JUDGE郡山

福島県郡山市備前舘2-22 050-3385-0134
車の買い取りと輸入車、ラグジュアリーカーの販売、メンテナンスを行っています。
2時間500円で乗れるワンコインレンタカーも大好評!!
かわいいワンちゃん専門のペットショップ、ワンズクラブと併設しています。



JUDGE KORIYAMA           ○ブロス郡山○

・住所:福島県郡山市名郷田1-33

・TEL:024-990-0626

・店舗情報

・在庫情報

・地図




ブロス仙台 ○ブロス仙台○

・住所:宮城県仙台市宮城野区岡田西町1-21

・TEL:022-390-9866
・店舗情報

・在庫情報

・地図




ブロス盛岡 ○ブロス盛岡○

・住所:岩手県盛岡市津志田南2-16-8

・TEL:019-614-0508

・店舗情報

・店舗在庫

・地図




ブロス郡山 ○ブロス春日部○

・住所:埼玉県春日部市下柳733-6

・TEL:048-796-8903 

・店舗情報

・店舗在庫

・地図





ワンズクラブ郡山

○ワンズクラブ郡山○

・住所:福島県郡山市備前舘2-22

・TEL:024-927-5878








$JADGE郡山

・バナナハウス

・釣り船エボリューション



テーマ:
ボクスターは、1993年のデトロイトオートショーで発表されたコンセプトカー、プロトタイプボクスターの市販車として1996年に登場。ポルシェ・968の後継機ではあるが、直列4気筒エンジンのFR方式を止め、新規開発された水平対向エンジンをミッドシップに搭載している。ポルシェの市販されたミッドシップ車は914以来(ただし914はフォルクスワーゲンとのダブルネーム)20年ぶりである。名前の由来は水平対向エンジンを表す「ボクサー」(Boxer )と、ポルシェのオープンモデルの呼び名である「スピードスター」(Speedster )を掛け合わせた造語。価格帯や搭載されるエンジン、そしてポルシェ・911に配慮して抑えられたエンジン出力によりエントリーモデルとしての性格が与えられているが、2座席、ミッドシップ、オープンということを考えると911よりもスポーツカーとしてより一層ピュアな存在だとも言うことができる。足周りはフロント、リアサスペンションともマクファーソンストラット。
潤滑はドライサンプだが、インテグレーテッドドライサンプと呼ばれる方式を採用。エンジン外部の独立オイルタンクを持たず、通常のオイルパンの位置にオイルリザーバータンクを配置している。またエンジンの回転数に応じてツインフロー可変インテークマニホールドのフラップが開閉される2ステージ・レゾナンスインテークシステムを搭載。低重心の水平対向6気筒エンジンを搭載し、ボディ下部はカバーされ完全なフラット状態を作り上げており、世界第一線級のハンドリングを誇るコーナリングマシンとして知られる。ホンダ・S2000や、日産・フェアレディZ、トヨタ・MR-S、BMW・Z4など多くのスポーツカーの開発において目標とされた。
2005年にはドイツの国際的第三者試験認証機関テュフ(TüV:技術検査協会)が発行した自動車に関するテストレポートにおいて故障率2.6%と最も故障が少ない車として認められた。ボクスターと同じ車齢2~3年のグループではマツダ・デミオ(故障率2.8%)が2位、アウディ・A4(故障率3.2%)が3位にランクインしている。
2009年12月のロサンゼルスモーターショーで、ボクスタースパイダーが発表された。

当初は2,480cc206仏馬力エンジンのボクスターのみのラインナップだった。最高速240km/h。ポルシェ・968から引き続き可変バルブタイミング機構バリオカムを採用している。ポルシェ・968までのFRモデルと違い996型911と共通部品が多く、部品番号が「996○○…」となっている部品が多数存在する。Aピラーより前方は996と共用化が図られ、フロントのストラット式サスペンション構造は996と全く同じである。しかし、全幅は996比+10mm、全長と全高は996比-15mm、ホイールベースは996比+65mmと車体サイズは大きく異なる。ボディー剛性を十分に確保しつつも車両重量を996カレラよりも100kg軽い1250kgにおさえている。トランクは前後に備わっており、容量は合計260L。スペアタイヤと車載工具、CDチェンジャーはフロントトランクに収納されている。リアトランクの後ろには電動式リアスポイラーが装備され120km/h以上で立ち上がり80km/h以下で格納するが、運転席側の足元にあるスイッチで手動操作も可能。ビニール製リアウインドウのソフトトップは12秒で格納・展開を行なう電動式だが、ロック操作のみ手動。グレードはベーシック、コンフォート、スポーツの3種類がラインナップされており、スポーツサスペンションとトラクションコントロールのオフスイッチはスポーツグレードのみ設定されていた。1997年式のスポーツグレードはティプトロニックSで725万円であり、2000年式のボクスターSよりも高額であった。ベーシックグレードに標準装着されたタイヤとホイールサイズは、フロント205/55ZR16、リヤ225/50ZR16であった。LSDの設定は986モデルではなく、デフオイルはミッションオイルと共用されている。
src="http://stat.ameba.jp/user_images/20140327/17/judgekoriyama/31/fb/j/t00800060_0080006012888778274.jpg" alt="" width="80" height="60" border="0" />







http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU2521281109/index.html?TRCD=200002

詳しくはこちらから!
AD
いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
3200GTはイタリアのマセラティで開発され1998年から2001年まで生産された高級スポーツクーペ。







当時経営が悪化していたマセラティは1997年にフィアット傘下から往年のライバル、フェラーリ傘下に移り[1]、経営から生産ラインまで見直された後の最初の車として3200GTが1998年に登場、世界中から注目を受けた。
デザインはギブリ、ボーラ、メラク等マセラティの名車をいくつも手掛けたジョルジェット・ジウジアーロが担当。かつてのファストバックスタイルを現代風に滑らかで落着いた曲面を持って蘇らせた。インテリアはマセラティのGTカーらしくスポーツクーペながらラグジュアリー性が高い。
『ブーメラン』とあだ名された特徴的なLEDテールランプは登場当時賛否両論だったが、デザインしたジウジアーロは当初楕円形のテールランプを提案するも「強い個性が欲しい」というマセラティ側からの強い要望を渋々飲む形でできあがったものである。ジウジアーロ本人はあまり気に入っていないと公言するも、結果的にこのテールランプが3200GT最大の特徴として認知された。だが後期型では扇形のテールランプに変更された。
エンジンはマセラティ伝統の90°V8 DOHC 32バルブエンジンを搭載。排気量は名前の由来でもある3.2Lで、ツインターボ(ビトゥルボ)を搭載し、最高出力370HP/6250rpm、最大トルク50.0kgm/4500rpmを発する。
LEDテールランプでは光量が不足するためにアメリカ市場へは投入できず、次代マセラティ・クーペに後継を譲り2001年生産終了。なお3200GTは現在最後のターボモデルである。
日本での販売価格は1100-1150万円であった。

販売期間 1998年 - 2001年
デザイン イタルデザイン・ジウジアーロ
乗車定員 4名
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 3.2L V8 ツインターボ 370ps
変速機 6速MT
4速AT
駆動方式 FR
サスペンション ダブルウィッシュボーン
全長 4510mm
全幅 1822mm
全高 1305mm
ホイールベース 2660mm
車両重量 1590kg(MT)
1660kg(AT)
先代 マセラティ・シャマル
後継 マセラティ・クーペ

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/11/700090213420130306001.html

ボディに継ぎ目がないんですよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






モンスターマシン入庫していますよ!

2008年モデルからはバイパーSRT-10・ACRというレーシーな仕様がオプションで選べるようになった。
ACRとは"American Club Racer"の略で、クライスラーのスポーツモデルに冠されるチューンブランドである。従来のACRではベースモデルに対してパワー向上などのチューンが奢られるのが常であったが、元々バイパーSRT10は608psもの大出力を誇っていたため、動力性能的なアップデートはほとんど行われなかった。
ACR専用パーツとして設定されたのは、エアロダイナミクスの向上を目的とした外装パーツ(フロントデュフューザー・カナード、GTウイング)、ノーマルよりもハードなレーシングサスペンション(KWのサスペンションを採用)、そして軽量化ホイールとなっている。
さらに追加オプションである「ハードコアパッケージ(HCP)」は、完全なサーキットユース向けとして設定され、走行に影響を与えないパーツ(オーディオシステム、トランクカーペット、リアキャビンサウンドインシュレーション、タイヤ補修キット、フードインシュレーター、スチールバッテリーカバー)を取り除き、純正比18kgもの軽量化を果たした。


乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアクーペ
2ドアコンバーチブル
エンジン 8.4L V10 OHV
最高出力 608ps/6,000rpm
最大トルク 77.5kg-m/5,600rpm
変速機 6MT
駆動方式 FR
サスペンション ダブルウィッシュボーン
全長 4,460mm
全幅 1,920mm
全高 1,230mm
ホイールベース 2,510mm
車両重量 1,530kg

2008年8月18日、ドイツ・ニュルブルクリンク北コース(1周20.8km)の走行テストにおいて、オランダ人レーシングドライバートム・コロネルが運転するバイパーSRT-10・ACRが7分22秒1というタイムをマークしニュルブルクリンク市販車最速の称号を得た。 当日、何箇所かセミウェットの箇所はあるもののほぼドライ。最初の2周を7分42秒と7分35秒でラップ。そして3回目のスティントは、7分24秒台をマーク。4回目のアタックで、この日のベストタイムである7分22秒1をマーク。 シボレー・コルベットC6 ZR-1が6月に叩き出した7分26秒4、日産・GT-Rが4月に達成した7分29秒3のタイムを大幅に短縮した。参考にパガーニ・ゾンダFは7分27秒8、ポルシェ・カレラGTは7分28秒を叩き出している。 コンピュータによるシミュレーションではACRは7分10秒台で走れることが検証できていた。 その後、2009年8月13日にグンペルト・アポロに記録を塗り替えられるまで、バイパーは最速記録を保持し続けていた。 さらに2010年モデルのバイパーSRT-10・ACRは過去の記録を10秒近く更新する7分12秒13を記録した。

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU2527029371/index.html?TRCD=200002

興味のある方は上記からお問い合わせください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。