1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年04月16日(水) 18時05分07秒

「STAPは最有力仮説」

テーマ:ブログ
笹井氏「STAPは最有力仮説」 論文撤回は「適切」
2014.4.16 16:49 [STAP細胞]産経ニュース

 新たな万能細胞とされたSTAP細胞の論文問題をめぐり、共著者の一人で理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の笹井芳樹副センター長(52)が16日、東京都内で記者会見し「STAP現象は現在最も有力な仮説と考える」と述べ、STAP細胞の存在に自信を見せた。

 理由としてSTAP現象を前提にしないと説明できないデータがあると説明。一方で「論文の信頼性が損なわれた以上、予断のない再現検証が必要」と、論文は撤回するのが適切との考えを示した。

 笹井氏が公に説明するのは、1月末に研究成果を小保方晴子研究ユニットリーダー(30)らと共に発表して以来で、論文への問題点が発覚してからは初めて。

 笹井氏は、「参加が遅かったため、生データや実験ノートは見ていない」と述べ、「小保方氏は直属の部下ではなく、ノートを持ってこさせることもできなかった」と釈明した。


笹井氏も認めたSTAP細胞の存在。

これが事実ならそれこそ残念でならない。

論文を撤回するか否かは考え方に違いがあるにせよ、大きな研究結果がこのように扱われてしまっていることは大きな損失だ。

まあ、この研究に携わった全ての皆さんが同じように感じているのでしょうが、、、。

論文のミスを先に気付いていたら、、、。

小保方さんのたった一人のせいであるはずはないと私は感じておりますが。

三原じゅん子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み