~釣りと日常Ⅱ~(Present by 寿老人)

              

ご訪問、有難うございます。

釣りを通じての巡り合い・出会いを大切にしています。
父として。サラリーマンとして。

釣り人としての日常を綴るBlog・~釣りと日常Ⅱ~ 魚震える

宜しくお願いします(o^-')ピース


【大会情報】 第三回 東レ懇親磯釣り大会 in 九州

【Blog御紹介】 藤原義雄のグレ釣りブログ


【会員募集】~釣研FG 会員募集中~

【会員募集】~TEAM YAIBA 会員募集中~


$~釣りと日常Ⅱ~(Present by 寿老人) 磯釣り人気Blogランキング参戦中 (^^)星

旧Blog・釣りと日常はこちらからどうぞ砂時計



テーマ:
皆さん、こんばんは。

ご無沙汰しております^^;

こちら大阪では梅雨とはいえ雨天は殆ど無く入梅はいつだったか・・・

空梅雨かと思っていた矢先、昨日は未明から酷い雨が降り、現場へ向かう中国道では大変な事故を3件見ましたが、私が大好きな大分県南・佐伯市では震度5の地震が報じられました。

知人・友人も居ますが大丈夫だったでしょうか。

被害など出ていない事を祈るばかりです。



さて先週末、長崎県平戸宮の浦、五島で行われた釣研FG・2017WFG。
(ワールド・フィッシング・ガイア・オブ・グレ。)

私は釣友から声がかかり、運営スタッフとして参加してきました。

以前は同大会支部予選を行い、福岡代表を選出していましたが、スタッフとはいえその本戦の舞台に参加するのは初めてです。

大きな大会とは思ってましたがなかなか充実した三日間でした。

スタッフの立場から今回の大会を振り返ってみたいと思います。

土曜は設営、受付、開会式を終え、予選リーグ一回戦の渡船スタッフと選手が出港した後、残ったスタッフは港に設営した本部を直ぐに解体して全ての部材をトラックへ積み込みます。

暗い中、力を合わせて組み上げた本部が設営されてたのは僅か数時間。
{B9589000-C15D-4239-9C53-0BE270188247}


夜明けと共に何事も無かったかのように跡形もなく通常の港に戻り、本部は近くの漁民センターに移りました。

文字に書くと上記くらいの事ですが、競技が始まるまでにも幾つかのイベントがあります。

試合は勿論、それら全てをスムーズに終わらせる為にメーカー側、釣研FG役員とが計何日にも渡る打ち合わせが行われているのは言うまでもなく、本番ギリギリまで緻密な打ち合わせが行われているのです。

{CC87410C-50BF-46B6-A146-F71ACAEF985A}

”全国、海外の熾烈な支部予選を潜り抜けてきた代表選手に存分に力を発揮して貰うために。”

その配慮は宿泊する宿にまで渡ります。

試合では当然ながら1カード、一人勝てば一人は負けます。

最終日の決勝トーナメントでは負け無しで最後に残るのはたったの一人。

その一人以外の方は敗者です。

勝者は勿論、惜しくも敗者となった大部分の選手が地元に戻ったとき。

”今年もWFGは素晴らしかった”

”来年こそはあの頂きに立ちたい。”

楽しくそう土産話をして頂くために。



私を含め初参加のスタッフにとっては準備が全て整った後に突然加わったようなものでした。

それでも不安無く、自信を持って役割をこなせたのは過去22回に渡る主要役員の方々の経験、イレギュラーな事象が発生した際の機転など、大会を成功させる為の英知が存分に作用したお陰と思っており、その情熱には頭が下がるばかりです。

初日、宮之浦での過酷な予選リーグを抜けたのは12名。

そして翌最終日の五島・一ツ瀬で行われた決勝の磯に立ったのは五島支部・濱上選手、東九州支部・木村選手、京築支部・宮嶋選手の三名でした。

高い精度の撒き餌、落ち着いたやり取り、勝つ為の無駄の無い一挙手一投足。

殆ど差は無いように伺えます。

審判をしながらも最先端のグレ釣りを拝見しました。

潮を知り、魚を知る。

釣り込んでこられてるのがよく分かり、なにせ非常に高いレベルです。

そんな中、決勝を制してWFGの頂点に立たれたのは濱上選手でした。

柔らかい物腰に素晴らしい釣技、また話さなくても分かる高い意識とモラル。

尊敬すべきお人柄と思いました。

こうして大成功で終わった2017WFG。

三日間、過酷ながら非常に濃密な時間でした。

運営スタッフの一人以外として、竿は振らなくとも得たものはたくさん。

知人、友人、他メーカーの仲間、郷土の代表、そして私が所存する福岡支部の代表
とも個人的に楽しく話をしたかったのですが、今大会で大部分の時間を費やす競技中では公平を期すために敢えて話しかけないようにしていました。
(すみませんでした。^^;)

またの再会時はたくさん話したいと思います。



さて競技が終わり、帰港後の閉会式が始まりました。

表彰台で笑う入賞された三選手の笑顔を拝見し、祝福の気持ちと達成感で私自身も大きな感動に包まれました。

{9D9250F0-AAE6-4861-BDED-D4BD26BED930}

第24回となる一年後。 

極力、調整してまた是非お手伝いさせていただきたいと思いますが私個人の反省点は自分なりに修正したいと思っています。

もし参加が叶わなくても反省材料はしっかり来年の運営スタッフに伝える事で少しでも今後の大会に生かす材料にしていただきたいと思います。

{034B5EA1-24AA-4163-9231-4565FE20D743}



非常に親日家で今回、通訳で参加された台湾支部長の馬さんと(^-^)
{CB311621-5548-4135-BB8F-0082B063744C}
年齢は分かりませんが同級くらいか・・・


私に関しては動きが悪く、選手の皆さんに充分なお世話は出来なかったかもしれませんが素晴らしかった大会に関われた事、縁に感謝したいと思います。

{B68697C9-2E05-4A50-BD76-BFCAC1296BA5}


寿老人

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
✩人気ブログランキング・参加中
(*^^*)v
~釣りと日常Ⅱ~(Present by 寿老人)
アゲアゲ↑
ランキングバナーのクリックをお願いいたしますキラキラ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「釣り」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
釣研FG。

北は北海道から南は沖縄まで全国に支部を置き、海外では磯釣りが盛んな台湾、中国、韓国も名を連ねる大きなグループであります。

その会員数は約2,100名。

その各支部を勝ち抜いた代表が来週末に行われる決勝大会で長崎県平戸市に集まります。

WORLD  FISHING  GAIA  OF  GURE

運営の方では入念な準備が進んでおり既に決勝大会は始まっています。

2017年のWFGグレの覇者が決定するのは6月19日です。

{BF22A947-573B-4517-BF00-A4C87C7F4FBA}


寿老人

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
✩人気ブログランキング・参加中
(*^^*)v
~釣りと日常Ⅱ~(Present by 寿老人)
アゲアゲ↑
ランキングバナーのクリックをお願いいたしますキラキラ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さん、こんばんは^^

本日、午前中会議のあと道草食って飲みあげて爆睡しちまいました。

妙な生活リズムになりましたが、明日は休みなんでゆっくりしようと思うてます(o^^o)

さて釣りの方。

明日は大分県南を舞台に釣研FGチヌ釣り選手権が開催されます。

今年のチヌは近年稀に見る絶好調との事なんで、規定の二尾を揃える選手がたくさん出るでしょうね(^-^)

明日の選手権に参加される私の釣友の皆さんが漏れなく素晴らしい釣果に恵まれますように(^-^)


さて今宵、その釣研からの製品紹介です(^-^)


ギガント
{4C946B94-1A97-49BC-9E49-D58E767F65D4}




{502A1476-DE42-402D-9F98-6793A1B91EB1}



{C0BA2266-8179-4EBF-A3BB-B984E8AEC56E}



{F59B4610-AC17-4946-9D1E-E106232DFA19}

※製品名をタップすると釣研hpに飛び、詳細が確認出来ますがギガント、メッシュキャップ(ブラック)についてはまた後日、にアップされるでしょう(^-^)



このように怒涛のリリースとなっていますが、個人的には剛黒・沈めが気になっとります。

思う事は・・・

この剛黒、今年好調の磯チヌで既に大活躍中と思いますが、この磯チヌ祭りが終わると年間有数のグレシーズン開幕です。


梅雨グレは活性高く、浅ダナまで食い上がるため数、型共に望めて大釣りも可能となる。

一方、そんな先入観とは裏腹に意外と浮かずにタナの深いケースもありました。

釣り易い反面、実は難解な部分も秘めている梅雨グレに挑む為に。

剛黒はギガント程のウエイトは無いものの風、波、雨天でも充分、遠投可能なウエイトですので海原を広くカバーする機動力が魅力に思えます。

そして用途をネーミングではっきりと宣告している ”沈め”。

ポイントは沖と知りながら潮の流れ、風波などの要因で流し込むのが困難な状況。

以外と本命は食い上がらず、タナが掴めない状況。

速い潮が仕掛けの入りを邪魔し、思うようにツケエを馴染ませれきれない状況。

何れもキツい場面ですが、その為に試行錯誤するうちのタイムロスはなかなか痛いもの。

時に先入観はチャンスを阻害します。

チヌ専用と銘打たれた剛黒ながらバッドコンディション、潮の速度次第では面白いグレ釣りになるのでは・・・

シミュレーションして何でも試してみる。

そこから気付く引き出しは多々有るのではと思っています(^-^)



寿老人

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
✩人気ブログランキング・参加中
(*^^*)v
~釣りと日常Ⅱ~(Present by 寿老人)
アゲアゲ↑
ランキングバナーのクリックをお願いいたしますキラキラ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。