカッコの中に入れ子になっているか)に等しく、ダッシュが1個の要素を第1階層、2個のものを第2階層のものと名付ける。この記号法では、主節、すなわち、英文の本当の主語や述語動詞は、第0階層であり記号も通常どおりシンプルにSやVやOやCやMのままでよい。而して、レントゲンで当該の英文の骨格をまず把握するとは、最初は第0階層だけの意味を取るということである。 ●複文の階層秩序と英文の記号化の試み(2) ―― 記号化のためのルール 英文の記号化の12個のルールを明記しておく。この記号化のシステムは、 ⅰ)節の入れ子構造をビジュアルに理解する上で便利であり、ⅱ)「重文を除いて、英文には1つの主語と1つの述語動詞しかない」という原則と、複文には、見かけ上は「S→V→~」の構造が複数あるという事実を整合的に理解する上で有効であると思う。 而して、この階層化と記号化は、英文の意味を速く正確に把握できるようになるための補助訓練ツールとして便利ではないか。蓋し、英文に言わばレントゲンを照射し英文の骨格が表す所の大枠の意味を素早く把握し、そして、英文の骨格、つまり、第0階層の部分(主節)に、順に第1階層→第2階層→第3階層→・・・・・と意味内容を肉付けしていけば英文を「速く正確に理解」することが誰にでも可能となろう。この階層化と記号化はその能力開発のための補助器具である。もちろん、階層化も記号化も完全なシステムでは当然ないけれども。以下、システムのディテールを提示する。 <KABUの英文記号化ルール12箇条> ①並んでいる語の順序どおり記号化する ②英文の5つの構成要素、主語・述語動詞・目的語・補語そして修飾語をそれぞれ、S,V,O,C,Mと略記する ③修飾語は原則、状況語的修飾語のみ記号化し、付加語的修飾語の記号化は割愛してよい ④ある文の構成要素と他の構成要素との間には、(「→」の記号)を置き区別する ⑤従属節が全体として主語とか目的語とかの役割をはたすときは、S(S→V→~)やO(S→V→~)の様に記して「S」とか「O」の記号とカッコの間には(→)記号は置かない ⑥従属節はカッコで囲み、カッコの後ろにダッシュ(’)を打つ。尚、節の中の「見かけ上の主語」や「見かけ上の述語動詞」は、S’やV’と表現される。2重に入れ子になっている場合、即ち、第2階層の見かけ上の主語や述語動詞は、S’’やV’’となるわけである   ⑦節を導く、接続詞/関係詞/疑問詞はカッコの先頭に明記し、コロン(:)で他の節の要素と区別する。但し、不明確に成らないのであれば、この接続詞は省略してもよい ⑧等位接続詞が導く等位節はカッコで括らず、S→V→C, and S→V→Cのように記す。関係代名詞や関係副詞の非制限用法が、実質的な等位節を導く場合も同様 ⑨関係代名詞や関係副詞は、関係節の中で演じている役割によって、RS、RO、RC、RMと略記する。それぞれ、外見上は主語、目的語、補語、修飾語の意味である ⑩関係代名詞が前置詞の目的語になる場合には、(前置詞→RO)または(RO→S→V~→前置詞)と表現する ⑪関係節が、離れた先行詞を修飾する場合(先行詞と関係詞の間に他の語句が挟まっている場合)には、(先行詞⇒関係詞)のように記述して、修飾と被修飾の関係を明示する ⑫疑問代名詞が名詞節を導く場合は、(疑問詞=S→V→~)のように記して、疑問詞が節の中ではたしている役割を明記する(この疑問詞は省略してもよい) <例1> Emperor Godaigo moves his court to Yoshino, while Kyoto falls under control of Ashikaga Takauji who establishes the Shougunate at Muromachi, Kyoto. (後醍醐天皇は朝廷を吉野に移し、その間、京都の室町に幕府を開いた足利尊氏により京都は支配されるに至る) 主節 Emperor Godaigo moves his court to Yoshinoは、第3文型の文。while 以下は、「その時一方では~」を意味する、事象の同時存在性を表す副詞節。S’=Kyoto, V’=falls, M’=under control of Ashikaga Takaujiと把握できる。また、who以下はAshikaga Takaujiを修飾する関係節。これは第2階層の節であり、who=RS’’, establishes=V’’, the Shougunate=O’’と記号化できる。よって例文全体は、 S→V→O→M(while:S→V→M(who:RS→V→O→M)’)’ <例2>  A prime number is any whole number larger than 1 that can be evenly divided only by itself and 1. (素数とは、1より大きい整数の中で、それ自身と1でしか割り切れない数である) 例2の that 以下は any whole number を修飾する関係節。主節の主語は A prime number であり、述語動詞が is、補語を any whole number、修飾語を larger than 1とする第2文型の文である。that以下で関係代名詞thatは見かけ上の主語の役割をはたしている(RS’)。ゆえに、例2は、 S→V→C→M(C⇒that:RS→V→M)’ 尚、C⇒RSは関係代名詞thatが直前のM(larger than 1)ではなく、1つ前のC=any whole numberを修飾していることを示す。 <例3> At night the candle and fireplace were the chief source of light for Colonial North American people, but their light was poor. (北米植民地の人々にとって、ろうそくと暖炉が夜の主要な明かりだった。しかし、それらの明かりはごく弱いものだった) At night ~ for Colonial North American peopleとtheir ~ poor の2つの等位節が等位接続詞 but によって連結されている。前節の主語はthe candle and fireplace、述語動詞はwere、補語はthe chief source of light であり、At night と for Colonial North American people は共に修飾語句である。後者の節では、their lightが主語、wasが述語動詞、poorが補語になっている。尚、2つの節とも第2文型の節である。よって例3の記号化は、 M→S→V→C→M, but S→V→C  <例4> The dimensions of the cosmos are so large that using familiar units of distance, such as meters or miles, would make little sense. (宇宙の規模は大変大きいので、メーターとかマイルとかの普通の距離の単位を使うことはあまり意味がない) 例文は、主節The dimensions of the cosmos are so largeと、従属節that using familiar units of distance, such as meters or miles, would make little senseで構成されている。従属節は、程度対照を表す副詞節である。 主節は、主語をThe dimensions of the cosmos、述語動詞が are、そして補語を so large とする第2文型の文であり、S→V→Cと表現される。他方、従属節はusing familiar units of distance, such as meters or miles が第1層の主語であり、would make が第1階層の述語動詞、そしてlittle senseが第1階層の補語である。ゆえに、第1階層の従属節は記号化すると(that:S→V→C)’になる。ゆえに、例4は上記の記号化のルールからは、 S→V→C→M(that:S→V→C)’ <例5> A group of paintings made about 16.000 years ago in a cave in the Loire River valley in what is now France depicts a number of different animals. (約16000年前に、今のフランスにあるロアール川の渓谷付近の洞穴に書かれた壁画群には、多くの種類の動物が描き出されている) 例5の主節の主語・述語動詞は、A group of paintings → depicts であり、文末の a number of different animals が主節の目的語。made ~ in the Loire River valley in what is now France は修飾語であるから、主節は、S→M→V→Oと記述できる。修飾語の中にある従属節の what 以下は、関係代名詞 what が関係節の主語(RS’)、is が述語動詞(V’)、Franceが補語(C’)である。よって、例5は、 S→M(what:RS→V→C)’→V→O <例6> I don’t know who solved the world’s most famous mathematics problem, Fermat’s last theorem. (私は世界でも最も有名な数学の問題であるフェルマーの最終定理を誰が解いたかを 知らない) ルールの⑫により、 S→V→O(who=S→V→O)’ <例7> Criminal procedure about which I know a little seems a very dull subject. (刑事訴訟法を私は少しは知っているが、それは実に退屈な科目に思える) 例文の主節は Criminal procedure seems a very dull subject と第3文型であり、主節の中に which の導く関係節 about which I know a littleが挿入されており、関係節は先行詞 Criminal procedure を修飾している。ところで、この関係節は、I know a little about Criminal procedure. と同じ意味であり、関係代名詞 which は前置詞 about の目的語になっていることがわかる。ここで、関係節だけを記号に変換すれば、about→which:RO→S→V→Mとなる。ゆえに、例7全体はルール⑩により、 S(about→which:RO→S→V→M)’→V→C ●複文の階層秩序と英文の記号化の試み(3) ―― 関係節の記号化 KABUが提案する英文の記号化ルールのうち関係詞に関連するものを今1度整理しておく。もっとも、関係節の複雑な現象を完全に記号に還元することは難しく、これももとより完全なものではありえない。要は、試案である。 There is no rule but has some exceptions. ♪ ◆関係代名詞や関係副詞は、関係節の中でそれが演じている役割(格)に着目して、RS, RO, RC,RM と略記する。それぞれ関係節の中で、主語、目的語、補語、修飾語として機能していることを示すことになる。 ◆関係代名詞が前置詞の目的語になる場合には、(前置詞→RO)または(RO→S→V→~→前置詞)で表現する。尚、関係代名詞thatが前置詞の目的語になる時は、常に、(RO→~→前置詞)の語順でしか用いられない。 ◆関係代名詞や関係副詞が制限用法で用いられる場合には、関係節をカッコで括るが、関係代名詞や関係副詞が非制限用法で用いられ、実質、等位節を導く場合には、関係節はカッコで括らず、例えば、S→V→C, RS→V→Cのように記す。 ◆関係節が、数語を隔て少し離れた先行詞を修飾する場合(先行詞と関係節の間に語句が挟まっている場合)には、(先行詞⇒関係詞)のように記述して、修飾と被修飾の関係を明示する。 <例>  An isosceles triangle is such a triangle with two sides whose measures are equal. (2等辺3角形は、2辺の長さが等しい3角形である) 例文の主節は、S→V→C→Mの構文で、( M=with two sides )である。先行詞 two sides の意味を受ける関係代名詞の所有格 whose は関係節の中の主語(S’)measuresを修飾している。ゆえに、例文は、 S→V→C→M(whose:RM→S→V→C)’   以上   (転載元URL)  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/9ee7fdce2f5e1d256850b930664ea154          

      1
      テーマ:
    • ”昭和の日に日本について考えよう(^O^)/”・・・そうだそうだ、そうしよう

        <海馬之玄関関連記事> ・天皇制と国民主権は矛盾するか(上)~(下)  http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11136660418.html   ・「天皇制」という用語は使うべきではないという主張の無根拠性について(正)(補)  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/b699366d45939d40fa0ff24617efecc4   ・平和主義とは何か--戦前の日本は 「軍国主義」だったのか?--(上)(下)  http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65231224.html   ・歴史を直視できない人々(上)(下)  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/9ab1e74ac8fd20f67dca4c93b5ccd78f   ・歴史認識の相対性と間主観性  --朝日新聞も<歴史の相対性>を悟ったのか(上)(下)  http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11758992176.html   小式部内侍≒横山由依総監督   https://www.youtube.com/watch?v=Z3tGNinkGh0    

      テーマ:
    • ”今朝のワシントンポスト(新聞)アルゼンチンも頑張っている ましてシナはブルドーザー”

      天宇受賣命(見習い)   >やっぱ、宣伝は大切 >市場に知られなきゃ、どんな良い<商品>も >単なる、産業廃棄物予備軍か、 >絶海の無人島に独り住む才色兼備の美女軍団 >にすぎないのでしょうからね   >だって、アルゼンチンだって努力しているのだから >賭けてもいいですけど「日本」なんてアメリカ人の9割は興味ないから >きっぱり。なら、ならば、保守派こそ、 >マーケテイングにこれから汗かかなきゃ >と、そう私はこのやんみ姉さんの記事読んで思いました   <参考動画> ・君はメロディー  https://www.youtube.com/watch?v=Q2E7TLotcko   尚、画像は天宇受賣命を神体とする荒立神社および天宇受賣命とゆかりの深い天岩戸神社のある宮崎県高千穂町と隣接する大分県出身の<天宇受賣命AUM48見習い5期生>の指原莉乃さん

      1
      テーマ:
  • 28 Apr
    • ”旭日旗を使用するなとかふざけるな!!”

        コメント不要。 激しく、同意。   >なんなら、はい、まじめに、 >FIFAとかIOCから脱退してもいいんじゃないの? >アメリカもまじめに国連出るみたいだし(笑)   ・目次記事-なでしこの再生を念じて・・・これからさぁー!  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/6dde955eed3c0f90508148f27da95920  

      テーマ:
    •  元同業者としてこの記事に感動しました:”同業者の方からレッスンのお申し込み頂きました”

        英語研修屋さんではあるけれど「講師」としては、 私は「プロ対象のレッスンプロ」だからね。 講義下手とは思わないけど(←そう信じたい、汗) まあ、上手くはないです。   だけど、講師研修にあれこれ都合四半世紀以上携わってきた(ただ、それだけ、涙) 私としては押しかけバーチャルな兄貴分(謎)というだけでなく、よう子さんの この記事には感銘を受けました。正直、他社調査の「スパイ」さんとかは論外として、   >同業者から(素性を隠すことなく!)レッスンの申し込みを受ける   ということは。英語講師や英語研修機関の経営者・リーダーとしては、 最高の名誉であり誇りだから。自分とそのチームメンバーを、そのことは 奮い立たせるにたる極めて稀な出来事だから。   それ、その道で精進していることが認められたということ。 誰に? それは「英語教育の神様」からの正当で正式な評価。 そう、これ、AKB総選挙で、あの「不動のセンター=絶対的エース」と称された 敦ちゃんが順当に1位を獲得したようなもの。アイドルの神様の公式な評価。   >何をあなたは言いたいの?   はい、実力的に最強のプレーヤーが順当に優勝する(女王の座を手に入れる) というのはものすごく難しいことなんですよ。その困難。その困難クリアの値打ち。 その値打ちを神様が評価して認定してくださったということ。   ということで、素直に感動しました。よって、私も、   機会があれば、KABUも「札幌ネルス」でレッスン受けてみたいかなと思いました。 例えば、冠詞とか時制とか副詞の位置とか、否定表現を含む省略・倒置構文とか・・・ 知識量ではなく教える技量を堪能したい、カナ。   楽しみ、鴨。   教室のあるビルの一階には美味しいラーメン屋さん もあるということだし。     ・街で感じた、これも一つの「使える英語力」雑感  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/93270d87ae8382dbf73aaf01cea7af07   ・防衛省Mag☆MAMOR:特集「英語力を装備する自衛隊」  --英語好きにはお薦めだったりする ←特に、(承)(転)に関連する内容がある、鴨   http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/2377f54478cd51ab00abbce530bf67f6   ・バンクーバーオリンピック☆私はキムヨナ選手を応援する  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/87690cff95123549f6a7bc7e7c9888d3           ·AKB48-前田敦子さんの次のセンターは? 「大家志津香」ちゃんに5000LC!、。鴨  http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11206785681.html   ·国民的アイドル前田敦子のAKB卒業  http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11364361303.html https://www.youtube.com/watch?v=l3-j0Ha4Cnc https://www.youtube.com/watch?v=WdhMjzfg6-k   そして、   ・君はメロディー  https://www.youtube.com/watch?v=Q2E7TLotcko        

      テーマ:
    • これ参考になりましたよ:「ビハインド・ザ・コーヴ--捕鯨問題の謎に迫る」

        『ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫る』 原題:ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫る 製作:日本(2015年) 日本公開日:2016年1月30日 上映時間:107分   日本のイルカ漁を批判的に描き、アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した「ザ・コーヴ」への反論として製作されたドキュメンタリー。これが初監督作品となる八木景子が、「ザ・コーヴ」の舞台にもなった和歌山県太地町に長期滞在し、元捕鯨師や町長など現地の人々へインタビューを敢行。その一方で、「ザ・コーヴ」の監督ルイ・シホヨスや主演リック・オバリー、イルカ漁の時期に太地町に現れる反捕鯨活動家たちにも話を聞き、さまざまな立場の意見を取り入れながら、捕鯨に関する問題を掘り下げていく。   >監督:八木景子 >撮影:八木景子     予告編(↓)   https://youtu.be/z-wtcnf1fWY                <海馬の玄関ブログ参考記事>   ・文化帝国主義を理解するための好材料としての<The Cove>   http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/f40c43a85a4ea0fdadac494e56313cdf ・鯨と日本の再生   http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/6d7e3acb6eefd295f3e0ed485ef36a39 ・書評☆星川淳『日本人はなぜ世界で一番クジラを殺すのか』   http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65245020.html ・イルカ漁断固支持☆文化帝国主義者の大使は可及的速やかにアメリカに帰れ!   http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/895b8c3cc8afcac0eefaf7e997e1ba8e ・<橋頭堡deアーカイブ>反捕鯨論の文化帝国主義的で傲慢な謬論を逐条撃破する  http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65363928.html    

      2
      テーマ:
    • 熱烈歓迎-そうさそうさ!:米・ハリス司令官「日本にもTHAADを」(追記あり)

        米・ハリス司令官「日本にもTHAADを」 フジテレビ系(FNN) 4/28(金) 12:29配信>   アメリカ太平洋軍のハリス司令官は、韓国に配備される 最新鋭迎撃システム「THAAD」を、日本にも配備する必要性を訴えた。 ハリス司令官は「朝鮮半島の危機は本物で、今まで見た中で最悪だ」と述べた。   ハリス司令官は27日、議会の公聴会で「北朝鮮のミサイルはあらゆる方角に向けられており、全ての国が真剣に受け止める必要がある」と述べたうえで、韓国に配備するミサイル迎撃システム「THAAD」について、「日本も同様のシステムを導入するべきだ」と主張した。   最終更新:4/28(金) 12:29   https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170428-00000658-fnn-int     尚、「THAAD」自体についてはとりあえずこちら(↓)をご参照ください。 でもちょっと、古い、カナ。   ・海上自衛隊幹部学校HP  http://www.mod.go.jp/msdf/navcol/SSG/topics-column/col-080.html         <海馬之玄関参考記事> ・被爆国たる日本には核武装する権利がある、鴨  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/5dbbffd0fdb9901b9599883ce21bf038   ・<アーカイブ>第二次世界大戦の終焉☆海外の日本核武装推進論紹介  http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65845980.html    ・<アーカイブ>米国にとって日本の核武装は福音である☆<Frum>論説紹介  http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65845982.html    ・<アーカイブ>日本の改憲は賢明かつ時宜に適ったもの  ☆フィナンシャル・タイムズの社説紹介  http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65845967.html          ・集団的自衛権を巡る憲法論と憲法基礎論(上)(下)  http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65232559.html   ・国連憲章における安全保障制度の整理  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/9a5d412e9b3d1021b91ede0978f0d241    ・「特定アジア」も言葉狩りの標的に、でも、それは無理筋だと思うけど?  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/779bd6ba1ecd4138e26ef12303cdfc64   ・英文読解 one パラ道場:英語教材として読む安倍談話(英文全文)  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/f169c76ce342703e5816dc9ce8b9e0f1     そう、沖縄とか、民進党の幹部議員のいる選挙区に優先的に配備して、 彼等、反日リベラル勢力と、加之、朝日新聞や岩波書店、NHKといった 支那のエージェントが、   >アニョハセヨ >北朝鮮の攻撃目標になるニダ >配備地の住民を犠牲にするものアルヨ   >話し合いで、冷静に、外交で問題を解決するのが肝要アルヨ >ならTHAADの日本国内への配備は、  北朝鮮--および、支那さま、あるいは、ロシアをも--挑発する愚かなことニダ >絶対反対ニダアルヨ! >再見 アンニョンヒ カセヨ   とか火病するのを普通の国民有権者は--あっ、ちなみに政治学研究者の三浦瑠麗さんが夙に述べておられる如く、少なくとも投票行動に関する限り潜在的にせよ「日本国民・有権者の7割~8割は保守派」ということなので、ここは単に「日本国民有権者は」でもいいのかしらね(笑)--見学するのも一興、鴨。それでリベラル派の荒唐無稽さがいよいよ<あぶり出し>になると思いますから。   ていうか、THAADは<システム>なんだから、その機材などはどこに置いても、まあ、問題はないのですけどね。だから、でも、嫌がらせではなく、リベラル派の火病見るの面白くないですか。と、そう私は思います。ていうことで、THAAD断固歓迎です(ばい/やで/じゃん)!       <追記> ・・・>火病の南朝鮮の身の程知らずさっそく炸裂(笑) ・・・>トランプ同志、だから、南朝鮮はやめて--在韓米軍も引き上げて--     日本にTHAADもその(現在の在韓米軍)将兵と軍属とそのご家族を     もってきませんか?  安くしときますよ♪   ▼韓国、トランプ氏の「THAAD配備費10億ドル」負担要求を拒否 【AFP=時事】韓国政府は28日、同国南部に米軍が配備を進めている最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」について、韓国側に10億ドル(約1100億円)の負担を求めるドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の発言を一蹴し、支払いを拒否する姿勢を表明した。   THAADは在韓米軍が韓国南部・慶尚北(North Gyeongsang)道星州(Seongju)郡のゴルフ場に配備を進めており、既に装備の第一陣が到着。複数の米高官によると「数日以内」に運用が可能になる見込みだ。ロイター通信(Reuters)によると、トランプ大統領はTHAAD配備の費用について「韓国が負担するのが適切だろうと韓国側へ伝えた。10億ドルのシステムだ」と述べていた。    これに対し韓国国防省は、米韓地位協定(Status of Forces Agreement)に基づいて韓国はTHAADの配備場所を提供するが、配備・運用費を負担するのは米国だと反論。「この基本姿勢に変わりはない」との声明を発表した。   (2017年4月28日(金) 15:16配信 )   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000028-jij_afp-int  

      1
      テーマ:
    • ブログ友の記事転載:また脱原発猿かよ!否に〇をつけるこっちの身にもなれ!頑張れ関西電力

        <関連記事> ・ブログ仲間の記事転載--お墨付きを得た「脱原発猿」 高田純教授講演会  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/17958dfe0f4b5a4708b70c30729ac613   ・民主主義の意味と限界-脱原発論と原発論の脱構築   http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11138964915.html   ・放射能と国家-脱原発論は<権力の万能感>と戯れる、民主主義の敵である  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/fd01017dc60f3ef702569bbf8d2134d2   ・美味しんぼの因果関係-脱原発の背理   http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/7ade81c1cfa3fe3ffaf90bf11b2c2a8f   そして、   ・目次記事-原発関連記事一覧   http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/deac6c3245cecbbd10e87ef9acff501e       ▼また脱原発猿かよ! 否に〇をつけるこっちの身にもなれ!  頑張れ関西電力!     めんどくさくて敵わねえ。   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000068-kyt-bus_all   「脱原発依存」など株主提案 京都市、6年連続で関電に議案提出 京都新聞 4/27(木) 23:16配信    京都市は27日、関西電力に対して6月の株主総会で株主提案する5議案を提出した。議案のうち、「脱原発依存と安全性の確保」を市単独で、残る4議案を大阪市と共同提案する。株主提案は6年連続で、ほぼ同じ内容となる。  京都市単独の議案は「原発に依存しない、持続可能で安心安全な電力供給体制を、可能な限り早期に構築する」と求めている。原発再稼働については、安全性の確保と地域住民の理解を前提に「必要最低限の範囲で行うもの」としている。  共同提案の議案では、再生可能エネルギーや天然ガス火力発電所の新増設など多様なエネルギー源の導入、発送電分離などを求める。  京都市は関電株式の0・47%を持ち、大阪市は9・37%で筆頭株主。両市は2012年から毎年株主提案をしているが、すべて否決されている。   オイラ、東電と関電の株主だが、関電は大阪の叔父さんが関電に勤めていたので義理で買った株だ。 今現在両方とも無配だが、それでも持ち続けているのは原発を再稼働させて日本をよくする「世の為人の為」という使命感からだ。 だから脱原発の匂いをちょっとでもさせたら容赦なく「否」に〇をつける。 だけど、なぜか当事者の東京電力よりも関西電力の株主提案に脱原発らしき猿な提案が多いのは何故なんでしょうねえ?           今年も容赦しないぜ!猿www   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000029-jijc-biz   関電、賃金減額を継続 時事通信 4/27(木) 20:00配信    関西電力 <9503> は27日、2017年春闘で、2.5%の賃金減額を継続することで労働組合と妥結したと発表した。高浜原発3、4号機や大飯原発3、4号機を再稼働して電気料金を値下げした後に減額幅を見直す。   原発再稼働で電気料金が下がればみんながHAPPYになる。 給与減額が見直されて関電社員もHAPPYだ。   これぞ売り手よし、買い手よし、 世間よしの商人の王道と言うべきだろう。   脱原発猿どもに負けることなく、 関西電力は頑張って欲しい。   (転載元URL) https://blogs.yahoo.co.jp/lemanthe3rd/65605874.html  

      1
      テーマ:
  • 27 Apr
    • 万国の保守派団結せよ:行動してくださています!! こういうところでもシナが妨害しているのですね

      木花咲耶姫     ・桜散りて慰安婦問題の終了をあらためて実感  --やはり、「慰安婦問題は朝日新聞問題」だった--  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/40f15ca831e9edb3a9eb8ebd755ea349   ・英文読解 one パラ道場:英語教材として読む安倍談話(英文全文)  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/f169c76ce342703e5816dc9ce8b9e0f1   ・第二次安倍政権を米英はどう理解してきたか、  その<現実>を体得するための自家版リスト(改訂)  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/5d7f39e2bd8b0aa925c02dc9b5a77b12     ・戦後責任論の崩壊とナショナリズム批判の失速   http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65226757.html   ・「偏狭なるナショナリズム」なるものの唯一可能な批判根拠(1)~(6)   http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11146780998.html   ・<中国>という現象☆中華主義とナショナリズム(上)(下)   http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11153763008.html   連帯を求めて孤立を恐れず、力及ばずして倒れることを辞さないが、 力尽くさずして挫けることを拒否する。共に闘わん!    

      5
      テーマ:
    • 資料◆文化帝国主義のニュージーランドとは国交断絶しましょう

      NZ、捕鯨阻止へ日本盗聴か  =イングリッシュ首相「コメントせず」 時事通信 4/26(水) 17:40配信     【シドニー時事】「反捕鯨」の急先鋒(せんぽう)ニュージーランドが日本の捕鯨活動の阻止に向け、米アンカレジで開かれた2007年の国際捕鯨委員会(IWC)総会で日本代表団に盗聴などのスパイ活動を行っていた疑いが浮上した。   元米中央情報局(CIA)職員スノーデン容疑者が暴露した機密資料に基づき、米ニュースサイト「ジ・インターセプト」が26日までに報じた。・・・  イングリッシュ首相はニュージーランド・ヘラルド紙に「情報活動に関してはコメントしない」と述べ、事実確認を拒否。現時点では盗聴疑惑について日本側から説明を求められていないという。  最終更新:4/26(水) 18:56               ・鯨と日本の再生   http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/6d7e3acb6eefd295f3e0ed485ef36a39 ・<橋頭堡deアーカイブ>反捕鯨論の文化帝国主義的で傲慢な謬論を逐条撃破する  http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65363928.html ・文化帝国主義を理解するための好材料としての<The Cove>   http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/f40c43a85a4ea0fdadac494e56313cdf ・書評☆星川淳『日本人はなぜ世界で一番クジラを殺すのか』   http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65245020.html ・イルカ漁断固支持☆文化帝国主義者の大使は可及的速やかにアメリカに帰れ!   http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/895b8c3cc8afcac0eefaf7e997e1ba8e   (ノ-_-)ノ ~┻━┻・..。 (ノ-_-)ノ ~┻━┻・..。 (ノ-_-)ノ ~┻━┻・..。  

      1
      1
      テーマ:
  • 26 Apr
    • 今村雅弘は、即刻、議員辞職せよ!! <追記あり>

      今村雅弘元復興相は即刻議員辞職せよ。   >2011・3・11に遭難された(自主避難者以外の)被災者の皆様、 >そして、全国の保守派の皆様・・・・      と、そう私は思います。 それが、論理的にもまちがいではない、この前の「自主避難者への支援打ちきり」の正当性を道連れにされて、原発反対カルト勢力にポイントさせない唯一の選択肢であるとも。 一般論として、2011・3・11が、例えば、首都圏や近畿圏で起こったとすればその被害額や被災者の数は「東北」で起こったのに比べて一桁以上になっていただろうことは事実でしょう。しかし、しかし、 東北(および茨城県を含む北関東)に明治以降最大規模の被害を発生させた大震災が、2011・3・11に発生した事実と現実を踏まえての「復興活動」に日本と日本人は現在全力で取り組んでいる。しかも、道半ばでさえない状況。而して、上に述べた一般論などこの現在の日本と日本人の取り組みには無関係な戯言にすぎない。 要は、首都圏か近畿圏、あるいは、名古屋エリアで起こるかもしれない震度7など、2011・3・11に遭難された(自主避難者以外の)被災者の方にとってなんの意味もないということ。それは、トポロジー的に比較不可能な事象ということ。そして、あんた(←2017年の復興担当相の置かれている)位相は2011・3・11に遭難された(自主避難者以外の)被災者の方の側だよねということ。   もちろん、2011・3・11規模の震災が首都圏で起きたら近畿圏で起きたら、あるいは、初期救援が困難な離島エリアで起きたら・・・を考えることは望ましいことに違いない。けれども、繰り返しになりますが、それは「復興活動」とは別の問題でしょう? 違いますか? ならば、「復興担当の最高責任者」が一般論を口にすることは軽率などではなく担当者の自覚と覚悟と執念を欠く言動である。それは、被災者の方に失礼だ、とか、被災者に寄り添うものではないなどの曖昧なものではなく、担当閣僚として(論理的に)論外の言説であろう。まして、自主避難者やそれを支援するカルト的な反原発勢力に塩を贈る「ネギかも的言説」でもある。そう、島崎遥香さんの「塩対応」などではなく、例えば、不連続な関数を微分・積分するような無意味かつ荒唐無稽な言説。 畢竟、今村雅弘は即刻議員辞職せよ。そして、永久に政界から去れ。 お前は九州の保守派の恥だ。九州人として私も切腹したいくらいだ。 と、そう私は思います。   蓋し、2011・3・11に遭難された(自主避難者以外の)被災者の皆様、そして、 全国の保守派の皆様・・・すみませんでした、と。   以上     <追記> 私はご存知の方もおられると思いますが、三年間、ある全国区の予備校で東北エリア全体のスーパーバイザーオブスーパーバイザーも務めていました。あの震災で亡くなられ被災されたFC教室の方は親しかった方だけでも三桁に届きます。   よって、「自主避難者」の方々のなかにも帰還不可能な方々もおられることは〈実名レベル〉でも知っています。しかし、「自主避難者」がカテゴリーとしては、また、機能的には、最早、反原発カルト勢力の〈道具〉でしかない現実は看過できるものではない。そう、この現実は--非科学的な風評被害を粛々と生産して避難している子供達の文字通り命を危機にさらしている、民進党や朝日新聞あるいは岩波書店といった彼等リベラル派の手口を反芻するまでもなく--「帰還不可能な自主避難者」を食い物にする「帰還不可能な自主避難者」にたかる醜悪なリベラル派の跋扈以外のなにものでもない。他方、そして、仮定の首都圏震災とすでに起こった東北大震災の同一平面での比較。この二重の論理的な意味での逸脱の危惧と逸脱に私は慄然とし愕然としました。   而して、佐賀の同志にも呼び掛けこやつは成敗しなければならない、鴨。安倍内閣へのダメージへの懸念とかそんなケチなことではなくです。そう、そうしなければ、東北で被災され亡くなられた方々、そして、不謹慎でも冗談でもなく本心から、民主党政権の稚拙で自己正当化最優先の震災時の初期対応によって餓死させられた、本当に夥しい浜通りのワンちゃんや牛さん豚さんにあの世で合わせる顔がないから。と、そう私は思っています。 ・東日本大震災☆自衛隊大活躍-民主党政権は自衛隊の邪魔をせず引っ込んでろ!   http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/1c3e9737b2dc7a416e24796ff3b18fc8   ・東日本大震災現地状況☆福島は雪  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/96fecca4bebd9946d5928bfd14137782   ・ガソリンを☆東日本大震災で被災したブログ友アイアンさんの記事転載  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/682ee7a7c7d428f3116f53cc844e6512   ・東日本大震災と政治の不在-避難者のひとこと、「情報が入らない」  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/48cfcbc75078e9b2bafaab77c971f3cb   ・災害復興よりも政権維持を優先する民主党政権  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/3398c2b6b60c853561dfa9bf99d0ed3e             ・民主主義の意味と限界-脱原発論と原発論の脱構築   http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11138964915.html   ・放射能と国家-脱原発論は<権力の万能感>と戯れる、民主主義の敵である  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/fd01017dc60f3ef702569bbf8d2134d2   ・美味しんぼの因果関係-脱原発の背理  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/7ade81c1cfa3fe3ffaf90bf11b2c2a8f   そして、   ・目次記事-原発関連記事一覧  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/deac6c3245cecbbd10e87ef9acff501e   (2017年4月27日記す)    

      テーマ:
  • 21 Apr
    • 波瑠さん問答無用、論外に可愛い・・・転載意図などしらんがな:”ごきげん。”

        媛蹈鞴五十鈴媛命   https://youtu.be/77aGGfRLPxs  

      テーマ:
    • 資料○◆小嶋陽菜AKB48卒業、涙

            AKB48卒業を迎えた小嶋陽菜(29)に、総合プロデューサー秋元康氏が感謝の手紙を送った。全文は以下の通り。  小嶋陽菜さん。君は手がかからないメンバーでした。僕が個性の強い初期メンバーに手を焼いているときも、君はやるべきことをきちんとやった上で、自分の時間をちゃんと作ってました。  AKB48がまだ売れていないころ、代官山の地下にあるレコーディングスタジオで、雑談をしていたときに突然、君に言われました。「私、意外に歌、うまいんですよ」。もちろん、君らしい冗談っぽい感じで。でも、手がかからないからって、ほったらかしにされている君のちょっとすねたような抗議でした。そう、確かに君の歌は良かった。僕は忘れていました。すぐに前田敦子とダブルセンターで歌を作りました。「夕陽を見ているか?」。   https://www.youtube.com/watch?v=6NHnneyI6xE   https://www.youtube.com/watch?v=Mz6PW0z58Zo   https://youtu.be/gMWf1PmDX38      きっと今までに何度も卒業しようと思ったことでしょう。初期のメンバーが次々に卒業してからは、なおさらだったと思います。何年か前、君が「話がある」というので、麻布十番のイタリアンレストランで食事をしたことがありましたね。あのときもきっと君は真剣に卒業のタイミングを相談したかったのに、冗談で終わってしまいました。まるで結婚したい人がいるという報告を聞きたくない父親のように、君の卒業はいつもはぐらかしてきたような気がします。  それでも君はAKB48の将来を考え、後輩たちのことを考え、無理に言い出すことはありませんでした。だから、僕も君に甘え、本当に君が30歳を超えてもAKB48にいてくれたらいいなと思っていました。  そんな君が今日、2017年4月19日、このAKB48劇場で卒業するにあたり、ようやく、僕は君に言えそうです。「陽菜、もう少しAKBにいたら?」。いや、うそです。もう陽菜に甘えられません。フニャフニャしてて、やる気がないように見えて、手を抜いてるように見えて、でも本当は誰よりもまじめで、責任感があって、AKB48を愛し続けた君に、心の底から感謝します。ありがとう。  卒業おめでとう。第2の人生のスタートを祝福します。 秋元康       https://www.youtube.com/watch?v=Z3tGNinkGh0 https://www.youtube.com/watch?v=UjagAfjpAgo   ・・・・今のKABU&寛子さんの一押しはゆいはん! ・・・・主流派(まゆまゆさんとか、はるなさんとか、ゆきりんとか)の  逆下剋上(←打倒、指原系)を期待します。   ·AKB総選挙という<窓>から考える生態学的社会構造の実相 https://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65362478.html   ·AKB48-前田敦子さんの次のセンターは? 「大家志津香」ちゃんに5000LC!、。鴨   http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11206785681.html   ·国民的アイドル前田敦子のAKB卒業 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11364361303.html   ·総選挙が証明する経済の成長戦略の思想的可能性 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/905095d73cbeec96c10d3be301792706   ・日本人の究極の美意識としての<ほどほど>が一番可愛い?  http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11644425055.html     (参考) https://www.youtube.com/watch?v=l3-j0Ha4Cnc https://www.youtube.com/watch?v=Ln6clyuZNI0 https://www.youtube.com/watch?v=WdhMjzfg6-k        

      テーマ:
AD

最新の記事

一覧を見る

カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
54107 位
総合月間
201168 位
法律・裁判
82 位
政治・経済
137 位

ランキングトップへ

ブックマーク

Flag Counter
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。