JUNAオフィシャルブログ「Quality of Life by JUNA」Powered by Ameba

家族を幸せ☆笑顔にするごはん&すっとこどっこい日常劇場!JUNA節&JUNA撮りおろしの写真と一緒にお楽しみ下さい♪


目次はこちらから → JUNA料理全集


はぁと 2008年1月~2012年9月までのブログはこちら

Quality of Life by JUNA  (FC2ブログ)

(FC2ではきちんとカテゴリー分けされています。)


はぁと 公式Facebookページはこちら → 


はぁと 書籍のご案内


最新刊


キラキラ 『JUNAさんの幸せ和風ごはん』 8月28日発売!




アマゾン TSUTAYA セブンネット 、全国書店にて予約開始しております。




その他書籍


$JUNAオフィシャルブログ「Quality of Life by JUNA」Powered by Ameba $JUNAオフィシャルブログ「Quality of Life by JUNA」Powered by Ameba $JUNAオフィシャルブログ「Quality of Life by JUNA」Powered by Ameba


キラキラ 『JUNAさんの幸せ弁当』 

2012.2.7 宝島社 980円
アマゾン 楽天 紀伊国屋 TSUTAYA 、全国書店にて


キラキラ 『JUNAさんの家族を笑顔にする毎日のごはん』  

2011.2.7 宝島社 890円

アマゾン 楽天 、全国書店にて


キラキラ 『JUNAさんの家族を幸せにする毎日のごはん』

2009.10.27 宝島社 980円

アマゾン 楽天 、全国書店にて


NEW !
テーマ:





「昆布だしで作るハンバーグカレー」



というわけで、


やっぱり万能な昆布だし。



カレーに合わせることは時々しますが、


今回はハンバーグを楽しむためのカレーということで、



他の具材もハンバーグを引き立てるものを使ってみました(^-^)





まずは、



やっぱりここから。おいしい昆布だしをひきます。






60~70度で50分といったところでしょうか。


今回は最大限昆布のうまみを引き出したかったので長めにひいてます。





ハンバーグは、いつもの「コンソメ水」を使ってこねたバージョン♪




ただ、今回はカレーで煮込むので、コンソメ水は50cc程度に抑えています。


※夕飯に3個使用、次の日のお昼に2個使用。




というわけで【材料】は



ハンバーグ・・・3個

赤ワイン・・・適量


タマネギ・・・中2個

セロリ・・・1本

トマト・・・中2個

昆布だし・・・カップ3と1/2

 (カレールーの箱に書いてある水分量に準ずる)

カレールー・・・5皿分


【作り方】

1.タマネギ、セロリの茎の部分は、繊維をたつ方向で薄切りにする。

※この「繊維をたつ」切り方が後々ポイントになります。


2.トマトは皮をむき(湯むきでも、ガスであぶっても、専用のピーラーでも)、

種を取りのぞいてざく切りにする。


3.深めのフライパンに油(適量)をひき、中火で1を5~6分炒める。



 


全体的にきつね色になればOK。


4.3に昆布だし、2を入れ、そのまま中火で5~6分煮る。





5.4の火をいったん止めてカレールーを加え溶かし、弱めの中火にかけて5分ほど煮込む。



 


6.4~5の間のタイミングで、別のフライパンでハンバーグを焼く。





強火でしっかりと焼き色をつけたら、ひっくり返してもう片面にもしっかりと焼き色をつけ、

赤ワインを入れて香りづけする。

※中まで火を通す必要はありません。

このあと煮込むので、煮崩れしないように両面しっかり焼くことがポイントです。


7.5に6のハンバーグ、フライパンに残った赤ワインを入れ、全体をよくなじませたら(写真右)、

ふたをして弱火で25~30分コトコト煮込む。



 


8.ふたをあけると、トマト、タマネギ、セロリがまだ形を残しているので、

ヘラでこれを細かく断つようにしながら、7~8分ほどさらに煮る。





※繊維をたつように切ってあるので、ヘラを縦に細かく動かしていくだけで、

みるみるうちにタマネギ、セロリが細かくなっていきます。

それと同時にトマトも全体になじみ、トロっとしてきます。



全体がボタっとした感じになれば完成!









濃厚な昆布だしがあれば、



よぶんな隠し味はな~んもいりませんっ(≧▽≦)


シンプルな材料でも驚くほど深い味になるのです。





ちなみに、私は昆布だしとトマトをよく合わせますが、



これはどちらも「グルタミン酸」といううまみ成分を含んでいるので、



とっ~ても相性がいいから♡


相乗効果で、うまみ倍増するんどす。








あくまで主役はハンバーグなので、



他の具材はいい意味で主張させず!



タマネギもセロリもトマトも、



ハンバーグのおいしさをひきたてる縁の下の力持ち的な役割。



・・・・



これが私のハンバーグ愛っ(笑)



いや~、ほんとおいしかったわ・・・(///∇//)



昆布だしマジック、やっぱりすごい!



こんな昆布だしのおいしいひき方、和食本に詳しく載せてます(^-^)











次の日は、むすめとお昼にハンバーグを再び楽しみました。



あああ、幸せだったわぁ。。。。








*******************

8月28日発売


『JUNAさんの幸せ和風ごはん』(宝島社)




アマゾン TSUTAYA セブンネット


全国書店にて予約開始しております。



どうぞよろしくお願いいたします。



********************




↓ ポチっと応援していただけると嬉しいです♪



   


↓おかげさまで殿堂入りしました!


 



製菓、製パン、お弁当小物などはこちらから↓




ブログ説明、コメレス、メッセージなどのお返事について、リンクについてはこちら → 


読者登録してね  フォローしてね

いいね!した人
JUNAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:





先日のむすめの職場体験、



行った先は図書館でした^^



寝ても覚めても本ばかり読んでいるむすめにとっては、



行くなら絶対図書館がよかったそう(^-^)





なんでもねぇ、むすめいわく



「書庫の匂い」



ってのがたまらないらしいのよ。



図書館の地下に本の倉庫があるらしいんだけどね、



そこはインクの匂いから紙の匂いから、



とにかく書籍の幸せな香りであふれてるんですって。



んで、さらに自分がそこにいると思うだけで、



とてつもなく幸せな気分になるんですってよ。。。



(図書館の職員の方々にも、あなた、その香りがわかるなら、


絶対図書館で働くの向いてるわよ~と言われたらしい-笑)




・・・・



う~ん、



母さんには、ちょっとわかりませんけどっっ( ̄▽ ̄;





そんな幸せな香りにつつまれながら働いた、



むすめの仕事のひとつが、



お客さんを目的の書籍場所に案内すること。



事前になんとなく本の場所は頭に入れておいたらしいんだけど、



さすがにねぇ、全部は覚えきれないらしくて^^;



その日、一番難関だったのが、



「カラスの本はどこですか?」



っていう、ご要望だったらしいわ。



確かに、そりゃ難しい。。。



でも見渡す限り本にあふれたその空間を歩くだけでも、


幸せな気分になるんですってよ。





・・・・・


う~ん



母さん、やっぱりわからんわ(笑)






未就園児への本の読み聞かせもやったそう。



ここは・・・



私の真似をしたんですってよ(笑)



私、むすめが小さいころ、



本に登場するキャラになりきって、相当リアルに読んだ覚えが・・・(笑)


(特に怖い系のキャラは本気で挑みまひた)



これもまぁ、とても楽しかったようで・・・。






私たちの時代(つまり昭和)は職場体験なんてもんはもちろんなく、



職業なんて想像、いえ、妄想の中の世界だったわぁ。。。



私は一時、



山の中で窯を作って器を作る人になりたくて


(これ、小学生のころw)、



空想のろくろを日々まわしてみたり、


(相変わらずマニアック♡)




その次は、



米粒に絵を描く職人になりたくて


(これも小学生のころw)



米を見ながらひたすrさイメージトレーニングしてみたり、


(どんだけ~笑)




中学生のころはヘアメイクアーチストになりたくて、



自分のちんちくりんな目を妖怪級にメイクしてみたり。。。www


(あとねぇ、工藤静香のトサカ前髪の練習とかw)





そりゃぁもう、妄想し放題だったわよ(笑)







そんなことを思えば、今の子どもたちはとてもめぐまれてますなぁ~。



リアルに職業を体験できるんですもんっ。



ま、けっこう現実的な職種が多いみたいですが・・・。




ともかく、むすめにはこの体験を、大切にしてもらいたいもんです(^-^)




それでは料理です♪







この日は、The 和食 といった感じのテーブルに^^  



「さばのみそ漬け焼き」



魚のみそ漬け焼きは、今回の和食本にのせています!


しかも、一般的な合わせみそでできる配合を研究してみました。



これに漬け込んだ魚は、まぁなんでもうまいっっ(≧▽≦)


家族全員、はまった味です。








「なすと絹さやの揚げ浸し」



「揚げ」といっても、なすと絹さやを多めの油で焼いたものを、


だし汁+みりん+しょう油で作った調味液に漬け込んで、


冷蔵庫でキンキンに冷やしたもんです。



とてもシンプルで、うまいんだなぁ~これが♡







そしてこちら、王道の


「きりぼし大根」


これは、炒め煮の黄金配合なるもので作ってあります。


それについても、和食本に書いてますよ~。







あとはかきたま汁。



一番だしを使っています。


今回、こういった和の汁ものも、あれこれ載せていますよ~。




というわけで、ごちそうさまでした☆








*******************

8月28日発売


『JUNAさんの幸せ和風ごはん』(宝島社)




アマゾン TSUTAYA セブンネット


全国書店にて予約開始しております。



どうぞよろしくお願いいたします。



********************




↓ ポチっと応援していただけると嬉しいです♪



   


↓おかげさまで殿堂入りしました!


 



製菓、製パン、お弁当小物などはこちらから↓




ブログ説明、コメレス、メッセージなどのお返事について、リンクについてはこちら → 


読者登録してね  フォローしてね

いいね!した人
JUNAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:



本作りなどでばたばたしている間、ずっとためこんでいた、



「花子とアン」の録画を、



この土日で一気に観たわたくし。。。







その中で主人公の5歳の息子が、



「ぼくはおかあちゃまを選んで生まれてきたんだよ。」



といった感じのセリフがあったんですが、



私はこれを聞いて



「てっ!!」



と思ったのです。







いつもこういうセリフってドラマだけの世界だよね~と思いがちな自分ですが、



てっ、おんなじこと、私も経験あるじゃんねっ



と驚いちゃったわけなんです。





ブログでもちょこっと書いたような覚えはありますが、



むすめが2歳くらいのころだったか、私の体が恐ろしく絶不調だったころ、



抱っこもできない自分に「母親失格」の烙印を押されたような日々をおくっていた私に、



ふとむすめが言ったんですよね~。



「わたしね、お空で神様と一緒に望遠鏡を見ながら、


ママを見つけたんだよ。そのとき、ママ、すっごく笑っていて楽しそうだったから、


この人をお母さんにするってお願いして、おなかの中にすーーって入ったの。」



と。



そりゃぁキラキラとした瞳で。




一瞬耳をうたがいましたが、



子どもって、こういうことを案外言ったりもするんですよね・・・。



それが想像の世界なのかもしれないし、何かの物語を見聞きして、



その影響で言っているのかも?しれないけれど、



そんなことはむしろ私にとってはどーでもよく、

とにかく、それがどんな言葉であれ、心底救われたのを覚えています。



だって、あんまりにも純粋な瞳で、さも当たり前のように言うから。。。




今でも私にとっては、それは宝物のような言葉で、



それだけで一生分の親孝行をしてもらった気でいます。



たとえ今、憎まれ口をたたかれても(笑)、

あっ、私をお母さんに選んでくれたんだから、まっ、いいか。。。

ってね(笑)






試しにさっきむすめに、そんなことを言ったこと覚えてるか聞いてみたら




「えっ???? まじでっっ????(今どきの中学生ー笑)


まっっっっったく覚えてないよーーーっ。想像にもほどがあるよねぇ。


あはははは~(^^;)」



ですってよ(笑)



そして恥ずかしそうに、そそくさと自分の部屋へ。。。ふふっ。






中学生の今のむすめとの会話といえば、



「夏休みの宿題早くやんなさいっっ」


「わ、わかってるよ。」



「もう8月も後半よ??感想文は書いたの??」


「ま、まだだよ。」



「ちょっと部屋片づけたら?」


「うん。ブツブツ。。。」



「夏休みだからって夜更かししすぎじゃないの??」


「いいじゃん、夏休みくらい。ブツブツ。。。」



ってな感じがメイン(^▽^;)





だははっ。まぁ現実的っ(苦笑)



親子の会話っつーのは、ほんとその年齢によっていろいろですな。。。(^▽^;)



でもどんなむすめとの会話も、



きっと生涯のよき思い出になるんだと私は思っています。




この夏、



「宿題、宿題」



と耳にたこができるほど言ったセリフもきっとっっっ♡(爆)










それではお料理です。









「簡単☆和そぼろ丼」



ちゃちゃっとあっという間に作れちゃう丼♪


夏休みのお昼ごはんなんかにもおすすめですよ^^




【材料】3人分ほど


豚挽き肉・・・250g
しいたけ・・・2枚
白ねぎ・・・1本
しょうが・・・ひとかけ


A:酒・・・大さじ2
A:みりん・・・大さじ1
A:八丁みそ・・・大さじ1
A:しょう油・・・大さじ1と1/2


もやし・・・1/2袋
ごま油・・・大さじ1
塩・・・適量
白ごま・・・適量


ごはん・・・適量


白髪ねぎ、糸唐辛子・・・適量



【作り方】

1.しいたけ、白ねぎ、しょうがはみじん切りにする。


2.Aは一緒に混ぜ合わせておく。





3.もやしは熱湯でさっとゆがいてざるにあげ、
ごま油、塩、白ごまで和えておく。




↑使ったごま油はこちら。コッタさんで見つけたものです。
九鬼産業 生でかけて味わうごま油 150g


4.フライパンにサラダ油(分量外・適量)をひき、
強めの中火でしょうがと白ねぎを炒める。
香りがたったらひき肉を入れて強火にし、さらに炒める。



 


5.ひき肉に8割がた火が通ったらさらにしいたけを加えて炒め、
Aをまわしがける。
水気がほとんどなくなるまでしっかりと炒め合わせる。



 


6.茶碗にごはんを盛り、3のもやし、4のそぼろをのせ、
白髪ねぎ、糸唐辛子をのせれば完成。






丼ものはお母さんの強い味方(笑)



暑くて料理する気分が起きないときもあるかと思いますが、



こういった簡単なもので、ちゃちゃっとすませることも、ぜひ作戦の一つにw





※本日のこちらのレシピはレシピブログさんの連載でも紹介させていただいたいます。



レシピブログさんの連載はこちら↓


レシピブログ連載「JUNAごはんと盛り付けのススメ」
レシピブログ連載
「JUNAごはんと盛り付けのススメ」







*******************

8月28日発売


『JUNAさんの幸せ和風ごはん』(宝島社)




アマゾン TSUTAYA セブンネット


全国書店にて予約開始しております。



どうぞよろしくお願いいたします。



********************




↓ ポチっと応援していただけると嬉しいです♪



   


↓おかげさまで殿堂入りしました!


 



製菓、製パン、お弁当小物などはこちらから↓




ブログ説明、コメレス、メッセージなどのお返事について、リンクについてはこちら → 


読者登録してね  フォローしてね

いいね!した人
JUNAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み