🎵分かち合い生きゆくことのよろこびを渡しゆきたし小さな手に手に 世界遺産、石見銀山のある大森の町にあるちいさなちいさな大森小学校で トーク&ライブをお届けしてきました。 全校児童16人のおうちみたいな学校です。 人権や命、親子の絆をテーマにしたこの授業の一貫でもあるコンサートに、お母さんやおばあちゃん、地域の方々もいらしてくださいました。 私の今の病のことや、人工肛門のことなどもお話させて頂きました。 実際に使っているパウチという袋もみんなに見てもらいましたが、子供達はみんな興味津々でうんうんうなずきながら、ちゃんと聞いてくれました。 人工肛門や人工膀胱炎をつけている人達のことをオストメイト、というのですが、そういう人達への理解や 何らかの器具や装置をつけないと生きていくことの出来ない人達がいることを知ってもらうこと、もこれからの私の小さな使命かなと思っています。 大人の方々もなかなか見る機会のないものなので、とても真剣に聞いて下さいました。 曲はオリジナルだけでなく童謡なども織り混ぜながらお届けしましたが、とにかくみんなめちゃめちゃノリがいい! 歌ったり踊ったり笑ったり… 最後はまあるく大きな輪になって繋がりました。 なんと!グランドピアノとアップライトの二台使い!という初の試みも! この町の頼れるアニキ、河村さんが音響をしてくださったお陰でスムーズに運びました。 小さな町のちいさな学校… 日本中のそんな場所へ、これからうたやことばを届けにいけたら、と思います。 すてきなご縁に感謝です。 ありがとうございました。。

Jun Shiratsukiさん(@junshiratsuki)が投稿した写真 -

AD