動悸と不眠ゆえ精神科を受診した夫・光良は、

うつ状態と言われ数種類の薬を処方されることに。

しかし、想像もつかない事態が妻・純子を襲った。

いったい、私たち、どうなってしまうの?


この「××との戦い」シリーズは、内容が微妙ゆえ

たてまえフィクションでおおくりします。

もくじはhttp://ameblo.jp/joyblog/entry-10020580503.html



夫は一日三度の薬を飲み始めてから、


ハイになってしまった


ただ陽気なだけであればハッピーなのだろうが、

そわそわと落ち着かず、怒りっぽくなってしまったのだ。



その日も、彼はあまりに落ち着かないので、

こんな状態では仕事が出来ないと言い、休むつもりだった。

だが、職場から容赦なく呼び出しが。


どういうことか、支店長と鬼縞部長の前で状況を説明しろと

言うのだ。調子が悪くて休むと言っているのに、

今から職場に来いとは…なんともはや。


光良が来ない場合、鬼縞部長がうち(自宅)を家庭訪問すると

言うので、光良は


「そんなの落ち着かない!

うちは休むところなんだから。

おれが行って済むなら行ってくる」


と、一人出かけていった。



光良は、説明を果たすと帰宅した。


光良の様子がよほどふだんと違ったのだろう、

2、3日休んでいいと言われたようだった。


彼は帰宅してからこんこんと眠った。

疲れたのだろう…。



からだが悪いわけではないので、昼過ぎに私は

光良を散歩に連れ出した。



軽い運動は、精神的にも

いい影響を与えると言われている。



気分転換になってくれ、と祈りながら、

肌寒い秋風吹く中、私は彼と歩いていた。

片道25分ほどかかる図書館まで行き、ついでに本を返して、

また借りて。


私は、うつに関する本を借り出した。

そして適応障害についての本も借りた。


図書館からの帰り、

彼は、銀行に用事があるので行きたいと言い出した。

キャッシュカードがひびわれてきたのが気になっていたので、

ちょうど平日に休んだのだから、新調しに行きたいのだ、と。


だが…もう、時刻は2時40分過ぎ。

銀行窓口は3時には閉まってしまう。


そして、最寄りの銀行までは、徒歩では30分近くかかってしまう。

駆け足でなくては、間に合わない。


3時過ぎでもギリギリ受け付けてくれることもあるが、それよりも

明日確実に開いている時間に行った方がいいのではないかと思い、

私は言った。


「えー、やめようよ。明日にしよ。

間に合わなかったらバカバカしいじゃん」


すると、あろうことか、


彼は道ばたで怒り出したのである。


「バカバカしいとはなんだっ!

そんならもういいっ!」



…あの温厚だった彼が。


めったに声など荒げなかった彼が。




平日昼間、住宅街の真ん中の道ばたで、

怒りの表情を浮かべて私をどなったのだ。



「おれが今、

精神的に不安定なのがわかってて

どうしてそんな言い方するんだっ!

帰ればいいのだろ、帰れば!!」



「バカバカしい、って…言い方は悪かったけど

銀行間に合わないのわかってて行くのは

合理的じゃないじゃん…

消原支店まで、けっこう距離あるし…

ムダ足になっちゃうと思ったから…。


それに、もう図書館まで往復しているんだよ?

私、もう足が痛いよ。

疲れたよ…」



私は不安で、街中なのに泣き出しそうだった…


すると、光良はいつもの穏やかな表情に戻った。



だが、私をもっと戦りつさせることは、このあとにこそ

起こったのである。

AD

夫・光良は動悸のため病院を受診したが、内科的に問題ないとして

精神科を紹介された。

そこで出されたある薬を飲み始めたところ、彼に異変が…。

妻・純子は悩むが…。


この「××との戦い」シリーズはたてまえフィクションでお送り

しています。もくじはこちら↓

http://ameblo.jp/joyblog/entry-10020580503.html



三度三度、まじめに精神科から出された薬を飲む光良。

それは、治りたい一心だったに違いない。


彼は服薬しながら仕事に行っていたが、

後輩の指導にあたるとき、

手のふるえを感じたという。


うーん、副作用…?



そして、


彼は変わった。


変貌した。


たった数日でなんとなくシルエットが丸くなってきたことにも

驚いたが、一番変わったのは、内面だった。




服薬すると、彼は異様にハイになってしまうのだった。


飲んでから数時間がピークで、

多弁(やたらしゃべる)が出たり、いらいらしやすくなったり。


服薬以前は、そんな人ではなかったんだが…。


市立病院の主治医を信じたい、

という光良の意志を尊重して私は折れた。

だが、また疑問の芽がめぶき始めていた。


主治医の出した条件は、三度三度指定された薬を飲むこと。


だが、薬を飲むたびに、


光良は変わっていった




ちょっとしたことで、

お店などにクレームをつけたりするようになった。

もちろん、クレームするだけの理由はある、

だが以前の彼であれば、「まったくしょうがないね~」

で済んだはずなのだ。


家に帰ってから、クレーム電話をする彼のとげとげしい声が、


今まで聞いたことのないような彼のそんな声が、


私にはつらくて、

もう聞いていられなくて、

私は電話のある今を離れ、アパートの別室にひそんだ。


耳をおさえて。


彼は、明らかに以前の彼と違ってしまっていた。

抗うつ薬ということは、

抑うつ気分から明るい意欲的な方向へシフトさせるということ

だろうか。


すると、もともと抑うつがさほど無かった…

肩こり・不眠・動悸など身体症状だけだった光良には、

このお薬では強すぎるんではなかろうか。




そんな彼を見るのが、私はつらかった。



でも、目をふさぐわけにはいかない。


治療が間違っているのか正しいのか、判断する知識が私には

足りない。

かつて医学部生時代に精神科実習をしたとはいえ

(そして第一志望が精神科だったとはいえ)、

せいぜい私の知識は数年前の、しかも医学生レベルでしかない。

そこで、少しでも病態の理解をしようと思い、一般向けの書物を

読んでみたのだ。



福井 次矢, 川島 みどり, 大熊 由紀子
あなたの家族が病気になったときに読む本 うつ病


彼の変貌、つづく。

心身不調により、市立病院精神科に通院することになった夫・光良。

妻・純子は夫の意志を尊重することにした。

しかしそれが、新たな苦しみを生み出そうとは…。


この「××との戦い」シリーズはビミョ~な内容を含むため、

たてまえフィクションでお送りしています。


今までのもくじ

http://ameblo.jp/joyblog/entry-10020580503.html



夫はうつ状態なのだろうか。

肩こりと不眠はあるが、食欲旺盛、意欲低下なし、

悲哀状態でもなし、体重の増減もない。



だが、医師を信頼して早く治す、そして早く仕事に戻るという

彼の意向をくむことにした。



精神科主治医の指示通り、彼はまじめに服薬した。



一日三度の抗不安薬と抗うつ薬、

そして寝る前に睡眠導入薬を。


彼は薬を飲みながら、仕事にはきちんと出ていた。




しばらく服薬していたら、

彼はびっくりするほど見た目が変わった。

顔がむくんだように丸くなり、下腹が急に出てきたのだ。



そんな彼を見た会社の若き後輩のひとりが、



「光良さん、たいへんだ顔が…!

何かにとり憑かれてんじゃないッスか?!

おはらいした方がいいッスよ!」



と言ったほどであった。



「おまえ、おはらいって何だよー。

おれは今から病院行ってくるんだよ」


と彼は答えたそうだが…。



確かに、彼の容貌はいちじるしく変わった。




それははたして、


精神科の薬の副作用なのだろうか?



ジョイ・アダムソン, 藤原 英司, 辺見 栄
野生のエルザ〈改訂新版〉

私は、かつて読んだ野生のエルザを思い出した。


シリーズのどれだったかは忘れたが、

ライオンのエルザに麻酔をかけるシーンが出てくる。



獣医のふれこみでは、麻酔は1日もすればさめますよ、

ということだったのだが、

エルザは今まで薬物を投与されたことがほとんどない。


そのため、

ふつうは1日で切れる分量だったにもかかわらず、

麻酔薬を投与されたエルザは、

4日間もこんこんと眠り続けて著者を心配させるのだ。



光良は、

ふだんはバリバリ健康で風邪もめったにひかず、

クスリなどほとんど飲んだことのない人である。


夫をライオンと比較するのは失礼かもしれないが、

ふだんあまり薬を飲まない人が急に服薬し始めると、

作用が強めに出てしまうことが

ありえないとは言い切れないんじゃないかと思った。


論文の裏づけなどない、ただの想像、

ドキュメント小説からの連想である。


しかし、

弱い容量にもかかわらず服薬し始めてから急に

かわりゆく彼を見ていて、



もしや「野生のエルザ」現象なのでは…


と「野生のエルザ」が脳裏をよぎったことは否定できない。



そして、夫が変わったのは、見かけだけではなかった…(つづく)