2007年07月19日

余命一ヶ月の花嫁

テーマ:ブログ

新潟県中越沖地震での被災者方々、心よりお見舞い申し上げます。



昨日、TBSのドキュメンタリー!を偶然見ました。

あまりに号泣し、命の尊さを知らされたので 皆さんにお伝えします。



乳がんと闘って24歳の若さで他界した女性の、闘病生活に密着した感動のドキュメンタリー!


今年5月10日と11日の2日間、夕方のニュース番組『イブニング5』の特集コーナーで放送された「24歳の末期がん」は、放送終了後、スタッフの予想以上の反響があった。その中の多くは、"感動した"、"もう一度みたい"、"もっと多くの人が見られる時間に再放送してほしい"というものだった。
それらの反響に後押しされるように、今回の特番が実現したことになる。
番組では、乳がんのため余命一ヶ月と宣言された長島千恵さんの最後の一ヶ月を密着取材。父親、恋人、多くの友人に支えられた千恵さんの闘病生活を通して命の尊さを一人でも多くの人に感じてほしいと思っている。

内容

長島千恵さん、24歳。今年4月『イブニング5』のスタッフが彼女に初めて会ったとき、彼女はすでに末期がんに冒されていた。しかし「がんと闘う自分の思いを同世代の人たちに伝えたい」と取材に応じてくれた。
いつも彼女を献身的に看病していたのは、父親・貞士さん。千恵さんはいつか父親と二人で京都に旅行したいという夢を語ってくれた。
もう一人、千恵さんをいつも支えていたのは恋人の太郎さん。太郎さんは病院に泊まりこんで、千恵さんを励まし続けた。しかし貞士さんも太郎さんも、すでに千恵さんの余命が一ヶ月しかないことを知っていたのだ。
そんな千恵さんの夢、それは「ウエディングドレスを着ること」。彼女の望みをかなえるため、友人たちが太郎さんとの模擬結婚式を計画し、4月5日に実行した。そこで彼女は最高の笑顔を見せた。
しかしがんは千恵さんの身体を静かに蝕んでいた。模擬結婚式から一ヶ月後の5月6日、千恵さんは天に召されていった(TBS、HP一部抜粋)

「明日が来るのは、奇跡である!」
「生きているのは奇跡である!」 千恵さんの言葉です。

「お父さん、ごめんね、ごめんね!」 

でも、彼女は、最後まで闘病生活を笑顔で送っていました。

生きていることに・・・
生かされていることに・・・感動を覚えました。

そして、今ある、「小さな幸せ」を感じていたいと痛切に感じました。

千恵さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


今日は長文になりましたが、最後までお読み頂きましたことに感謝します。



 |  リブログ(0)

TOKUKO・:*:・゚★さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース