1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011-05-20 17:31:06

武道館公演10,000人が絶叫!

テーマ:ブログ
5月19日(木)、日本武道館にてジャスティン・ビーバー(17)の来日公演が行われました。ジャスティン・ビーバー自身のワールド・ツアーの最終公演となった本公演は熱狂的なファン約10,000人が武道館を埋め尽くしました。

オープニングDJの後に登場したビーバーは、フルバンド(ドラム、ベース、キーボード、DJ、ギター2人、コーラス4人、ダンサー4人)を率い、17歳にして世界で最も注目される男(ツイッターのフォロワー数全世界2位。男性としては世界一)を感じさせる堂々としたパフォーマンスを披露。集まった女子達も負けてはおらず、ビーバーがサングラスを取ったり、上着を脱いだり、ちょっと左右に動くだけで、ビーバーのボーカルが聞こえなくなるほどの大絶叫。ビーバーは負けじと、マイケル・ジャクソンばりのマイクスタンド・パフォーマンスを披露。

ビーバーも日本語で「ニホンダイスキ!」や「アイシテマス!」と返していました。

「ラヴ・ミー」から始まり、自身のドキュメンタリー映画のテーマともなった「ネヴァー・セイ・ネヴァー」や「サムバディー・トゥ・ラヴ」、「ワン・タイム」などヒット曲を連発。途中、「ワン・レス・ロンリー・ガール」では恒例(各会場で行っている)のご当地の女性ファンをステージ上へ上げる企画も実施。今回ビーバーがステージ上へ上げたのは、前日、米国大使公邸で交流した被災地の少女。この模様に観客の女子達も自身と重ね合わせてか大興奮。ビーバーがステージ上の少女に近づいたり、触れたりするだけで武道館が割れんばかりの大絶叫。その後、キング・オブ・ポップへのリスペクトももちろん忘れず、「Wanna Be Startin Somethin」をカヴァー。エアロ・スミスの「Walk This Way」では自慢のドラムソロ(なんとドラム歴10年以上!)も披露。

ビーバーは最後の曲を披露する前に
「最後にいいたいのは、被災地の人には少ししか会えなかったけど、ここにくること
が大切だと思った。日本に招いてくれてどうもありがとう。」


ビーバー「日本のみんな、ありがとう。ここに来れて本当に光栄に思いました。これが最後の公演だったなんて凄いよね。ツアーの最後にふさわしい終わり方だった。日本で最後が迎えられて良かったと思ってるよ。みんな、ありがとう」

$ジャスティンビーバー オフィシャルブログ Powered by Ameba


$ジャスティンビーバー オフィシャルブログ Powered by Ameba
ジャスティンビーバーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み