参院予算委員会は3日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席し平成22年度予算案に関する基本的質疑をスタートさせた。首相は今後の政権運営について「国民を欺くような政治を決してやってはならない。国民の暮らしが第一だと考えながら歩みたい」と述べた。

 4月以降に行う公益法人や独立行政法人を対象とした事業仕分けについては、枝野幸男行政刷新担当相が「現在のような独立行政法人が必要か検討する必要がある。その結果を踏まえ、制度改革を要するので早ければ23年度予算に影響を与えることができる」と述べ、23年度予算に反映させる考えを示した。

 自民党の林芳正政調会長代理への答弁。林氏に続き、自民党の西田昌司氏が首相と小沢一郎民主党幹事長らの「政治とカネ」をめぐる問題を追及。午後は改革クラブの大江康弘、民主党の平野達男両氏らが質問する。

【関連記事】
前原、仙谷、原口3閣僚が異例の予算委遅刻 予算成立確定で気の緩み?
首相、参院予算委前に「正直に真摯に誠実に」
民自両党が参院予算委日程で合意  3、4日に基本的質疑
経済オンチ・菅直人氏と財務省の関係は“持ちつ持たれつ”
市場関係者、“鳩山政権通信簿”はギリギリ及第点
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<経済成長戦略>策定に向け「幸福度」アンケート調査…政府(毎日新聞)
証人尋問3時間朗読、裁判員「長かった」(読売新聞)
予算案、衆院委が可決…年度内成立へ(読売新聞)
「首相を信じる」=普天間県内移設に反対強調-福島消費者相(時事通信)
<普天間移設>首相「月内に政府案」(毎日新聞)
AD