愛知県岡崎市の名鉄舞木検査場で29日、「名鉄でんしゃまつり」が開かれた。特急専用車「パノラマスーパー」(1000系、30トン)がクレーンで高さ6.5メートルまでつり上げられ、普段はお目にかかれない電車の裏側を、子どもたちが興味深そうに見上げた。

 検査場を年1回、一般公開しており、今回は応募約1万1000人から抽選で選ばれた家族連れ約4000人が訪れた。120トンある4両編成電車と小学生以下の40人との綱引きでは、車両を5メートル動かし、名古屋市熱田区の高橋真央ちゃん(3)は「力持ちだから重くなかった」。09年8月に引退した人気車両「パノラマカー」(7000系)の61年デビュー当時の車両運転台見学には、1時間半待ちの行列ができた。【中村宰和】

【関連ニュース】
【写真特集】日本の鉄道
【写真特集】新幹線図鑑
【写真特集】日本の路面電車
【写真特集】各地のローカル鉄道
【写真特集】ブルートレイン「富士」「はやぶさ」

【風】立ちはだかった「個人情報」(産経新聞)
<口蹄疫>宮崎・えびの市の全農家陰性(毎日新聞)
<消費者委>リコール制度を調査 資料要求権行使へ(毎日新聞)
リバーシブルなミニカー? バンダイ「VooV」登場
ネット選挙解禁、結論持ち越し 自民の反発で(産経新聞)
AD