株式会社Kくりえいと アトム伊芸店

電気屋奮闘記・日々雑感


テーマ:

NHKがやっている『総合診療医ドクターG』が好きである(笑)

状況・症例から病名を探り当てる謎解きが、われわれの仕事にも当てはまり面白く見ております。

最近有った、まだまだドクターG(ジェネラル)には成れず、研修医として研鑚を積まねばと思った修理事例を一つ。

レストラン個室に設置されているD社製4方向天カセ5.6Kw冷媒はR22エラーが出て動作しないとのコールで訪問。

リモコンでエラーE0(保護装置作動)を確認後、電源リセットし冷房20度設定でONすぐにE0が出るわけではなく、室内機は順調に動作。圧縮機の温度が下がっているのかな~、などど思いながら室外機がある屋上へ。

室外機をチェック。室外ファンもコンプも順調に動作し、ファンからは熱風が出ています。

とりあえず前板を開けコンプ周りの配管をチェック、霜付も異常音もなし。

ムッムッ?E0の原因は何かな?

一つ一つ計測していくしかないかっと思っていた矢先、急にファンがHighからLow運転に???「これか!!! E0の原因は!」

(何度かテストをするが、起動後3~4分で決まってこの症状が出ます。)

症状と手がかりを発見。

とりあえず、ファンモーターのHigh/Lowの切り替えは室内吸込みサーミスタ及び室外外気温サーミスタの抵抗値で決まるのでチェック。

D社製なので室内ワイヤードリモコンをサービスモード41にし、01を表示させチェック。30表示問題なし、続いて室外機に回り、基板より外気温サーミスタを外し抵抗値を測定(もちろんこの時は基板上にはエラーが出ます)12.8KΩ問題なし、ということは基板不良で間違いないかな~などと思いながらも、念のため、基板上のファンモーターのコネクターを外し電圧測定、Com/Low間200V、まぁ~Low運転してるからそうやわね~、続いてCom/High間40V???なに~この電圧、ここは0Vでないとダメでしょ~ということで、基板不良は間違いなしか。

ということで部品を発注し2日後(ここは沖縄、天下のD社といえども部品入荷に2日かかります)に再度修理に訪れるわけですが、ここまでに重大なミスを犯しているのですが、さてなんでしょか?

よくある、目先の症状を近視眼的に追いかけてしまい、全体が見えない、もしくは基本を忘れるということを、してしまいがちです。

いままで、何度も痛い目にあっているのにまたもや、やっちゃいました。(+o+)

2日後修理にお伺いし、室外基板を交換後、試運転。


室外ファンもLow運転になることもなく、順調に動作しております。

よっしゃーこれで修理完了かな~

順調?順調?順調?・・・~え~液管霜付してるやん~嘘やろ~ガビ~ン
2日前には霜付なんぞしてなかったぞ~

そうなんです、なんとま~この時初めてゲージをかけ圧力測定をするというお粗末さ(泣)高圧1.5Mp低圧0.3Mp キャピ詰りでなくガスリークで間違いなし。トホホ(+_+)

前回の診断時には室外熱交の熱風を体感で確認と、リモコンで室内熱交温度の確認のみでした。ちなみに02は5°表示でした。

室外外装をバラし、リーク場所を探します。

すぐに発見、いつもの場所Uベント

はぁ~


速攻で事務所に戻り、ガス回収機と溶接機・窒素・R22等々を取って再び修理に行くのですが、ここから先は処置なので割愛しますが、まぁ~空調に携わる人はガス回収や溶接なんて基本中の基本なので。(笑)

一番大変だったのは、この日は基板交換だけの予定でしたので一人で動いていて、回収機・溶接機等を屋上まで運ぶのが辛かった(笑)

なので、溶接作業の写真は撮れませんでした。(笑)

R22の機種、経年劣化から機械的な信用度なし、何があってもおかしくないという前提で検査診断しないといけないという良い事例?悪い事例?(笑)

振り返ると、E0の原因は基板不良による室外ファンモーターLow運転で間違いないと思いますが、ガス圧チェック・外装をバラしてのチェックも必要だったですね。

屋上での作業、暑くてついつい手を抜いてしまいました。

いつからガスリークしていたか、なんてことはわかりませんが、全体をよく見る。基本ですね(笑)

ドクターG目指して研鑚の日々です。(笑)

その日で、修理は無事完了。

レストランには迷惑かけることなく完了出来て何よりでした。(笑)



AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
あけましておめでとうございます。

本年も倍旧のご指導を賜りますようお願い申し上げます。



事務所前、伊芸海浜公園にて初日の出!





AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日三菱電機のエアコン・冷蔵庫研修会に行ってきました。

 

その時に「霧ヶ峰&スリムエアコンGOGO!キャンペーン」の報告があり、

(そんなことをやっていることも知らなかったのですが(^O^))弊社県内6位だそうで、

う~ん微妙()

まだまだ頑張りが足りないようです。(+_+)

 

本題に。(昔の思い出話と、冷蔵庫の配達納品時、横にしても大丈夫か?です。)

 

当日のエアコン・パッケージエアコンの研修は置いといて()

冷蔵庫( ..)φメモメモ

冷蔵庫の研修と言っても商品の説明で技術的な話はあまりなかったのですが、聞きながら昔を思い出しておりました。

 

私、サービスマンのスタートが冷蔵庫担当でして、かなりの思い入れというか、苦労というか、思い出があります。(^O^)

かれこれ20数年前、当時どのメーカーもレシプロの圧縮機からロータリーの圧縮機に切替、大失敗(+o+)

消費電力が下がり電気代が半分以下になりますよ~などと言っておりましたが、肝心のコンプが壊れるは壊れる(+_+)

で、沢山のサービスマンが(事業部からの応援も入れながら)コンプレッサー交換の出張修理に追われるわけですが、その中の一人が私。

当時、メーカーサービスに入る冷蔵庫修理の9割は圧縮機不良コンプレッサー交換で、残りの1割が霜取り関係やパッキン・ダンパー関係だったように思います。

 

京都議定書もない、むかし話です。

冷媒はR12、冷媒回収方法はピンチングプライヤーでコンプのサービス用銅管をピンチし、専用ビニール袋に回収、そして修理で一番大事な配管洗浄はソルベントをぶっこみR22を液でまたまたぶっこみ、透明で綺麗な液が出るまで行うという、今では考えられない修理方法でした。(ごめんなさ~い。オゾン層破壊をかなりしました(+_+)

 

毎日、4~5件の修理伝票を渡され、県内を走り回り、お客様宅で修理の1時間半の間、延々と文句を言われ(庫内の食品がみんなダメになれば当然ですね)冷蔵庫の後ろで「すいません・すいません」と言いながら溶接をしていました。

 

当時の技術的なことや、苦労話を書けばきりがないので、また別の機会に譲りますが、あのフロンだらけ(冷媒・断熱材・修理方法)の冷蔵庫が、いまや「ノンフロン」が当たり前に、時代の移り変わりと、地球環境について改めて考えさせられます。

 

冷媒もR12からR-134aをへて、いまや炭化水素系のイソブタンR-600aに。

断熱材もフロン系の発泡剤ではなく、炭化水素系のシンクロペタンに。

そして、冷蔵庫で一番重要な冷凍機油は、モノエステル油又はポリオールエステル油を主剤とし、これに添加剤を足した合成油を使用しR600aとの相溶性もよく、このことから本題の冷蔵庫納品時に繋がるのですが、今の冷蔵庫は少しの時間であれば横積しても、(出来れば、しないほうがいいのは言うまでもない)設置後すぐに電源を入れても問題ないと思います。

 

上記は研修時、事業部の方と話をして教えてもらった事と、私の考えなので何かを保証するものではありません。

 

R12R-134aの冷媒を使っていた頃までは横積は厳禁で、納品時斜めにしたり、横にしたときは、少し時間をおいてから、電源を入れるでしたね。

 

冷媒の特性・冷凍機油の特性、そして両者の相性で取り扱いが違ってきます。

 

等等、久しぶりに冷蔵庫について、思い出に苦笑いしながら考えた研修会でした。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。