冬は必ず春となる

テーマ:

合掌 おはようございます。(こんにちは・こんばんは)

今年は自然について教わる時期なんでしょう。

先月(6月)は猛暑の梅雨、連日の30度越えは異常に思います。

昔は33度と聞いたら「あああっつい~~~」でしたが、今ではそこそこだと思ってしまいます。

温暖化が叫ばれ、去年は記録的猛暑、今年も暑くなりそうで熱中症等気を付けなければなりません。

そんな中、我々日本に住む者、本当に熱にやられてしまったのか?未だ東北被災地の復旧復興に国はといえば・・・・国会の75日間の会期延長に対し、今のところ2週間も審議ストップのままであります。

お願いです。この2週間の2日だけでいいですから、国会議員の皆さんで振り分けて、被災地の体育館等で寝泊まりをして欲しい。そしてその実感を持って議論を尽くして欲しい。

今の日本は気温は高いが、心は厳冬の寒さに震え凍えるような状態で、一筋の光に温もりを求める気持ちで充満しています。

日蓮大聖人は「法華経を信ずる人は冬のごとし。冬は必ず春となる。いまだ昔より聞かず冬の秋へとかえれることを。いまだ聞かず、法華経の信ずる人の凡夫となることを」とおっしゃられています。

我々信仰を持つ者は読んで字のごとくですが、この国難においては国民に対し同じ事がいえます。

国家が私利私欲を避け、民衆の事を第一に考えないと、春は来ません。

殊には、遂に、冬が秋へと逆戻りするような恐ろしい事となってしまうかもしれないのです。そうなれば国家転覆です。

日蓮大聖人が当時心血を注いで真実の教えを、乱れた社会に広めたように、国を司る者は、今こそ身を粉にして国の再構築と、そのシステムを変え、繁栄の礎を、今、築かなくて、いつやるのかという心構えで一致団結して推し進めて行かなければならないと思います。


興覚寺では義援金の勧募おこなっております

平成23年7月1日現在 
各義援金総額298,489円(内16万円+10万円送金済)になっております。
皆様の善意心より御礼申し上げます。
今後も2度3度と、ご協力お願い申し上げます。

AD

熱い人間的なメッセージを!

テーマ:

合掌 おはようございます。(こんにちは・こんばんは)

結局海水は注入してました・・・(福島第一原発)

有事に、燃料棒冷却のため海水を注入したか否か、3ヶ月もたっても把握できない国の組織に、我々国民は命と安全をゆだねている。

政党、会派、思想信念を超え、政(まつりごと)を治める役割の人たちは、即断決行しなければならない問題に対して、内輪の政権奪取のために東奔西走し、トップもトップで先ずは原発対応、被災地復興計画を進めなければならない時に、自分以外誰も了承していない1000万世帯に太陽光発電システムの導入という復興後のビジョンをだし、今の危機的な状況に本末転倒の発表をG8という主力国家の会議にて発表してしてしまう有様。

他国があきれ、この国が益々世界から孤立を深めていく姿は、その国土に住する者として寂しい限りである。


国家というなら国という家に我々は住んでいる。

首相というならその家の大黒柱である。


国家という家をどういう建物にしたいか。

国家という家をどういう特徴を持ったものにしたいのか。

国家という家をどう繁栄させたいのか。


本来なら天皇陛下にその御言葉をいただきたいが、

象徴天皇ゆえ内閣総理大臣(我々国民の代表)に

この大まかな3点だけでいいから、人間味ある自身の声で国の家族に語りかけてほしい。


日蓮大聖人は

我日本の柱とならん

我日本の眼目とならん

我日本の大船とならん

と、国家危機に「法華経」という世界平和実現の究極真理を法華経とその弘通者としての自身を置き換えておっしゃられた。


国家ビジョンを冷静沈着なドライな言葉でなく

熱いパッションを持った人間的な言葉で!!




興覚寺では義援金の勧募おこなっております
4/8花まつりのお供えは全額・5/8御祈祷会のお供えの一部は義援金に致しました。

平成23年6月1日現在 
各義援金総額278,522円(内16万円送金済)になっております。
皆様の善意心より御礼申し上げます。
今後も2度3度と、ご協力お願い申し上げます。

AD

合掌 おはようございます。(こんにちは・こんばんは)

ご存じの通り東日本大震災が発生し、亡くなられた方、行方不明の方、被災された方大変な物的損失、経済、そして原子力発電所の事故等甚大な被害はまさに国難といわれるものとなってしまいました。
戦後六十幾年、国民内外の努力にてこの繁栄した国土に今生活を我々はしているわけでありますが、この災害について皆様自身、大変な衝撃と、不安を感じられた事と思います。
それぞれ募金等、被災地へ出来る範囲で貢献されておられる事と思いますが、我々興覚寺檀信徒として一番重要な事は、「祈る事」であります。
法華経如来寿量品第十六に「衆生見劫尽 大火所焼時 我此土安穏 天人常充満 (衆生劫尽きて、大火に焼かると見る時も、我この土は安穏にして、天人常に充満せり)」とあります。これはいろんな天災、人災、生きるの苦しみや、持ち物等すべてが焼かれてしまうような事があっても、この世は安らかで、穏やかで、そして仏様や神様、守護神等はこの世にいますとお釈迦様は説いておられます。
今回おこったこの災難。こんな「むごい出来事」の世に仏様、神様がいらっしゃるの?たくさんの人が亡くなっても心安らかで穏やかなの?と疑問を持たれる方がいると思います。
このお経文の意味は、この人間の世の中には「苦」は常に備わっていて、それを理解して行動し、今ある自分がちっぽけな偶然な存在ではなく、この大宇宙に「生かされている事に気付く」事が大切で、死にゆく事、病む事、老いる事、その他の苦から自分の存在を感じ、仏様の存在、神様の存在を「自分の心の中に見つける」、それを「生かされている」ととらえて生活をする事が人間として生きる重要な事だと教えて下さっているのであります。
仏様の真実の教え「法華経」は苦を苦と覚り、楽を楽と受け止めて「全身全霊で今を生きぬく」現実に対し目を背けない教えであります。
日蓮大聖人はそれらの事を、「南無妙法蓮華経」という真理にて集約し私たちに与えられ、例えば今回の大震災では現地に行ってボランティアが出来なくても、どうかご無事で南無妙法蓮華経、亡くなられた方どうかご成仏を南無妙法蓮華経と、「いのり」の方法を下さったのであります。
戦後の復興から現代、物はあふれ、食もあふれ、電気は使い放題、水の一滴、米の一粒、食肉の一片、命や物を粗末にする「ツケ」が来ました。日頃「大きな災害が来ますよ」と言っておりましたが、これは日蓮大聖人が教えて下さった事であります。日本では他国からの侵略(尖閣・北方領土等)、政治の混乱(権力争い・私利私欲等)、邪悪な宗教、天災人災はワンセットであると。
これからは亡くなられた方々、被災された方々の為に、未曾有の国難から我々は変わらなくてはなりません。国の方針を特徴ある深い文化を持つ本来の日本の姿に。それは国民性にあった歴史の町並みに。そして何よりも痛みを分かち合える横のつながりを。
仏様の教えに純粋に「感謝と絆」の毎日が送れる慈しみの心を取り戻せるように・・・
あるニュースキャスターが言っていました。「祈る事しかできない」と。我々興覚寺檀信徒は、祈る事「しか出来ない」ではなく、祈る事「が出来る!」という心で合掌下さいますよう・・・

東北岩手花巻出身、宮沢賢治はお題目でその思いを語った。
雨ニモマケズ、風ニモマケズ~
サウイフモノニ、ワタシハナリタイ。南無妙法蓮華経。と。



興覚寺では義援金の勧募おこなっております
4/8花まつりのお供えは全額・5/8御祈祷会のお供えの一部は義援金に致します


平成23年5月1日現在 
各義援金総額248,522円(内16万円送金済)になっております。
皆様の善意心より御礼申し上げます。
今後も2度3度と、ご協力お願い申し上げます。

AD