🎵時重ね新たに学び遊び笑む若き心よ老いはいずこへ 平均年齢70歳は軽く越えている(笑)若い!皆さんの熱く楽しいステージをお手伝いさせて頂きました。 まつえ市民大学修了式@プラバホール 音楽コースで一年間学ばれた学生さん達が 先月私の講義で練習した、聖者の行進 をゴスペル風→デキシー風というスタイルで式典のオープニング発表を。。 ステージを降りて会場に乱入?する仕掛けで、皆さん楽しそうに手拍子と笑顔のひととき…会場と一体になり大成功!でした。 年齢的に?(笑)アフタービートの手拍子はバラバラしたりしましたが、そこはご愛敬! 何よりも皆さんがステージで自己解放し、笑顔で踊って歌って、スポットライトを浴びている姿がなんとも言えない素敵さで、ピアノを弾きながら いいなぁ、すてきだなぁ、って 私のほうが大きなギフトを頂いたステージでした。。 細かなお世話にあっちこっち走り回る市民大学スタッフのスミコさんの美脚にうっとりしていたら、スタッフの方々から、、と 素敵な花束を頂きました! なんだかお仕事させていただいてるのに、頂いてばっかりだなあ… と、感謝しながら 黄色が一杯の花束を抱き締めながら、あったかなおひさまのかたまりを助手席に乗せて連れ帰りました。 又このメンバーで歌えるといいですね!と何人かの方と再会を約束しました。。 市民大学の音楽コースは今回で無くなってしまうそうなのですが、毎年このメンバーでオープニングで歌う!なんてエンターテイメントが続けられたらいいね、と話しました。 81歳!の素敵な方に、若さの秘訣を伺うと、「恋!」とおっしゃいました♥ きゃー!私も81歳になっても恋、してるおばあちゃんになりたーい!(笑)

Jun Shiratsukiさん(@junshiratsuki)がシェアした投稿 -

AD

🎵あどけなき息の笑顔の大人びて嬉しさいっぱい寂しさちょっぴり めったに無いこと、なのですが オットとムスメが、それぞれに泊まりの行事があり、一日だけ、私と息子だけになりました。 こんなこと滅多にないから、ままとしゅうせいとおでかけしよっか?と数日前から言っていたら 嬉しそうにうきうきしていました。 映画を見よう!と張り切っていたけれど見たかったのはもう時間が過ぎていたので、「ままお買い物してきていいよ、ぼくはおもちゃやさんに行ってるから」と お気に入りのバッグに入れたポケモンカードと共に、すたすたと行ってしまいました(笑) ○分に戻ってくるからね、と言ったら ちゃんといろんなものを楽しそうに見ながら待っていました。 「次はぼく、ゲームしてくるから、三回だけやるけん、まま又お買い物してきていいよ」と言われ、ちゃんといろんな約束を交わし、又改めて解散して待ち合わせの時間に迎えに行くと、まるで彼女を待ってる男子のように?いや、奥さん待ってるオッサンの如くに(笑)座っていました。 ぼく、と言ってたのに 最近はおれ、と言うことも多くなりました。。。 大好きだったおっ○いも(笑)もういらん!って離れていきました。。。 うーん、すごくうれしくて でもほんのすこーしさびしいような。。(笑) たまにはすてきなところでお食事しよう!と言ったのに「おれ、らーめんと炒飯と唐揚げがいい!」と言ってちいさいオッサンと安上がりなdinner(笑) それでも帰りの車の中でいーっぱいおしゃべりして、「あーたのしかったねーまたこんな日があるといいなあ」なんて呟いてました。 一緒にお風呂に入れるのもあとすこしなんだろうな。。 今日は二人だから旅館ごっこしよっか!と リビングにお布団を敷いて、絵本を読んであげると、電気を消してちゃんと自分からお祈りをしてくれました。 「ぱぱとちったがいませんが、ぼくがちゃんとできますように…」 なんて、自分で考えたおいのりのことばに、ままはじーんとしてしまいましたが、あっという間に夢の中へ…(笑) そんな寝顔を眺めながら独り飲むお酒も悪くありません。 入院中に弟分が持ってきてくれた林檎の味のアーリータイムス(甘いウイスキー!)のお湯割りと初物の文旦を。 家族 って当たり前のようでほんとうは いろんな角度や切り口から向き合うと又すごく新鮮なものだなぁ、ってウイスキーの甘味と文旦の酸っぱさを味わう、のでした。。

Jun Shiratsukiさん(@junshiratsuki)がシェアした投稿 -

AD

🎵それぞれの荷物を共にしばし置き歌って笑って心ころころ いずもJA女子大にて、ボイストレーニンクの授業でした。。 今期の生徒さんたちは、初の試みで49歳まで、に区切られてしまったので前年までと違い、人数はとても少ないのですが、思いを持って学びに来られるすてきな学生さんが又頑張っています。 今回は来月の女性部まつりで約700人の前で発表する歌を仕上げました。 身体が楽器!の元に、固くなった身体をじっくりほぐしながら、体幹トレーニングや呼吸、表情筋のトレーニング、白築レッスン名物?となっている様々なモノ(笑)を使っての発生練習で、皆さんがどんどん汗をかき、笑顔になって 心のぱんつを脱いでゆくプロセスがほんとにひとりひとり素敵で私もたくさんインスパイアされてました。 みんなが自分で考えた、自分の言葉 での台詞!もあります。 前回の女優講座での経験も活かしながらの発表… 女子大生たちのドキドキわくわく をピアノを弾きながら念を送って見守りたいと思います。 少人数でも二百人でも… こういうレッスンのときのきもちはおんなじです。 温めてほぐして、声を出し身体に向き合うことで、すこしでもほんとうの自分の根っこに出会ってほしい、と祈るようなきもちです。 今年は 自身のライブはもちろんですが、こういった形のワークショップもいろんなところに届けに行って、たくさんの人たちが心のぱんつを脱げるきっかけ作りが出来たらいいな、と思っています。 声、はメンタルと深く繋がっています。身体と心に向き合い、ブロックを解いてゆくことでも声は大きく変わっていきます。 ずっとずっと成長し続け、深化してゆくこと… 楽しいですね。 毎日が発見で宝探し! そんな気がする病気を経てからの日々です。 今日もすてきな発見がありますように🎵

Jun Shiratsukiさん(@junshiratsuki)がシェアした投稿 -

AD