Namaskar
はじめまして。
ビンダハニ 純子と申します。

Namaskar
Greetings from Junko Bindhany.

半世紀を過ぎた 私の人生は
今振り返れば 半端ではなく
波乱に満ちたものだったように 思われます。

Looking back my life of more than half century now,
it has been full of joys and trials.

その荒波をくぐろうとする時に
いつでも 私の支えになっていたものは
Yoga(インド伝統のアイアンガーヨガ)と
アーユルヴェーダー(生命の科学)そしてインドの哲学。

Every time I tried to get over trials,
yoga (the traditional Indian Iyengar yoga),
Ayurveda (life science) and
Indian philosophy have always supported me.

人生を通じて 学んできた これらの知恵を
私流に 表現して
世の中の皆様のお役に立てたら嬉しい! と思い立ち
ブログを作ってもらうことになりました。
どんな記事が 出てくるか お楽しみに!
どうぞ よろしく お願いします。

I wish to express and share with you the knowledge and
wisdom I have learned through my life.
I wish to include in this blog that will be
interesting and helpful to you.
Guess what will be coming.

このブログ作成には
アシスタントのジュリちゃんとマキコちゃんが
活躍してくれています。
翻訳は海外生活経験の長い
富田学さんがして下さっています。

My appreciation goes to my assistants,
Juri and Makiko for their dedication to make this blog,
and Manabu who had spent many years overseas
for English translation.

合掌
純子

Praying with palms together,
Junko

2011-04-07 15:39:40

第3回アイアンガーヨガ特別講座 –股関節と生理-

テーマ:ワークショップ
本格的なメソッドを体験 アイアンガーヨガ
講座のテーマ:股関節と生理(Physiology)

アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ

2011年5月21日(土)朝日カルチャー新宿教室
講師 日本アイアンガーヨガ協会上級指導員 ビンダハニ 純子


**********************************************************

身体の細部まで意識した動きによって股関節を正常な位置に戻し、
全身のバランスを整えます。心と身体の繋がりを体感しましょう。
アイアンガーヨガでは自分の肉体を探索するおもしろさ楽しさがあります。
それに専念してゆくことで、自分の身体や心の固さや歪みに気づき、
自分と向き合う難しさに出会うでしょう。
本物のアイアンガーヨガと、自分自身に出会う勇気のある方募集!



● 日時: 2011年 5月21日(日) 16:00~19:00 3h

● 受講料(税込): 朝日カルチャー会員:4.515円 一般:5.145円

● 持参するもの: 動きやすい服装(Gパンは不可。肌が出過ぎないもの)・
ヨガマット・ベルト・タオルと学ぶ心

● 場所: 新宿住友ビル4階


受講にあたっての注意事項:
食事は最低2時間前に食べ終わっていること。できれば動物性たんぱく質
は控えてください。未消化物がお腹にありますと、気持ちが悪くなったり、
頭痛になったり、気分が悪くなる場合があります。

<講師紹介> Bindhany 純子 (ビンダハニ じゅんこ)
1981年、インド、プーナにてB.K.S.アイアンガー師に出会う。
師から直に指導を受けて現在に至る。
インド人家族との生活を土台としながら、ヨガ、アーユルヴェーダ、
インド哲学を学び修行して行く中で、人間の肉体、生理と心理、
これらの3つがどのように影響し合っているかについて探求してきている。
自然の理にかなう、科学的な方法に基いたAsana・Pranayamaにより、
人間に内在する可能性を開発するヨガを提案し続けている。
様々な分野の人々にヨガの素晴らしさを伝えている。


**********************************************************


お申込/お問い合わせは朝日カルチャーセンターまで
申込・講座詳細はここをクリック
電話でのお申込み/お問い合わせ TEL:03-3344-1947
(朝日カルチャーセンター生活芸術家直通)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-23 13:32:24

2010ビンダハニ純子のロシア滞在記

テーマ:滞在記


アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ



11月29日朝7時、家を出る。

7時40分志木発成田空港行きリムジンバス。
快晴。まったく淀みのない快晴。


私は、未だヨガ協会の仕事を引きずっていた。自分のTeacher training の指導計画書を出発前に提出しなければならなかった。期限が迫っていたからだ。下準備は不十分。昨日までの協会認可TTの書類の承認を求め発送まで、なんとか漕ぎ着けたが、終わったら午後9時近く。それから夕食。家の近くのイタリア料理屋で食べて、家に帰ってソファーに座ったら知らないうちに居眠りをしていた。午後11時頃、Bidhu(私の夫)さんに、「荷造りしなさいよ」と起こされる。そこから荷造りを午前2時30分まで。明朝は6時までに起きなければならない・・・。

翌朝起き、入浴(いつも私は朝、入浴して水を浴びるのです。そしてお祈り。)をして、チャイを飲む時間が無かった。リムジンバスの中でTTの下調べ、成田空港の中の饂飩屋で書類を完成させ、コピーをして郵送ポストに入れて終了。これで、とにかくロシアに向かう。


飛行機は、エアロフロート(ロシア航空)。出発ゲートの周りにはロシア人と思われる体の大きな人ばかりが目に入る。でっかくて白熊みたいだ。だからなのか、ロシア空港の座席はエコノミークラスでも、いくらか大きいような気がする。私の席の隣に、ロシア人の2歳の女の子と4歳の坊やとその両親の家族。可愛い。
折り紙でカメラを作ってやったら、豪く喜んだ。でも女の子がすぐに壊してしまって、坊やは黙って母の顔を見上げていた。その後は、座っていることが辛く、横になって少し眠る。


モスクワ空港は新しくなったドーム型の大きく高い天井が印象的だった。そのドーム型の天井はすべて材木で造られていた。さすがに森林王国のロシアの首都である。入国時は問題なくDomestic Air (国内線)でEkaterinburg(エカテリンブルグ)へ向かう。Ekaterinburg 空港はマイナス24℃。


飛行機からリムジンバスに乗り換える時に、皆が急ぐ、駆け足で。早く室内に入ろうとする。一気に寒さを感じる。脛までの少し短いウールのズボンは不正解であった。Leg warmer を忘れたことに気がついた。まるで冷凍庫の中、それより寒く息を深く吸うと咳きが出る。私の体は寒がっていないが、下半身から寒さが押し寄せて来る。腕の肉に、寒さが突き刺さる感じがする。

Ekaterinburugアイアンガーヨガセンターの代表のEgorさんと友人のナスチャさんが出迎えてくれた。再会を喜ぶ。ナスチャは、私のコートを手に触り、「これは薄すぎる」と私に怖い顔で言った。(私はGapで購入したダウンの黒いジャケットを着ていた。日本では熱すぎるくらいであるが・・。)


翌日、エレーナのママと友人がバレエ鑑賞に招いてくれた。初めての

Ekaterinburgの街、マイナス20℃の世界へ出かけた。街にはたくさんの人々が元気に歩き回っている。分厚い毛皮のコートを着て毛皮の帽子をかぶり、皆ファッショナブルな装いで足早に歩いてゆく。

鳩や雀もたくさん居た。当たり前だが、鳩や雀はコートを着ていない。マイナス20℃の世界は、こんな世界・・・。皆、寒いのでさらにパワーアップして元気な様子で、ある。アクティブである。ポジティブである。バレエの国ロシアのバレエダンスは素晴らしかった。その物語に出てきた悪魔を踊るダンサーがとても素敵であった。


3日目、女性のセラピークラスのセミナー。静脈瘤の人、子宮筋腫の人、流産を繰り返す妊婦、メンタルストレス、子宮内膜症の人・・。皆それぞれの問題が難しかった。一人ずつしっかりと向き合うことで、答えが引き出される。そんな気がした。まるで、私のアセスメントのようで、ヨガの神様に試されている気がした。まだまだ、私の知識や経験は不十分で不安もあり、自信もないところをよく観ることが出来た。クラス中自分を励ます自分が居た。夢中になること、其れを観ること。


このEkaterinburug の一番寒い時期に、ここに来ることになった理由が、何かあるのだと思う。地球の一番寒い地域に、一番寒い季節に訪れる機会を得たことは、「天からの愛」としか受け止めようが無い・・。

それに報いる、それに立ち向かう心と身体を準備して、私は私自身に向き合って、私の中にあるYoga の光を人々に伝えたい・・。怖い気持ちもある・・・、でもこれはチャレンジ!


アイアンガーヨガに流れるチャレンジ精神が、ロシアの人々にFitするのかもしれない。私の出会ったロシアの人々は皆Positive(積極的・前向き)で明るい。私の中にありがちなNegative(消極的・悲観的)で暗く重いものが無い。でも何かもっと、自分の内面に入ることは必要であると感じる。熱心である。何かそれが自分自身の中に向かうと、さらに素晴らしくなる気がした。


でも、この旅は私にとって、やはり Gift from the God !! 有り難い。

感謝! 感謝!



Junko Bindhany’s visit to Russia in 2010

I left my house 7:00 AM November 29, 2010. I took a 7:40 AM Limousine Bus from Shiki. The sky was clear and crispy, perfect weather. Yoga
association’s job was still haunting my mind. I had to submit a planning program of Teacher Training before my departure. The deadline was very near. I had to make the program in a hurry. I had barely made documents that asked the association to approve my Teacher Training program.
It was already 9:00 PM. I had a dinner at an Italian restaurant near my
house. I came home, and sat on a sofa. I did not know that I fell asleep. Bidhu, my husband, woke me up around 11:00 PM saying, “You got to
pack.!” I finished packing 2:30 AM. I had to get up before 6:00 AM. It is
my habit to take a cold shower every morning and pray. But I did not
have a time to do so. I did not have a time even to drink a cup of chai.
I was still working on Teacher Training program, finished the program
documents in a noodle shop in Narita Airport, took copies of them and
put them in a post box. I was on my way to Russia.

I took Aeroflot-Russian Airlines. People near the departure gate were
huge. They seemed to be Russian. They looked like white bears. I thought this was the reason why economy seats in Russian Airlines were a
little bigger than those of other airlines. Two-year old Russian girl, four-year old Russian boy and their parents sat next to me. The girl and the
boy were adorable. They were pleased when I made a paper camera by
Origami (Japanese art of making a shape by folding a paper). The girl
broke it immediately. The boy was looking at his mother without saying
anything. As it became painful to sit, I lay on my side and slept for a
while.

The ceiling of the new high dome in Moscow airport was impressive. The ceiling was made of woods. Moscow is the capital of Forest Kingdom.
Immigration was smooth. I was on my way to Ekaterinburg by a domestic air. The temperature at Ekaterinburg was minus 24 Degree Celsius. All  the passengers were running from an airplane to the inside of a
Limousine bus. I suddenly felt it was very cold indeed. I realized that my shin high wool pants were bad choice. I also realized that I forgot to
bring leg warmers. I felt as if I were in a refrigerator. I’d rather say it
was colder than a refrigerator. Inhalation made me cough. My body tried
to resist cold temperature. But coldness was creeping to me from under my feet. I felt as if I had been stabbed by coldness. Egor, president of
Iyengar Yoga Center Ekateringbur and his friend Nastya greeted me. We were pleased that we met again. Nastya touched my coat, and said,
“This is too thin.” making her faces. (I was wearing a black down coat
that I bought at GAP. This coat was too hot in Japan.)

Elena’s mother and her friend invited me to a ballet. It was my first time in Ekaterinburg, the world of minus 20 Degree Celsius. A lot of people were walking around energetically. They were walking around wearing thick fashionable fur coats and fur hats. I saw a lot of pigeons and sparrows
too. Needless to say, they did not wear fur coats. This was the minus 20 Degree Celsius world. The colder, the more energized they were. They
were active and positive. Ballet is national art in Russia It was really
impressive. A dancer who performed the role of a devil was rally nice.

I had a therapy class seminar on the third day. People suffering from
varicose vein, uterine myoma, repeated miscarriage, mental stress, and
endometriosis attended the class. Each case had its own difficult
problem. I was convinced that I could get an answer by facing each
person directly. I felt as if I were taking an assessment test by the Yoga God. This experience made me realizes that I did not have enough
knowledge and experience, and I did not have enough confidence.
I encouraged me to devote myself and see myself mindfully.

There must be a reason for my having visited Ekateringbrug in the
coldest season. It must be “Devine love “ to have given me an
opportunity to visit the coldest area on the Earth in the coldest season.
I said to myself “In order to accept Devine love and to prepare my mind
and body to surrender to Devine love, I will face myself and transfer the light of Yoga to many people.” This made me tremble. But this was an
opportunity for me to further my yoga practice!

Challenging spirit in Iyengar yoga seemed to fit Russian people. All the Russian people I met were positive and cheerful. They did not have dark negative pessimistic aspect that I had. I felt that I needed to penetrate
deeply into myself. They were enthusiastic. I thought that when the
challenging spirit penetrated deeper into myself, my practice would
become deeper. This trip was a gift from God. Thank you my Lord.

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-12 12:28:08

十文字学園幼稚園 「アイアンガーヨガ講習会」

テーマ:ワークショップ
2010年10月25日(月)十文字学園幼稚園にて、「アイアンガーヨガ講習会」を行いました。父母会主催で120分間のレッスンでした。約40名のご父母の方にアイアンガーヨガを体験していただきました。

<<レッスン内容>>
・身体の部位を知る
・スタンディングポーズ
・リラックスポーズ

<<受講された方々からのメッセージから抜粋>>
とても気持ちのいい時間を過ごすことができました。毎日、家族のために動き回っていて、自分のことをすっかり忘れてしまっていました。今日はもっと自分を大事にしなければと気付かせていただきました。ありがとうございました。

--------------------------------------

ヨガ=難しいポーズをとるもの、というイメージしかなかったのですが、ポーズをとるのが目的ではなく、身体を解放して心も解放するためだと知ってビックリでした。先生の話を聞いていると、なぜか涙が出てきたのが自分でも信じられなかったです。

--------------------------------------

先生がとてもすばらしくすてきな方でした。カラダが固いと心も固くなる、カラダをやわらかくして、心もやわらかくのびのびと生きる・・・」そんなお話をされて、とても気持ちが楽になり元気が出ました。自分らしくのびのび生きられるよう、ヨガでカラダをやわらかくしていきたいと強く思いました。とてもすてきな時間をありがとうございました!!

--------------------------------------

痛かったけど気持ちよかったです。心も開けるようになりたいと思いました。

--------------------------------------

ヨガとは、自分と向き合う事というテーマで、いろいろなポーズを教えていただきました。体がカタイと心もカチカチになっている。体をのばすと、心も自由になれるという主旨の先生のお話も心にしみました。終わった後、体も心もすっきりしました。ぜひこれからも自宅でも今日のポーズをして、体も心もリラックスしたいと思います。

--------------------------------------

「人生は自分次第」という言葉、とてもためになりました。家族のためにも、自分のためにも、からだをひらくことがとても大切だと思いました。とても気持ちがよくて、たのしいひとときでした。ありがとうございました。

--------------------------------------

ヨガは初めてで、どんなものか分からなかったのですが、終わってみて、体が気持ちよかったです。話もためになったし、体と心がつながっていて、大切だというのが心に残りました。今日は参加できて良かったです。ありがとうございました。

--------------------------------------

気持ちよかったです。体がのびて。やっているうちにポーズがとりやすくなりました。先生がステキ。インドのお話ももっと聞きたかったです。足がのびました。

--------------------------------------

ヨガのイメージが変わりました。体がかたくて参加しようか迷っていましたが、参加して良かったです。心がみすかされているようで、ドキッとしましたが、ありがたいお話に感動しました。

--------------------------------------

先生のお話がとても楽しく、体と共に気持ちもやわらかく明るくなれた感じがしています。自分の状態を自覚して、自由になることが自分にも子どもにもとても良い事なんだとわかり、ヨガを知って、これからの生活が何だか楽しみになってきました。

--------------------------------------

非常にいいひとときでした。“体の柔らかさが心の柔らかさに通じる”というお話に深く感銘を受けました。“母”ではなく“妻”でなく、“ありのままの自分”に向き合うということ、子どもと接する時の柔軟さと自分自身の強さをもてば、イライラや問題解決できるということ・・・など。体の爽快感もさることながら、精神的にもとても豊かになれたような気がします。ありがとうございました。

--------------------------------------

6年前の妊娠中にお世話になっておりました。数年前の父母会開催のクラスの時、純子先生の言葉が、身に染みこむように、体の奥に納得がいくようでした。自分らしく生きるためには、体が広がり、呼吸を深く取り、血が流れているのを感じとるようにやってみました。宇宙と地面の奥深くと自分がつながったような安心感と自信が、体全体の真ん中を通ったように感じました。すばらしい感覚でした。ぜひとも又、先生に教えていただきたいと思いました。

アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ


アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ


アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ


アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ


アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ


参加してくださったみなさま、ありがとうございました
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-12-05 17:39:56

The body is visible mind, the mind is...

テーマ:マタニティー

The body is visible mind, the mind is invisible body.

最近のヨガブームのなかで、助産師が1週間や10日間といった短期間の
「マタニティヨガ指導者養成セミナー」などという名前の講習を受けただけで、すぐにマタニティヨガの指導員になったつもりで妊婦に教えてしまうことがあると聞いたことがあります。「マタニティヨガ」という言葉がよく使われますが、事実は「マタニティの期間に行うヨガ」という意味で、「マタニティヨガ」というヨガは存在しません。

助産婦として、女性の身体について専門的な知識や経験があるとしても、不十分な理解で妊婦にヨガをやらせてしまうことには、危険が伴います。「短期間のマタニティヨガ指導者養成セミナー」という名の講習に高額な受講料を支払って、ヨガの知識・方法を詰め込み、勉強したとしても、あるいは、本やDVDで「マタニティヨガ」を学習したとしても、それを無責任に妊婦に教えることは慎んだほうが安全でしょう。

なぜなら、ヨガの哲学では「The body is visible mind, the mind is invisible body.(身体は眼に見える心、心は眼に見えていない身体)」といいます。それが心理的・生理的にどのような影響を与えるかもわからぬうちにさまざまなポーズを妊婦にやらせたり、間違った身体の動かし方をしてしまうと、思わぬ状況を引き起こすことがあります。

実際、筆者が20年間妊婦にヨガを伝えることを通して経験して分かったことは、皮膚の向き、骨の位置が少しでも違うと、一瞬にして妊婦の顔色や生理的・心理的な状況が変化するということです。そんな微妙で繊細な表情を読み取って指導していても、思わぬハプニングが起こり得ます。それが妊婦のヨガだと思います。

妊婦の身体は、生命を生み出そうとして刻々と変化を遂げています。それが自然の理に適うのでしたら、素晴らしく健康的な状況をもたらします。しかし、その反対に不自然な動きは、思わぬ悪い結果を招きます。

妊婦という特別な状況の人に教えられるようになるには、あなたが実際に自分で自分の肉体を動かして、その動きが生理的・心理的にどのような影響を及ぼすのか、自分で体得してから教えることが安全であり、望ましいでしょう。それには更なる自己研修が要求されます。自分でよいか、悪いかを感じたことのないものを、頭だけの理解で妊婦にさせてしまうことは、危険を伴います。10人妊婦がいれば、10人とも違う身体、違う感じ方、違う状況があるのです。

私たちヨガを伝えるものは、相手の状態をできうるかぎりきちんと把握したうえで、伝えてゆかなければならないと、常に自分を戒め、日々自分の練習に励んでいます。

              「周産期看護学アップデート」(中央法規出版)より

Yoga is so popular these days. I have heard that there are cases in

which nurse midwives who have attended only one- week or 10 day-

seminar called “Seminar for maternity yoga teachers” immediately start to teach to pregnant women. The word “maternity yoga” is used very

often. But there is no such yoga as maternity yoga. Maternity yoga

means yoga that is practiced during pregnancy.

Even if you have enough professional knowledge and experience about
female body, it is very dangerous to let pregnant women to practice yoga without full understanding of Yoga. You might have attended a seminar
such as “Seminar to become a maternity yoga teacher in a short time”, paid large amount of tuition fee, studied yoga’s knowledge and art, or
studied “maternity yoga” through books or DVDs. But you should not
teach what you think you have learned to pregnant women until you can take full responsibility.

The reason is that in yoga philosophy “The body is visible mind, and
mind is invisible body.” If you teach various poses or unscientific

movements of the body to pregnant women without understanding how

they affect pregnant women mentally and physiologically, you may cause unexpected disastrous result.

I have understood through my 20-years experience of teaching yoga to
pregnant women that slight difference in the direction of skin and the
location of bones changes physiological and mental states. Even if you
notice such subtle changes in their faces and teach, you may encounter an unexpected incidence. I think this is all there is to it about maternity yoga.

The body of a pregnant woman is changing every second to give a new
life. When her changes are in harmony with Nature, such changes will
bring wonderful healthy state. But movements against Nature will bring
unexpected bad results.

In order for you to be able to teach to pregnant women, it is advisable
and safer that you only do so after you have understood how your movements affect you physiologically and mentally by moving your own body. You are required to study further to be able to do so. It is dangerous
to teach what you have only understood intellectually to pregnant women without having felt yourself if it is good or bad. If there are 10 pregnant women, there are 10 different bodies and 10 different feelings.

I practice yoga every day telling me that we who teach yoga must do so by fully understanding what kind of situation our students are put into.

                “Update on nursing during pregnancy”

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-10-20 15:04:51

◆第二回◆アイアンガーヨガ特別講座@朝日カルチャーセンター新宿教室

テーマ:ワークショップ

講師 日本アイアンガーヨガ協会上級指導員 ビンダハニ 純子

日時:2010年 10月31日 日曜  10:30~12:00 
※10:15に集合してください。レッスンの前にオリエンテーションを行います。

受講料(税込): 朝日カルチャー会員 2.940円 
一般 3.570円(入会不要)※定員になり次第申込終了

持参するもの:動きやすい服装(Gパンは不可。肌が出過ぎないもの)
ヨガマット・ベルト・タオルと学ぶ心

場所:新宿住友ビル4階 ※教室内に更衣室がございます。

受講にあたっての注意事項
食事は最低2時間前に食べ終わっていること。できれば動物性たんぱく質は控えてください。未消化物がお腹にありますと、気持ちが悪くなったり、頭痛になったり、気分が悪くなる場合があります。


お申込み・お問い合わせは、電話やインターネットで。
◆◆朝日カルチャーセンターまで◆◆
TEL:03-3344-1947(生活芸術科直通)


************************************************************


前回(2010/8/11)の同教室でのレッスン風景


アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ


アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ


アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ


************************************************************

10/31のレッスンでお会いいたしましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-02 14:58:04

頭痛 part1

テーマ:身体

私は、いつもヨガを人に伝えながらも、このヨガをできるだけたくさんの人に知ってもらいたいと思っています。

私の人生はヨガと出会い、地獄のような暗く辛い自分との葛藤の多い生活から、広い青空が高く見え、大地を踏みしめて手を大きく広げて空を仰ぎ見るような今の生活に変わることができました。
そんなヨガをできるだけ多くの人に知ってもらい自分の生活に役立ててもらえたらと、思っています。

ヨガは必ず、あなたを今よりももっと健康で元気にしてくれるし、人生が明るく希望が持てるようになることに役立つ方法がたくさんあります。

私が30年間学んできたヨガの知恵を最大限、多くの方々にお伝えしたいと希望を胸に抱いています。

--------------------------------------------------------------

今回のテーマは「痛み・・・Part1」


あなたは、生理痛や頭痛とどのようにつきあっている?
すぐに、鎮痛剤を服用してしまっていますか?
でも、なぜ生理の時にいつも痛くなるのかって、考えたことはありますか?
どうして、いつも頭が痛くなるのかって、思ってみたことはありますか?

薬を飲むことは、身体にあまりよくないって、判っているけれど飲まずには居られない・・・・薬は、身体にとっては異物ですし、化学物ですから飲まないで居られたらその方が良いと思いませんか?

もし、薬を飲まないで、痛みを取り消すことができたら、と思いませんか?
ヨガの練習で、薬を飲まずに痛みを取り除くことができます。知っていますか?きちんと身体を調整して、身体と心が必要とするポーズをとることで、痛みを取り除くことができる場合が多いのです。

身体には、痛む理由があるのです。それは何か?
人間の身体は自然物です。木や花や猫やカラスや海と同じ自然物です。
その自然から理由があって、痛みを与えられているのです。
その痛む理由について振り返って見たことがありますか?なんのことかと、意味が判りませんか?

人間の身体はひとつの宇宙です。
その宇宙の中の何かのバランスが崩れてくると、痛みを通してメッセージを送ってくるのです。「ここが何か変だよ!」と。

だから、そのアンバランスの理由に気付いて、バランスを整えるように対処をすると、痛みは治まるのです。服用薬は、そのアンバランス即ち、自然からのメッセージを無視してしまうことになるのです。そして、そのアンバランスを無視し続けると、いったいどのようなことが起こるのか想像することができますか?

 たとえば、雨が降る度に水が少し漏れていたけれど、今は大したことないからと、無視し続けていたら、大雨が降ってあっという間に水浸しになってしまうような・・・そんなことがあるかもしれない。毎回、痛む度に薬という異物を取り入れていると、身体の中の異物を浄化しようとしている内臓には、それが少しずつ蓄積されていきます。その内臓は長い間に、いったいどうなってしまうでしょうか?想像ができますか?

身体には、痛みを感じる機能があって、生命を守ろうとしています。もしこの痛みを感じない身体になってしまったら、いろいろな危険にさらされていても感じないでいてしまうのです。

でも、これを読んでいる人の中に、毎日ひどい偏頭痛や神経痛などの方がいらしたら、痛みなど感じなければいいのにと、思われるかもしれません。

私も、かつて長い間、ひどい痛みに襲われる恐怖におびえて、ポケットにいつも劇薬の含まれた強い鎮痛剤を持ち歩いていた、そんな時間がありました。医者にも治すことができませんでした。薬を飲んで身体がボロボロになってしまった時期がありました。それで、私はヨガと出会ったのです。

ヨガのポーズで、痛みをその場で治めることができます。
そのポーズの写真をこのブログで載せてくれれば、と思うかもしれませんが・・私は、あまりそれを掲載することに気が進まないです。

なぜかというと、ヨガのポーズは形だけではないからです。
細かく意識をして自分を感じる必要があるのです。
それを写真だけでは伝えられるかどうか・・・と思うからです。

でも、やってみましょうか?
一般的なポーズをひとつだけ紹介してみましょうか・・・・

もし、やってみて痛みが治まらなかったら、その理由は

● 身体が硬くなっていて、内臓をかえって圧迫してしまう場合
● きちんと身体の調整ができていない場合
● 脳が緊張したままか、腹部に力がはいっていて硬いか、呼吸を止めている場合
● 今の症状には合わないかその人の状態に合わない場合

などが考えられます。


<痛みを治めるヨガのポーズ> アドムカ・スワスティカアサナ

1. お尻の下に毛布を畳んでお尻を少し高くして、胡坐のように足の脛の真ん中をクロスして座る。(写真1)このとき坐骨の骨を触って、骨のまわりの皮膚や肉を後方へどかすようにして坐骨にすわること。

アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ *写真1*

2. 座った足の脛と太ももの外側に薄く畳んだタオルケットのようなものを挟み込み、足の付け根が柔らかくなるようにする。(写真2)

アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ *写真2*

3. 足の付け根を手の親指の腹で下に押すようにしながら胸を起こして身体を上に伸ばしながら、前に倒してゆく。(写真3)

アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ *写真3*


4. 胸の真ん中をテーブルの上に預けて額もクッションか座布団のような少し柔らかい厚みのあるものの上に載せ、腕もひじを曲げて載せる。(写真4)


アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ *写真4*


5. 眼球・顎・舌・首・肩・背中の力を抜いて、身体を預けるようにしてゆっくり呼吸をする。自分の呼吸の動きを感じ、呼吸の音を聞きながら静かにこのまま、2分~5分間いる。

6. 足を組変えてもう一度同じようにする。

7. 痛みが、治まりにくい場合はこれを繰り返す。

--------------------------------------------------------------

痛みのあるときに、忍耐強くこれを読んでやるのは難しいかもしれませんから、痛みのないときに一度、トライしてみて実際に役立ててみてください。
Good Luck!!



I have been teaching yoga for many years and I have always wanted as many people as possible to experience yoga. I was very fortunate to ha-ve met yoga. Yoga saved me from the life of dark and painful hell, from
struggling with myself. Now I can see the tall and wide sky, putting my
feet on the ground with my hands wide open. I do hope that you experie-nce yoga and apply it to your life so that you can live to the full. Yoga
will make you much healthier and vivid. There are many methods that are helpful to make your life brighter and full of hope. I really want to spread to as many people as possible the knowledge of yoga that I have been
learning more than 30 years.

--------------------------------------------------------------

Headache Part 1

How do you deal with your menstrual pain and headache?
Do you take a painkiller immediately?
But have you ever thought about why you have a pain when you have a menstruation?
Have you ever thought about why you have a headache?

You take a medicine even if you understand that it is not good for your
body to do so. A medicine is foreign matter to your body. Don’t you thi-nk that it is a lot better if you can do without it? Do you know that you
can remove your pain by practicing yoga? In many cases you can elimin-ate your pain by aligning your body correctly and making a posture that
is required for your body and mind. Your body has a reason to give you a pain. What is it? Our body is Nature. It is Nature as trees, flowers and
crows are Nature. The Nature has a reason to give you a pain. Have you ever thought about it? Do you understand what I am talking abut? The
human body is a cosmos. When the balance in the cosmos is disturbed
and lost, the cosmos will send you a message through a pain. It says
“Watch out! Something is wrong with you.” So, when you notice the rea-son for an imbalance and deal with it to restore a balance, your pain will go away. Medicine masks an imbalance or a message from Nature. If you continue to disregard the imbalance, can you imagine what will happen? Suppose this example. The surface of a ground becomes wet only a little every time it rains. But if you think it is only a small rain and do not thi-nk about what might come later, it is very possible that flooding will oc-cur when it rains heavily. If you continue to take a medicine or foreign
matter every time you feel a pain, foreign matter will be accumulated
gradually in your internal organs that are designed to purify chemicals.
Can you imagine what will happen eventually in your internal organs?

Your body has functions to protect your life by feeling a pain. If your bo-dy does not feel a pain, you lose your ability to sense various dangers
you might encounter. Those of you who suffer from a migraine or a headache might feel that you would rather not feel a pain. There was a time when I carried a very strong medicine that contained even poisonous ch-emicals, being afraid of having an unbearable pain. Doctors could not cu-re me. There was a time when my body was miserable. Then I met yoga.

You can instantly release a pain by practicing a certain asana. You would say “I want to see the pictures of it on this blog. I am rather reluctant to show it because yoga asanas are not just shapes. You must be aware of yourself. I am not sure if I could tell you this by just showing pictures.
But let me try. Let me introduce to you a popular asana. If your pain do-es not fade away, the reasons are:
● Your body is very stiff and your internal organs are constricted.
● Your body is not correctly adjusted.
● Your brain is tense, or your abdomen is stiff because you hold it too
tight, or you hold your breath.
● The asana is not effective to your present symptom, or not applicable to your present situation


Adhomukha Swastikasana (asana to relieve pains)


1. Place a folded blanket under your buttocks to raise them from the flo-or a little bit. Sit cross-legged, crossing the centers of both shins 
(Picture 1). Touch sitting bones by your hands, move your buttock skin
and flesh backward, and sit on sitting bones.

アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ *Picture 1*

2. Put a lightly folded towel-type-blanket firmly outside your shins
and thighs to make your groins soft (Picture 2).

アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ *Picture 2*

3. Raise your chest and stretch your upper body by pressing your groins by your thumbs and bend forward (Picture 3).

アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ *Picture 3*

4. Place the center of your chest on a table and place your forehead on
something soft and thick such as a cushion or a bolster. Bend your elbo-ws and place your arms on it (Picture 4).

アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ *Picture 4*

5. Release tension from your eyes, chin, tongue, neck, back; breathe slo-wly. Rest yourself completely. Feel the movements of your breath. Listen to the sound of your breath silently. Hold the pose for 2 to 5 minutes.

6. Change your legs and repeat above.

7. If your pain persists, repeat this sequence.

--------------------------------------------------------------

You might find it difficult to do this when you are suffering from a pain.
I would suggest that you try to do this when you do not have a pain.
Good luck!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-08-08 12:15:07

純子先生と生徒の会話 ~母娘編~ Part4

テーマ:メッセージ
ある日のレッスン終了後、
純子先生と生徒さんがなんとなく会話が始まりました。
そして、話が進むにつれて生徒さんの心の悩みを打ち明けてくれました。
母親への愛しい想い。
ヨガを通して、純子先生の経験を通してアドバイスされています。

今回で最後になります。
日々、あなたの心の中は何を感じていますか?



ヨガから離れられない…という意味は、
どういうことか。

自分と出会った後、その自分を捨てられる?
自分を捨てられないでしょ。
自分という、この人と一生付き合うわけでしょ、
死ぬまでは。
肉体が滅びるまでは。

「ここ」と一緒にいるわけだから、
生きている以上は、自分をきれいにして、
“自分らしい私”で生きたいわけじゃない。
自分らしく生きたいじゃない。
それには、余分なもの、
いらないもの、飾りを捨てないと…、
何が本物か見えないわけよ。
お家の中を片付けるのと同じ。

30年以上生きて来たのだから、
ごみがいっぱいありますよ。
捨てないで溜めてきたんだもの。
余計あるよ。

捨ててゆくと…
もっともっと元気になる。
疲れなくなる。
肌が痒くなくなる。
怒りの抑えてあるもが、痒いのだと思いますよ。

「自分の感情」を見てゆくの。
そうするとどうなるか…?

素直な、
綺麗な、
心にだんだんなってくるのよ。

お母さんだってその状況を選んでなかったわけじゃないのよ。
お母さんの人生としてなってしまったのよ。
そこにたまたま娘に出会ってしまったのよ。
それでも精一杯やってきたのではないかしら…?
自分(純子先生)を振り返り、
他に選ぶ余地がなかっただろうと思いますよ。

親がね、
「子供を自分の納得いくように育てられるかな…」って、
親になって思いますよ。
私は息子に良いと思ってやったことは、
全部裏目にひっくり返されてきましたからね。
こんなに想っているのに…
「もう、ばか。」って思いますよ。

子供のことを思っていないわけがない。
まして…そんなにお母さんの事、
思っているのだもの。

『気』というのは、遠隔地で離れていても通じるの。
親子だったり、仲の良い夫婦は…、
ここにいて通じ合ったりするのよ。

あなたの心の中の何かが変われば、
お母さんも変わります。
必ず。

人間は言葉だけでは生きていないのよ。
そう思えば、人生捨てたモンじゃないですよ。

肉体の年はとるけど…
古くなるけど…
心は綺麗にすれば…若くなる。

自分の中にある物にそのまま出会えればね、
『嬉しい!ワクワクする!』って出てくるから…。
掃除すれば掃除するほど。

掃除をしてご覧なさい。
汚れがいっぱいついているのだから、取ってごらん。

きっとそのために…
ここ(ヨガセンター)に出会ったのでしょうから…。

<おわり>


A conversation between Junko Sensei and a student on
Mother and Daughter. Part4.


One day after a lesson Junko Sensei
and a student had a chance to talk casually.
While they were talking, this student
told Junko Sensei what was troubling
her mind, which was her relation with
her mother, or her love with her mother.
Junko Sensei gave her an advice based
on Junko Sensei’s many years’ experience in yoga.

This is the last of part four series on mother
and daughter. What does your mind feel?


Junko Sensei:
What do you think is the meaning of
“You can not leave yoga?”
Can you get rid of you once you have met
with your real Self?
You can’t.
You are going along with the person
called your Self until you die. Until your body perishes.

As you are living in Here and Now, you
want to make yourself beautiful and
want to live the life you really want to live, don’t you.
You can’t see what you really want to
do without throwing away what you don’t
need, ornaments. It’s like cleaning your room.

As you have lived more than 30 years,
I’m sure you have accumulated a lot of
trashes. You have been storing them
without throwing any of them.

When you throw those things, you will
become more energized and you won’t
get tired. You don’t suffer from skin
irritation. I think your hidden anger
causes skin irritation.

Look at your feelings.
Then what do you get?
Your mind is becoming more honest and
beautiful.

I don’t think your mother willingly
decided to choose what she did.
But her life became like that.
Then she had a baby as a happing of life.
But I think she has been doing her best
in her situation.

I don’t think your mother was in a
situation where she could think through.
She had no alternative.

When you become a mother, you will be
wondering if you can really raise your
child as you wish.
Whatever I did to my son hoping it will
be good for him did not give me the
result I hoped to have.

I said to myself “I love you this much!
But you don’t understand how I feel.
You, idiot!”

Any mother thinks of her child as I do to
my son. Your mother too. Because you
love her so much.

We can feel how other people feel, even if
we are far away. Parents and their
children, a husband and his wife can feel
each other by just being side by side.

When something in your mind changes,
that will cause your mother to change.
No doubt about that.
We can not live on words alone.
If you know this, you can accept most of
what your life gives you. Life is not as
bad as you think.

Our physical body is getting older. But
our mind becomes younger when it is polished.
When we meet our real Selfs, we will be
really pleased and excited. The more you
clean your mind, the more you will
become younger.

Clean up yourself!
You are full of trashes and stains.
Get rid of them. You must have come to Yoga Center to do so.

The end of the part 4 of part 4 series

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-08-01 12:34:39

純子先生と生徒の会話 ~母娘編~ Part3

テーマ:メッセージ
ある日のレッスン終了後、
純子先生と生徒さんがなんとなく会話が始まりました。
そして、話が進むにつれて生徒さんの心の悩みを打ち明けてくれました。
母親への愛しい想い。
ヨガを通して、純子先生の経験を通してアドバイスされています。

健康とは!?自分を知るプロセス…?



そういう形での「喧嘩」は悪くないですよ。
その場が気まずく、黙るのも悪くない。
一つのプロセスとしては。
『だってわたし持ってるんだもん!』
愛情として伝わるじゃない。
『あんた私の親なのに…何よ!』って。

生徒:愛情として受け取ってくれるのかな。

娘だもん。
娘が怒ったら、愛情以外なんてとるの。
親以外、他に当てる人はいないのよ。
遠慮する必要は無いわよ。
そうするとお母さんも自分の事を振り返ってみるかもしれない。
関係が修復する。

生徒:もう諦めていた。
拘わるのをやめようかな…って思う。
私が辛い。

辛いけど…黙ればもっと辛いわよ。
表面的に一時的は辛いわよ。
痛いよ、喧嘩になったら。
自分の肉親を『もういい!』と突き放すことほど、
痛いものはないじゃない?

絶対に残りますよ。
ずっと根の深いところで一番奥のところで沈殿しちゃう。

そいうものがあなたの中から吹き出し始めているのよ。

健康になってきたってこと。

まえは蓋をして、
『もういいわよ。こんなものよ。』って思っていたの。
ここ(ヨガセンター)に来た頃は…。
だんだん正直になってきて、
一番下のほうから沸々と湧き出てきたのよ。

『フツフツ…と、色々、
あーでもない。こーでもない。
何をやっても気に入らない!』
今そう思っていっているでしょ。
非常に正直な証拠よ。
健康になりつつあるわけ。

それをちゃんと掃除しなくては健康にならない。
歳をとって、蓄積して固まったら、
病人になっちゃうわよ。

これをきれいにするのがヨガです。

この中(身体)は、神殿です。
神が宿る神殿。
神は何かってネイチャー、自然です。
「命」と言う自然を貰って生きていますよ。

この入れ物が古い執着やら感情やらで、汚れているわけ。
掃除していくために、今アサナとかやっているでしょ。

やればやるほどほこりが舞い上がって、
うらうらするわけよ。
今、舞い上がっているのよ。

『何で私がこうなっているのだろう…見よう。』と思い…、
『ふっ』と見てみると…、
『やっぱりきたないから見たくない…』
って言ってるわけ。

生徒:本当、そうです。

しっかり大掃除するつもりで、
少しずつでいいから見てごらん。

育ってくるプロセスで、
色んな自分の一番大事に思っていた人に対しての、
押さえ込んだ怒りもあるかもしれない。

それをも捨てなさい。
捨てる作業。
ヨガは捨てる作業。
ヨガはきれいにするの。

内側にあるゴミ…
押さえ込んだ自分の怒り…
よごれさえも捨てなさい。

一回全部出して『いるか、いらないか、いるか、いらないか…』

『これは大事。これはいらない。』

やっていく必要がある記憶の中、作業になる。
アサナの練習、プラナヤマ練習は、自分を磨く作業。

きれいになってくれば来るほど…
自分の中がクリアになって…

『何やりたい。こうやろう。』見え始める。
単純ではないから、
何年も…年数…かかるかもしれない。
生きているうちに終わらない作業かもしれない。

今の肉体が記憶したものもあるし、
もっと前の…前世にあるものもあるよ…と言われます。
そんな深いもの。

表層に出てきたものは、
掃除してきれいにしよう。
そうすると元気になれる、
きれいにすればするほど、元気なる。
子供らしくなれる。
ヨガはそういうものだよ。

アイアンガーヨがに出会ったのだから、
それから一生離れられないよ。

Part4へつづく


A conversation between Junko Sensei and a student on
Mother and Daughter. Part 3


One day after a lesson Junko Sensei and
a student had a chance to talk casually.
While they were talking, this student
told Junko Sensei what was troubling her mind,
which was her relation with her mother,
or her love with her mother. Junko Sensei
gave her an advice based on Junko Sensei’s
many years’ experience in yoga.

Is health a stage in the process leading to know our self?



Junko Sensei:
“Positive quarrel” is not bad at all.
If you don’t feel comfortable, it’s not bad
idea just to be silent as a first step of the
  process, because you really love your mother.

She will understand your anger “You are
my mother. Why haven’t you love me?”

A student:
I am not sure if she will take my anger as my love.


Junko Sensei: You are her daughter.
If a daughter is angry with her mother,
what else can her anger be other than
her love? Your parent is the only
person you can become angry with.
You don’t have to hesitate to do so.
If you do so, your mother may look back
and will seek to reestablish her relations with you.

A student:I have almost given up.

Junko Sensei:
If you don’t take an action, you will
suffer more from your pain. On the surface,
it will be very painful when you
have a quarrel with your mother.
What else is more painful than denying your
own parent?

Your pain will remain in your deepest level.
The sediment accumulated in you
has started to come out. That means you
are becoming healthier.

You just didn’t want to see the sediment
by putting a lid on it. You were thinking
“I don’t want to care about it.” when you
started to practice yoga at Yoga Center.
As you are becoming more honest with
yourself, the sediment, your feeling you
have hidden, are coming out from the bottom.

“I don’t like this. I don’t like that. I hate
everything.” You must be feeling this way.
It is the proof that you are very
honest. You are becoming healthier.

If you don’t get rid of the sediment in
suspension, you can’t become healthier.
If it is coagulated when you become older,
you get sick.
Yoga’s job is to clean it.

Our body is the temple where a god lives.
The god means Nature. We live with”our
life” that Nature gave us.

This house for the god is tainted by old
attachments and feelings. You are
practicing asanas to clean your body.

The more you practice, the more you
suffer from dust. You are experiencing dust.

You want to see how and why you have
become like this. But when you see it,
it is so ugly. So you don’t want to see it,
do you?

A student:You are right.

Junko Sensei:
You might want to see it little by little,
thinking you are cleaning your room.

You may have suppressed your anger to
the person you love most in your life.
The anger you have hidden deep inside yourself.

Get rid of it.
Yoga is the process of elimination.
Yoga’s aim is to clean yourself.
Get rid of trashes inside yourself.
Get rid of your anger you have suppressed.
Get rid of stains inside yourself.

Get everything out in front of you and
decide if you really need this or that.
“This is important but I can throw this
out.” While you are checking your memories,
you are sorting and straightening them.
Asana practice and pranayama practice
are the process to clean yourself.

As your physical body is becoming
cleaner, your subtle body is becoming
clearer. You are beginning to be able to
know “what and how you want to do”. As
it is not easy job, it may take many years.
You may not be able to finish your job
before you die.

There are things that your present body
remembers. They say that your body
remembers those things that had
happened in your previous life before
you were born. You are such a miracle of the Nature.

Let’s us clean up whatever has come up
to the surface. Let’s clean it. You will
become more energetic. The more you
clean, the more you become energetic.
You will become like a child. Yoga is like
that. As you started Iyengar yoga, you
can not leave it.

Continued to Part 4
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-07-23 14:32:01

純子先生と生徒の会話 ~母娘編~ Part2

テーマ:メッセージ
ある日のレッスン終了後、
純子先生と生徒さんがなんとなく会話が始まりました。
そして、話が進むにつれて生徒さんの心の悩みを打ち明けてくれました。
母親への愛しい想い。
ヨガを通して、純子先生の経験を通してアドバイスされています。

親子は似ている分、ぶつかって喧嘩する…。
日々…どんな親子関係を築かれていますか?


子供はね、絶対お母さん一人では育てられないの。
お母さんをサポート保護する環境がなかったらどんなに大変か。
お母さんとお父さんが揃っていてさえ、
子供一人育てるのでさえ嬉しいけれども、
大変な作業です。


産んでからの三ヶ月、
「死に物狂いで…昼かな…朝かな…。」という世界ですよ。


ここまで育ったと言う意味はね、
お母さんに意思があったという風に考えていいと思うの。
娘にいかに不満があろうとも。


ただあなたは気づいた事がない。知らない。


あなたはお母さんの捨て台詞をそのまま受け取って
親に『なんだよ…。』と、
思っているのかも知れないけどね、
でも実際親母親になったら、あなたも気づくよ。


妊娠することは健康な女性であれば嬉しいし…
男の人との関係が健全であれば嬉しいし…、
お互いに喜ぶけど、
そういう状況ばっかりじゃないですよね。
世の中にはね。


健全でも肉体的な心理的変化が、
この中に起こると想像したことありますか?
どんなに色んなことが起こるか。
不安と喜びが一緒にあるし、
なんだか戸惑いもあるし、
こんなにお腹が大きくなって、
おヘソが見えない状況になって、
自分ひとりで身の周りの事ができなくなって、
実が落ちるわけだから。
赤ん坊を産むというのは。
産みたくなかったとはいえ、産んだのよ。
事実は歴然とある。


お母さんがもしかしてこの表層の心で、
本当に産みたくなったかもしれない。
本当に思ったかもしれない。


でも…その存在のお母さんという、
存在のその女性は産みたかったのよ。
だから産んだのよ。
それには、間違いなく育んだ命を産みたいと思ったのよ。
絶対、間違いなく。


表面的な心…
上っ面の心…
本当の奥の心と違うじゃない。


その意思がなかったら、
一つの命を産み落とすことはできない。


時間があるんだから中絶できたかもよ。
それはできる時代でしょ。


そこに意思が働くのよ。
産むことに対して。
産むということの。


そして10ヶ月の間だんだんと…膨らんできますよ。
自分のお腹が…いろんな心理的変化が起こってくるのよ。


「あー、もう一人ここにいるんだなぁ…」って思うわけよ。
そう思いながら毎日暮らすのよ。


10ヶ月そういう思いで暮らしてごらん。
鈍い人は最初3ヶ月感じないとしても、
7ヶ月ここに蓄えているという女性の状態を想像してごらん。
もうすでにそこで母ですよ。


子どもが動くと凄く嬉しい。
あっ!動いた。
私の子が動いて嬉しい。
本当に嬉しい。
あなたのお母さんも必ず…。
だからあなた産まれてきたのよ。


上っ面の言葉を取るなっていうのよ。
人間そんなに浅くないの。


でも子供は優しい言葉かけてもらいたい。
娘は理想的な母でいて欲しいのよ。
女同士だからね。


母も自分の人生で精一杯だからね、
何歳になっても成人にはなれないのよ。
許す必要はないよ。今は。


『いやだった。腹が立っている。』
その気持ちを大事にしなさいよ。


逆に言ったらね、
『それがあるんだよー!』ってちゃんと母に伝えてあげなさい。


生徒:それ言ったことある。
すごく怒ってましたよ。


もっと怒れ!
もっと言ってやれ!
そうすると、あなたとお母さんの関係がもっと変わるわよ。


怒るけど、愛情の証で怒りたいわけよ。
ぶつけてあげなさい。
悲しくて痛いけど、
もう一回、あなたを娘だなぁって思い直すから。


今からでも遅くないよ。
生きている間にぶつけてあげな。
「こんなこと思っていたんだぁ」って、
お母さん思い直すよ。


自分が寂しかった分、
我慢でしていた分、当ててあげな。
お母さんもきっと寂しいのだから。
愛情をぶつけてあげな。


生徒:嫌がると思います。
私が辛いです。


お互いに辛い目をみてごらん。


生徒:母親にそこまでの勇気がないと思います。


お互いにみてごらん。


生徒:黙ってしまいますね。


黙ってもいいのよ。

そこに一緒にいるだけでいいのよ。


生徒:してくれるかな?


機会があったらそれも大事よ。


Part3へつづく



A conversation between Junko Sensei and a student on

Mother and Daughter. Part 2


One day after a lesson Junko Sensei and
a student had a chance to talk casually.
While they were talking, this student
told Junko Sensei what was troubling her mind,
which was her relation with her mother,
or her love with her mother. Junko Sensei
gave her an advice based on Junko Sensei’s
many years’ experience in yoga.

A mother and daughter share a lot in common.
Because of this they sometimes quarrel with each other.
What kind of relationship do you have with your mother?


Junko Sensei:

Any mother can not raise her child alone.


How difficult would it be to raise a child

without a system to support and protect a mother!


It is a joy to raise a child. But it is a hard

work for parents to raise just one child.

For three months after a baby is borne,

it will be a hectic world of

“Am I alive or dead? Is it day or night?”


The very fact that you’ve become what

you are today means that your mother

had a strong will to have a baby,

even if her daughter disagrees.


You have never noticed it. You just don’t know it.


You’ve just accepted the face value of

what your mother said. You might be

thinking that “Mom! Why do say such a

thing to me?” But when you become a

mother yourself, you will understand

how your mother really thought about you.



A healthy woman would be pleased to be

pregnant. She would be pleased if she

had good relations with her partner.

You and your partner would be pleased.

But things are not always like that.

Have you ever imagined the changes

that will happen in you physically and

mentally even if you are healthy when

you touch your breast and belly? What

kind of changes do you think you would

experience?


You would experience fear and joy.

You would be embarrassed. Your belly is

becoming bigger and you can not see

your belly button. You can not do your

daily routines because you are having a baby.


Your mother might not have wanted to have a baby.

But shi did have a baby!


It might be true that on her surface

consciousness your mother did not want

to have a baby. It could be true.


But her motherhood wanted to have a baby.


She wanted to bear a child and raise her.

No doubt about it.


Your surface mind and surface

consciousness are not your real mind,

are they?


If she did not have a strong will to have a

baby, she could not have a baby. She could

have decided to have an abortion.

We live in the age when we can do that,

don’t’ we?


There was a will, the will to have a baby, to become a mother.


And for the next 10 months, your belly

becomes bigger and bigger.

What changes is not just your belly,

your emotions change too.


You feel that another life exists in you.

You live every day feeling like this.


Spend 10 months thinking like that.

You might not feel this way for the first 3 months

if you are not sensitive. But,

imagine the situation in which a woman

has been keeping a new life here in

her belly. You are already a mother.


When you feel your baby moves in your belly,

you are delighted.

My baby moved! You are overjoyed.

Your mother should have felt the same way.

That’s the reason why you were born.


You should not take words as they are

spoken. Human beings are not that shallow.


But a child wants to receive sweet words

from a mother. You want her to be a

perfect mother because both of you are women.


Your mother has to live her life. She can

not become a grown up woman however

old she becomes.

You do not have to forgive her, NOW.


Cherish your feeling “I didn’t like you. I was angry with you.”


To say it another way, tell your mother,

“I am still angry with you.”


A student: I once told my mother so. But she got angry.


Junko Sensei:
You should become angrier.
You should tell your mother more.
Then your relations with your mother will change.

Your mother becomes angry to show that
she loves you. Tell her how you feel about
her. You feel sad and painful. But she
will realize that you are her own daughter.

It is not too late.
Tell her while she lives.
She will realize that her daughter
has been thinking of her this way.

Pay back your anger created by your
loneliness and sorrow. Your mother
must be lonely too.
Pay back your love to your mother.

A student:
My mother won’t like it.
It is painful to me.


Junko Sensei:
I’d suggest that you two look at each
others in the sorrowful eyes.

Student:
I don’t think she is strong
enough to do that.

Junko Sensei:
I do suggest that you too look at each other.

A student:
I guess both of us will be silent.


Junko Sensei:
It’s OK. Just being with
your mother is important.

A student:
Do you think she will look at me?


Junko Sensei:
You should find chances.

Continued to Part 3

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-07-04 15:11:38

アイアンガーヨガ特別講座@朝日カルチャーセンター

テーマ:ワークショップ

ヨガといったらやっぱりいつかはアイアンガー
本格的なメソッドを体験 アイアンガーヨガ


講師 日本アイアンガーヨガ協会上級指導員 ビンダハニ 純子


アイアンガーヨガ ビンダハニ純子のブログ


アイアンガーヨガでは自分の身体を探索するおもしろさ、楽しさを味わい、

それに専念していくことで自分の固さや歪みに気づき自分と向き合う難しさに出会うでしょう。本物のアイアンガーヨガと自分に出会う勇気のある人、

募集!


心身の強さとスタミナを増進させ体の歪みを正していくアイアンガーヨガ。

体の細部まで意識することで左右のバランスを整え、全身のつながりを

ダイナミックに体感しましょう。



● 日時:2010年 8月11日(水) 19:00-20:30


● 受講料(税込): 朝日カルチャー会員:2,940円 

           一般:3,570円(入会不要)


● 持参するもの: 動きやすい服装(Gパンは不可。肌が出過ぎないもの)・

            ヨガマット ベルト タオルと学ぶ心


● 場所: 新宿住友ビル4階 



受講にあたっての注意事項:

食事は最低2時間前に食べ終わっていること。できれば動物性たんぱく質は控えてください。未消化物がお腹にありますと、気持ちが悪くなったり、

頭痛になったり、気分が悪くなる場合があります。



<講師紹介> Bindhany 純子 (ビンダハニ じゅんこ)

1953年東京生まれ。1981年、インド、プーナにてアイアンガー師に出会う。以来、Shri.Yogachariya B.K.S.アイアンガー師に師事し、インド・プーナの

Ramamani Iyengar Memorial Yoga Institute にて、アイアンガー師から直に指導を受けて現在に至る。インド人家族との生活を土台としながら、ヨガ、インド哲学を学び、修行して行く中で、人間の肉体と生理がどのように影響し合っているかについて探求してきている。それに基づき、人間の幸福とは何かということをテーマにヨガの指導を続けている。多くの助産師、妊婦、

子育て中の親たちを中心に、忙しいサラリーマン、自営業、自由業、芸能人、ダンサー、様々な分野の人々にヨガの素晴らしさを伝えている。


お申込みは、朝日カルチャーセンターまで。 ここ をクリック

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。