1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年11月26日(水) 15時27分08秒

公認を、、、

テーマ:ブログ
今回の選挙でも、もう色々なところで闘いが始まっているようです。

まずは党から「公認」を貰うこと。

ここからが始まりです。



思い出すなぁ、、。

私も約5年前に自民党の門を叩き、何度も何度も頭を下げて「公認」のお願いをしたことを今改めて思い出します。

自民党は今とは大違いで、大逆風真っ只中でした。

しかし、女優で政治の素人などには用はないとばかりに(私の勝手な被害妄想だったりして?)首を縦にふってくれなかったなぁ。

他党ではスポーツ選手や歌手の方々も擁立されていたのに、、、。

でも、その時に「さすが自民党だな」と、周りの反対を押しきって自民党にこだわった事が正しかったと確信しました。


知名度とかそんなことだけで選ばない!

要は中身が問題なんだと教わった。


しかし、私だって諦める訳にはいかない。

それからも私は諦めずに、野田聖子先生は勿論、古屋圭司先生や鴨下一郎先生の元を訪ね必死に学ばせて頂き、やっと選挙の直前に公認を頂けました。


何ヵ月経ってたただろう。

その時は、まるでそこがゴールかのような喜びと安堵でいっぱいになりましたっけ。(笑)

全国比例候補者35名のうち35番目。

最後の最後で滑り込みセーフ❗(^-^)


私のように、この政界に何の伝もなく、一緒に活動してくれた仲間は全くの素人(政治の)でしたから、ひたすら勉強するしか無かったですよね。

38年間続けて来た芸能界をキッパリ辞めるという覚悟は、後戻りなど考えていては出来ませんでしたから。

あの時に手を差しのべてくださった多くの先輩方への感謝は勿論、今後ともご指導頂き頑張る事が何よりの恩返しだと思っています。




今回、公認を頂けた方、叶わなかった方、それぞれの思いが錯綜している現状でしょうが、改めて「公認」の意味と重みを感じているでしょう。

組織の中に入ると言うことは、それだけ責任が重いと言うこと。


それは自民党どうこうだけでなく、地元の皆様、国民の皆様に対する「責任」にも繋がることなのでしょうね。


さぁ、改めてその重みをしっかり感じ考えながら頑張るぞ❗(^-^)

三原じゅん子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み