箱根登山3100-2

テーマ:
さて。車体はできたので、あとは足回りです。

製品はMとT共通の床でモーターが組み込まれているかいないかの違いのみです。しかしこのモーター、1Mでは80‰を登れず、JAMではM+Mの2Mで山登りをしていました。

そこで、モーターはやはり安定のベルニナ動力✨

もう説明不要の安定と力強さを兼ね揃えたほんとうに優秀な動力です。


台枠をアレグラにあわせて削ってはめあわせます。スカートとTNはネジ止めしておきます。


T車はほぼ共通設計の2000形サンモリッツの連結面側の動力台車のギアを抜いて使います。


これでライト類やスカートもそのままで、ベルニナ動力とドローバーで連結できます♪

かくして3100形も無事に完成です(^-^)/







が、これ、いつも以上に目立たなさそうですね。。。(/´△`\)

塗装も同じだし、パット見では製品の2両連結でしかないですからね。塗り直しの労力が見事に報われないやつです。

果たして夏に何人の方が気づいてくださるのか。。。
AD

箱根登山3100形-1

テーマ:
お久しぶりです。

早いものでもう2017年の一月が終わります。(-。-;)

お正月は、某うみでんの方と久しぶりのワラテツにお邪魔して、楽しいひとときをすごせました♪(*´∀`)


西武旅するレストラン52席の至福とキティー列車

52席は全面ラッピングならぬ、全面デカールを試みましたが、いろいろ課題が残る結果となりました。


にく♪(^-^)/


鍋小さいけど、美味しいお肉でした♪


諏訪峡あずさ。

お酒も進み、本当に楽しいひとときでした。今年ものらりくらりと楽しく美味しく生けていけそうです(笑)

また行きたいたいですね♪(^-^)/



閑話休題

お久しぶりの間に、我らが箱根も動きがありました。

ついに発表された、アレグラ2両編成3100形。ググるとすでに某工場内で製作途中の構体の写真も見られるようです。

公式発表に添付されているイメージを見ると、なかなか複雑な連結面のおでこと、ほぼガラスのみの非常用貫通扉が見てとれます。

そして、110号の引退。。。

一昔前の箱根なら、110号の足回りがサンナナのどちらかに移植されたかもしれませんが、もうそんな時代ではないでしょうし、いよいよ旧型車も先が見えてきたようです。


さて、その3100形ですが、どーせ待てばTOMIXが出してくれるものとは、強く強く思います。が、それでも鉄は熱いうちにうちたくなるので。。。


運転台を切り落として。。。(左上)



断面を揃えたいので、一両人身御供になっていただき、それより切り出した胴体部分を貼り付けます。



おでこの延長部分はプラ板の積層です。おでこや屋根との境目はキリッとエッジがたっているので、マスキングテープで養生しながら削り出して形を整えました。

整ったら、サーフェーサーと白。



たぶんこんな妻面。

白の上は黒。


からの赤をぬって、シンナーの香りにうっとりしながら緊張の瞬間。。。






うん。いい感じ♪(*´∀`)
AD

四季彩の編成札

テーマ:
実は、201系が好きです。

地方に行っている間を除いて、高校の頃から乗り続けている中央線。

学生時代は京葉線も一時使っていたので、3色とも大変お世話になっていました。





で、そんな201系やJRの車両の先頭にある編成札。

なかなか実物は手に入らないから、作ってしまわれた猛者がいらっしゃいます。ネットなどではチラチラ見ておりましたが、今回特徴的で美しかった四季彩の編成札(レプリカ)を作って、売り出すというのでお台場へ行ってきました。

ちなみに4日後にはまた来ます(笑)

勘違いしてましたが、マンガやアニメやコスプレだけではないんですね。ほんの狭い一角ですが、鉄道やら、しずてつジャストラインを扱ってるブースやらもありました。


さて、件の編成札ですが、実物を見て感動。。。コピーとはいえあの質感、色合い、まさに、コレコレとうなづいてしまいました。さすが201系界の大御所様の作品です。

残念ながら四季彩用の専用のアクリル板を用いたキットは売り切れとのことでしたが、キットのステッカーと、最後の豊田行き(1915Tだったかな?)を荻窪で見送ったのを思い出しながら、H7の札を衝動買い。

板のサイズは作成者様のご厚意で教えていただきました。ありがとうございました。

その足で東急ハンズへ向かい、加工性のよさからアクリルではなく硬質塩ビ低発泡板3mm厚の黒を。

板を切り出し、角のRと釣りフックの穴をH7を参考にしつつ各種ドリルとヤスリで仕上げ、ステッカーを慎重に。。。

熱中しすぎて、途中経過が一切ありませんが。。。


本棚の脇にちょいと穴を開けて。。。






いやぁ、いい買い物をしました。しばらく眺めてニヤニヤ出来そうです。


さて。脱線はほどほどにして、急いで入生田の続きを。。。
AD