「笑い」×「吉本」×「病院」

テーマ:
{98DAF036-1A59-4113-A555-DEB2898EF3E5}

笑いは日本を救えるか?!



皆様、こんばんは。
緩和ケアアロマセラピスト
ステラ・マリス   佐々木恵子です



最近、医療への
吉本の「笑い」の進出が凄いです。




今日のニュースでは、
大阪精神医療センターで、
認知症予防に




「吉本」の「笑い」
がどう効果があるかの実験が
始まったそうです。

{9C9664E2-C417-40E2-A6B1-D2970D5217D6}



続けられる様に
楽しく工夫してプログラムは
作られていました!


{58BDB2D7-FD03-44CE-8A2B-DDE45F0D72CD}

左端の「はひふへほ」
に合わせてピラミッドを作るゲーム

{0956D842-D5B7-4485-A52B-E334B4449050}

参加したアナウンサーも
我を忘れて夢中になってました!

その他、

{0169A8CE-F2F2-4F11-9854-2FB4F9B8D327}

吉本の芸人さんと一緒にゲーム



トイレットペーパーを巻いて
二人三脚ゲーム❣️

{487DBCD4-6E7B-46A2-9ADE-D27CC88C5DE5}


紙ヒコーキを
ゴルフの様に⛳️に何回で入れるか
のゲーム。


{B97E09E1-D750-4FF2-99A7-00D88B3B00B7}

                            みなさん、真剣❣️




{379F1856-6478-4D39-AD03-2C341099C53A}

何より、
皆様、楽しそ〜〜なのが
いいですね!

昨年は、
私達がアロマハンドケア
で伺っている
大阪国際がんセンターでも




吉本と病院が協力して、
「笑いがガン抑制効果があるか」
について臨床実験をしていましたが



力のある「吉本」はいいなぁ
と羨ましいですねー



「吉本」の提案なら
「病院」も協力するし、、、



「笑い」も確かに
ガン患者様のNK細胞を活性化し
免疫力をあげると言われています




「アロマ」も
負けてはないと思うんだけどな〜




それに、
鳥取大医学部、浦上教授
認知症の予防と改善に
「アロマの精油の香りが効果あり」



と実験データ(エビデンス)付きで発表したんですけど、、、



私達、アロマセラピスト、微力だ。涙。




でも、
「笑い」でもなんでも
「認知症」予防に効果があれば
いいですね!



いつか
「アロマがガン患者の免疫力をあげる!」とか、



「アロマが認知症の予防として
病院に導入される」とかの
ニュースが流れる日が来ます様に


{534C78C8-016C-4554-B644-14E4AF6E51B7}

「音楽って、凄いですね♫




皆様、こんばんは。
緩和ケアアロマセラピスト
ステラ・マリス  佐々木恵子です




緩和病棟でのアロマケア、
一緒に回っていたメンバーから
報告を受けました。




担当した患者様がJAZZが大好きで
アロマの途中で、
「いつもかけているのよ」と、
ご家族がJAZZのCDをかけて
下さったところ、、、




いきなり病室の空気が
アロマサロンの様な雰囲気に
ガラリ❣️と変わったそうです❣️





「ほんと、ビックリしました❣️」




その場にいた
もう一人のセラピストも
力強く、そう言いました!




「音楽の力って、凄いね❣️」




という話から
「他の患者様にアロマをする時も
音楽も付けれたらいいね。」




「IPhone 使えば出来るかな」




「でも、患者皆様が
   音楽好きだとも限らないし、、」

「あの時は
   あの患者様がいつも好きで聴いて     いる音楽だったから良かったんじゃないですか?」




という話に落ちついたのですが、




以前、
緩和病棟全体に
オルゴールが流れる病院があり
オルゴールのリズムが
患者様へのアロマケアのリズムに
ピッタリ合っていた事を思い出しました。




アロマの技術を高めることと共に
その時の病室全体をどれだけ心地よいものにするか?も配慮する。




まだまだ
私達アロマセラピストに出来る事は
沢山ありますね。




毎回、学びの日々です。
{0B256B2A-2FF4-4119-A201-1EFA560248E3}

「先、行きましょか」



初めてアロマを受けられた患者様がトリートメントが始まってすぐ
そう言われたのです。



皆様、こんばんは。
緩和ケアアロマセラピスト
英国IFPA認定芦屋サテライト校
ステラ・マリス  佐々木恵子です



一か月ぶりの病院では
新しい患者様も増えていました。



初めてアロマケアを体験された
その方は、



足のトリートメントをご希望されましたが、



2、3回
ふくらはぎをエフルラージュすると
「先、行きましょか」



とおっしゃいました。



『え?え?え?』



一瞬、
頭の中、パニック❣️です❣️



『どういう意味⁉️』



『先に行く、って???』



アロマを受けて
気持ち良さそうに、目を閉じて



「気持ちがいいなぁー、
   寝てしまいそうだ」と
仰って下さったのですが、、、



暫くすると、また
「先、行きましょか」
と言われます。



『やめてほしい』
という意志表示でしょうか?



「そしたら、オイルだけ塗って
   終わりにしましょうね」と言うと



納得されたのか、
安心されたのか
「うん」と頷かれました。




初めてのアロマトリートメントが
嫌だったのでしょうか?



それとも
「昨日も眠れなかった」そうなので



お昼間に寝ると
また夜眠れなくなる、と
思われたからでしょうか?



どちらにせよ、



「やめて」とも
「もういい」とも言えなくて



出てきた言葉が、
「先、いきましょか」
だったのでしょうか?



何年やっていても
患者様が変われば全てが初体験。



まだまだ、未熟だなぁ。



今日は
そんなことをしみじみ感じた一日でした。