ダブルスリップから連続する分岐機の機械的な美しさが気に入っている入生田検車区セクション。スローアクションのポイントマシンで、ジリジリジリ。。。と動くポイントを眺めているだけでお酒が飲めます(笑)

で、当たり前ですが安全のため、車庫の中にも信号機があります。入換信号機といって、普通の信号機みたいに色灯式の色がついているパターンもありますが、日本でよくみるのが三ツ目の半円形。詳しくはググって下さい。


入生田の中にも二機あって、本線への進路が構成されたときにのみ進行現示(白白、斜め)、それ以外は停止現示(白赤、水平)の表示をしているようです。



こいつを入生田検車区にもつけよう。というお話です。



形が抜群にいい、kitchenの入換信号機ですが、ロスト製で硬すぎて穴開け出来なかったので、レジンでコピーした上で、0.5mmの穴を開け、0.5mmの光ファイバーを挿入しました。光漏れ防止に銀と黒を塗りました。




で、次にエルパラで見つけた驚異的な小ささの1006サイズのチップLED。これが大変で、アノードマークがよく見えませんが、なんとか裏に3つ並べられます。

まだ老眼ではない。と信じたいのですが、正直見えづらい。(/´△`\)

がんばって半田付けして、裏に接着して、配線をポイントマシンのマイクロスイッチにあーでもない、こーでもない、とつないでいきます。

点灯試験。



よしよし(笑)

入生田に組み込んで。。。











こんなカンジになりました♪(^-^)/


まぁ、あんな大会場でこんな小さな小さな自己満足。誰にも気づかれないでしょうね。
Σ(´□`;)


ちなみにアレグラ3100形の補助灯も、スカートの中に1006サイズのチップLEDを組み込んでます(^-^)/
AD

3100形の補助灯

テーマ:
ついに運転を開始して、アジサイ電車にも起用されている3100形のアレグラ2両編成。

ネットで画像をみているとフト違和感が。。。



岡部さんお得意のスカートの中にライト💡


補助灯がスカートの中に組み込まれているではないですか。

そこで。。。



組み込みました♪(^-^)/

ただ、窓の大きなアレグラの車内が電気引き通し用のコードと、スカートの補助灯用のコードが交錯していて、見ためがイマイチです。なかなか機能と見た目の両立は難しいですね




え?ジャンパ線?
実物にはありません。フライングして穴開けちゃったヤツです。

このまま夏を迎える予定です。
AD

箱根登山3100-2

テーマ:
さて。車体はできたので、あとは足回りです。

製品はMとT共通の床でモーターが組み込まれているかいないかの違いのみです。しかしこのモーター、1Mでは80‰を登れず、JAMではM+Mの2Mで山登りをしていました。

そこで、モーターはやはり安定のベルニナ動力✨

もう説明不要の安定と力強さを兼ね揃えたほんとうに優秀な動力です。


台枠をアレグラにあわせて削ってはめあわせます。スカートとTNはネジ止めしておきます。


T車はほぼ共通設計の2000形サンモリッツの連結面側の動力台車のギアを抜いて使います。


これでライト類やスカートもそのままで、ベルニナ動力とドローバーで連結できます♪

かくして3100形も無事に完成です(^-^)/







が、これ、いつも以上に目立たなさそうですね。。。(/´△`\)

塗装も同じだし、パット見では製品の2両連結でしかないですからね。塗り直しの労力が見事に報われないやつです。

果たして夏に何人の方が気づいてくださるのか。。。
AD