YouTubeとマインクラフトを自主制限する

テーマ:
私には、小学校2年生になった息子がいます。


最近は、簡単にネットにアクセスする方法があって、
子供たちは簡単にネットの世界に触れてしまいます。

特に、YouTubeは動画ということもあり、
小さい子供たちもテレビ的なものの延長として楽しむようになりました。

我が家も、AppleTVを導入してからはリモコンひとつで、
Youtubeにアクセスできるようになり、
子供が勝手にみるようになっていました。


最初、子供が見ているのは主にアニメで、ドラえもんやレゴアニメでした。
(著作権上は問題があるかと思いますが…)


そのうち、どこから情報を仕入れてきたのか、
ゲームの実況動画を見るようになりました。


この実況動画がですね…
子供たちの間では、すごく人気なんですが、
親世代の大人たちには不評だと思います。


まず、言葉が汚い。
「ぶっころせ」とか「クソ」とか普通に出てくる。

態度も悪い。
マリオメーカーのコースをクリアしながら実況するんですが、
簡単なコースだとぼろくそにけなします。
上から目線で。

これが、本当に癇に障るんです。


最後に、うるさい。
実況ですから、「ギャー」とか「うおー」とか声がやたら大きくて、
臨場感はありますが、音量をすごく下げていてもマイク側で発せられる大声は、
いつ聞いてもビックリ。



ただ、大人がそう感じるだけで、子供たちはそう思わないらしく、
ゲームの参考にしたりするので、時間を制限して見せていました。


ちなみに、Youtubeでは次の動画が勝手に始まるので、
終わり時を見極めるのが大変です。
設定で、次の動画を始めないようにできるそうですが、
なぜか我が家のAppleTVでは次の動画が始まってしまいます。
(もしかしたら、息子が操作しているのかも)



最近では、マインクラフトというソフトの実況動画をみるようになりました。

我が家には、このゲームソフトはなくてプレイはできないんですが、
息子の友人宅にはあるようで(結構なご家庭にあるようです)、
息子もたんじょう日のプレゼントにリクエストしておりました。


やはり実況はうるさく、気分が悪いので、
私と娘が昼寝しているときや、離れて家事をしているときに
見るように言っていました。



しかし。


先日、私の実母が一緒に見ていたのですが、
「こんなものを見せるなんて」と親として注意されてしまいました。



その実況は、人を殺して肉を得るとか、犬を狩って殺すとかいう
倫理観を疑うような実況をしていたそうなのです。




マインクラフトって、ブロックでお城を作ったり探検させたりするゲームじゃなかったっけ?!




慌ててソフトについて調べたのですが、
ネット上ではおおむね評判がよく、教育現場で使われたり、推奨されているゲームでした。


なのに、なぜ?!



どうやら、サバイバルモードというもので、
主人公は空腹を感じるらしく、食物をとるために生き物をころすことがあるという。

さらに、戦い(殺し合い)をしたり、ゾンビ化していた村人を殺すというものがあるようです。。。
息子が見ていたものは、ゾンビ化した人間を殺してゾンビ肉を得ていたようなのですが…




たしかに、私たちの生活は生き物から命を頂いて成り立っています。
でも、それはゲームのように簡単なものではありません。

それは分かっていますが、現実にはスーパーで切り身を買い、
パックされた肉を購入しています。


マインクラフトの方が、リアルといえばリアルなのでしょう。




でも、それは楽しんで奪うものではありません。



「いただきます」と言って、ありがたく頂くものです。




ゾンビを殺してもいい、というのはアメリカ的ではありますが、
小学2年生の息子には、よく分かってないようです。


ゾンビ映画が映倫的に、15歳未満試聴不可なのかはよく分からないのですが、
殺してもいいというゲームを7歳の子供が楽しんでもいいものなのでしょうか?


他のゲームでも、ノコノコを踏みつけてやっつけたり、
ドラクエでは可愛らしいスライムを切り殺します。


どこまで制限するのか?


それは親次第だと思うのですが、私はもっと親として大人として、
息子に与える情報について考えねばな、と思いました。


いずれは息子も、そのような殺し合いのゲームやホラーの世界に触れていくものと思います。
それ自体に目隠ししても意味がない、という意見も分かります。




でも、小学2年生の子供たちが外で遊びながら殺し合いという残虐な設定をしていたり、
子供たちの会話の中に「生首が転がってた」「首を落とした」「ぶっころした」というのが、
笑顔で出てくるのは、いかんともしがたい思いに駆られました。



見ても仕方ないとは思うけれども、
それは「残酷で人を傷つけるんだよ」と、まだ大人が教える年代だと思います。





テレビと違って、投稿者の自由意志に任せて、
表現として精査されていない、
適切な表現もできない実況者の動画は見せるのはまだ早い。

簡単に言えば「子供の見るものじゃない」。



よって、Youtubeは親と見るものと、我が家では制限いたしました。


マインクラフトも、現在の息子の影響度から言ってホラーに偏り気味で、
本来の建築や作業を楽しむ方向には伸びないと思いますので、
時期尚早ということで、購入は延期したいと思います。



中学生くらいになって、親のいう事も聞かなくなってきたとき、
何が悪くて何がよいのか、自分で理解して節制できる人間になっていてほしいからです。




これからは、妖怪ウォッチ3を息子と一緒に楽しむことにします。
ゲームはまだまだ、親子で楽しまなきゃだめですね。



<マインクラフト 影響 悪影響 残酷 実況 動画>
AD

ユニクロ誕生祭!

テーマ:
ユニクロで大量に買ってまいりました~!

誕生祭、創業祭はほんっといつも沢山買ってしまうんだけど、
今回は特にテンションがあがってしまい、品数を減らすのに苦労しました。
(赤字はセール価格)

リサガス
BABY リサとガスパールグラフィックT ¥790

狙っていた一品。
サイズがあってよかったー!!(泣)

いや、実際は大きいんですけどね。
ジャストサイズは85~90ですから。
でも、女の子ものって大き目を買って
チュニックにできるのが良いですネ。


2歳の娘に。
最近、リサガスにはまってます。
リサ…白いのに性格は真っ黒…がたまらん。



スリッパ
夏用スリッパ。ワタクシ用。
ユニクロのスリッパはヘタレにくくてイイ。
現在リネン風を愛用しているけど、
チェック柄が可愛すぎ。

ダンナ
男性用リバティコラボ。
花柄でも、結構いいです。


レゴT
お子様Tシャツ¥790。
息子がニンジャゴーにはまっているので、
赤いカイTシャツがほしかったんですが、
サイズが100と150しかなかった…


つーことは、110~140くらいの身長の世代に人気ってことなのね。
ニンジャゴー。

ドラえもんもサイズがありませんでした。
ガッカリー。


アヒルTは娘用。
女の子用のスタイルのAライン風Tシャツも、
男の子が着れるようなタイプがあればいいのに。



エアリズムUVカットメッシュフルジップパーカ(Lサイズ)¥1290
シフォンプリーツスカート(Mサイズ)¥2990(セール価格にあらず)

ローラモデルと色も同じです…
裾の広がりが美しいです。

ローラは好きじゃないのに、モデルとして優秀なのね。

ローラが着るとステキだわ~~
私が着ると…トホホ(笑)

ウェスト的にLだと思ったら、意外ともたついてしまい
Mサイズになりました。




エンブロイダリーT(Mサイズ)¥790
レースT(Lサイズ)¥790

エンブロイダリーはタイトに着たかったので、
ちょっと無理目にMサイズw
一方レースTはふわっと着たいのでLサイズ。




今回の本命。
リバティロンドングラフィックTシャツ¥990
アルメダールグラフィックTシャツ¥990


いいね!
リバティコラボ!!


小花柄は苦手な私でも、
華やかさと機能性が実現してしまった
今回のユニクロ商品には脱帽でございます。
AD

欲しい本 ヨシタケシンスケ

テーマ:
「もうぬげない」という本が大ヒットした、ヨシタケシンスケさん。






もうたまらなく可愛いんですが、
同世代の男性が書いていると知ってビックリです。



その新作が、たまらなく読みたい!




死後の世界をヨシタケさん流に描いていく作品。




ちなみにどちらも、図書館の予約待ちが200超えてて、
手に入れられるのは1年以上かかることでしょう(泣)


買うしかありませんな。
ポチ。
AD